【 仮想通貨トロン(TRON/TRX)の将来性】最新のチャートや特徴、価格推移、1000円までの価格高騰予測、おすすめの取引所をご紹介!

トロンという仮想通貨って何?
トロンの将来性について教えて欲しい

皆さん、トロンという仮想通貨を耳にしたことはありますか?

国内取引所で取り扱っているところがないため、なじみのない人が多いかもしれません。

しかし、時価総額では全仮想通貨の中でトップ10に入り、エンターテイメントコンテンツのプラットフォームとしての開発も進んでいます。

そんな将来性が高いトロンについてご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • トロン(TRX)の基本情報が分かる!
  • トロン(TRX)のメリット、デメリットが分かる!
  • トロン(TRX)を取り扱っている取引所が分かる!
  • トロン(TRX)の価格推移が分かる!
  • トロン(TRX)の将来性が分かる!
要するに
  • トロン(TRX)はクリエイター・エンタメ業界の発展を目的とした仮想通貨
  • SNS隆盛の現代にマッチしたプロダクトで、将来的な価格上昇が期待できる
  • トロン(TRX)は BINANCE(バイナンス) やBITTREXなどから購入できる
  • 2021年3月17日から、ビットポイントが日本初の取扱いを開始
  • 手数料や取り扱い数、安全性から判断すると、バイナンス で購入するのが無難
  • 世界最高峰の取引環境と称されるバイナンスなら手数料半額で運用できる
  • 口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心
BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

買い方 将来性
記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の基本情報や特徴

トロン(TRON/TRX)の基本情報や特徴

トロンは2017年8月に発行された比較的新しい仮想通貨です。その後2018年6月にはメインネットローンチされています。

時価総額が高く、発行枚数もリップルと同じ1,000億枚と非常に多いです。

ここでは、トロンの基本情報や特徴から将来性について見ていきたいと思います。

トロン(TRON/TRX)の基本情報

トロン(TRON/TRX)

トロン(TRON/TRX)
24時間取引高 $2,138,610,692.82
時価総額 $1,561,070,064.48
最高値 $0.23
技術 POW/POS
魅力 エンターテイメントプラットフォームとしての将来性
おすすめ度 ★★★

トロンはその将来性から近年大きく価格が上昇しています。

トロンが他の仮想通貨と異なるのは、一般的な決済通貨としての利用ではなく、エンターテイメントプラットフォーム上での個人売買などへの利用が目的であるということです。

トロンが用意しているプラットフォーム上に自身で作成したメディアやコンテンツをアップロードすることができます。これらコンテンツの利用料としてトロンを利用するのです。

このプラットフォームが発展することで、オンラインゲームなど多くのコンテンツでトロンを利用した支払いが行われることでしょう。

そのため、トロンの将来性は通貨そのものの将来性というよりはエンターテイメントプラットフォームの将来性なのです。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

トロン(TRON/TRX)の技術

トロンはプラットフォームとしての性質をいかんなく発揮できるよう、プラットフォームベースの技術が多く採用されています。

全ての人につながるソーシャルネットワークはもちろん、画像、音声などハイクオリティなコンテンツも数多く提供されています。

また、個人間で支払いを行うための支払いネットワークも整備されており、企業だけでなく個人としてもプラットフォーム上で活発にコンテンツを提供することができるのです。

このようなプラットフォームの将来性がトロンという仮想通貨の将来性にもつながっているのです。

トロン(TRON/TRX)の運営団体

トロンはシンガポールに拠点を置く「Tron財団」というチームによって開発、管理されています。

この「Tron財団」は非営利団体であり、活動目的は「公正でオープンなネットワークの運用」です。非営利団体として活動しているため、トロンやエンターテイメントプラットフォームに関しても利益を上げることを目的としていませんあくまでプラットフォームとしての将来性を高めるために活動しています。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の最新ニュース

トロン_ニュース

トロン創始者、中国共産党の研究プロジェクトに参加

トロンの創始者である、ジャスティン・サン氏が中国共産党の高等教育機関である中国共産党中央党校の研究プロジェクトに参加すると発表されました。

中国情報通信研究院のプレリリースによると、このプロジェクトは革新的な活用方法を検討する目的で党中央委員会から承認されたもので、サン氏はブロックチェーンを使った社会統治に関する研究プロジェクトのサブリーダーとなる予定であると言われています。

Weiboでの発言から、一時は引退が囁かれたが、中国共産党との良好な関係構築を目指しており引退はしないと表明しました。

USDコイン、トロンでの流通量が1億ドルを突破

トロンでのUSDTコインの流通量が1ヶ月弱で1億800万ドルを超えました。

トロンブロックチェーンはステーブルコイン最大の時価総額を誇るテザーが急速に成長していることで注目を集めていました。

トレーダーはより高速で安価な取引を好む傾向にあり、イーサリアムブロックチェーンよりもトロンブロックチェーンのテザーの流通量が多くなっているのが現状です。

この動きに対して、トロンがイーサリアムよりも高速で安価な取引手数料のブロックチェーンに注目が集まってきている兆しとの見解もあります。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)のロードマップ

 

トロンには次のような6つの段階でのロードマップが設定されています。

詳しい内容について、下記の表を参考にしてみてください。

名称 期間 概要
Exodus(旅立ち) 2017年8月~2018年12月 分散型コンテンツモデル・P2Pを通してユーザーが自由にデータをアップロードし、蓄積、配布できる仕組みをつくる
Odyssey(冒険) 2019年1月〜2020年6月 クリエイター向けに報酬システムを構築する
Great Voyage(大航海) 2020年7月〜2021年7月 システム管理に関する問題を解決する
Apollo(アポロ) 2021年8月〜2023年3月 独自トークンを発行できる仕組みの構築、その実用化に向けた問題解決を図る
Star Trek(スタートレック) 2023年4月〜2025年9月 分散型システムを取り入れたオンラインゲームのプラットフォームの実用化
Eternity(永遠) 2025年4月~2027年9月 オンラインゲームのプラットフォームをさらなる発展のためのクラウドファンディングを設ける

引用:TRON公式サイト

このように2017年からの10年計画での開発が現在進行中であり、今後さらにコンテンツや機能が充実していくものと思われます。

2020年7月7日にローンチされた最新のロードマップであるTRON Ver4.0 について見ていきましょう。

2018年6月25日のメインローンチから合計で3回のローンチが行われ、今回のローンチには注目が集まりました。

  1. 多様なトランザクションとプライバシー保護の実現
  2. 保護されたトランザクションとの互換性
  3. より効率的なスマートコントラクト
  4. 安価な保護されたトランザクション手数料
  5. どんな金額でも送金が可能になる

以上、内容について省略してご紹介しました。今回のローンチはかなり変更されている部分が多いので、今後のトロンの価格にも注目ですね。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)過去の価格推移

2017年8月にローンチされたトロンですが、現在まで2つの要因で大きな価格変動がありました。

今までの価格推移について解説していきます。

2017年12月 仮想通貨バブルで急騰、バブル崩壊で急落

トロンは2017年8月の新規公開後、仮想通貨バブルの流れに乗って急騰しました。

一時は約0.23ドルの高値をつけたものの、2018年に入るとバブルは崩壊し急落しました。

2018年4月 韓国の大手取引所 Bithumb への上場により急騰

仮想通貨バブル崩壊後は低調な値動きを見せていたトロンですが、2018年4月5日に韓国の大手取引所Bithumbへの上場が発表されたと共に急騰しました。

2018年4月の始値が約0.034ドルに対して急騰時の最高値が約0.094ドルと、3倍近くまで伸びました

しかしその後はなだらかに下降し、著しい動きもなく0.01ドル~0.04ドル程度のレンジ内での推移を続けました。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の現在の価格と価格高騰の理由

過去に著しい動きをしたトロンの現在の動きについてチェックして見ましょう。

トロン(TRON/TRX)の現在のチャート


トロンは2021年3月に急騰しており、4月から5月にかけても価格がさらに伸びるという動きを見せました。

今回のトロンの値動きにおける大きな要因として、ビットコインの価格が600万円〜650万円のレンジで動いていることがあげられます。

現在のトレンドとしてビットコインを皮切りに、様々なアルトコインが注目され、次々と上昇傾向にあることがトロンを押し上げることに繋がりました。

今後の価格推移を予想すると、ビットコインや他のアルトコインの急騰に比例してさらに価格が上昇する可能性は十分に考えられそうです。

また、以前までは海外の取引所でしか購入できませんでしたが、ビットポイントに上場をしたことで日本人もトロンを購入しやすくなりました。

世界最大級の取引所である BINANCE(バイナンス)や、日本で初めてトロンの取引を開始したビットポイントがおすすめです。

ビットポイント


\ビットポイント公式サイトはこちら/

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、チャートから今後の値動きについて予想するための手法です。多くの人が利用していることから、有名なテクニカル分析を用いた方が効果が高いと言われています。

上記サイトでは、様々な分析から今がやや買いであるという結果を示しています。

2020年2月時点では2019年11月の高値をうわ抜けており、レンジブレイクの様相を呈しているようです。

しっかりと上抜ければ今後も上昇が期待できますね。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の将来性、1000円まで高騰する?

トロン(TRON/TRX)の今後や将来性

ではトロンは今後どうなっていくのか?

気になる発展や将来性などについてご紹介していきたいと思います。

【トロンの将来性①】トロンのバーン

2018年にメインネットローンチするにあたり、55億円分のトロンをバーンしています。

バーンとは仮想通貨の発行枚数を減らすことにより、希少価値を上げて価格を向上させる手段です。ここで廃棄される仮想通貨は発行元で保管しているものであり、保有者の手元に存在する仮想通貨が亡くなることはないのでご安心ください。

バーンを行う事で保有しているトロンが突然暴騰することもあり、将来性が期待できます。

【トロンの将来性②】数々の大企業との提携

トロン財団が提供しているプラットフォームは様々な大企業も利用しており、トロンに関しても多くの企業と提携しています。

これらの企業がトロンを利用するということはそれだけ需要がある通貨であると言えます。長期にわたって実用性がある通貨として存在し続けることが想定され、将来性を担保する要因の一つとなっています。

【トロンの将来性③】個人ICOへの需要の高まり

これまで再起業などでなければ実施できなかったICOですが、トロンは個人でICOを行うことができます

そのため、魅力的なサービスを提供できるだけの実力を持ってさえいれば、個人で資金を集めてサービスを展開することが可能となります。

個人実業家なども積極的に個人ICOを利用しており、これからもますます期待が高まっていくことでしょう。

【トロンの将来性④】今後のトロンのロードマップ

トロンはプラットフォームとしてのコンテンツ追加を2025年までのロードマップとして公表しています。

これにより、将来的にどのようなコンテンツがどのタイミングで追加されていくのか明確になっているという透明感があります。具体的な成長度合いを測ることができるので、将来性についても安心できるのです。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の特徴

トロン(TRON/TRX)の特徴

続いてトロンの特徴についてご紹介していきたいと思います。

なぜ高い将来性を期待されているのか、これらの特徴を知ることでトロンが持つ将来性を確認していきましょう。

【特徴①】トロンウォレットが便利

トロンウォレットはトロンを管理することができるアプリです。

それだけではなく、トロンウォレットを利用することでトロンの送金手数料が無料となるというメリットがあります。

プラットフォーム上で多くの取引が発生することを考えると、手数料が無料というのは非常に大きなメリットです。

これによりトロンがますます発展に高い将来性に期待することができます。

また、トロンウォレットはAndroid、iOSそれぞれでアプリケーションがリリースされているというのも利用しやすい点の1つではないでしょうか。

【特徴②】コンテンツを配信できる

トロンが提供するプラットフォームでは、個人が自由にコンテンツを配信することが可能です。

もちろんコンテンツを利用するのも自由なので、個人間でのコンテンツ提供・消費が活発に行われることが容易に想像できます。

多くの人たちが集うプラットフォームでトロンが利用されるようになるため、将来性の高さもうなずけます。

【特徴③】個人でトークンを発行でき、ICOできる

通常ではICOというと企業や財団が資金を調達する手段として利用するものであり、一個人がICOを行うことはできません。

しかし、トロンでは個人単位でトークンを発行でき、ICOを行うことができるのです。

これにより優れたコンテンツを開発できる場合、個人でも資金調達を行いコンテンツを提供できるのです。個人の将来性も存分に発揮できる基盤は投資家としても魅力的で将来性があると認識されているようです。

【特徴④】ブロックチェーンのゲームを開発

ブロックチェーン技術を利用したゲームコンテンツをトロンのプラットフォーム上で提供している企業もあります。

もちろんゲーム内の課金はトロンで行われています。

このように様々な技術を利用することができるのもトロンの将来性に貢献していると言えるでしょう。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)が支持される理由

ここでは、仮想通貨TRONが支持されている理由をここでは、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

【1】TRON創業者の存在

Justin Sun氏は、TRONの創業者として知られています。

彼は、2011年に北京大学を卒業しており、これまでJack Maが創立した大学の特別講義にも選ばれるほどの秀才です。

また若くしてフォーブスにも取り上げられています。

仮想通貨は、まずは信頼性が大きく重要になってきます。

その点からして、TRONはJustin Sun氏の存在がある限り、スキャムコインであることは限りなく低いです。

【2】日本の取引所に上場予定

日本の取引所にTRONが上場予定ではということは、2017年から言われていました。

2017年の時点で、日本の取引所へ上場するための書類提出は終わっているので、いつ上場してもおかしくありません。

今投資することで、TRONで大きな利益を出すことができるかもしれませんね。

しかし、3年以上経った現在でも具体的な動きは見られていません。

日本の取引所への上場するとわかればあっという間に高騰する可能性が高いですので、上級者は動きのない今のうちにBINANCE(バイナンス)などで仕込んでいるようです。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

【3】アリババとの提携が濃厚

Alibabaは、Ali Expressを運営している会社です。

また、Alibabaの創業者であるJuckMa氏とTRONの創業者であるJustin Sun氏は友好関係にあります。

さらにJustin Sun氏は、Alibabaの創業者JuckMa氏の創立した大学の特別講義を受けています。

また、個人的にも交流があると言われている他、Alibabaの社員がTRONへ転職しているという情報もあります。

今後、TRONが決済手段としてAli Expressでの採用可能性も大いにあると考えられますね。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)が購入できるおすすめ取引所5選!

現在熱いトロンですが、現時点では国内の取引所で取り扱いを行っておらず、トロンを購入する場合は海外の取引所を利用する必要がありました。

しかし、2021年3月17日から、ビットポイントが日本で初めてトロンの取り扱い開始を発表。

待望となる国内取引所のトロン対応が話題を呼んでいます。

ここでは、トロンを取り扱っている国内外の取引所を織り交ぜてご紹介します。

海外取引所|BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 100以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 125倍
日本語対応 無し
おすすめの理由
全てにおいて高いサービスを提供。最も人気がある取引所

バイナンスは2017年に設立され、わずか1年で登録ユーザ数及び取引量で世界一の座につきました。

これは未だかつてないほどの急成長なのです、要因としては全てにおいてサービスレベルが高いことが挙げられるようです。

レバレッジも125倍と申し分なく、サポートも充実、アプリも使いやすいと悪いところがほとんどありません。

強いてあげるとするならば、日本語対応していない点でしょうか。

ただし、日本語対応していないと言っても日本円での入金は可能なため、公式サイトを翻訳機能で日本語表示してあげれば何の問題もありません。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

注意:BINANCE(バイナンス)は日本円非対応

BINANCE(バイナンス)は海外取引所のため、日本円での入金が一切できません。

そのため国内の取引所でビットコインなどを購入してからBINANCE(バイナンス)を利用する必要があります。

おすすめの国内仮想通貨取引所はコインチェックです。

コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

国内取引所|BITPoint(ビットポイント)

bitpoint

株式会社ビットポイントジャパン
おすすめ度 ★★★★☆/4
取り扱い通貨数 7種類
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 4倍
日本語対応 無し

国内でも知名度の高い株式会社ビットポイントジャパンが運営するビットポイントは、トロンを取り扱いできる唯一の国内取引所(2021年3月17日開始)。

日本円でトロンを購入したい方、日本語のサポートを受けながら仮想通貨取引を始めてみたい方におすすめです。

ビットポイント


\ビットポイント公式サイトはこちら/

海外取引所|BITTREX(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

BITTREX(ビットトレックス)
おすすめ度 ★★★★☆/4
取り扱い通貨数 500種類以上
レバレッジ対応 なし
最大レバレッジ倍率
日本語対応 なし
おすすめの理由
取り扱っている仮想通貨は世界最大級。マイナーなコインもBITTREXなら取引可能

BITTREXの魅力は何といってもその取扱い通貨数。

500以上の仮想通貨を取り扱っている取引所はBITTREXを置いて他にはなく、マイナーなコインやICOされたばかりの通貨も多数取り揃えています。

マイナー通貨はたまに超暴騰したりすることもあり、一攫千金の可能性も十分に狙える取引所であると言えるでしょう。

ただし、レバレッジ取引は行えないという点は気を付けましょう。

BITTREXでの取引を検討されている方はある程度まとまった資金がないと厳しいかもしれません。

海外取引所|Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex

Poloniex(ポロニエックス)
おすすめ度 ★★★☆☆/3
取り扱い通貨数 100種類以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 2.5倍
日本語対応 無し
おすすめの理由
レンディング(貸付)を行えば取引手数料に応じた利子をもらう事が可能

ポロニエックスエックスではレンディングという処理を行うことができます。

これはポロニエックス社を通して他の人へ自分が保有している通貨を貸し出すという制度です。

貸出期間を指定してレンディングを行うことで、貸出期間分の利子を受け取ることが可能です。

また、レバレッジも2.5倍とそんなに悪くありません。

仮想通貨はボラティリティが大きいため、ハイレバレッジで取引してしまうとノイズでロスカットされてしまいかねません。2.5倍というレバレッジはちょうどいい塩梅です。

しかし、ポロニエックスは日本語版サポートを展開していないどころか、日本円による入金すら受け付けていません。日本人が利用するには少し敷居が高いようです。

海外取引所|BITFINEX(ビットフィネックス)

Bitfinex(ビットフィネックス)

BITFINEX(ビットフィネックス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 100種類以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 3.3倍
日本語対応 なし
おすすめの理由
世界最大級の取引所であり、日本円の入金が可能

BITFINEXは世界有数の取引所であり、様々なサービスが提供されています。

日本語サポートはありませんが、日本円で入金できるというメリットがあり、日本人にも多く利用されています。

レバレッジも3.3倍と利用しやすく、総合的に使いやすい取引所です。

【2021年最新】海外取引所おすすめランキング19社!全ての取引所のメリットとデメリットを詳しくご紹介!

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の価格が上がると言われる理由

トロン(TRON/TRX)の価格が上がると言われる理由

これまでトロンの将来性についてご紹介してきましたが、今後トロンの価格が上がると言われている理由はどこにあるのでしょうか?

今後の開発計画

トロンはプラットフォーマーとして2025年までの開発計画を策定しています。

そのロードマップを見る限り、これからも魅力的なプラットフォームとしての進化を遂げていくことが容易に想像でき、投資家も安心して取引ができるのです。

今後の取引所への上場による

トロンは現在国内の取引所で取り扱っていませんが、近々日本でも上場するための手続きを行っているという噂があります。

もしこれが事実なのであれば、国内取引所に上場することでより多くの投資家がトロンを取り扱うようになり、自然と価格も向上していくことが想定されます。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の今後の価格予想

トロン(TRON/TRX)の価格予想

価格が上がる可能性が高い、と言ってもどの程度上がるのか気になりますよね?

ここでは専門家によるトロンの将来価格についてご紹介していきたいと思います。

【No.1】TradingBeasts

According to a forecast by TradingBeasts, the price of TRON will reach $0.0175 by the end of 2019. Over the time TRX will gradually grow: in July 2020 it will be around $0.016 and at the end of 2020, $0.018. A little further down the line, TradingBeasts forecasts that TRON may cost $0.028 by the end of 2022.
引用:https://freewallet.org/

【訳】TradingBeastsの予測によると、TRONの価格は2019年末までに0.0175ドルに達するでしょう。TRXは徐々に成長します。2020年7月には約0.016ドル、2020年末には0.018ドルになります。少し先を行くと、TradingBeastsはTRONが2022年末までに0.028ドルかかる可能性があると予測しています。

TradingBeastsの予測では、2019年末に0.0175ドル、2020年末には0.018ドルまで上昇するとされています。

しかし実際には現在0.02ドルを超える価格を付けています。

これはビットコインをはじめ仮想通貨全体が値上がりしていることが原因として挙げられますが、トロンもしっかりと上昇しています。

【No.2】DigitalCoinPrice

DigitalCoinPrice is bullish on the future of TRX. In 2019 they expect TRON to be $0.020. Later, in 2020, it will jump to $0.027 and then $0.034 in 2021. The predict the coin will grow rapidly and in 2025 have it at $0.0642.
引用:https://freewallet.org/

【訳】DigitalCoinPriceは、TRXの将来について強気です。 2019年には、TRONは0.020ドルになると予想しています。その後、2020年には、0.027ドルに跳ね上がり、2021年には0.034ドルになります。コインは急速に成長し、2025年には0.0642ドルになります。

DigitalCoinPriceとは
2019年末にトロンが0.02ドルまで上昇すると予想。現在の値動きと比較的合致している

続いてはDigitalCoinPriceによる予測です。

こちらは2019年末に0.02ドル、2020年末には0.027ドルまで上昇すると予想しています。2020年2月時点で0.02ドルを突破しており、現時点では予測通りの挙動を示しています。

この予想を信じるならば、来年には0.34ドルまで向上、つまり現在価格の1.7倍にまで価格が上がることとなります。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

【No.3】WalletInvestor

WalletInvestor does not share the enthusiasm of the two previous predictors. WalletInvestor claims that currently TRX is a high risk asset and it will drop to $0.0014 in a year. In 2025, they have the TRON exchange rate possibly reaching $0.1016.
引用:https://freewallet.org/

【訳】WalletInvestorは、以前の2つの予測子の熱意を共有していません。 WalletInvestorは、現在TRXは高リスク資産であり、年間で0.0014ドルまで下がると主張しています。 2025年には、トロンの為替レートはおそらく0.1016ドルに達します。

WalletInvestorとは
これまでの予測とは逆に弱気な予測。現在価格の半値まで落ちると予想

最後にWalletInverstorによる予測をご紹介します。前述の2件とはことなり、こちらは年間0.001ドルずつ下落していくと予想しています。

事実トロンは盗作やパクリ疑惑などプラットフォーム上での問題が価格に反映し、激しい値動きをすることでも知られています。

安定性に欠く通貨であり、場合によっては下振れする可能性も考えておかなくてはなりません。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)ウォレットがおすすめ!

TRON ウォレット

TRONを取引するなら、TRONがリリースしたウォレットがおすすめです。

2018年にリリースしてから、見易いデザインとTRONの送金手数料が無料な点が評価され、多くの人に愛用されています。

TRONを長期保有したり、投資したい方にとてもおすすめです。

【まとめ】トロン(TRON/TRX)の将来性に期待!

この記事のまとめ
  • トロン(TRX)はクリエイター・エンタメ業界の発展を目的とした仮想通貨
  • トロンのプラットフォームは多くの企業が提携しており、需要も多い
  • 今後のトロンは将来性が高く、価格が上がると予想している専門家も多い
  • ただし、トロンはボラティリティが大きく安定していないため下落リスクも考慮する必要あり
  • トロン(TRX)は BINANCE(バイナンス) やBITTREXなどから購入できる
  • 2021年3月にビットポイントが日本初の取扱いを開始
  • 手数料や取り扱い数、安全性からみると、BINANCE(バイナンス)が無難
  • BINANCE(バイナンス)なら「バイナンスコイン」を使って手数料をさらに半額に
  • 口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

皆さまいかがでしたでしょうか?

今回はトロンについてご紹介しました。

他の仮想通貨とは違い、プラットフォームの提供がメインとなっています。プラットフォームのクオリティが向上するほど、プラットフォーム上で利用されるトロンの価値が向上していきます。

2025年までの具体的なロードマップも提供されているため、プラットフォームの将来性は高く評価されています。

仮想通貨全体としても徐々に上昇トレンドを形成しており、今がチャンスかもしれません。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

【図解】トロン(TRON/TRX)の買い方・購入方法|おすすめの取引所4選や将来性・特徴・注意点まで!