MEXC(MXC)クレジットカードでの購入方法|注意点まで徹底解説

MEXCでクレジットカード使える?
クレジットカードの使い方を知りたい

MEXCは取扱銘柄が豊富で、クレジットカードが利用できる取引所です。

使い方を知れば、自分の好きなタイミングで購入ができます。

本記事では、MEXCのクレジットカードでの購入方法を徹底解説。

また、クレジットカードを使用する際の注意点を紹介しますので参考にしてください。

この記事の概要
  • MEXCはクレジットカード利用できる
  • MEXCは日本語サポーターが充実している
  • MEXCはクイック購入はブラウザでスアプリでも便利
  • クレジットカードは自分の好きなタイミング通貨が購入できる
  • プロバイダのSimplex利用ができない
MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

MEXC(MXC)はクレジットカードで仮想通貨を直接購入できる

MEXCは、クレジットカードで使用して仮想通貨を直接購入できます。

クレジットカードを使用すると、国内取引所を経由する必要はありません。

そのため、送金する手間も省けて、自分の好きなタイミングで取引が可能です。

MEXCは、草コインをはじめ1,500種類以上の銘柄を取扱いがあります。

ただ、クレジットカードで購入できる通貨は下記の通りです。

クレジットカードで購入できる通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • TrueUSD(TUSD)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イオス(EOS)
  • テザー(USDT)
  • AME Chain(AME)
  • USD Coin(USDC)
  • トロン(TRX)

取扱銘柄数が1,500以上もある取引所ですが、クレジットカードで購入できる銘柄がやや少なめです。

MEXCは海外仮想通貨取引所の中でも大手なので、今後は購入できる銘柄が増える可能性は十分にあります。

また、利用できるクレジットカードは下記の通り3種類です。

利用できるクレジットブランド
  • VISA
  • MasterCard

どちらも世界的に有名なクレジットカードですので、所有している人もたくさんいます。

AMEXなど他のブランドは採用していないので、利用するときは注意してください。

MEXC(MXC)クレジットカードでの購入方法

ここでは、クレジットカードを使用した入金方法を紹介していきます。

クレジットカードで入金する際に、本人確認の「認証レベル2」の完了が必要です。

「本人確認書類」と「ユーザーの顔写真」の撮影があるので、先に済ませておきましょう。

クイック購入/売却の方法【ブラウザ版】

ここでは、ブラウザ版のクイック購入と売却の方法を紹介していきます。

STEP.1
クイック購入/売却をクリック

ホーム画面の上部メニューから「OTC取引」にカーソルを合わせてください。

いくつか表示される項目から「クイック購入/売却」をクリック。

STEP.2
注文内容を入力

画面が切り替わり、クイック購入/売却のページになります。

購入を選択してから、支払する銘柄と金額を入力してください。

受け取りたい銘柄を選択します。

STEP.3
プロバイダを選択

プロバイダがいくつか表示されますので、適切な支払方法を選んでください。

問題がなければ「購入ボタン」をクリック。

STEP.4
支払い方法を選択

画面が切り替わり、決済代行会社のページが開かれます。

注文の詳細が表示されますので、支払い方法を選択してから「続行する」をクリック。

STEP.5
カード情報の入力

画面が切り替わり、クレジットカードの情報を入力を行います。

「カード番号」「有効期限」「氏名」「セキュリティコード」を入力してください。

入力後は、利用規約やプライバシーポリシーを確認して、同意のチェックをいれます。

問題なければ「次へ」をクリック

STEP.6
個人情報の入力

クレジットカード利用者の住所を入力します。

「住所」「都道府県」「郵便番号」「国名」を入力してください。

次に、個人情報を入力します。

「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」を入力してください。

間違いがなければ「今すぐ支払う」をクリックすれば完了です。

クイック購入/売却の方法【アプリ版】

STEP.1
暗号資産を購入をクリック

ログインしてから、ホーム画面に表示される「暗号資産を購入」をクリックします。

STEP.2
購入する金額と通貨を選択

画面が切り替わり、暗号資産購入のページが表示されます。

支払いする通貨と金額を入力してください。

購入したい銘柄を選びます。

STEP.3
支払いするプロバイダの選択

プロバイダがいくつか表示されますので、選択してください。

問題がなければ「続ける」をクリックします。

画面が切り替わり、決済代行会社のページが開かれます。

決済代行会社の指示に従い、カード情報と個人情報を入力すれば、完了です。

MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

MEXC(MXC)クレジットカードの手数料

MEXCのクレジットカードを使用する際は、手数料を把握するのが大切です。

決済サービスのプロバイダごとに手数料が異なりますので下記の表を参考にしてください。

プロバイダ 手数料
Banxa 3.24%
Mercuryo 3.95%
Moonpay 4.5%
Simplex 3.5%or10ドルのどちらか高い方

クレジットカードを使用して仮想通貨を購入すると、取引所で購入するよりも手数料が掛かり、割高です。

急ぎのときはクレジットカードで購入して、通常時は国内取引所から送金するなど使い分けると無駄なコストを掛けません。

また、上記の手数料以外にもネットワーク手数料が掛かる可能性もあるため、公式サイトを確認しておくといいでしょう。

MEXC(MXC)クレジットカードを利用するメリット

ここでは、クレジットカードを利用するメリットを紹介していきます。

クレジットカードを利用するか悩まれている方は参考にしてください。

現金がなくても購入できる

クレジットカードを使用するので、現金がなくても仮想通貨が購入できます。

クレジットカードを使用すれば、自分の好きなタイミングで購入できるので利便性は高いです。

また、支払いも翌月なので、すぐに資金を準備する必要もありません。

実質日本円で仮想通貨が購入できる

MEXCは日本円の入金に対応していません。

クレジットカードを利用すると、プロバイダを経由して日本円で決済が可能です。

購入した銘柄はMEXCの口座に入るため、実質日本円で仮想通貨が購入できます。

国内取引所を経由しなくてもいい

クレジットカードを使用して仮想通貨を購入すれば、国内仮想通貨取引所を経由する必要はありません。

クレジットカードはプロバイダを経由して日本円で仮想通貨が購入できます。

一般的な手段は、国内仮想通貨取引所で日本円を入金して、仮想通貨を購入してからMEXCに送金する流れです。

この作業は、手間が掛かり、入力間違いや誤送金などのリスクがあります。

クレジットカードを利用すると、手間や時間が削減されるので利便性が高いです。

ビットフライヤー海外送金

MEXC(MXC)クレジットカードを使用する際の注意点

ここでは、クレジットカードを使用する際の注意点を紹介していきます。

クレジットカードの注意点を把握しておけば、トラブルが起きたときも柔軟に対応が可能です。

クレジットカードの利用を検討している方は参考にしてください。

対応ブランドが限定されている

MEXCが対応しているクレジットカードのブランドは限定されています。

主に利用できるブランドが「VISA」と「MasterCard」です。

JCBも法定通貨を入金する際に利用はできますが、仮想通貨を購入する際には利用できません。

AMEXカードなど他のブランドも利用できないので、注意してください。

また、Apple Payなどの電子決済も使用できますが、プロバイダによって異なりますので確認が必要です。

購入金額に上限がある

MEXCのクレジットカードを利用するには、金額に上限があるため、注意してください。

上限金額は事前に各プロバイダの公式サイトで確認すると、スムーズに購入できます。

そもそも、クレジットカードで百万円単位の仮想通貨は購入できません。

その場合は、国内仮想通貨取引所で通貨を購入してから、送金するのがおすすめ。

トラブルが起きたときはプロバイダに直接連絡する

MEXCでクレジットカードを使用して仮想通貨を購入すると、30分以内にはアカウントに反映されます。

しかし、何かしらのトラブルが起き、処理時間が長くなったり、購入が勝手にキャンセルされたりする可能性がゼロではありません。

このような問題が生じた場合は、MEXCでは対応できず、プロバイダに直接連絡する必要があるので注意してください。

一部のクレジットカードは仮想通貨購入が禁止されている

MEXCでは、一部のクレジットカードを使用しての仮想通貨購入は禁止されています。

VISAやMasterCardは利用できますが、JCBやAMEXなどの世界的に有名なクレジットカードは利用できません。

国内でも利用者が多い、三井住友カードや楽天カードでも仮想通貨購入目的の利用は禁止されています。

利用できるクレジットカードが限定されると少し不便に感じるかもしれません。

しかし、クレジットカードを使用して仮想通貨を購入すると、手間を掛けずに購入できるのでおすすめ。

MEXC(MXC)クレジットカードでSimplexが使えない

MEXCでクレジットカードを使用して、仮想通貨を購入する際に決済サービスのプロバイダを選択します。

プロバイダは4社ありますが、その内の「Simplex(シンプレックス)」が2022年11月時点では使用できません。

MEXCのアプリでプロバイダを「Simplex」に選択した際には画像のようなエラーが表示されます。

画面を下にスクロールしていくと、エラー表示に関する理由が表示されており、SimplexはEUの法律に従っているということです。

日本の金融庁が海外仮想通貨取引所に関して認可していないため、EUの法律では「日本人の利用は認められない」可能性があります。

MEXC(MXC)クレジットカードのまとめ

この記事の概要
  • MEXCはクレジットカード利用できる
  • MEXCは日本語サポーターが充実している
  • MEXCはクイック購入はブラウザでスアプリでも便利
  • クレジットカードは自分の好きなタイミング通貨が購入できる
  • プロバイダのSimplex利用ができない
MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

今回はMEXCのクレジットカードの購入方法について解説してきました。

MEXCは取扱銘柄が豊富で、レバレッジも200倍まで取引できる大手取引所です。

クレジットカードを利用すると、国内取引所を経由しなくてもいいので手間が省けます。

ただ、一部のクレジットカードは禁止されており、対応できるブランドは2種類です。

自分の好きなタイミングで効率よく、仮想通貨を購入したい方は、クレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ