AQRU(アクルー)ってなに?仮想通貨初心者におすすめのレンディングサービスについて紹介します

AQRUってどんな取引所なの?
仮想通貨レンディングができるって本当?

AQRUを耳にしたことがある人は、仮想通貨レンディングにも興味を持たれていることでしょう。

AQRUは、高利回りの仮想通貨レンディングを行える海外のCeFi(中央集権型金融)です。

今回の記事では、仮想通貨レンディングの概要に触れながらメリット・デメリットについて紹介します。

さらにAQRUの特徴や利率、どんな人におすすめなのかについても解説していきます。

その中で、海外のCeFiはまだ早いなと感じる人も出てくるでしょうから、国内で簡単にチャレンジできる貸暗号資産サービスも3つ紹介していくので、参考にしてください。

AQRU仮想通貨レンディング
  • AQRUは仮想通貨レンディングサービスのCeFi(中央集権型金融)
  • 仮想通貨レンディングは、保有する通貨を口座に預けて利息を得るサービス
  • 預けた通貨は機関投資家や個人投資家に貸し出される
  • AQRUは特に年利が高いので、銀行に預金するよりお得
  • 仮想通貨レンディングは、投資の知識やチャートを読む力がいらないので初心者におすすめ
  • 海外の仮想通貨レンディングが不安な人には、国内取引所の貸暗号資産サービスがおすすめ

AQRU(アクルー)とは仮想通貨レンディングプラットフォーム

AQRU-アクルー‐とは

AQRUは、ブルガリアにあるAccru Finance Ltd.が提供する、仮想通貨レンディングプラットフォーム!

仮想通貨レンディングとは、口座に預けた仮想通貨が他の誰かに貸し出されることによって、利息を得ることができるシステムです。

仮想通貨初心者がいきなり活発に仮想通貨を売買するのは不安に感じると思います。

レンディングは、そういった仮想通貨初心者にこそおすすめです。

長期保有するために買った通貨を口座に預けておくだけで増えていくので、少ないリスクで利益を得ることができるからです!

なぜ仮想通貨レンディングで利息が発生するの?

なぜ、口座に仮想通貨を預けるだけで利息が発生するのか疑問に思いますよね。

実は、みなさんが口座に預けた仮想通貨は、ただ保管されるだけではないのです。

預けられた通貨は、運営から機関投資家や個人に貸し出されます。

これによって、収益が発生し貸し出した先から利息を得ているのです。

【AQRU(アクルー)の基本情報】

運営会社 Accru Finance Ltd.
会社所在地 ブルガリア
取扱い銘柄(利率※) BTC(7.0%)
ETH(7.0%)
USDT(12.0%)
USDC(12.0%)
DAI(12.0%)
手数料 法定通貨出金:無料
仮想通貨出金:20米ドル
入金方法 ・仮想通貨ウォレット
・銀行振込
・クレジット、デビットカード

※利率データ引用:AQRU(アクルー)公式サイト

AQRU(アクルー)の特徴

AQRU-アクルー‐特徴

AQRUの特徴について、3つ紹介していきます。

仮想通貨を持っていなくても法定通貨を預けられる(GBP・USD・EUR)

AQRUの最大の特徴は、法定通貨入金ができるということです。

対応しているのは、GBP(英ポンド)・USD(米ドル)・EUR(ユーロ)なので日本円には対応していません。

このため、日本人にとってはあまりメリットがありませんが、海外在住で上記の通貨をよく利用する人にとっては参入しやすくなっています。

クレジットカードでの入金ができる

クレジット・デビットカードを使って入金もできるようになっています。

ただし、日本では海外のサイトで仮想通貨売買にクレジット・デビットカードを使うことはなかなかできません。

カード会社がそういった使い方を許していない場合が多いからです。

しかし、仮想通貨入金が主体のレンディングサービスが多い中で、この対応は画期的だと言えます。

法定通貨出金手数料が無料(仮想通貨出金は20米ドル)

GBP(英ポンド)・USD(米ドル)・EUR(ユーロ)で出金する場合は、手数料が無料という特徴もあります。

日本で出金する場合は、国内取引所へ一旦送金しなければならないのでどうしても20米ドルかかってしまうことになります。

円安の現在は、こうした手数料がやや痛手になってしまいますね。

ちなみに1米ドル130円で計算すると、20米ドルは2600円となるため結構な金額になります。

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨レンディング‐メリット

海外でも国内でも仮想通貨レンディングサービスはたくさん存在します。

それほど、利用するユーザーが多いということなのです。

なぜたくさんの人に利用されるのか、紐解いていくためにレンディングを利用するメリットについて紹介していきます。

難しい投資の知識がいらず、チャートを見なくても良い

一番大きなメリットは、投資の知識がいらないということです。

欲しい通貨をなるべく安い時に買っておいて、あとはレンディングしておけばわざわざ取引をしなくても利息を得ることができます。

投資がよくわからない初心者でも、仮想通貨に参入できるサービスの一つなのです!

銀行に預けるよりも利息が得られる

銀行にお金を預けても1年で数円しか増えませんが、仮想通貨を買って預けるともっとたくさんの利息を得ることができます。

例えばAQRUの場合、USDTの年率が現在12%になっているので、10000円分預けておけば1年後には1200円増えているのです!

元手が増えれば増えるほど、利息も増えていくので普通に預金するよりも効率的に資産を増やせます。

仮想通貨レンディングのデメリット

仮想通貨レンディング‐デメリット

仮想通貨レンディングのメリットを見ると、仮想通貨を買ってどんどんレンディングに回せばいいのでは?と思いますが、そうおいしいだけではありません。リスクもあるのです。

仮想通貨レンディングのデメリットについても把握しておきましょう!

運営元が倒産したら利息ごと消えてしまう可能性がある

仮想通貨をたくさん預けていた取引所がある日突然倒産して消えてしまった!

という可能性もありますよね。

この時、預けていた仮想通貨や利息がすべて返ってこない場合もあります。

これでは、せっかく長期間預けていた時間と資金が水の泡になってしまいますね。

レンディングサービスを探す時は、なるべく倒産可能性の低い歴史ある取引所を選びましょう。

レンディングの利息にはしっかり税金がかかる

元手には税金がかかりませんが、利息が発生した場合はしっかりと税金がかかる点も注意が必要です。

長い間放置していてたくさん利息が発生していれば、その分税金で持ってかれてしまうので、完全に放置するのではなく利息の管理をある程度するようにしましょう。

BlockFi(ブロックフィ)との比較からわかるAQRU(アクルー)がおすすめの人

AQRU-BlockFi-比較

AQRUの他に、BlockFiというレンディングサービスも有名です。

ここでは、両者を比較してAQRUがおすすめの人について紹介していきます。

【AQRU(アクルー)・BlockFi(ブロックフィ)比較表】

AQRU(アクルー) BlockFi(ブロックフィ)
取扱い銘柄 BTC
ETH
USDT
USDC
DAI
BTC
ETH
LTC
LINK
UNI
BAT
USDT
USDC
GUSD
DAI
PAX
PAXG
出金手数料 法定通貨…無料
仮想通貨…20米ドル
BTC・LTC・ステーブルコインのいずれかなら、
月1回まで無料
対応法定通貨 GBP
USD
EUR
なし
運営会社所在地 ブルガリア アメリカ
日本語対応 × ×

【CeFiレンディング利率比較表トップ5とBlockFi】

CeFi BTC利率(%) ETH利率(%) USDT利率(%)
FTX(BlockFolio) 8.0 8.0 8.0
AQRU(アクルー) 7.0 7.0 12.0
Nebeus 6.75 6.75 12.85
HodlNaut 6.7 5.7 12.7
BlockFi 1.0 1.5 7.0

データ引用:CeFi Interest Rates

BlockFi と比較した結果、AQRUには以下のことが言えます。

  • 取扱い銘柄がやや少ない
  • 仮想通貨出金は手数料がかかる
  • 利率がかなり高い

AQRUは、BlockFi以外のCeFiと比べても利率が高くなっています。

特に、USDTは12%と高い利率が望めます。

このため、利回りのよいレンディングサービスを求めている人におすすめです。

ただし、対象となる銘柄が少ないのでCeFiだけでなく、他のレンディングサービスも併用することをおすすめします。

AQRU(アクルー)の始め方

AQRU-アクルー‐始め方

AQRU(アクルー)は、日本人でも使える高利回りのレンディングサービスですが、登録後に本人確認をしないとレンディングサービスを利用できません。

あらかじめ始め方を確認しておき、スムーズに仮想通貨レンディングをスタートしましょう。

事前に準備が必要なもの
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど顔写真つきのもの)1点
  • 住所確認書類(公共料金関係の書類・銀行取引明細書・政府発行書類、いずれも住所記載のもの)1点
  • スマホかウェブカメラ(本人確認書類送付時にビデオを送るため)

AQRU(アクルー)の登録方法

AQRU(アクルー)の登録は至って簡単です。

ブラウザから公式サイトへアクセスしたら、「Sign up」を選択します。

AQRU-登録

その後、登録画面から必要情報を入力していきます。

【必要情報】

  1. E-mailアドレス
  2. 任意のパスワード
  3. 紹介コードを入力(無くても大丈夫です!)
  4. 優先通貨を選択
    英ポンド/ユーロ/米ドル/カナダドル いずれかから選択
  5. 規約への同意にチェック
    18歳以上からの利用になります
  6. 「Create account」を選択
  7. 登録したメールアドレスに届くメールを確認し、メール内の「Confirm my email address」を選択
  8. 登録完了
  9. 10USDTゲット!

登録はこれで完了です。非常に簡単なので、完了までに所要時間5分もかかりません。

また、登録しただけで10USDTをゲットできるのが嬉しいポイントです!

自分の紹介コードを友達に使ってもらうと、75USDTをもらうことができるところもメリットの一つとなっています。

注意点

登録しただけでは、仮想通貨を預けることはできません。

本人確認登録と二段階認証が必要です!

AQRU(アクルー)の本人確認(KYC)やり方

登録後、実際に仮想通貨レンディングを始めるためには本人確認登録が必要です。

ホーム画面から「Verify Your Identity」を選択し、「Important Notice(重要なお知らせ)」をスキップしてください。

このお知らせでは、利用が推奨されない国が表示されます。日本は関係ないので、「×」ボタンを押してスキップで大丈夫です。

AQRU-本人確認登録-KYC

AQRU-本人確認登録

【必要情報】

  1. 住んでいる国を選択(Japanあります)
  2. 下の名前を入力
  3. ミドルネームをスキップ
  4. 苗字を入力
  5. 生年月日を入力(日-月-年)
    例:1980年1月13日生まれの場合→13-01-1980
  6. 出生地を入力
  7. 住んでいる国を選択(通常、入力されています)
  8. パーソナルナンバーをスキップ
  9. 国籍を入力(通常、入力されています)
  10. 現在、他の国に住んでいるかどうか選択
  11. 住所を入力
  12. 職業を入力
  13. 資金源の選択
  14. 予定投資額を選択
  15. 本人確認書類を用意する(写真付きのもの)
  16. スマホでQRコードを読み取る(ブラウザの画面はそのままで)
    指示に従って写真とビデオをアップロードします。
  17. ブラウザに戻って、住所証明書類をアップロード
    ・公共料金の請求書や領収書(住所が記載されているもの)
    ・銀行取引明細書(住所が記載されているもの)
    ・政府発行の書類(住民票など住所が記載されているもの)

住所確認書類が手元にない場合やや面倒ですので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

本人確認が終了するまでに、24時間程度時間がかかるようになっています。

AQRU(アクルー)の二段階認証のやり方

AQURU-二段階認証

ホーム画面から「Secure Your Account」を選択します。

続いて、以下2つから好きな方を選んでください。

  • パスワード認証アプリを使う(Google Authenticatorが便利です)
  • SMSを使う(電話番号が必要です)

認証コードを入力するだけなので、所要時間1分かからずに終わります。

AQRU(アクルー)の仮想通貨レンディング使い方

AQURU-アクルーー仮想通貨レンディング‐使い方

AQURU-アクルー‐使い方

画像引用:AQRU(アクルー)公式サイト(Google翻訳版)

仮想通貨レンディングの方法は簡単です!

AQRUのブラウザかアプリから、仮想通貨を送金(Deposit)し口座に預ける(Invert)だけ!

ただし、本人確認が完了しないとレンディングサービスは利用できないので注意しましょう。

ビットフライヤー海外送金

おすすめの国内仮想通貨レンディングサービス

おすすめ‐国内-仮想通貨‐レンディングサービス

仮想通貨レンディングなら初心者でも簡単そうに思えますが、いきなり海外のCeFiで口座を開くのは心配という方もいるでしょう。

実は、国内でもレンディングサービスを提供している仮想通貨取引所は複数あります!

これを利用し、国内取引所でレンディングに慣れてからAQRUに挑戦する方法がおすすめです。

今回は、仮想通貨レンディングサービスを提供しているおすすめの国内取引所を3つ紹介します。

※国内ではレンディングサービスではなく貸暗号資産サービスと呼ぶことが多いので、以降はそのように記載しています。

Coincheck(コインチェック)の貸暗号資産サービス

CoincheckNFT(β版)

コインチェックは入出金手数料がかかるため、長期保有で利用するパターンが多いです。

せっかく長期間通貨を温めておくなら、貸暗号資産サービスを利用してみましょう。

コインチェックの貸暗号資産サービスは、貸付期間によって利率が変動するしくみになっています。

貸付期間が長いほど利率が高くなるので、長期保有すればするほど利息を受け取れるのです。

ただし、コインチェック側で受け付けしていない期間などもあるので、思った通りにレンディングできない場合があります。

取引所名 Coincheck(コインチェック)
取扱い銘柄 販売所 17種類
取引所 5種類
レンディング 18種類
取引所手数料 無料
入出金手数料 入金手数料:0~1018円
出金手数料:407円
レンディング ・貸付期間選択あり(14・30・90・180・365日間)
・貸付期間によって利率変動
14日間…年率1%
30日間…年率2%
 90日間…年率3%
 180日間…年率4%
365日間…年率5%
・最低1万円相当から
・貸出の途中解約不可

GMOビットコインの貸暗号資産サービス

GMOコイン

GMOコインでは年率コース2種類の貸暗号資産サービスを提供しています。

レンディングの取扱い銘柄がコインチェックよりも多いことが魅力的です。

また、手数料を支払えば貸出期間内でも途中解約が可能という点は、他の国内貸暗号資産サービスにない大きな特徴となっています。

柔軟にレンディングを楽しみたい方におすすめの取引所です。

取引所名 GMOコイン(ジーエムオーコイン)
取扱い銘柄 販売所 18種類
取引所 11種類
レンディング 19種類
取引所手数料 Maker:0.01%

Taker:0.05%

入出金手数料 無料
レンディング ・年率コース(貸出期間)2種類
年率3%(3か月)
年率1%(1か月)
・最低貸出数量…0.1BTC
・最大貸出数量…100BTC
・貸出の途中解約は帝釈領10%の支払いで可能
GMOコイン

\GMOコイン公式サイトはこちら/

BITPOINT(ビットポイント)の貸暗号資産サービス

bitpoint

BITPOINTの貸暗号資産サービスでは、取り扱っているすべての銘柄のレンディングが可能となっています。

しかし、他の取引所とは違って貸したい時にいつでも貸せるわけではありません。

BITPOINTが募集をかけたときに申込をして、先着順か抽選でレンディングできる人が決まります。

このため、最初から貸暗号資産サービスを利用したい!という方には不自由な点が多いでしょう。

BITPOINTをよく使っていて、タイミングが合った時に利用してみるのがおすすめです。

取引所名 BITPOINT(ビットポイント)
取扱い銘柄 販売所 12種類
取引所 8種類
レンディング 12種類
取引所手数料 無料
入出金手数料 銀行振込手数料あり
レンディング ・申込受付方法が先着or抽選
・利率不明
・最低貸出数量…募集時に決定
・最大貸出数量…募集時に決定
・貸出中の中途解約不可
ビットポイント


\ビットポイント公式サイトはこちら/

AQRU(アクルー)仮想通貨レンディングサービスまとめ

AQURU-仮想通貨レンディング‐まとめ

AQRUは高利回りのレンディングサービスを提供するCeFiです。

仮想通貨をわざわざ売買しなくても、利息を得ることができるため初心者にもおすすめです。

投資の知識やチャートを読む力も必要ないので、気楽に楽しめます。

AQRUは利率がかなり高いので、たくさん利息を得たいという人に非常におすすめです。

ただし、いきなり海外のCeFiを利用するのが怖い!という人には、国内取引所が提供しているレンディングサービスの利用をおすすめします。

利率は海外に比べてかなり低いですが、日本語でレンディングサービスを利用できる安心感と取引所の安全性にがリスクを抑えてくれます。

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ