PocketSwap(ポケットスワップ)が正式稼働|流動性マイニングでファイルコイン(FIL)が貰える

ポケットスワップ

一般社団法人DSTO(本社:東京都港区、代表理事:東門 篤)は2021年6月、特定のトークンペアの流動性を提供することで、仮想通貨Filecoin(ファイルコイン/FIL)を報酬として獲得できる「PocketSwap(ポケットスワップ)」が正式に本稼働開始した事を発表致します。

PocketSwap(ポケットスワップ)は、一般社団法人DSTOが開発する流動性プラットフォームとして、2021年2月に同プラットフォームのベータ版が開始、2021年6月より順次サービスが開始されております。

PocketSwap(ポケットスワップ)とは

当社が開発するPocketSwap(ポケットスワップ)は、従来の伝統的な流動性提供プラットフォーム同様に、特定の仮想通貨(トークン)を流動性として提供することにより、報酬を獲得することが可能です。

PocketSwap(ポケットスワップ)の流動性マイニングでは、Web3.0として注目を集めるIPFS(Interplanetary File System)を活用した仮想通貨プロジェクト「ファイルコイン(Filecoin / FIL)」と「1:1」でコンバートが可能なFILCトークンを報酬として獲得できます。

具体的にPocketSwap(ポケットスワップ)の流動性マイニングでは、取り扱いトークンとして、WETH、BNB、USDT、DSTO、PBTC、FILCを「1:1」で同プラットフォーム上の「Pool(プール)」に流動性提供することで、リクイディティ報酬を獲得できます。

(※ 現時点では「WETH / DSTO」プールのみ提供)また、ガバナンストークンであるDSTOとのペアによる「Pool」を行うことで、既にBinance(バイナンス)やHuobi Global(フォビ)、Coinbase(コインベース)などの仮想通貨取引所に上場しているIPFS技術を基盤とした仮想通貨ファイルコイン(Filecoin / FIL)と「1:1」でコンバートが可能なFILCトークンを報酬として獲得することができる仕組みとなっております。

* FILCとはPocketSwap上で利用されるFILのラップトークンです

流動性マイニングの仕組み

流動性マイニングとは、DEX(分散型取引所)に流動性を提供することにより、提供したトークンの枚数に応じたガバナンストークン「DSTO」を報酬としてもらえる仕組みを指します。PocketSwapでは指定ペアのトークンを同プラットフォーム上のPool(プール)に預けることで、追加報酬として仮想通貨ファイルコイン(Filecoin / FIL)と「1:1」でコンバートが可能なFILCトークンを受け取ることができます。

*但し、ガス代などのコストが差引かれます。

*FILC報酬が獲得できる流動性マイニングはMetaMaskにて先行スタートし、WalletConnectでのご利用はまもなくアップデート予定です。

Filecoin(ファイルコイン/FIL)とは

Filecoin(ファイルコイン/FIL)は、スマートフォンや動画サービスの急激に普及によって増加する大量のデータを、個人のスマートフォンやPCの空き容量を活用して、データを分散する次世代プロジェクトです。

TwitterやFacebookなどが筆頭するWeb2.0時代から、Web3.0と呼ばれる次世代のインターネット時代へと移り変わる中、IPFS(Interplanetary File System)を基盤としてFilecoin(ファイルコイン/FIL)が稼働しています。

PocketSwap(ポケットスワップ)におけるFilecoin(ファイルコイン/FIL)の役割は、流動性マイニングの報酬として活用されます。流動性提供者は、PocketSwap上で利用される「FILC」を獲得することで「1:1」でFILとコンバートすることができます。

*FILC㱻FILコンバート機能は近日ローンチ予定です