CryptoGT(クリプトGT)の手数料は高い?種類から抑えるポイントまで徹底解説

クリプトGTの手数料は高い?
手数料を安くする方法は?

レバレッジの倍率が仮想通貨取引所の中でもクリプトGTはトップクラスです。

ただ、クリプトGTの手数料が高いと気になる方もいるでしょう。

手数料が安いとコストを考えず、気軽に取引ができます。

本記事では、クリプトGTの手数料について徹底解説。

また、クリプトGTでの手数料を抑えるポイントも紹介していますので参考にしてください。

この記事の概要
  • クリプトGTの最大レバレッジは500倍で取引できる
  • クリプトGTの手数料には3つの種類がある
  • 手数料を抑えるにはスプレッドが狭いタイミングを狙う
  • スワップ手数料の計算方法は簡単

\初回入金で最大5万円もらえる/

CryptoGT(クリプトGT)とは

名称 クリプトGT
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
通貨ペア 64種類
最大レバレッジ 500倍
ロストカット 証拠金維持率100%
追加証拠金 なし
ゼロカットシステム あり
日本語 対応
アプリ MT5対応

クリプトGTは、2018年6月に「Hatio LTD.」よって設立された海外仮想通貨取引所です。

最大500倍のレバレッジを掛けて取引ができるのは、クリプトGTの大きな特徴になります。

また、通貨ペアが60種類以上と多く、お得なキャンペーンも定期的に開催されているため、ユーザーから人気のある取引所です。

「MT5」に対応しており、チャート分析や画面が見やすいなど、高く評価されています。

手数料も海外取引所の中では珍しく、出金手数料が無料なので、利便性が高い取引所です。

最大500倍のレバレッジ取引

クリプトGTは最大500倍のレバレッジ取引ができます。

国内取引所では、金融庁のルールに則り2倍までしか取引ができません。

クリプトGTでは、厳しい条件はなく、500倍までレバレッジを掛けられます

クリプトGTでレバレッジを500倍まで掛けられるのは下記のような通貨です。

500倍レバレッジ利用できるペア通貨
  • 仮想通貨と金融商品のペア通貨
  • 仮想通貨と法定通貨のペア通貨
  • 仮想通貨と一部の仮想通貨のペア通貨

通貨ペアの種類によっては、500倍のレバレッジを掛けられないものもあります。

公式サイトには通貨ペアのレバレッジ表が記載していますので取引前に確認するのがおすすめ。

通貨ペアの取扱いが豊富

クリプトGTは取扱ペア通貨が60種類以上と豊富な取引所です。

日本円などの法定通貨との組み合わせもあれば、株価指数や原油価格などの組み合わせもあります。

ビットコインと金や銀などの組み合わせもあるので、幅広い投資ジャンルに興味がある方はおすすめです。

また、将来が期待されているDefiトークンの組み合わせもあるので、多くのトレーダーのニーズに合う取引所と言えます。

ゼロカットシステムがある

クリプトGTは追証がなしになるゼロカットシステムを採用しています。

レバレッジ取引で大きな損失が出たとしても、借金する必要はありません。

500倍の高いレバレッジを掛けたとしても、ゼロカットシステムで借金を背負わないので安心です。

仮想通貨初心者でも追証がありませんので安心して、レバレッジ取引ができます。

CryptoGT(クリプトGT)3つの手数料

ここではクリプトGTの3つの手数料について触れていきます。

クリプトGTで掛かる3つの手数料は下記の通りです。

クリプトGT3つの手数料
  • 入出金手数料
  • スプレッド
  • スワップ手数料

取引する上で手数料がいくら掛かるか把握するのが大切です。

手数料を把握しておかないと、知らないうちに損をする可能性もあります。

クリプトGTを利用する際は、手数料を把握して取引を始めましょう。

入出金手数料

クリプトGTは入出金手数料が無料で利用できます。

入金手数料が無料な取引所は多いですが、出金手数料が無料なのは珍しいです。

ただ、日本円の入出金はできないため注意してください。

また、クリプトGTは他の取引所へ送金する際は「マイニング手数料」のみ支払わなければなりません。

BTCのケースならマイニング手数料は約0.0001BTC掛かります。

わずかなコストなので、気にする額ではありませんが、手数料が掛かることは把握しておきましょう。

マイニング手数料とは

仮想通貨を送金する際、マイナー(採掘者)に支払う手数料です。

スプレッド

スプレッドは、売値と買値の価格差のことを言います。

仮想通貨では、基本的に買値の価格が高くなりがちです。

プレッドが狭いほど稼ぎやすく、取引には有利と言えます。

例えば、買値が201万、売値は200万円の場合、スプレッドは1万円となります。

このように売値と買値で大きな差が出ます。

スプレッドは、時間帯や市場状況に応じて大きく変動します。

例えば、昨日はスプレッドが狭かったけど、今日はスプレッドが広いケースがあります。

差額を抑えるためには、スプレッドが狭いタイミングやペア通貨を選択するのがおすすめ。

スプレッドが大きいと、希望する価格で取引ができにくく、損失が被る可能性もあるので注意してください。

クリプトGTでは、マーケットデプスを採用しているため、低水準なスプレッドが提供できます。

マーケットデプスは、少ないロット数だとスプレッドが狭くなり、ロット数が多いと広くなる仕組みです。

取引量が少ないとスプレッドが狭くなり、有利に取引ができます。

スワップ手数料(レバレッジ手数料)

スワップ手数料とは、ポジションを決済せずにキープするための手数料です。

レバレッジ取引でポジションを保有しているとスワップ手数料が発生します。

クリプトGTのスワップ手数料は下記の通り4時間ごとに手数料が掛かるので注意してください。

スワップ手数料が掛かる時間帯
  • 3時
  • 7時
  • 11時
  • 15時
  • 19時
  • 23時

1日の中で6つの区切りがありますので、コストを抑えるならタイミングを見て決済するのがおすすめ。

また、スワップ手数料は変動制で、プラスの場合は手数料が貰えます。

しかし、クリプトGTで取り扱うペア通貨のほとんどは、平均スワッププレートがマイナスです。

保有したままだと、手数料を支払わなければならないので注意してください。

スワップ手数料(レバレッジ手数料)の計算方法

クリプトGTのスワップ手数料は下記の式で計算が可能です。

スワップ手数料の計算式
購入価格×仮想通貨の保有量×スワップレート÷100=スワップ手数料

具体的に数字を入れて説明していきます。

スワップ手数料の具体例

1ビットコイン価格:100万円

注文数量:0.1BTC

スワッププレート−0.01%

上記の内容を式に当てはめると下記の通りです。

0.1BTC×-0.01%×100万円=−0.1円となります。

そのため、0.1円の手数料を支払うことになります。

ペア通貨ごとの平均スワップ手数料は公式サイトを参考にしてください。

\初回入金で最大5万円もらえる/

CryptoGT(クリプトGT)手数料|海外取引所との比較

ここでは、クリプトGTと他の海外取引所との手数料を比較していきます。

これから海外取引所を利用したいと検討している方は参考にしてください。

ユーザー全員に影響する入出金手数料と取引手数料に関してまとめました。

取引所名 BTCの入金手数料 BTCの出金手数料 取引手数料
CryptoGT 無料 無料 無料
Binance 無料 0.0005BTC 0.1
Bybit 無料 0.0005BTC 0.1%
KuCoin 無料 0.0005BTC 0.1%
MEXC 無料 0.0005BTC 0.2%
Bittrex 無料 無料 0,25%
Huobi Japan 無料 0.0005BTC 0~0.2%
BitMEX 無料 0.001BTC Maker:0.075%
Taker:0.025%
Cryptopia 無料 0.0005BTC 0,2%
Kraken 無料 0.0005BTC Maker:0.06%
Taker:0.16%

BTCの平均スプレッド

平均スプレッド
CryptoGT 0.08%
Bybit 0.005%
Binance なし
MEXC 0.01%

クリプトGTは、海外取引所の中でも、スプレッドは広くはありません。

取引手数料や出金手数料が無料なので気軽に取引が可能です。

CryptoGT(クリプトGT)手数料|国内取引所との比較

ここではクリプトGTと国内取引所との比較です。

取引所 BTCの入金手数料 BTCの出金手数料 取引手数料
CryptoGT 無料 無料 無料
Coincheck 無料 0.001BTC 無料
GMOコイン 無料 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
BITPoint 無料 無料 無料
bitbank 無料 0.001BTC Maker:-0.02%
Taker:0.12%
DMMビットコイン 無料 無料 無料
bitFlyer 無料 0.0004BTC 無料

国内取引所でも入出金手数料が無料なところが多いです。

ただ、クリプトGTはレバレッジが最大500倍まで掛けられます。

国内取引所では、金融庁のルールに則り2倍までしか取引できません。

幅広いジャンルの通貨ペアを取り扱っており、レバレッジの自由度が高いため、国内取引所よりもクリプトGTがおすすめ。

BTCの平均スプレッド

BTCの平均スプレッド
CryptoGT 0.08%
GMOコイン 4.9%
bitbank 4.9%
Coincheck 5.9%

クリプトGTのスプレッドは、国内取引所と比較しても狭いです。

スプレッドは常に変動していますので、定期的に確認しておきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)手数料を抑えるポイント

ここでは、クリプトGTの手数料を抑えるポイントについて触れていきます。

手数料を抑えるポイントを知れば、効率よく取引が可能です。

これから紹介するポイントを参考にして取引を開始してみましょう。

スプレッドが狭いタイミングを狙う

スプレッドが狭いタイミングを狙えば、コストを掛けずに取引ができます。

スプレッドが広くなる原因は下記の通りです。

スプレッド広くなる原因
  • 流動性が低い
  • 急な価格変動
  • 需要と供給のバランスが崩れている

いずれからの条件に当てはまるペア通貨は、スプレッドが広い可能性があるので注意してください。

仮想通貨は365日24時間いつでも取引ができるため、株などの金融商品より変動が激しいです。

価格変動が激しい時に取引すると、スプレッドも広がりやすいため、価格が安定しているときに注文を出せば、希望の価格で取引できます。

例えば、ビットコインのように需要と供給のバランスが整っており、流動性も高いので価格が安定しやすいです。

スプレッドが狭いタイミングを狙うには、人気があり、価格が安定しているペア通貨がおすすめ。

スワップ手数料を把握する

レバレッジ取引で手数料を抑えるためには、ポジションを調べる必要があります。

クリプトGTはポジションを保有し続けると手数料が掛かり、1日6回の決まった時間帯でスワップ手数料が掛かる仕組みです。

時間ごとにコストが発生するので、長期投資は向いていません。

短期投資は、長期投資よりもスワップ手数料を抑えられるのでおすすめ。

レバレッジ取引を行う際は、スワップ手数料が掛かることと掛かる時間帯を把握しておきましょう。

クリプトGTのボーナス特典を利用する

クリプトGTは定期的にキャンペーンが開催されており、ボーナスが獲得できます。

ボーナスは証拠金として使用できるので有効的です。

クリプトGTは2022年11月時点では、下記のキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容 条件
初回入金額の80%をボーナス獲得 初回入金のみ(ボーナス上限は50,000円相当)
2回目以降は入金額の30%のボーナス獲得 入金する(ボーナス上限は1,200,000円相当)

ボーナスの獲得条件は、入金するだけなので初心者でも簡単に条件を満たせます。

獲得したボーナスだけでも取引ができるため、自分の資産が大きく減る恐れはありません。

キャンペーンは定期的に内容が変更されます。

公式サイトやTwitterなどで最新情報が得られるので、気になる人はチェックしてみましょう。

CryptoGT(クリプトGT)手数料の口コミ・評判

ここでは、クリプトGTの手数料に関しての口コミを紹介していきます。

実際の取引所を利用しているユーザーの評判なので参考にしてください。

良い口コミ・評判


クリプトGTを利用しているユーザーの中では、手数料が安いと評判が多いです。

他の海外取引所と比較しても出金手数料が掛かりません。

入出金手数料が無料だと、資産を頻繁に移動させても問題なく、利用できます。

ただ、送金する際はマイニング手数料がわずかですが掛かるので注意してください。

スワップもマイナス手数料が多く、手数料を受けられるので大きなメリットです。

手数料を抑えてレバレッジ取引を行いたい方は、クリプトGTがおすすめと言えます。

悪い口コミ・評判


クリプトGTは利用するユーザーの中には、スプレッドが広いと悪い評判があります。

スプレッドが広いと取引コストが掛かるので注意してください。

例えば、ビットコイン購入価格が105万円で売却価格が100万円だと、差額は5万円です。

スプレッドが狭ければ差額も小さくなるので、取引コストが抑えられます。

スプレッドを安く抑えるには、価格が安定しており、できるだけ流動性が高い銘柄を選択するのがおすすめ。

ビットフライヤー海外送金

CryptoGT(クリプトGT)手数料よくある質問

ここでは、クリプトGTの手数料に関してよくある質問に触れていきます。

クリプトGTの利用をしたい方は参考にしてください。

クリプトGTの手数料は何種類ありますか?

クリプトGTは下記の3種類の手数料が掛かります。

  • 送金手数料
  • スワップ
  • スプレッド

送金する際は、マイナーに手数料を支払わなければなりません。

わずかな金額なので、気にする必要はないでしょう。

スワップ手数料は1日6回あり、4時間ごとにコストが掛かります。

長期投資はおすすめできませんが、頻繁に取引を繰り返す短期投資にはおすすめ。

また、スプレッドもやや広いため、スプレッドが狭いタイミングを狙って購入するのが大切です。

クリプトGTはレバレッジを何倍まで掛けられますか?

クリプトGTは最大500倍までレバレッジを掛けられます。

ただ、クリプトGTが取扱う全ての銘柄が500倍のレバレッジを掛けられません。

法定通貨や仮想通貨の組み合わせやシンセティックペアなどは500倍までのレバレッジ取引ができます。

Defiトークンなどはレバレッジが100倍までしか取引できません。

さまざまなジャンルがあり、他の取引所よりも高いレバレッジ取引ができるため、大きな利益が狙えます。

レバレッジを500倍まで取引したい方は、あらかじめ公式サイトを確認するのがおすすめ。

自動売買システムを利用するにはAPIの設定が必要ですか?

クリプトGTの自動売買システム(EA)を利用する際には、APIの設定が必要です。

口座開設後、すぐに自動売買システムが利用できるわけではありません。

MT5をインストールする必要があります。

MT5はチャート分析や画面も好きなカスタマイズができるため、おすすめ。

他の取引所になりますが、バイビットのAPIの設定方法をこちらの記事にまとめましたので参考にしてください。

CryptoGT(クリプトGT)手数料まとめ

この記事の概要
  • クリプトGTの最大レバレッジは500倍で取引できる
  • クリプトGTの手数料には3つの種類がある
  • 手数料を抑えるにはスプレッドが狭いタイミングを狙う
  • スワップ手数料の計算方法は簡単

\初回入金で最大5万円もらえる/

今回はクリプトGTの手数料は高いかについて解説してきました。

クリプトGTには、入出金手数料、スプレッド、スワップ手数料の3つがあります。

他の仮想通貨取引所と比較しても安いです。

ただ、スプレッドやスワップ手数料など、状況や取引の仕方によってはコストが高くなるので注意してください。

手数料がいくら掛かるかを把握すると、コストを抑えて取引ができます。

クリプトGTの手数料は、他の仮想通貨取引所と比べても安く、大きなレバレッジを掛けて取引が可能です。

また、お得なキャンペーンを定期的に実施しているので、取引を開始してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ