USDCoin(USDC)の将来性や今後は?ロードマップやおすすめの取引所について徹底解説!

USD Coinは2018年9月にローンチされたばかりの仮想通貨で、最近注目されている暗号資産の一つです。

この仮想通貨はローンチされる前から大きな注目を集めており、時価総額も徐々に上がってきている仮想通貨でもあります。

気になる点がたくさんあり目が離せない仮想通貨の一つです。

今回はUSD Coinについて紹介していきたいと思います。

USDCoin(USDC)とは?

USDCoin(USDC)

運営会社 Circle社
時価総額 $2506
時価総額ランク 13位
過去24時間取引量 $575.4
24時間変動額 $1~2
24時間変動率 0.2%

USD Coinは時価総額ランク13位とかなり上位の仮想通貨です。変動率も低く安定してるといえるでしょう。

運営会社はアメリカの仮想通貨業者であるCircle(サークル)社で後ほど解説しますが、ステーブルコインと呼ばれています。

USDCoinはステーブルコイン

ステーブルコインと聞くだけでは何のことかわからない方は多いと思います。

ステーブルとは、英語で「安定」という意味を持っています。

ステーブルコインとは米ドルと連携していて、基本的に価格は米ドルと同じ推移で変動します。

そのため他の仮想通貨とは異なり変動率が低く、安定している仮想通貨です。

ステーブルコインは、名前の通りほとんど価格変動がないので、安定した取引を行うことができ、また、価格変動が少ないため、送金手段としても優れています。

USDCoinの運営会社「Circle(サークル)社」

USDCoinの運営会社について

アメリカの仮想通貨業者であるCircle(サークル)社が運営をしており日本にはあまり馴染みがなく聞いたことがある人は少ないかもしれません。

メインの事業としてはモバイル事業をしているなどしている会社です。

そのため、より良い決済システムを持ったUSDCを開発したのも納得がいきますね。

USDCoin開発チーム

Circle(サークル)社がUSDCoinを開発、運営しています。

大手仮想通貨業者のポロニエックスに買収された企業でもあり、あのゴールドマンサックスからも投資を受けていることで有名な企業でもあります。

USDCoin(USDC)のチャート

USDCoin(USDC)のチャート

米ドルと連動する仕組みで変動するステーブルコインなので、基本的なチャートは他の仮想通貨と比較してかなり安定しています。

チャートの波線も大きく動くことは今後もほとんどないでしょう。

USDCoin(USDC)のロードマップ

USDCoin(USDC)のロードマップ

USD Coinは今後もドルに合わせて変動していくため大きな変化は見られないでしょう。

USDCoin(USDC)の将来性・今後

USDCoin(USDC)の将来性・今後

USD Coinの将来性について詳しく解説していきたいと思います。

今後も注目が続く仮想通貨の為将来性はかなり期待できるのではないかと思われます。

高い信頼性を誇っている

何度か解説していますがUSD Coinはドルに合わせて変動する仮想通貨の為、暴落したり急騰したりする動きは今後も見られないでしょう。

ドルに基づいた価格の変動が高い信頼性を持っているともいえるでしょう。

今後の仮想通貨の使われ方などに注目していきたいです。

米ドルに裏付けられた価格

USD Coinはドルに基づいて価格が変動することは何度も解説しました。

具体的な使われ方として、仮想通貨を法定通貨に戻す手間が省けるといった点からも価格が変動しない要因でしょう。

また、安定した取引が可能になるので、決済手段として多くが使われています。

ステーブルコインは、近年大きく成長しており、USDTコインなどは、80%以上のシェアを占めています。

USDCもUSDTに続き、大きく今後成長する可能性を秘めていると言えるでしょう。

多数の企業と提携している

Circle(サークル)社が発行している仮想通貨という解説は先ほどしましたが、このサークル社自体がとても信頼できる会社の為、多くの企業と提携している仮想通貨でもあります。

信頼性が非常に高い仮想通貨であることが裏付けられます。

投資向け仮想通貨ではない

先ほど説明しましたが、この仮想通貨はドルと共に変動する通貨の為、今後価格が急騰するといった期待は持てません。

大きな利益投資において、期待できるような投資向けの仮想通貨ではないのです。

先ほどの説明のように、ほかの仮想通貨を法定通貨に戻す手間を省く方法として使用されることが多いでしょう。

USDCoin(USDC)の特徴

USDCoin(USDC)の特徴

ここからはUSD Coinの特徴について解説していきたいと思います。

特徴を知ることで、USD Coinについてより深く理解できるはずですので、最後までチェックしてみてください。

ERC20トークンを採用している

他のステーブルコインと異なりERC20トークンを採用しているといった点はUSD Coinの特徴といえます。

ERC20トークンはイーサリアムからつくられたトークンでこのトークンを採用している仮想通貨は同じウォレットに保管できるといったメリットがあります。

信頼性の高いCircle社が運営している

先ほども解説したように、USD Coinはほかの仮想通貨とは異なり運営している会社の信頼性が高いことも通貨の特徴といえます。

ベンチャー企業やよくわからない企業の仮想通貨もたくさんある中で、確かな信頼性のある仮想通貨の為ほかの仮想通貨に比べ優れているといえます。

USDCoin(USDC)のおすすめ取引所

ここからはUSD Coinを購入できるオススメの取引所について解説していきたいと思います。

BINANCE(バイナンス)

binance

取引所名 バイナンス
最大レバレッジ 125倍
取り扱い通貨数 1000種類以上
追証制度
スマホアプリ対応
日本語対応 ×

一つ目は世界的に有名で、高い流動性を誇る仮想通貨取引所のバイナンス(BINANCE)です。

レバレッジが125倍までかけることができ、ハイレバレッジも可能になっています。

スマホアプリは、外出先でもスマホで取引が難なく可能になり、良い評判を得ています。

給料ファクタリングの審査落ちを防ぐ方法とは?基準が甘い会社ランキングTOP3!給料ファクタリングの審査落ちを防ぐ方法とは?基準が甘い会社ランキングTOP3!

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)

取引所名 ポロニエックス
最大レバレッジ 2倍
取り扱い通貨数 85種類
追証制度
スマホアプリ対応 ×
日本語対応 ×

二つ目は本文にも記載されているポロニエックスです。この取引所は何と言ってもアルトコインの取引数量が非常に多く手数料も安いため非常にオススメな取引所です。

日本円での入金ができないため暗号資産にしてから入金する必要があります。

日本語での対応はされていないため翻訳ソフトを使用する必要があります。

BITTREX(ビットトレックス)

Bittrex(ビットレックス)

取引所名 ビットレックス
最大レバレッジ
取り扱い通貨数 200種類前後
追証制度
スマホアプリ対応 ×
日本語対応 ×

アメリカの仮想通貨取引所のビットレックスです。2014年にスタートした取引所です。

取引数量が多く、非常に多くの通貨が取引できるメリットがあります。

日本語対応はしていません。

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap

取引所名 ユニスワップ
最大レバレッジ
取り扱い通貨数 100ペア以上
追証制度 なし
スマホアプリ対応 未対応
日本語対応

最後はユニスワップという2018年末に開始された分散型取引所です。

スワップと呼ばれるトークンの交換ができる機能があり、だれでも取引所を利用ができる特徴があます。

日本語は未対応です。

USDCoin(USDC)の口コミ

USDCoin(USDC)の口コミ

USDCの口コミは、まだ少ないです。

そのため、ここでは厳選した口コミや評判をご紹介いたします。

USDCoin(USDC)の良い口コミ・評判

USDCoinに関する口コミは、良い口コミが比較的多いことがわかりました。

USDTコインが急激に伸びているため、同じような性質を持ったUSDCに注目している方が多いようですね。

Maticでは、新たにUSDCとUSDTを上場させました。より多くの取引所に上場することで、その仮想通貨の信頼性は上がるので、良い知らせですね。

リップルは、送金に特化した仮想通貨ですが、ステーブル化はしていません。

 

ステーブルコインは、現在仮想通貨の中でも大変注目を得ています。

USDCの発行量は急激に伸びています。しかし、価格には影響がないのでそれだけ需要が高まったということでしょう。

USDCoin(USDC)のおすすめウォレット

最後はUSD Coinを保存するためのウォレットについて解説していきたいと思います。

Trust Wallet

Trust Wallet

トラストウォレットは日本語アプリにも対応しており非常に使いやすくメジャーなウォレットです。

詳しく解説されているサイトも多く、初めて利用する人でもわかりやすく利用がしやすい特徴のあるウォレットです。

デザインは、とてもシンプルで一眼で資産が確認できるので、とても人気を得ています。

無料版のウォレットを探している場合は、Trust Walletをおすすめします。

Ledger Nano S

Ledger Nano X

Leger Nano S はハードタイプのウォレットです。

インターネットと切り離した状態で仮想通貨を保管できる為非常に安全な保管が可能です。

無料版でも十分事足りますが、よりセキュリティ性の高いウォレットを使用したい場合は、Ledger Nano S一択になります。

最新版のLedger Nano Xもありますが、お値段が高くなるので初心者の方は、従来モデルをおすすめします。

Ledger Nano XとLedger Nano Sでは、インターネットウォレットと連携させて、拡張させることができます。

USDCoin(USDC)の将来性・今後まとめ

いかがでしょうか?USD Coinは非常に信頼性が高く安定して保有できる暗号資産ではないかと思います。大きな変動は期待できませんが今後の世の中の動きの中で役立つ可能性は十分にあるでしょう。

今後の動きに期待していきたいですね!最後まで見ていただきありがとうございました。