エルサルバドル政府がCBDCを開発中?米ドルペッグの構想

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • エルサルバドル政府がCBDCを計画しているとの報道
  • 政府はその計画を破棄したとコメント
  • エルサルバドルは2021年6月にBTCを法定通貨に認定している

BTC


診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

国内報道機関がCBDCの発行計画を報道

エルサルバドル政府が米ドル建てCBDCの発行を計画している可能性があると、エルサルバドルの報道機関El Faroが金曜日に報じた。

中央銀行が発行主体となり、本物の米ドルに裏付けられるという。

通貨の名称は「コロン・ドル」

El Faro紙が入手した私的な会合のビデオには、エルサルバドル大統領の兄弟が大統領に頻繁に助言をしている様子が納められている。

この暗号通貨は、2001年に米ドルに置き換えられた同国の旧国家通貨にちなんで、「コロン・ドル」と呼ばれることになる。

エル・ファロ紙は「政府のスポークスマンがこの計画は破棄されたと述べた」と報じつつも、「交渉に詳しい関係者」の言葉を引用して、まだ進行中であると主張しました。

大統領の実兄でありフィクサー・イブジラジム氏の展望は

エル・ファロ紙が引用したいくつかの会議は、ブケレ大統領が中米の小国でビットコインが法定通貨になると発表した2021年6月以降に行われました。

El Faroはそこに政府高官、民間業者、外部アドバイザーが参加していたと報じています。

さらに、「大統領の兄弟は、エルサルバドルですべての暗号通貨が法定通貨になることを望んでいる」と付け加えました。

El Faroによると、ブケレの兄、イブラジムは「しかし、それを実現するためには、先々の課題に対応できる政府のインフラが必要だ」と語った。

リップルちゃんのざっくりまとめ

エルサルバドルがCBDCを発行するかもよ、というお話。

監修者リップルちゃん

ここのところイケイケなエルサルバドル、仮想通貨立国としてのポジションを確立しつつありますね。

監修者リップルちゃん

これまでのエルサルバドル関連の話題は↓からチェックしてみてくださいね。

監修者リップルちゃん

一旦台風の目になっているのは事実ですので。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 El Salvador May Launch National Stablecoin: Reports

bfポップアップ