リバースファクタリングとは?買掛金の支払いを柔軟にして業績を上げよう!

リバースファクタリングサムネイル

リバースファクタリングってどんなサービスなんだろ?

うまく使えば、発注業者と受注業者の双方に利益をもたらすリバースファクタリング。

取引先との連携強化事業拡大につながると期待できるザービスです。

ですが、まだ普及が進んでいないため、詳しく知らない方も多いとされています。

そこで、この記事では買掛金の支払期日を柔軟にするリバースファクタリングについて、ご紹介します!

ビートレーディングみずほファクターなど、リバースファクタリングを使える会社もまとめました!

より良い企業運営のために、リバースファクタリングについておさえておきましょう!

リバースファクタリングの概要
  • リバースファクタリングとは、買掛金の支払期日を前後にずらすサービスのこと
  • 発注業者(買掛金保有会社)には、受注業者の資金繰り援助ができるなどのメリットがある
  • 受注業者(売掛金保有会社)には、素早く売掛金を回収できるなどのメリットがある
  • リバースファクタリングには、取扱業者が少ないなどのデメリットもある
  • リバースファクタリングが使える会社はビートレーディングなど!

ファクタリング ビートレーディングのイメージ画像

\ビートレーディング公式サイトはこちら/

リバースファクタリングとは?

リバースファクタリング_基礎知識

リバースファクタリングって、どんなサービスなの?

そんな方のため、リバースファクタリングの基礎知識についてご紹介します!

リバースファクタリングの仕組みや、通常の支払いスケジュールとの違いなどについて見ていきましょう!

「先にリバースファクタリングを使える会社を見ておきたいな」という方は、以下のリンクをクリックしてくださいね。

該当の見出しまでジャンプできます!

リバースファクタリングが使える会社

買掛金の支払期日を前後にずらせるサービス

リバースファクタリングとは、買掛金の支払期日を前後にずらすためのサービスです。

買掛金とは?
材料などを購入し、後日支払うお金のこと。
今日、購入した材料費を翌月末に支払う場合など、後日払わなければならないお金が買掛金です。

つまり、リバースファクタリングは支払義務がある発注業者が利用するサービスのことです。

支払期日を前倒しすれば、受注業者の資金繰りの改善に役立ちます。

この際、リバースファクタリング会社が立替てくれるため、発注業者の実質的な支払期日は従来通りになるケースが多いです。

また、支払期日を引き延ばせれば、発注業者の資金繰り改善につながります。

このように、発注業者・受注業者の双方にメリットがあるサービスがリバースファクタリングです。

なおリバースファクタリングは、受注業者が依頼する通常のファクタリングと違い、発注業者が依頼します。

そのため、「逆」を意味する「リバース」が付けられたとされています。

普通のファクタリングって、なんだっけ?

このように思った方は、以下の記事もあわせてチェックしてくださいね!

ファクタリング初心者サムネイル 「ファクタリングとは?」を初心者向けにかんたん解説!資金難を乗り切る知恵とは?

通常の支払対応時との違い

リバースファクタリングを使った際のメリットがわかりづらいな…

そんな方は、リバースファクタリングで有名なBeトレペイメントの仕組みをご覧ください!

リバースファクタリング_利用時のイメージ

画像出典:https://betrading.jp/service/subcontract/

このように末締め翌々月末支払いの場合、約58日も買掛金の支払期日が早まることになります。

受注業者からすると約2ヶ月も早くお金が手に入るので、黒字倒産などのリスクを減らせることに。

こういったメリットが、より良い受注業者の発掘につながるケースもあります。

そのためリバースファクタリングは、発注業者から注目を集めています!

リバースファクタリングにおける利用時の流れ

リバースファクタリングって、どうやって使うんだろ?

そんな方のために、リバースファクタリングの利用方法をご紹介します。

一例としてビートレーディングのBeトレペイメントの利用方法をご覧ください!

STEP.1
受注業者に商品などを発注する
通常通り、商品やサービスなどを発注しましょう。
STEP.2
請求書を受け取る
受注業者が作成した請求書を受け取ります。
STEP.3
ビートレーディングに立て替えてもらう
請求書をビートレーディングに提出して買掛金を先に払ってもらいましょう。
STEP.4
買掛金を支払う
当初の支払期日に、買掛金を支払う

上記の通り、受注業者から発行された請求書をビートレーディングに出すと、買掛金を立替てくれます!

リバースファクタリングにおける発注業者(買掛金保有会社)のメリット

リバースファクタリング_発注業者のメリット

リバースファクタリングって、発注業者側にどんなメリットがあるんだろ?

リバースファクタリングにおける発注業者のメリットは、以下の2つです!

発注業者(買掛金保有会社)のメリット
  1. 受注業者の資金繰りを援助できる
  2. 支払いに関する事務作業・コストを軽減できる

上記のメリットについて、確認しておきましょう!

メリット①受注業者の資金繰りを援助できる

発注業者がリバースファクタリングを使うメリットは、受注業者の資金繰り支援ができることです。

受注業者が黒字倒産などをしてしまうと、その後、代わりの業者を見つけなければなりません。

良い受注業者だった場合、代わりとなる会社が見つからない可能性もあります。

また、リバースファクタリングで資金繰りを援助できることを材料に、良い業者を探すことも可能に。

優良業者は引く手あまたで、より良い条件で発注業者を探していることがあります。

そのため、他の発注業者よりも優位に立てる可能性があるんです!

メリット②支払いに関する事務作業・コストを軽減できる

リバースファクタリングでまとめて支払うと、事務処理や支払経費を節約できることがあります。

支払業務を簡素化すれば本業に集中しやすくなり、業績アップも期待できます!

ただしリバースファクタリングの中には、発注業者側が手数料を負担するサービスもあるので、注意しましょう!

リバースファクタリングにおける発注業者(買掛金保有会社)のデメリット

リバースファクタリング_発注業者のデメリット

発注業者から見ると、リバースファクタリングのデメリットってなんだろ?

発注業者におけるリバースファクタリングのデメリットは、以下の2点です!

発注業者(買掛金保有会社)のデメリット
  1. リバースファクタリングを頼める会社が少ない
  2. 受注業者から金額増の要求をされる可能性が高まる

上記のデメリットについて、わかりやすくお伝えしますね!

デメリット①リバースファクタリングを頼める会社が少ない

発注業者のデメリットは、リバースファクタリング会社の選択肢が少ないことです。

リバースファクタリングを提供している会社が少ないので、ニーズにあったサービスを受けられないかもしれません。

その理由は、受注業者の資金繰りを支援するタイプのリバースファクタリングが多いから。

つまり、発注業者にとって絶対に必要なサービスではないケースが多いんです。

そのため、リバースファクタリング会社は少ないとされています。

なお、主なリバースファクタリングの提供会社については、後ほどご紹介しています。

先にご覧になりたい場合は、以下のジャンプリンクをクリックしてくださいね!

リバースファクタリングが使える会社

デメリット②受注業者から請求金額アップを要求される可能性が高まる

リバースファクタリングの手数料は、受注業者が支払うケースが多いです。

そのため、受注業者から「手数料分の請求金額を増やしたいのですが」などと言われる可能性があります。

優れたサービスを提供する受注業者には、交渉を得意とする会社もいます。

色んな発注業者からアプローチされている受注業者の場合、発注業者側の内情をたくさん把握していることも。

この契約内容なら、もうちょっと請求金額を増やせるはず…

このように請求金額を上乗せされることがある点が、リバースファクタリングのデメリットと言えます!

リバースファクタリングにおける受注業者(売掛金保有会社)のメリット

リバースファクタリング_受注業者のメリット

受注業者側はリバースファクタリングによって、以下のメリットを得られます!

受注業者のメリット
  1. 素早く資金を入手できる
  2. 売掛金回収のリスクを減らせる

上記2点について、わかりやすくお伝えしますね!

メリット①素早く資金を入手できる

先述の通り、リバースファクタリングを使うと、受注業者は素早く資金を手にできます。

あと1週間早く入金されたら、黒字倒産しなかったのに…

このような事態を防ぎやすいことが、受注業者におけるリバースファクタリングのメリットです!

メリット②売掛金回収のリスクを減らせる

リバースファクタリングは、受注業者の売掛金回収リスクを軽減してくれます。

早い段階で、リバースファクタリング会社が売掛金を立替てくれるからです!

ちゃんと売掛金を回収できるかな…

こういった不安から解放され、本業に集中しやすくなることが受注業者におけるメリットと言えるでしょう!

リバースファクタリングにおける受注業者(売掛金保有会社)のデメリット

リバースファクタリング_受注業者のデメリット

リバースファクタリングって良いサービスだけど、受注業者にとってのデメリットもあるのかな?

そういった方のため、リバースファクタリングにおける受注業者のデメリットをお伝えします!

手数料が発生する

受注業者のデメリットは、手数料が発生することです。

リバースファクタリングの手数料は受注業者が負担するケースが多いので、手元に残るお金が減ってしまいます。

手数料を払うよりも、通常の支払期日で全額売掛金を回収したい

このように思う場合、リバースファクタリングはおすすめできません。

リバースファクタリングが使える会社

リバースファクタリング_使える会社

リバースファクタリングが使える主な会社は以下の3社です!

リバースファクタリングが使える会社
  1. ビートレーディング
  2. みずほファクター
  3. Tranzax

上記のリバースファクタリングについて、特徴をお伝えしていきますね!

①ビートレーディング

リバースファクタリング_ビートレーディング

画像出典:https://betrading.jp/

ビートレーディングは、業界最大手のファクタリング会社。

「Beトレペイメント」というリバースファクタリングを提供しています!

Beトレペイメントの特徴は、以下の通りです!

Beトレペイメントの特徴
  • 発注業者は手数料なし:
    通常の買掛金支払時と同じ金額でリバースファクタリングを使える
  • 受注業者の資金繰りをサポートできる:
    本来の期日よりも早く、売掛金を渡せる(通常、請求書の受理から1~2日後)
  • 発注業者の支払期日は当初のまま:
    ビートレーディングが立替払いをしてくれるため、買掛金の支払日は変わらない
  • 案件によって適用可否を決められる:
    プロジェクトごとにリバースファクタリングを使うかどうか判断できるので、使いやすい
  • 支払いを一括依頼すれば事務負担の軽減ができる:
    入金処理などの支払に関する仕事を任せれば、労力を減らせる

このようにBeトレペイメントは、発注業者側の負担を軽減できるメリットがあります。

買掛金の支払期日を短縮すれば、さらに良い受注業者と取引できる可能性もアップします!

さらに利益を拡大したい企業には、Beトレペイメントがおすめです!

ファクタリング ビートレーディングのイメージ画像

\ビートレーディング公式サイトはこちら/

②みずほファクター

リバースファクタリング_みずほファクター

画像出典:http://www.mizuho-factor.co.jp/

みずほファクターは、「みずほ電子債権決済サービス(電ペイ) 」を使ってリバースファクタリングができます!

電ペイとは、買掛金などを電子債権として扱い、管理コストや二重譲渡などのリスクを抑えられる仕組みのこと。

事務代行を担当するみずほファクターが、電子債権の買取りをする合同会社に取り次ぐ形のファクタリングです。

電ペイを使う際には、発注業者と受注業者の両方が電子債権の枠組みを使う必要があります。

そのためには、電子債権を扱うための環境を整えないといけません。

こういった理由から、電子債権はまだまだ普及しておらず、使い勝手が良いとは言い難いと言えます。

電子債権については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧くださいね!

電債(でんさい)ファクタリング 【初心者】電債 (でんさい)とは?ファクタリングとの違い・利用方法などをかんたん解説!

③Tranzax

リバースファクタリング_Tranzax

画像出典:https://tranzax.jp/

Tranzaxも電子債権を使ってリバースファクタリングを提供してくれる会社です。

サプライチェーンファイナンスと呼ばれる電子債権買取スキームで、支払期日の短縮・引き延ばしが可能に。

そのため、受注業者の資金繰り支援だけでなく、発注企業自身のキャッシュフロー改善にも役立ちます。

ただし支払期日の引き延ばし時には、発注企業に金利が発生する可能性がある点には要注意。

なお、Tranzaxのサプライチェーンファイナンスは、2013年にパナソニックが活用したことでも有名です。

支払期日を30日引き延ばし、1,000億円もの資金を捻出したとされています!

ただし、Tranzaxのサプライチェーンファイナンスも電子債権取引の環境構築が必要です。

環境を用意するための手間暇や費用が生じる点もおさえておきましょう!

リバースファクタリングをご検討中の方は、ファクタリング業界最大手のビートレーディングがおすすめです!

以下からBeトレペイメントの詳細をチェックしてみましょう!

【まとめ】リバースファクタリングの活用で、さらなる成長を遂げよう!

リバースファクタリング_まとめ

最後にリバースファクタリングについて、おさらいしておきましょう!

リバースファクタリングのまとめ
  • リバースファクタリングとは、買掛金の支払期日を前後にずらすサービスのこと
  • 発注業者(買掛金保有会社)には、受注業者の資金繰り援助ができるなどのメリットがある
  • 受注業者(売掛金保有会社)には、素早く売掛金を回収できるなどのメリットがある
  • リバースファクタリングには、取扱業者が少ないなどのデメリットもある
  • リバースファクタリングが使える会社はビートレーディングなど!

リバースファクタリングは発注業者だけでなく、受注業者にもメリットがあります。

うまく使えば双方に利益をもたらし、事業拡大につなげられるでしょう!

本記事でお伝えしたリバースファクタリングの特徴をおさえて、有効活用してくださいね!

ファクタリング ビートレーディングのイメージ画像

\ビートレーディング公式サイトはこちら/