仮想通貨取引におけるセキュリティ対策の必要性とは?試したい対策5選

インターネット上でやりとりされる暗号資産であり、現金同等もしくはそれ以上の価値がある仮想通貨は、ハッキングや盗難の被害に遭うことが少なくありません。安全に取引を行うには、高いセキュリティ意識を持つことが重要です。

今回は、仮想通貨を運用するにあたって知っておくべきセキュリティ対策について、わかりやすく解説していきます。


診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

仮想通貨取引におけるセキュリティ対策の必要性

仮想通貨セキュリティ対策
仮想通貨を安全に運用するためには、仮想通貨の基本を押さえた上で「セキュリティ意識」を高めることが大切です。ここでは、仮想通貨取引におけるセキュリティ対策の必要性について解説します。

仮想通貨には現金と同等の価値がある

「仮想通貨」は、“仮想”という文字通り直接手に取ることができないため、ついセキュリティ意識が希薄になりがちです。

しかし、実際には現金と同等の価値、高騰する可能性があることを考えればそれ以上の価値がある資産です。価値があるということは、盗まれるリスクや犯罪者から狙われるリスクも高いということですので、セキュリティを強化する必要があります。

暗号資産はハッキングの被害に遭いやすい

仮想通貨(=暗号資産)は、株式やFXなどの投資と比較してハッキングや盗難の被害に遭うリスクが高いと言われています。というのも、インターネット上でやりとりされる暗号資産は、公的な管理者や発行主体がおらず、不正アクセスの標的にされやすいからです。

「取引所に預けておけば安心だろう」などと思い込まず、しっかりとセキュリティの強化に努めましょう。

ビットフライヤー海外送金

仮想通貨取引で試したいセキュリティ対策5選

仮想通貨セキュリティ対策

では、仮想通貨を守るためには、具体的にどのような対策を行えばいいのでしょうか?個人でできる主なセキュリティ対策は次の5つです。

仮想通貨取引のセキュリティ対策
  • セキュリティ対策が万全な取引所を選ぶ
  • 仮想通貨を保管する取引所を分散させる
  • パスワードを複雑化する
  • ウイルス対策ソフトをインストールする
  • VPNサービスを利用する

それぞれの対策について、順に詳しく解説していきます。

対策1.セキュリティが万全な取引所を選ぶ

個人でセキュリティ対策を講じる以前に、まずはセキュリティが万全な取引所を選ぶことが大切です。取引所が攻撃され、自分のIDやパスワードが流出してしまっては元も子もありません。

取引所を選ぶ際は、2段階認証の有無や顧客情報の管理方法など、セキュリティが万全かどうかを必ず確認しましょう。また、名の知れない取引所ではなく、金融庁の登録を受けていたり大手金融会社の傘下にあったりと、信頼のおける取引所を選ぶことも大事なポイントです。

対策2.取引所やウォレットを分散させる

セキュリティ強化の観点から、取引所およびウォレットは複数に分散させることが非常に重要です。

投資の世界で「卵は一つのカゴに盛るな」と言われているように、一つの場所ですべての資産を管理するのはかなり危険です。仮想通貨を運用する際は、複数の取引所やウォレットを利用してリスクを分散させておくと安心です。

対策3.パスワードを複雑化する

仮想通貨の取引所やウォレットで使用するパスワードは、できるだけ長くて複雑なものに設定しましょう。

自分の個人情報(名前・生年月日)や意味のある数字を含んだパスワードや、桁数が少ないパスワードは、簡単に解析されたり総当たり攻撃されたりしてしまうので要注意です。

また、他のネットサービスで使用しているパスワードを使い回すのも避けましょう。すべての取引所とウォレットで同じパスワードを使用していては、リスクを分散させるどころか、危険性が高まります。「パスワードを複雑化すること」「同じパスワードを使い回さないこと」、この2つを必ず徹底してください。

対策4.ウイルス対策ソフトをインストールする

お使いの端末にウイルス対策ソフトをインストールすることも、セキュリティ対策として有効です。

ウイルスやマルウェアの感染を防ぐことで、ハッキングや情報流出のリスクを低減できます。スマホでもウイルスに感染する危険性は十分にあるため、主にスマホを使って仮想通貨の取引をしている場合も、ウイルス対策ソフトを利用することをおすすめします。

対策5.VPNサービスを使用する

仮想通貨セキュリティVPN

仮想通貨の取引におけるセキュリティを強化したいなら、VPNサービスの活用もおすすめです。VPNとは、「Virtual Private Network」の略称で、インターネット接続を暗号化してプライバシーを強化するサービスのことです。

自身のIPアドレスを隠すことで匿名性を強化できるので、安全に仮想通貨の取引を行えるようになります。これにより、ハッキングや情報流出のリスクを大幅に低減することが可能です。

NordVPNがおすすめ!

「仮想通貨取引ではどのVPNサービスを使えばいいの?」という方には、NordVPNがおすすめです。NordVPNは、最高峰のセキュリティを誇るインターネットセキュリティプロバイダーです。

IPアドレスを隠すだけでなく、マルウェアや広告、トラッカーからユーザーを保護することで、高い安全性を実現します。また、仮想通貨を使ってVPNの利用料を支払えるのもNprdVPNの魅力の一つです。

仮想通貨のセキュリティ対策まとめ

仮想通貨は、実際に手に取ることはできないものの、現金と同等またはそれ以上の価値があります。仮想通貨を狙うサイバー犯罪から身を守るためには、セキュリティ対策を強化することが欠かせません。

「これまであまり対策をしてこなかった」という方は、ぜひまずはこの記事で紹介した5つのセキュリティ対策を試してみてください。