エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に認定

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • エルサルバドルがビットコインを法定通貨に認定
  • 大統領が提案した法案は議会で圧倒的な支持を得て可決された
  • 同国は財務諸表に暗号資産(仮想通貨)を載せた初めての国に
  • ビットコイン(BTC)相場は35,000ドルに向けて上昇中

エルサルバドルがビットコインを法定通貨する初めての国に

同国のブケレ大統領は日本時間2021年6月8日、エルサルバドルの議会に「ビットコイン法」を提出。

これに対し、投票に参加した議員84人のうち62人が同意したとツイッターで発表しています。

先週末のイベント「Bitcoin 2021」で発表し話題に

ブケレ大統領は日本時間2021年6月6日に行われた「Bitcoin 2021」で、ビットコインを法定通貨にする計画を公表していました。

事前に収録されたビデオメッセージで彼は次のように語りました。

短期的には、雇用を創出し、正規経済圏外の何千人もの人々に金融包摂を提供するのに役立ちます。

そして中長期的には、今回の決定が人類を少しでも正しい方向に向かわせるきっかけになることを願っています。

ビットコインが何百万人もの人々の生活と未来を向上させることを期待している。

同国は、ビットコイン決済企業の「Strike」と協力し、ビットコインのライトニングネットワークを利用して取引コストを削減するとしています。

この法案を発表したブケレ氏は、エルサルバドルの人口の70%が銀行口座を持たず、インフォーマル経済に従事していると指摘しました。

法案では、固定供給のデジタル通貨が「中央銀行からの負の影響を軽減する」できると言及しています。

エルサルバドルの決断に周辺諸国も続くか?

法案の発表後、他の多くのラテンアメリカの指導者たちがビットコインへの支持を表明しています。

アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、メキシコ、パナマ、パラグアイの政治家たちが、ビットコインについて肯定的なコメントをSNSに投稿しています。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用したことは、ビットコインの歴史の中で最も重要な出来事の一つと言われています。

エルサルバドル自体のGDPは270億ドルと比較的小さなものですが、このニュースが周辺諸国における同様の動きを促す可能性があります。

ビットコインは上昇トレンドへ移行するか?

エルサルバドルから飛び出した歴史的なニュースに反応するように、ビットコインの価格は35000ドルに向けて上昇しています。

BTC-CHART

 

ETH-CHART

ETHと比較すると、発表後にちょっとだけ反発しているように見えます。

監修者リップルちゃん

エルサルバドルの議会による決定を市場が歓迎する中、仮想通貨アナリストからは警戒を緩めるべきではないという意見が挙がっています。

人気トレーダーのクリプト・エド氏はツイッターで「ビットコインはより高い安値を印刷し、今日はさらに反発すると予想している」とコメント。

同じく人気トレーダーの クリプト・コブラ氏は次のように語っています。

これによりトークンのコストが20%になる可能性があり、ビットコインの目標は25,000ドルになる。

それでも、月曜日まで上昇していた米ドルの下落は、ビットコインの「奇跡」の急成長の条件をまだ作り出す可能性があると付け加えています。

リップルちゃんのざっくりまとめ

6月6日の発表後は無風に近い状態でしたが、実際に可決されたとなるとさすがに反応が見えます。

監修者リップルちゃん

仮想通貨ニュース エルサルバドルがビットコインを法定通貨として認める法案を提出する見通し
さすがに各国で報道されるでしょうし、中期トレ転シナリオに張っちゃっていいんじゃないかな?と思っています。

監修者リップルちゃん

*自己責任でお願いしますね。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事

El Salvador Passes Vote to Adopt Bitcoin as Legal Tender

Bitcoin price targets $35K bounce level on El Salvador legal tender milestone