ソニー生命はクレジットカード払いが出来ない!?知らないと損する保険料をお得にする方法とは?

ソニー生命クレジットカード

保険料をお得に支払うべくよく利用されているクレジットカード払いですが、すべての生命保険会社がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。

ソニー生命も、そんなクレジットカード払いに対応していない生命保険会社の一つなのです。

支払い方法に柔軟性はありませんが、その保険商品はとても魅力的です。

本記事では、そんなソニー生命の魅力ある商品をいくつか紹介します。


この記事でわかること
  1. ソニー生命の保険料の支払い方法
  2. ソニー生命の保険に加入するメリット
  3. ソニー生命の保険の詳細や特徴

これらを中心に「ソニー生命の支払い方法」について徹底調査していきたいと思います。

ソニー生命に加入しようか悩んでいるけど、大丈夫かな?

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • ソニー生命はクレジットカードで保険料を支払うことができない。
  • ソニー生命でおすすめの学資保険は『学資保険スクエア』。

 

  • 学資保険の商品では、ソニー生命の学資保険返戻率が高く貯蓄ができるのでおすすめ!
  • 家庭に合ったプランをプロのプランナー無料で相談できるソニー生命は、選ばれ続けて契約件数144万件突破!

 

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

ソニー生命はクレジットカードで保険料を支払えないのか?

ソニー生命に加入した時によく散見される疑問としては、ソニー生命の保険はクレジットカード払いが出来るかです。

以下ではまず、その基本を確認します。

ソニー生命は初回だけクレジットカード払いが出来る

結論を先に言ってしまいますと、ソニー生命の生命保険でクレジットカード払いが出来るのは初回だけとなります。

つまり、継続的にクレジットカードで支払うことが出来ないというのが、正しい表現となります。

ソニー生命では、まったく保険料をクレジットカード払いが出来ないわけではありません。

ソニー生命の保険料の支払い方

では、クレジットカードで支払うことが出来ないのであれば、ソニー生命はどのような支払方法が用意されているのでしょうか。

ソニー生命の基本的な保険料支払い方法は、銀行口座からの引き落としとなります。

ただし引き落とし日は、使用する金融機関によって異なってきます。

ゆうちょ銀行を利用している場合は、毎月末日(休業日の場合は翌営業日)であり、ゆうちょ銀行以外の銀行であれば、毎月27日(休業日の場合は翌営業日)となっています。

クレジットカード払いが出来ない生命保険会社

ソニー生命は、クレジットカードでの支払いが全く出来ないわけではない、ということが分かってもらえたと思います。

この、初回だけしかクレジットカード払いが出来ない生命保険の会社はほかにも、かんぽ生命、第一生命、太陽生命があります。

また、クレジットカード払いを一切認めていない生命保険会社には、明治安田生命、富国生命があります

なぜクレジットカードで支払うことが出来ないのか?

なぜ、クレジットカード払いが出来る生命保険会社と、出来ない生命保険会社があるのでしょうか。

明確な理由が公開されていないため推測するしかありませんが、まず一つ考えられるのはカード会社に支払う手数料が嫌なのかもしれません。

クレジットカードで支払いが出来るようにするためには、そのカードを取り扱っている会社に対して保険会社が手数料を支払う必要があります。

その手数料を節約するために、クレジットカード払いをしてもらいたくないと考えているのかもしれません。

また、保険料をクレジットカード払いをすることに抵抗を持っている人が多いため、対応する必要はないと考えているのかもしれません。

ただ、現在はクレジットカード払いを認めている保険会社も徐々に増えているので、これから対応してくれる会社が増加するかもしれません。

ソニー生命に加入するのは損なのか?

クレジットカード払いが出来ないのであればソニー生命に加入するのが損であると感じる人もいるかもしれません。

しかし、ソニー生命はそれを差し置いても加入を検討する価値があります。

では、なぜそのように思うのかをここでは解説します。

財務基盤が盤石で倒産の危険は低い

生命保険に加入するにあたって気をつけておきたいのは、保険に加入したとしても、保険会社に倒産などの事由が発生し、保険金の支払いが不安定になってしまう可能性が全くないとは言い切れません。

しかしソニー生命では、その心配は皆無とは言えないまでもかなり安心できます。

その理由は、ソルベンシーマージン比率がとても高いことが挙げられます。


ソルベンシーマージン比率とは、通常の予測を超えて発生するリスクに対する余力資産なのですが、この比率がとても高く、何か大きな問題が起きたとしてもそう簡単に倒産する心配はありません。

また、格付け会社もソニー生命に対しては高い評価を与えていることから、その財務基盤は健全で、加入者が大きなリスクを背負う可能性はかなり低いとみて問題ありません。

オーダーメイドの保険を選べる

ソニー生命のもう一つの大きな特徴は、ライフプランナーがそれぞれ個人に合わせて生命保険の契約を組み立ててくれることです。

どれぐらいの保障額が、どれぐらいの期間必要なのかというのは、素人にはとても分かりにくく、それが生命保険の加入を難しくしている要因でもあります。

しかし、ソニー生命であれば個人に合わせた保障内容をライフプランナーが提案してくれるような仕組みになっているため、あなたにとって適切な保障内容を提案してくれる可能性が高くなります。

ソニー生命で絶対におすすめできる保険を2つ紹介

上述した通り、ソニー生命に加入するメリットは、たとえクレジットカード払いが出来なくとも大いにあります。

そこで、以下ではソニー生命の中でも、おすすめの商品を2つ紹介します。

ソニー生命の学資保険『学資保険スクエア』

まず、おすすめしたい1つ目の保険は、ソニー生命の学資保険</aです。

この商品をおすすめする理由は返戻率が比較的高く設計されているからです。

返戻率というのは保険を解約した時に戻ってくるお金の割合のこと。

この率が『学資保険スクエア』の場合、他と比較してもかなり良い率になっているため、戻ってくるお金を重視する人や、効率の良い投資先を探している人にとってはかなり魅力的に映るでしょう。

また、細かく自分の目的に合ったプランを選択出来る特徴も兼ね備えています。

この生命保険には、無配当型のものと、5年ごとの利差配当型というプランが用意されており、これからの将来設計に合わせていろいろと選択出来ます。

ここまで、この商品のメリットになる部分を解説してきましたが、反面、デメリットも存在しています。

デメリットは、『学資保険スクエア』に加入するためには、基本的にソニー生命のライフプランナーを介してしか加入することが出来ません。

人を介してこの商品の説明を詳しく聞くことが出来るため、その商品に詳しくなり、本当に必要なのかどうかを見極めることが出来るようにはなります。

現在インターネットで加入できる生命保険や、郵送で申し込みの出来る生命保険があることを考慮すると、人を通してしか加入することが出来ないというのは少し不便です。

人と相談しながら決めることに抵抗がない人や、あるいは『学資保険スクエア』というのがどのような商品であるのか詳しく知りたいという人は、その詳細をライフプランナーに直接尋ねるのが良いでしょう。

ソニー生命のプロに無料相談

ソニー生命の変額保険終身型『バリアブルライフ』

もう一つ紹介しておきたい商品は、変額保険終身型と言われている『バリアブルライフ』です。

変額保険とは、運用実績によって将来受け取れる金額が変わってくる保険のことです。

運用実績が良ければ戻ってくるお金が増えるのですが、悪ければ減ってしまうため、株式投資のようなものに非常に近い性質を持っています。

投資であれば、最悪投資したお金すべてを失ってしまう可能性もありますが、この保険では、たとえ運用実績が悪かったとしても保険金の額が契約時よりも下がることはありません。

この保険金の額が下がらないというのは大きな特徴です。

また、変額保険は、通常の保険ではリスクとなるインフレに備えることも出来ます。

現在日本は、デフレから脱却するための政策を掲げているため、将来強烈なインフレが起こってしまう可能性が全くないとは言い切れません。

このようなリスクに対応しているのが、『バリアブルライフ』なのです。

将来インフレになれば、解約返戻金の額も上昇するため、戻ってくるお金が増えて、インフレのリスクに備えることが出来るのです。

しかし、デメリットもいくつか存在します。

1つは、『バリアブルライフ』の保険料が今までと比較して高くなっていることが挙げられます。

保険料が値上げされたことによって、運用がうまくいったときには、戻ってくるお金がより増えるというメリットはあるのですが、逆に言うと、運用がうまくいかなかった時は、支払う保険料が増えてしまっているため損失額が大きくなってしまいます

また、この商品は投資先を自分で選ぶ必要があるため、投資に疎い人にもお勧めするのが難しい商品であると言えます。

元々投資を行っている人や、投資に詳しい人であれば問題がないかもしれませんが、投資に全く興味がない人の場合は、投資先を自分で選択するという事はリスクを高くしてしまう可能性を秘めています。

加えて、終身保険と言う性質上、途中解約してしまうと元本割れを起こしてしまうデメリットもあります。

もしかしたら将来的には保険を解約する可能性が高いと考えている場合には、この生命保険はあまりおすすめ出来ません。

ソニー生命の『バリアブルライフ』は、投資をしている人や投資に興味のある人、また将来のインフレになると考えている場合にはとても良い商品だと言えます。

しかし、投資という性格を強く持っているため、リスクの高い商品であることは心得ておかなければなりません。

クレジットカードで保険料を支払える保険会社を紹介します

現在クレジットカード払いが可能な保険会社は多数存在しています。

ただ、支払いにはいくつか条件が設定されている可能性もあります。

いくつか例を見ていきましょう。

オリックス生命

オリックス生命はクレジットカード払いに対応していますが、いくつか条件があります。

まず、クレジットカードの名義人が契約者本人であるということか。

また保険料の支払額にも上限がつけられており、月払いは5万円、年・半年払いは10万円までとなっています。

オリックス生命の資料請求(無料)はこちら!

日本生命

日本生命もクレジットカード払いが出来る生命保険会社です。

ただし、原則として契約日が平成20年1月4日以降の人が対象となっている点は押さえておきましょう。

ソニー損保

ソニー生命はクレジットカード払いに対応していませんが、ソニー損保はクレジットカード払いに対応しています。

この点を考慮するとソニー生命でもいずれはクレジットカード払いが出来るようになるかもしれません。

クレジットカードを使って保険料を支払うメリットとは?

クレジットカードで保険料を支払えることが出来たとしても、果たしてそれは本当にメリットがあるのでしょうか。

ここでは、クレジットカード払いをするメリットを紹介します。

ポイントがもえらえる

まず、最も大きなメリットだと考えるのはポイントがもらえることです。

ほとんどのクレジットカードでは、その利用額に応じていくらかのポイントがもらえるようになっています。

今まで口座引き落としなどにしていた保険料の支払い方法を、クレジットカード払いに変更するだけでポイントがもらえるようになります。

ポイントはもらった分だけお得になりますので、その分だけ保険料の節約につながります。

獲得したポイントの使い道は、カード会社によって違いがありますが、より便利な商品に交換出来る場合もあるため、そういった面から見てもポイントを獲得することは得です。

お金の管理が楽になる

クレジットカードを使って支払うことで、何にどれぐらいのお金を支払ったのか、ということが確実な記録として残るようになります。

自分のお金の使い道を正確に理解しておくことはかなりの節約につながります。

何か無駄なものを購入していないか、あるいは支払い忘れがないかなど、クレジットカードで多くの物を支払うようにしておけば、お金の管理がとても楽になります。

また、現在ではweb上明細を確認できるサービスもあり、家計簿をつける習慣がない人でも、簡単に自分のお金の使い方を知ることが出来るようになっています。

web上で明細を確認できるのはとても便利なので、もしも利用する機会があるのであれば一度利用してみてください。

保険料の未払いを防げる

口座引き落としにしていると、口座の残高が不足していた場合には、保険料を支払うことが出来ません。

クレジットカード払いにしていれば、保険料を支払うのはクレジットカード会社側なので、未払いを起こす可能性がほぼなくなります。

保険料はしっかりと収めていないと、万が一の時に保障を受けることが出来なくなります。

しかし、クレジットカード払いをしていれば、払い忘れてしまうということはなくなるでしょう。

ただし、クレジットカードの支払いは確実に行うようにしましょう。

そうしないと、あなたの信用情報が傷ついてしまいます。

クレジットカードを使って保険料を支払うデメリットは?

数多くのメリットがあることは伝わったかと思います。

しかし、保険料をクレジットカード払いにしていると発生するデメリットもいくつか存在していますので、次はそのデメリットを確認していきましょう。

保険契約者名義のカードしか使えない

お金を支払うのであれば、その名義人はあまり関係ないと思うかもおしれませんが、保険料を支払う場合には、クレジットカードの名義人は契約者本人と同一人物でなければならない場合がほとんどです。

そのため、夫が契約した保険をクレジットカードで支払う場合には、夫名義のクレジットカードでなければなりません。

この点は少し手間がかかるため、デメリットの一つです。

カードが止められている場合は支払いが出来ない

当たり前の話かもしれませんが、クレジットカードの利用が制限されてしまった場合、当然保険料を支払うことが不可能になってしまいます。

さらにカードが止められているということは、あなたの信用情報に傷がついてしまっているということであり、今後クレジットカードを作ったり、あるいはローンを組んだりするとき、不利に働く材料となってしまいます。

そのためには、支払い遅延を起こさないように、カードの使い方にはよく気をつけるようにしましょう。

支払い時期を調整できない

その月の保険料の支払いが難しくなってしまい、あえて口座を残高不足にして、保険料の支払いを翌月に持ち越そうとする人がいるかもしれません。

この方法は口座引き落としの場合には出来ますが、クレジットカード払いをしている場合には出来ません。

なぜならば、カード会社は決められた月に必ず支払いを行うからです。

この仕組みは必ず保険料を支払えるため便利ではありますが、その反面、自分でその月に保険料を支払うかどうかの微調整が出来ません。

支払う保険料を劇的に抑える6つの方法

クレジットカードは上手く利用することが出来れば、保険料の支払総額をかなり抑えることが出来ます。

しかし、それ以外にも保険料を節約する方法があります。

ここでは、その方法を6つ紹介したいと思います。

一度に払う保険料を多くする

多くの保険会社では保険料の支払い方には、月払い、半年払い、年払い、一時払いあたりが用意されています。

保険料は、一回で多くの金額を収めることによって、トータルの支払額を減らすことが可能となっているため、半年払いや年払いを活用することで、保険料をかなり節約することが出来るのです。

例えば、ソニー生命の学資保険であれば、年払いなどを活用することによって返戻率が高くなります。

月払いであれば返戻率が110.3%なのが、年払いにすると111.1%まで上昇します。

保険料の節約は、返戻率からみても一度に納める保険料は多い方が得になる場合が多いのです。

そのため、家計に余裕があるのであれば、一度に納める保険料を多くすることを検討してみることも大切です。

あわせて読みたい
学資保険の保険料 月いくらかける?保険料を徹底検証

たくさんの保険商品を見比べる

現在、生命保険には数多くの種類があります。

そして、その中には、保障内容が酷似しているにも関わらず支払う保険料の額が明らかに違うという商品もいくつか散見されます。

似ている保障内容なのに、多くの保険料を支払うのはもったいないです。

しかし、生命保険に加入する際に、たくさんの商品を比較しておけば、このデメリットを回避することが可能となります。

手間はかかるかもしれませんが、保険に加入した後で、やはり別の保険にしておけばよかったと思い加入しなおした時と比較すると、時間も費用も節約することが出来ます。

出来る限り加入する前に、色々な可能性を検討することをおすすめします。

保険の比較・見直しを効率よく行うなら、保険の無料相談所を利用するのも一つの手。


保険見直し本舗の店舗数はなんと全国で250店舗以上、しかも全てが直営店

取扱い保険会社数も国内最大級の40社以上で、ついに契約実績100万件を突破!

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

自分の加入している保険が適切か調べてみよう

自分が現在加入している生命保険が、本当に今の自分に見合っているものかどうか考え直すのも、保険料を節約するための一つの方法となります。

というのも、必要な保険と言うのはその時の自分の生活状況によって変化します。

分かりやすい例として子どもがいる家庭を挙げます。

子どもがいる家庭ならば、将来たくさんのお金が必要になるから出来るだけ大きなお金を、家族に残しておこうと考えると思います。

しかし、子どもが成人し、すでに自立してしまっている場合は、そこまで大きな保障額が必要ないのではないでしょうか。

上記の例のように、必要な保障というのは現在の生活の状態によって浮動するものです。

変幻する生活状況に対応するためには、自分の加入している保険が今本当に必要なものなのかどうかを考える必要があります。

逓減定期保険など、年数が経過するごとに保障額が減額されていくような生命保険に加入している場合であればこの手間を省くことは出来ます。

それ以外の保障額に変化がないような保険に加入している場合には、本当に必要な生命保険に加入しているかどうか見直した方が良い場合も。

その見直すタイミングの見極めが少しばかり難しいかもしれませんが、人生の中で何か重要なイベントが起きた時生命保険について考えてみるのが良いでしょう。

生命保険の保険料控除を利用する

生命保険の控除制度を用いることによって、保険料を抑えることも出来ます。

生命保険に加入していると、その保険料の一部を所得税や住民税から控除し、税金の還付を受けられる制度が存在しています。

控除額は所得税の場合だと以下のようになります。

年間払込保険料が2万円以下の場合、支払った保険料全額が控除対象。

年間払込保険料が2万円超、4万円以下の場合は、(払込保険料×1/2)+1万円が控除対象。

年間払込保険料が4万円超、8万円以下の場合は、(払込保険料×1/4)+2万円が控除対象。

8万円超の場合は、一律4万円の控除を受けることが出来ます。

もしも10万円の保険料を支払っていた場合には、所得税は4万円の控除を受けることが出来るようになります。

もしも知らなかった人や、あるいは現在この制度を活用していない人がいれば、この控除を活用して保険料を節約できる可能性があります。

健康体割引を使って生命保険に加入しよう

生命保険は、健康な時に加入してしまう方が様々な面で得をすることが出来ます。

第1に健康でなければ生命保険に加入することが出来ない可能性があります。

たとえ健康な状態でなくても加入できますが、支払う保険料が割高になることが多く、保険に加入するのがかなり損だと感じてしまうかもしれません。

そのため、生命保険の加入を考えているのであれば、やはり健康な時に加入すると保険料を安くすることができます。

第2の理由としては、生命保険会社によっては、健康な人であれば支払う保険料を割引してくれる生命保険会社が存在していることです。

そういった割引があるのは、メットライフ生命の『スーパー割引定期保険』、チューリッヒ生命の『定期保険プレミアム』、ソニー生命の『収入保障保険』などがあります。

健康体割引が活用できる生命保険に加入する方法は、保険料を抑えるのにとても有効です。

知識を持った人に相談しよう

6つ目に紹介する方法は、保険に詳しい人に相談することです。

今の自分のライフプランにあった生命保険に加入しているかどうかは、とても分かりづらく、その問題を解決するためには、やはり保険に関して専門的な知識を保有する人に相談するのが確実です。

現在は、保険に関する相談が出来るお店がいくつもあり、そこでは保険を専門にしている人(例えばファイナンシャルプランナーなど)に、保険について悩んでいることを相談出来る場所となっています。

また、その相談料は無料である所がほとんどです。

ただし、相談に行く前にいくつ覚えておいた方がいいことがあります。

まずは、相談する相手によって返ってくる答えが全く違う可能性があることです。

保険は人によって考え方が異なるため、たとえ専門家であったとしても、不必要な生命保険を勧められたり、あるいは、間違っていることを教えられるかもしれない。

それを避けるための方法は、同じ相談内容を別の人にも相談することです。

色々な人の意見を聞いて、その内容を比較することで、誰がより正しい内容を教えてくれていたのかを精査することが出来るでしょう。

その中でより自分の目的や、家計状況に合わせたものを選択すると、それがあなたにとって最適な生命保険となる可能性を高めてくれるでしょう。

まとめ

ソニー生命は確かにクレジットカード払いが出来ない生命保険会社ではありますが、それを差し引いたとしても、とても魅力のある金融商品を取り扱っている生命保険会社であると思います。


支払い方法だけにこだわらず、詳しい人に相談したりして、幅広い視野で探索することがあなたにとって最適な保険を見つけるための鍵になるはずです。

この記事が、そんな鍵を見つける一助になれば幸いです。