Googleが仮想通貨事業者向けの新規約を発表|仮想通貨関連の広告禁止を緩和

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • Googleが3年に及ぶ仮想通貨関連の広告禁止を解除すると発表
  • 以前の規約での認証はリセットされ、再申請が必要
  • ICO、DeFi、アフィリエイトなどの規制は継続

Googleが仮想通貨系の広告基準を緩和

2021年6月、Googleはサポートページを更新。

米国内における仮想通貨関連の広告について新たな取り扱い方針を発表しています。

サポートページには以下のように記載されています。

2021年8月3日より、米国を対象とした暗号通貨取引所やウォレットを提供する広告主は、以下の要件を満たし、Googleの認定を受けた場合、それらの製品やサービスを広告することができます。

以下に該当する仮想通貨関連企業は、Googleから広告出稿の認定を受けることができます。

  • Googleの法的要件に準拠している
  • FinCENに金融事業者として登録している
  • 以下のいずれかに該当している
    • 1つ以上の州に送金業者として登録している
    • 連邦または州に登録された銀行事業体

前規約の認定企業は再申請が必要

新たなガイドラインの発表に併せて、以前の規約で与えていた認証をすべて取り消すとしています。

以前の暗号通貨取引所の認証は、2021年8月3日にすべて取り消されます。

広告主は、2021年7月8日に申請書が公開された際に、新たな暗号通貨取引所とウォレットの認証をGoogleに申請する必要があります。

前規約で認証を受けていた企業であっても、8月以降の広告配信には再申請が必要になります。

仮想通貨系広告の全面開放は先の話

今回のポリシー更新は、Googleが2018年3月に仮想通貨広告の取り締まりを初めて発表して以来3年ぶりのことです。

同年6月に発効したこの規約では、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)、取引所、ウォレット、投資アドバイスなどを含む仮想通貨関連製品の広告を出稿できなくなりました。

今回の規約は緩和傾向ですが、依然としてICO、DeFiなどの広告を出稿することは依然として禁止されています。

また、Googleは特定の仮想通貨の購入、販売、取引を直接促進する広告を禁止しています。

さらに仮想通貨の取引シグナル、投資アドバイス、関連コンテンツやブローカーのレビューを含むアグリゲーターやアフィリエイトサイトも依然として禁止されています。

リップルちゃんのざっくりまとめ

Googleが仮想通貨に関する広告ルールを改定、若干の緩和傾向にあるよというお話。

監修者リップルちゃん

本文でも触れたとおり、全面開放はまだ先の話になりそうです。

監修者リップルちゃん

万が一始まれば大きなうねりが起きることは間違いないでしょう。

監修者リップルちゃん

仮想通貨トレーダーである以前にWEB・IT業界に身を置くものとしては、いつでも走り出せる心構えを持っておこうと思いました(自戒)

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 Google Just Announced New Terms for Crypto Businesses – This Is What They Must Do Starting Next Month