海外仮想通貨取引所ランキング28選|特徴・おすすめを徹底解説

仮想通貨海外取引所アイキャッチ

おすすめな仮想通貨の海外取引所が知りたい!
海外取引所に違法性はないの?

海外仮想通貨取引所は、国内取引所と比較してハイレバレッジ豊富な取扱通貨数圧倒的に安い手数料などの面でメリットがあります。

今回は仮想通貨ビギナーから上級者まで自信を持っておすすめできる28社の海外取引所をランキング形式でご紹介します。

海外仮想通貨取引所ごとの手数料や、メリット・デメリット、海外取引所の選び方や税金のルールなどの関連知識も解説します。

 

海外仮想通貨取引所|要約
  • 海外取引所は大きな利益を狙える一方、安心感は国内取引所に及ばない
  • 仮想通貨を持っていない方は国内取引所経由で送金するのが一般的
  • 海外取引所は対応通貨・手数料・日本語対応の面でBybit(バイビット)がおすすめ
  • 日本語対応のクオリティで選びたい方Zoomex
  • ハイレバレッジで大きな利益を狙いたい方FXGTCryptoGTがおすすめ
  • BybitKuCoinZoomexなどの取引所はクレカで日本円で仮想通貨を購入できる
  • 海外仮想通貨取引所の利用は合法だが一定以上の利益に確定申告が必要
  • 国内取引所は、対応通貨・手数料・使い勝手の面でbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

こちらのリンクから個別のランキングにジャンプできます

総合版取引所レバレッジ取引所

草コイン取引所取引の始め方

専門家・監修者
記事監修者紹介
ファイナンシャルプランナ-内山貴博内山 貴博
内山FP総合事務所株式会社の代表取締役。
一級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を保有。
現在は九州共立大学経済学部の非常勤講師として活躍。
金融リテラシーに関する論文
記事監修者紹介
ファイナンシャルプランナ-阿久津 和宏阿久津 和宏
あくつFP・行政書士事務所の代表取締役。
群馬県の高崎経済大学を卒業後、株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。
2010年(平成22年)住友生命保険相互会社の東京本社(WELLS)を経て、行政書士として2013年に独立。
記事監修者紹介
未来が見えるね研究所代表 小山英斗小山 英斗
未来が見えるね研究所の代表。
1級FP技能士、CFP、住宅ローンアドバイザーの資格を保有するお金のプロ。
仮想通貨、資産運用、ライフプラン作成、住宅ローン見直し、保険見直しを得意とする。
記事監修者紹介
みきTFP事務所竹内幹竹内 幹
みきTFP事務所の代表。
大手保険会社・銀行・保険代理店勤務を経て岐阜県で独立FP事務所を開業。
マネーセミナー・資格取得講座・子ども向け講座の講師などを中心に、相談・執筆などで活動中。
記事監修者紹介
ファイナンシャルプランナー伊藤亮太氏伊藤 亮太
CFP・DCアドバイザー・証券外務員の資格を保有。
2006年慶應義塾大学大学院商学研究科を卒業後し証券会社に入社。
2007年には経営コンサルティング業務・ファイナンシャルプランニング業務を実施するスキラージャパン株式会社の取締役に就任。
個人でもFPの知識を活かしたFX取引を行っている(FP伊藤亮太の個人ホームページ)。

専門家による監修後の感想はこちら!

本記事では、金融専門家に加え、300人の仮想通貨FXトレーダーにアンケートを実施。

おすすめの仮想通貨取引所や選んだ理由、海外取引所を選ぶ際のチェック項目を調査しました。

取引所を検討する際の参考にしてください。

仮想通貨FX海外取引所総合版ランキング

仮想通貨(ビットコイン)FX海外取引所13選|おすすめ業者徹底比較ランキング

国内仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所 ランキング仮想通貨取引所(ビットコイン)国内おすすめ比較ランキング

バイビットの口座開設方法

バイビット登録Bybit(バイビット)の登録・口座開設の図解ガイド

Contents

おすすめ海外/国内仮想通貨取引所28社一覧表

各社の特徴・手数料・日本語対応などを一覧表で比較します(各取引所の画像から詳細な解説にジャンプできます)。

# 取引所 詳細 特徴 取引手数料 日本語対応
1 Bybit
海外仮想通貨取引所Bybit
詳細 レバレッジ100倍&日本語完全対応で初心者も安心 0.1% あり
2 Zoomex
海外仮想通貨取引所Zoomex
詳細 日本人の利便性にこだわったサイト設計 0.02%/0.06% あり
3 bitFlyer
bitFlyer
詳細 取引&送金が安く海外取引所への送金に最適 0.01% あり
4 KuCoin
海外仮想通貨取引所kucoin
詳細 手数料が安い&取扱通貨が豊富 0.1% あり
5 MEXC
海外仮想通貨取引所basefeximage
詳細 豊富な草コインと独自通貨に注目の取引所 0.2% あり
6 FXGT
fxgt
詳細 最大レバレッジ1000倍 0.16% あり
7 CryptoGT
CryptoGT
詳細 日本円での入金が可能 0.16% あり
8 Bitget
海外仮想通貨取引所bitget
詳細 放置プレーで利益を狙うコピートレードが話題 0.2% あり
9 Phemex
海外仮想通貨取引所phemex
詳細 サブアカウントを簡単に作成可能 0.1% あり
10 BaseFEX 詳細 新進気鋭のフレッシュな取引所 0.005% あり
11 BitForex 詳細 シンプルで使いやすい 0.2% なし
12 Bittrex 詳細 入金手数料が無料 0.1% あり
13 Huobi Japan 詳細 Huobiグループが運営する国内取引所 0.2% あり
14 Deepcoin 詳細 システムの継続性に定評がある 0.1% あり
15 Coinbase Pro 詳細 メジャーな通貨を取りそろえている 0.19% あり
16 OKEx 詳細 アルトコインの種類が豊富 0.2% あり
17 HitBTC 詳細 ICO直後のマイナーコインが豊富 0.1% なし
18 Yobit 詳細 取扱通貨1200種類以上 0.2% あり
19 Poloniex 詳細 レバレッジ倍数が低め 0.2% なし
20 itBit 詳細 唯一の認可取引所 0.2% なし
21 CROSS Exchange 詳細 独自トークンを発行している 0.1% あり
22 CEX.IO 詳細 クレジットカードが使える 0.25% なし
圏外 BINANCE 日本人の新規登録停止 0.1% なし
圏外 BitMEX 日本国内非対応 -0.025%~0.075% なし
圏外 Kraken マイナーコインもきっちりフォロー 0.26% なし
圏外 FTX 日本向けのFTX Japanを開始 0.2% なし
圏外 BITFINEX 日本からのアクセスを停止中 0.2% なし
圏外 CoinBene サービス終了 0.1% なし

海外取引所と国内取引所どちらがおすすめ?

仮想通貨取引所_国内_海外

海外仮想通貨取引所は大きなリターンを狙える一方でリスクも存在します。

そのため、収益性よりも安全性で仮想通貨取引所を選びたい方は、国内の仮想通貨取引所がおすすめです。

国内取引所は、資金決済法改正案・金融商品取引法に基づく金融庁の指導が徹底されています。

  • 金銭の信託義務
  • 履行保証義務
  • 顧客資産の分別管理義務
  • 暗号資産の優先的な返還義務
  • 相場操縦行為の禁止

世界的にも高いレベルの規則を遵守する必要があることから、国内取引所は相対的にみて海外取引所よりもリスクが低いといえます。

また金融庁に許可された仮想通貨のみが取引でき、レバレッジ倍率が2倍が上限とされていることも、安全性の観点では利点です。

この記事の後半では、bitFlyer(ビットフライヤー)を始めとした、安全性の高いおすすめの国内取引所をご紹介します。

国内取引所ランキングを先に確認したい方はこちらのボタンからご確認ください。

おすすめの国内仮想通貨取引所

海外仮想通貨取引所の基本についておさらいしたい方はこちらのボタンからご確認ください。

海外仮想通貨取引所とは?

FP阿久津さん

海外取引所は、国内取引所と比べて、手数料やリターンなどの面でメリットを受けられる可能性もありますが、詐欺やトラブルになるケースもあります。
また、ここに記載されている安全性やリスクという言葉は、取引所の運営等の安全性や危険性で、金融商品としての安全性やリスクの話ではありませんので、ご注意ください。
ご自身の資産管理のバランスを確認して始めるのが大切だと思います。

国内仮想通貨取引所といえばビットフライヤーが話題です。

執筆時点では国内1位*のシェア率と取扱通貨数を誇っています。

ビットフライヤーの記事も参考にしてみてください。

*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤー 手数料_アイキャッチbitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い?入金・出金手数料を安くする方法まで徹底解説!ビットフライヤーbitFlyer(ビットフライヤー)とは?評判・口コミと口座開設方法・その他取引所との比較も紹介!

【厳選】海外仮想通貨取引所ランキング

海外仮想通貨取引所 ランキング

厳選した海外仮想通貨取引所を詳しく解説します。

当サイトでは以下の点を基準に各取引所をランキング付けしました。

評価基準
  • レバレッジ
  • 取扱通貨数
  • 手数料
  • 流動性
  • 使いやすさ

利用者の評判や専門家の解説を参考にしながら、各社のメリット・デメリットを把握していきましょう。

【厳選】海外仮想通貨取引所ランキング

海外仮想通貨取引所おすすめ① Bybit(バイビット)

bybitチャート

Bybit(バイビット)
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.01%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.0002BTC
0.0012ETH
0.25XRP
4USDT
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり
Bybit(バイビット)のメリット
  • 最大レバレッジ100倍
  • 320種類以上の仮想通貨に対応
  • 指値注文(Maker)の手数料が安い
  • 送金速度に定評がある
  • サイト・スマホアプリ・サポートまで日本語完全対応
Bybit(バイビット)のデメリット
  • 独自通貨がないため手数料の割引などがない

海外仮想通貨取引所1位はBybit(バイビット)

使いやすさ、流動性、手数料の安さなどがランキング1位に選定したポイントです。

取扱通貨数やレバレッジ倍率も高水準で利用において困ることはないでしょう。

Bybit(バイビット)は2018年の設立以来、急速にシェアを拡大した海外仮想通貨取引所です。

追証なしの最大100倍のレバレッジに対応し、操作性もシンプルさやキャンペーンも豊富。

入金と出金の手数料が無料という点もトレーダーから支持されているポイント。

日本語でのチャットシステムを採用しているため初心者から上級者まで幅広い支持を集めています。

FP阿久津さん

高いレバレッジで取引したい、手数料を極限まで安くしたいと思っている方は、海外取引所が選択肢になるかと思いますが、日本語チャットシステムがあるなど参入しやすい一面があります。
追証(おいしょう)なしで高いレバレッジで取引したい方は、選択肢に入れやすいと思われます。

Bybitで取引できる仮想通貨

Bybit(バイビット) は2021年に大幅に取り扱い数を増やし、現在では320種類の以上仮想通貨を取引できます。

Bybit(バイビット) で取引できる仮想通貨は以下の通りです。

  • Polkadot
  • Bitcoin
  • Litecoin
  • Uniswap
  • BitDAO
  • Fantom
  • GM Wagmi
  • Cosmos
  • Klaytn
  • Terra
  • Harmony
  • Polygon
  • Kasta
  • XRP
  • Dogecoin
  • Cardano
  • Ethereum
  • SushiSwap
  • Chainlink
  • Solana
  • Stellar
  • Curve DAO Token
  • EOS
  • Filecoin
  • Biconomy
  • Cryowar
  • Symbiosis Finance
  • Adventure Gold
  • The Sandbox
  • yearn.finance
  • Lido stETH
  • PLT
  • JasmyCoin
  • Bitcoin Cash
  • Dash
  • 1inch Network
  • Maker
  • dYdX
  • Internet Computer
  • Tribe
  • Realy
  • Shiba Inu
  • Quant
  • Avalanche
  • Holo
  • Compound
  • Basic Attention Token
  • The Graph
  • Immutable X
  • WOO Network
  • Axie Infinity
  • Spell Token
  • USD Coin
  • Decentralized Eternal Virtual Traveller
  • NEM
  • Algorand
  • PancakeSwap
  • VLaunch
  • Decentraland
  • Symbol
  • Serum
  • Gods Unchained
  • Enjin Coin
  • Aave
  • Loopring
  • Coin98
  • Gala
  • Synthetix
  • Kusama
  • OpenDAO
  • SIDUS HEROES
  • OMG Network
  • Chiliz
  • FTX Token
  • Waves
  • TaleCraft
  • Tezos
  • Render Token
  • Perpetual Protocol
  • Ankr
  • Elrond
  • Boba Network
  • NuCypher
  • 0x
  • Legend of Fantasy War
  • WEMIX
  • Smooth Love Potion
  • Ethereum Name Service
  • 1Sol
  • XDC Network
  • Pintu Token
  • ParaSwap
  • Amp
  • Bancor
  • Gas DAO
  • Nexo
  • RunNode
  • Genopets
  • Bitcoin Gold
  • UMA
  • Ravencoin
  • Ren
  • Calamari Network
  • Galatasaray Fan Token
  • Celsius
  • Kryll
  • Zcash
  • MX TOKEN
  • Telcoin
  • Theta Network
  • Travala.com
  • THORChain
  • Hedera
  • Decred
  • Helium
  • InsurAce
  • Izumi Finance
  • eCash
  • CropBytes
  • Horizen
  • Dtravel
  • ICON
  • Qtum
  • DigiByte
  • DeFi Land
  • Zilliqa
  • Rainmaker Games
  • SHILL Token
  • Lido DAO Token

FP小山さん

取引エンジンが優れていることによりレバレッジを効かせた取引が安定して行えることが特徴です。
また流動性が高い取引所であるため、取引したい時に取引が成立しやすい
ことも安心して取引できる取引所です。
先物に特化した取引所として誕生したBybitですが、現在では現物取引できる仮想通貨の種類も格段に増えており、取扱通貨が少なめといったデメリットも無くなりつつあるようです。

国内仮想通貨取引所を卒業したばかりの中級者から熟練の仮想通貨トレーダーまで幅広く支持されています。

今最も勢いのある、おすすめの海外仮想通貨取引所です。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所おすすめ② Zoomex

zoomexチャート

Zoomex
取引手数料
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.0005BTC
0.005ETC
0.25XRP
1USDT
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

Zoomexは海外仮想通貨取引所でありながら、日本人向けのサイトも作られており、日本人でも使いやすいデザインをしています。

Zoomexは断トツで使いやすく、手数料、流動性、レバレッジ倍率も優れています。

少し取扱銘柄数が少ないこともあり、2位にランクインしました。

河北麻友子さんをモデルとして起用しており、ホームページに大きく表示されているのが特徴的です。

Zoomexでは現物取引はおこなっておらず、レバレッジ取引に特化しています。

手数料も業界最安値レベルなど、利用する上で嬉しいポイントが多くあります。

Zoomexのメリット

Zoomexのメリット
  • 最大レバレッジ100倍
  • 業界最安値レベルの取引手数料
  • 日本語対応しており、日本人向けのサイトもある
  • 河北麻友子さんがモデルをしており、信頼性が高い

Zoomexのデメリット

Zoomexのデメリット
  • 独自通貨がないため手数料の割引などがない
  • 現物取引が行えない
zoomex

\Zoomex公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所おすすめ③ KUCOIN

kucoinチャート

KuCoin(クーコイン)
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.0005BTC
0.005ETC
0.5XRP
25USDT
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

クーコインは香港を拠点とする海外仮想通貨取引所です。

最大レバレッジ100倍、取引手数料の安さ、取扱通貨数745種類以上とトップクラスの充実したサービスを提供しています。

流動性がかなり高く、特に上級者から人気の高い取引所です。

しかし、送金手数料が比較的高く、日本語対応に不安が残るため、初心者には利用しづらい点もあることから3位にランクインしました。

独自通貨のKCSを発行しており、KCSで取引手数料を支払うと20%の割引を受けることができます。

クーコインを効率的に利用する上では欠かせない通貨です。

クーコインのメリット

KuCoin(クーコイン)のメリット
  • 独自通貨での支払いで手数料が安い
  • 取扱通貨数が745種類以上
  • 最大レバレッジが100倍
  • レンディング・ローンチパッドなどサービスが充実

クーコインのデメリット

KuCoin(クーコイン)のデメリット
  • 拠点が香港のため中国の規制の影響を受ける可能性がある
  • 送金手数料が高い

以前に日本語対応を停止したことがありますが、現在では日本語に対応しており、本人確認も行うことができます。

若い海外仮想通貨取引所でありながら、取引所の取引高ランキングでは5位を記録しており、流動性が高いこともポイントです。

海外ではすでに多く利用されていますが、日本ではまだ知名度が高くないため、今後の発展が期待できる取引所です。

手数料無料キャンペーン実施中

クーコインの5周年記念として、2022年10月12日~19日の間BTC・ETHペアの取引手数料無料キャンペーンが実施されていました。

対象の仮想通貨は以下のとおりです。

  • BTC/USDT
  • BTC/USDC
  • BTC/TUSD
  • BTC/DAI
  • ETH/USDT
  • ETH/USDC
  • ETH/TUSD
  • ETH/DAI
  • ETH/BTC

2022年10月10日には話題のメタバース系銘柄「XETA」が上場するなど目が離せないKuCoin。

最新情報は下記の公式サイトからご確認ください。

Kucoin

\Kucoinについて詳しく知る/

海外仮想通貨取引所おすすめ④ MEXC(MXC)

mexcチャート

MEXC(MXC)
取引手数料
現物取引 0.2%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.0003BTC
0.001ETC
0.25XRP
1USDT
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

シンガポールで設立されたMEXC(MXC)アジア圏の中国・日本を中心に大きな注目を集めています。

圧倒的に取扱通貨数が豊富で、草コインを購入したい方には特におすすめです。

その他のサービスも高水準ですが、手数料の高さがネックになり4位にランクインしました。

登録者数は200万人を超えており、アクティブユーザーは20万人程です。

2019年のIEO人気の流れに乗り、他の取引所において未上場の有望な通貨をいち早く上場させるなど、新興取引所ながら圧倒的なスピードでユーザーから高い評価を受けてきました。

MEXC(MXC)で取引できる仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオストークン(EOS)
  • トロン(TRX)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • エイダコイン(ADA/Cardano)
  • ネオ(NEO)
  • ビットコインSV(BSV)
他、600種類

MEXC(MXC)のメリット

MEXC(MXC)のメリット
  • 取扱仮想通貨が1000種類以上とかなり豊富
  • 独自トークンを保持でIEOに参加できる
  • 定期的に無料で仮想通貨をもらえる
  • 資産家の保護に重点を置いており安全性が高い

MEXC(MXC)のデメリット

MEXC(MXC)のデメリット
  • サポートデスクの日本語対応は不十分
  • 取扱仮想通貨の中には信頼性が低いものもある

MEXC(MXC)の最大のメリットはIEOに参加できることです。

IEOの場合は取引所が仲介人として間になっているので、投資家が自分で安全性や将来性を見極めなくてもある程度の安全性が保証されているのです。

世に出る前の仮想通貨を安全にかつ簡単に手にできるのは、IEOならではの大きな魅力ですね。

また、IEOへの参加を目的にMEXC(MXC)を利用する日本人は年々増加傾向にあります。

MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所おすすめ⑤ FXGT

fxgtチャート

FXGT
取引手数料
無料(スプレッド・スワップ手数料あり)
入金手数料 無料
送金手数料
無料
最大レバレッジ 1000倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

FXGTはレバレッジ取引に特化した取引所です。

最大レバレッジ1000倍という仮想通貨取引所の中でもトップレベルのハイレバレッジで取引が可能です。

仮想通貨以外にもFXや株式などの取引も行えるため、幅広く投資したい方におすすめです。

圧倒的に高いレバレッジが魅力的ですが、他の機能は標準レベルのため5位にランクインしています。

FXGTのメリット

FXGTのメリット
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 仮想通貨以外の取引も行える
  • キャンペーンで120万円以上のボーナスが受け取れる
  • 6つの口座タイプで方針に合わせた取引ができる

FXGTのデメリット

FXGTのデメリット
  • レバレッジ取引のみ対応
  • 90日以上取引しないと口座維持費が取られる

\FXGTについて詳しく知る/

海外仮想通貨取引所おすすめ⑥ CryptoGT

cryptogtチャート

CryptoGT
取引手数料
無料(スプレッド・スワップ手数料あり)
入金手数料 無料
送金手数料
無料
最大レバレッジ 500倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

CryptoGTは最大レバレッジ500倍に対応しているのが大きな魅力です。

FXGTの姉妹取引所でもあり、似ている点が多いです。

CryptoGTは仮想通貨のみ入金に対応しており、仮想通貨と組み合わせて独自の通貨ペアを取り扱っていることが大きな特徴です。

FXGTと比較して取扱通貨数が少ないため6位にランクインしました。

CryptoGTのメリット

CryptoGTのメリット
  • 最大レバレッジ500倍
  • 株式やFXなども取引できる
  • 入金額の最大80%がボーナスとして受け取れる
  • 独自の通貨ペアを提供している
  • 仮想通貨で入金できる

CryptoGTのデメリット

CryptoGTのデメリット
  • レバレッジ取引のみ対応
  • 法定通貨の入金は行えない

\初回入金で最大5万円もらえる/

海外仮想通貨取引所おすすめ⑦ Bitget

bitgetチャート

Bitget
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.0006BTC
0.001ETC
0.2XRP
4USDT
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

2018年にシンガポールで設立されたBitgetはデリバティブ取引所として世界TOP10の取引量を誇ることで知られています。

レバレッジ倍率・取扱銘柄数・流動性が優れている反面、日本語対応しておらず初心者の方にはおすすめしづらい点から7位にランクイン。

独自のトークンBGBを発行しており、Bitgetの取引でBGBをを使用すると手数料の割引や還元を受けることができます。

他にも、コピートレードなどが注目を集めており勢いのある仮想通貨取引所です。

Bitgetで取引できる仮想通貨

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • EOS
  • BCH
  • LTC
  • ETC
  • AEX
  • LINK
  • TRX
  • DOT

Bitgetのメリット

Bitgetのメリット・デメリットについては以下を参照してください

Bitgetのメリット
  • コピートレードが行える
  • CERからの評価やMSB・DCE取得で信頼性が高い

Bitgetのデメリット

Bitgetのデメリット
  • コピートレードの手数料に注意
  • 100%利益が出るわけではない

Bitgetの最大のメリットは独自機能のコピートレードができることです。

コピートレードとは
トレーダーの取引の仕方をコピーすることで、資金を預けておくと放置するだけで利益を得ることができるというサービス。

Bitgetではトレードをコピーする人をフォロワー、コピーされる側をトレーダーといいます。

トレーダーは、自己投資資金の利益とフォロワーの資金で利益を発生させた場合に発生する10%の手数料を得ることができるというメリットも。

また、Bitgetではトレーダーの成績が公開されるので安定した実績のあるトレーダーには多くのフォロワーがつきやすくなります。

本人確認やBGB購入など条件はありますが、トレードに自信のある方におすすめです。

コピートレードは忙しくて取引を行う時間がない方・初心者で取引に自信がない方にもおすすめの機能と言えるでしょう。

bitget

\Bitget公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所おすすめ⑧ Phemex

phemexチャート

Phemex
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料
0.00057BTC
0.0036ETC
0.25XRP
25USDT
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

2019 年に立ち上げられたPhemex は、モルガン・スタンレーの元幹部が率いるシンガポールを拠点とする仮想通貨およびデリバティブ取引プラットフォームです。

Phemexもレバレッジ倍率・手数料・使いやすさなど総合的に優れている取引所ですが、突出した点が少ないため8位にランクインしました。

200 カ国以上の約 200万人のアクティブユーザーにサービスを提供する Phemexは、最大 100 倍のレバレッジを持つ 150 以上の契約取引ペアと 300 以上のスポット取引ペアをサポートしており、仮想通貨の取引と購入が簡単かつ効率的にできるようになっています。

Phemexは、正直さや誠実さ、信頼性という価値観に基づいて設立されました。

Phemex は、優れたビジョンと献身的なチーム、そして消費者の利益に対する真の関心を持つ、仮想通貨 金融のニーズに対する理想的なソリューションです。

FACT OF MONEY

Phemexは、最大レバレッジを100倍という、大きなレバレッジをかけて取引できる取引所です。

先ほどもご紹介しましたが、FX(為替証拠金取引)も100倍~200倍の取引が人気でした。

ですが、その後規制されたこともあり、レバレッジ100倍はちょうど良いと感じられる方も多いかもしれません。

やはりどの取引所でも、レバレッジ取引を行う際は、リスク管理を徹底が大事ということです。

Phemexのメリット

Phemexのメリット
  • プロのトレーダーが集まるコピートレード機能
  • ユーザーの資産をコールドウォレットで管理している
  • 高性能、毎秒30万件のトランザクションを処理できる性能。
  • 最大レバレッジが100倍
  • 業界最高水準のVIPプログラム、魅力的な取引手数料
  • 4,050ドル相当のボーナスを受け取れる「ウェルカムボーナス」を実施中
  • 日本語に完全対応
  • 準備金証明(PoR)を開示が可能。顧客資金保全と透明性を更に強化している。

Phemexのデメリット

Phemexのデメリット
  • 流動性が他の取引所に比べると低い

\Phemex公式サイトはこちら/

phemexロゴデータ

目的別|海外仮想通貨取引所ランキング

海外仮想通貨取引所 目的別ランキング

海外仮想通貨取引所の総合力をランキング形式でご紹介してきました。

ここからは、目的に応じたおすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

海外仮想通貨取引所ランキング
  • 仮想通貨FX(レバレッジ)に強い取引所
  • 草コインの取り扱いに強い取引所
  • 新興・注目度の高い取引所

仮想通貨FX(レバレッジ)|海外仮想通貨取引所おすすめランキング5

ここでは仮想通貨FXにおすすめの海外仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。

仮想通貨FXをする上で重要な以下の3項目を評価し、ランク付けしました。

評価基準
  • 最大レバレッジ
  • 手数料の安さ
  • 安全性・信頼性・操作性

それでは仮想通貨FXにおすすめな海外仮想通貨取引所の上位5社を紹介します。

取引所 レバレッジ 総合評価
1位 FXGT 1000倍 ★★★★★
2位 CryptoGT 500倍 ★★★★★
3位 Bybit(バイビット) 100倍 ★★★★★
2位 OKX(OKEx) 125倍 ★★★★☆
5位 Kucoin 125倍 ★★★☆☆
仮想通貨FX・レバレッジ取引のやり方はこちら

仮想通貨FX(ビットコインFX)・レバレッジ取引に特化した海外取引所のランキングはこちらです。

海外仮想通貨取引所|FX取引ランキング

仮想通貨(ビットコイン)FX海外取引所13選|おすすめ業者徹底比較ランキング

仮想通貨FX(ビットコインFX)・レバレッジ取引のやり方はこちらの記事でも詳しく解説しています。

ビットコイン FX(仮想通貨FX)とは?やり方や流れ

ビットコインFX流れビットコイン FX(仮想通貨FX)の始め方は?やり方や流れまで初心者向けに完全ガイド

仮想通貨FX海外取引所① FXGT

fxgt

FXGT
取引手数料
無料(スプレッド・スワップ手数料あり)
入金手数料 無料
最大レバレッジ 1000倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

FXGTの特徴は最大レバレッジ1000倍の圧倒的なハイレバレッジです。

入出金手数料・取引手数料も無料のため、取引を始めやすいです。

ボーナスが充実しており、新規登録や入金で150万円分以上のボーナスを受け取ることができます。

他社を寄せ付けない圧倒的なレバレッジの高さから仮想通貨FXおすすめランキングでは堂々の1位にランクイン。

仮想通貨FX海外取引所② CryptoGT(クリプトGT)

海外仮想通貨取引所CryptoGT

CryptoGT
取引手数料
無料(スプレッド・スワップ手数料あり)
入金手数料 無料
最大レバレッジ 500倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

クリプトGTはデリバティブ取引に特化した取引所で、最大レバレッジ500倍で取引することが可能です。

日本語にも対応し、MT5のプラットフォームを採用しているのでスマートフォンでも簡単に取引ができます。

追証もありませんので、レバレッジを大きくかけた取引でも、借金を背負う心配はありません。

最大レバレッジが500倍のレバレッジをかけても、安心してハイリターンな取引によって利益率を高めることができます。

日本円での入金を受け付けている数少ない海外取引所としても知られています。

FXGTとは姉妹サイトなので似ている点が多いです。

CryptoGTもレバレッジ倍率がかなり高いですが、FXGTと比較すると低いため、仮想通貨FXおすすめランキングでは2位にランクイン。

仮想通貨FX海外取引所③ Bybit(バイビット)

海外仮想通貨取引所bybit 情報

Bybit(バイビット)
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー手数料 0.01%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

Bybit(バイビット)はレバレッジ取引(デリバティブ取引)の取引量では3位にランクイン。

取引量に加えて総合的な使いやすさ、セキュリティの高さ、手数料の安さ、レバレッジ倍率が総合的に高いことから当サイトでは仮想通貨FXおすすめランキング3位にランクインしております。

レバレッジ倍率注文方式の選択など、洗練された設計が上級者から支持されている要因の一つです。

またサーバーの強さにも定評があり、相場の急変動時でも影響を受けずに取引できます。

Bybitのスマホアプリも完成度が高く、以下のように「圧倒的に良い」との評判も見られます。

口座開設キャンペーンやトレードバトルなど、イベントも頻繁に開催しており、新規登録しておいて損のない仮想通貨取引所と言えます。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

仮想通貨FX海外取引所④ OKX(OKEx)

OKXFX

OKX(OKEx)
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー手数料 0.02%
テイカー手数料 0.05%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
なし

OKXは200種類を超えるペアでレバレッジ取引が可能で、スマートフォンでの取引にも対応しています。

デリバティブ取引量ランキングでも2位にランクインしており、バイビットを超えています。

しかし、日本語対応しておらず、手数料がバイビットと比較して高いことから仮想通貨FXおすすめランキングでは4位にランクイン。

運営元であるOKグループは、OKExとは別に日本人向けのサービス「OKCoinJapan (暗号資産交換業者 関東財務局長 第00020号)」を提供しています。

こんな人におすすめ
  • アルトコインでレバレッジ取引をしたい!
  • 手数料を極力おさえたい!
  • 日本語対応にこだわらない!
OKX(OKEx)

\OKX(OKEx)について詳しく知る/

OKCoinJapanについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

OKCOIN Japan_アイキャッチOKCoin Japanの評判は?メリット・デメリット・おすすめな人など

仮想通貨FX海外取引所⑤ KuCoin

kucoin

KuCoin(クーコイン)
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

クーコインは取引手数料が安く、最大レバレッジも125倍と他の大手取引所に引けを取らないスペックをしています。

ゼロカットシステムを採用しており追証がないため、基本的に証拠金以上の損失が発生しません。

デリバティブ取引に必要な機能をそろえており、さくさく取引できるので仮想通貨FXを行いたい方には特におすすめの取引所です。

かなり安定した性能を誇るクーコインですが、手数料の安さ、レバレッジの高さなど突出した点が少ないことから仮想通貨FXおすすめランキングでは5位にランクイン。

Kucoin

\Kucoinについて詳しく知る/

草コイン|海外仮想通貨取引所おすすめ3社

知名度が低く、今後値上がりのポテンシャルを秘めている草コイン。

レバレッジを掛けてFX取引をすれば、さらにハイリスクハイリターンな投資商材に進化します。

草コインでのFX取引を提供している取引所は海外を見渡しても貴重な存在。

ここでは、草コインのレバレッジ取引に強い海外仮想通貨取引所をご紹介します。

草コインに強い海外仮想通貨取引所はこちらの記事でさらに詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

【2022年最新】草コインの取引所おすすめ人気ランキングTOP8!取扱いコインや日本語対応など徹底比較

草コイン海外取引所① MEXC

MEXC_使い方

MEXC(MXC)
総合評価
★★★★
取扱通貨数 1523種類以上
取引手数料 0.2%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

MEXC(MXC)は他の取引所において、未上場のコインをいち早く上場させる類まれなスピード感が特徴です。

MEXC(MXC)で取り扱っているアルトコインの数は1523種類以上。

資産家保護に重点を置いており、第三者機関の審査を受けた通貨のみを上場させるため、上場後に大きく失敗することはあまりないので初心者の方にもおすすめです。

かなり豊富な量の仮想通貨を取り扱っているため、草コインの取引にはうってつけの取引所です。

MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

草コイン海外取引所② BITTREX(ビットトレックス)

海外仮想通貨取引所Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex
総合評価
★★★★
取扱通貨数 300種類以上
取引手数料
0.25%
入金手数料 無料
追証制度
なし
日本語対応
あり

Bittrexは現物取引のみの海外仮想通貨取引所になりますが、その取り扱っているコインの数は300種類以上あります。

日本語のサポートはありませんが、現物取引で追証の心配もないので、初心者の方でも、安心して取引できます。

アルトコインが豊富なのが特徴で、他の取引所では扱っていないマイナーな仮想通貨も取り扱っています。

草コイン海外取引所③ Yobit(ヨービット)

海外仮想通貨取引所Yobit

Yobit
総合評価
★★★★
取扱通貨数 1400種類以上
取引手数料
0.2%
入金手数料 無料
追証制度
なし
日本語対応
あり

Yobitの特徴はメジャーコイン、マイナーコイン合わせて1400種類以上の仮想通貨を取りそろえています。

ですが、ほかの取引所と異なりギャンブルのようなゲーム感覚もあるため楽しみ感覚で行う人からの支持率が多いようです。

そして、コインを貸出しをしてくれるサービスやマイナーコインの種類が他の取引所のなかでも一番と言えるほど多いというメリットもあります。

Yobitのデメリットは、会社概要などどこが運用しているのかが不明ということです。

新興・注目|海外仮想通貨取引所おすすめ11社

ここからは、今後の展開に注目したい海外取引所をご紹介します。

日本での認知度は低いものの、世界的な人気を獲得している取引所ばかり。

独自性を組み合わせることで取引を有利に進められる取引所が揃っています。

注目海外取引所① BaseFEX

basefeximage

BaseFEX
総合評価
★★★
取引手数料
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

BaseFEXは2018年に誕生した比較的新しい取引所です。

レバレッジ取引に特化しており、取引手数料は業界最安値レベルです。

UIが優れており、直感的な操作がしやすいのが特徴です。

注目海外取引所② Bitforex

BitForex

Bitforex
総合評価
★★★
取引手数料
メイカー取引 0.04%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 100倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

Bitforexは比較的手数料が安い取引所です。

さらに独自トークンのFBを保有していると、手数料の80%が還元されるため、かなりお得に取引することができます。

日本語対応もしているため、英語に自信がない方や、手数料を抑えて取引したい方におすすめの取引所です。

注目海外取引所③ Deepcoin

Deepcoin_Header画像

Deepcoin
総合評価
★★★
取引手数料
現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.07%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

Deepcoinは2018年3月に運営が開始された、シンガポールの仮想通貨取引所です。

2020年9月に日本語対応を開始し、アフリカ市場・ポルトガル語圏・ロシア語圏への進出などグローバルに事業を展開。

独自取引所トークン「DCトークン」の発行やDeFiレンディングプラットフォームなど幅広いサービスを展開しています。

最大125倍のレバレッジに対応しており、デリバティブ取引量世界30位圏内にランクイン(2022年3月14日時点)するなど急激にシェアを伸ばしています。

銘柄 最大レバレッジ
BTC、ETH 125
LTC、BCH 100
XRP、EOS、TRX、ETC、XTZ、DOT
BNB、ZEC、YFII、YFI、SOL、COMP
UNI、SUSHI、LINK、AAVE、MATIC
ADA、IOST、XLM、ONT、ATOM
CHZ、AXS、ENJ、DOGE、ALGO
1INCH、ICP、1000SHIB、FIL、CRV
75
Deepcoinのキャンペーン
  • 新規登録キャンペーン:口座開設とSNSフォローで20USDTもらえる
  • 入金キャンペーン:最大10,000円分のボーナスがもらえる
deepcoin

\キャンペーンでお得にスタート/

注目海外取引所④ Coinbase Pro

海外仮想通貨取引所Coinbase Pro

coinbase
総合評価
★★★
取引手数料 1.99%
入金手数料 無料
日本語対応
あり

アメリカ国内の大手企業が運営に参入しているということでも知られている海外取引所です。

2017年末の時点で登録ユーザー数が1300万人を突破し、大手取引所と肩を並べる存在になるとも見られています。

コインベースが日本上陸!

コインベースは2021年6月18日、日本の仮想通貨交換業者として金融庁に登録(関東財務局長第00028号)されました。

金融庁から正式に国内での仮想通貨交換業務を許可されたことにより、日本人ユーザーに対するサービス再開の目処が立ったといえます。

現時点では日本人に向けた大きなリリースはなく、動向に注目が集まっています。

Coinbase(コインベース)についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

日本人がコインベース(Coinbase)で取引する方法やメリット・デメリットを解説!

注目海外取引所⑤ Poloniex

海外仮想通貨取引所Poloniex

Poloniex
総合評価
★★
取引手数料 0.15%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 2.5倍
追証制度
なし
日本語対応
なし

世界的にも最大規模の取引高を誇る大手海外取引所です。

各種手数料が海外の標準と比較してもかなり安い水準におさえられています。

最大レバレッジ倍数は2.5倍と海外仮想通貨取引所にしては低いレベルに保たれていますので、ローリスクな取引を望むビギナーにとっても安心です。

注目海外取引所⑥ itBit

海外仮想通貨取引所itBit

itBit
総合評価 ★★
取引手数料 0.15%/0.2%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 なし

取扱通貨がビットコインのみという点が大きな特徴で、上級トレーダーにとってはいささか物足りなく感じられるかもしれません。

メジャーコインで確実に利益を出したい、という方におすすめです。

認可取引所とは国家としてバックボーンになっている、ということでもあります。

その意味でもビギナー向けの取引所と言えるでしょう。

注目海外取引所⑦ CROSS Exchange

海外仮想通貨取引所CROSS Exchange

CROSS Exchange
総合評価 ★★★★
取引手数料 0.5%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 あり

日本での知名度も高い海外仮想通貨取引所です。

Cross ExchanngeではXEXとよばれる独自トークンを発行しています。

XEXと絡めた通貨取引を行うことで最大130%のXEXトークンが付与される仕組みになっています。

トークンとは「取引を優先的に行う権利」のようなもので、ビットコイン取引では必須の専門用語ですのでぜひとも抑えておきましょう。

Cross exchangeは閉鎖しており、登録できないためご注意ください。

注目海外取引所⑧ CEX.IO

海外仮想通貨取引所CEX.IO

CEX.IO
総合評価 ★★★★
取引手数料 0.15%/0.25%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 なし

クレジットカード経由で通貨を購入することができる取引所です。

取引手数料は過去30日間の取引量に応じて決められる仕組みになっており、取引画面もシンプルなのでビギナーにもおすすめです。

手数料が変動する仕組みですので、短期間のうちにより多くの取引をこなしたい、という方におすすめです。

注目海外取引所⑨ HitBTC

海外仮想通貨取引所HitBTC

HitBTC
総合評価 ★★★★
取引手数料 0.2%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 なし

ポルトガル語にも対応している大手の海外仮想通貨取引所です。

ICOから間もないマイナー通貨を多く取り扱っており、600を超える通貨ペアを用意しています。

より高いリターンを期待している上級トレーダーにもおすすめです。

日本語対応はしていませんので、その点はあらかじめ御了承ください。

通貨ペアのバリエーションが豊富であるということはリスクヘッジが容易であるということですので、ビギナーの方におすすめです。

現在、日本在住者へのサービスを停止しています。

再開までしばらく待ちましょう。

利用停止中の海外仮想通貨取引所

ここからは現在日本人の新規登録停止・利用停止中の海外仮想通貨取引所を紹介いたします。

以前紹介していた情報も掲載しております。

すでに利用中の方は利用停止に備えて、早めに資金を移動させておくことをおすすめします。

BINANCE

binance

BINANCE(バイナンス)
総合評価 ★★★★
取引手数料 現物取引 0.1%
メイカー取引 0.02%
テイカー手数料 0.06%
入金手数料 無料
送金手数料 0.0002BTC
0.000768ETC
0.2XRP
3.2USDT
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり
Binanceが日本人の新規口座開設を停止
2022年11月30日、Binanceが日本からの新規登録を停止しました。

Binanceは同日に国内暗号資産交換業者「SEBC」の全株式取得を発表しており、今後本格的に日本市場に進出することが予想されます。

国内版Binanceでは取引銘柄やレバレッジの面で自由度が大幅に下がるため、効率的に利益を狙いたい方は他の海外取引所を検討するのがおすすめ。

具体的には手数料が安くレバレッジ100倍で約180通貨を取引できるBybit(バイビット)が人気です。

また、ZoomexMEXCKuCoin(クーコイン)なども用途に応じて検討できるでしょう。

国内トレーダーに人気の仮想通貨海外取引所ランキングはこちらの記事でをご参照ください。 仮想通貨海外取引所アイキャッチ海外仮想通貨取引所ランキング28選|特徴・おすすめを徹底解説

日本国内でも知名度の高い世界最大級の取引所バイナンス

本人確認やセキュリティシステムもしっかりしており、個人情報の厳重な管理を徹底しています。

取扱通貨の豊富さや、バイナンスの独自トークン「BNB」・APIサービス「Binance api」などが使えて便利な点から、良い評判を集めています。

FP内山さん

先物取引の最大レバレッジが125倍となっています。バイナンス以外も最大レバレッジを100倍にしているケースが目立ちます。
以前、FX(為替証拠金取引)も100倍~200倍の取引が人気でしたが、その後規制されたという経緯があります。
仮想通貨においてもレバレッジ取引を行う際は、くれぐれもリスク管理を徹底してください。

バイナンスは現在日本人の新規登録を停止しています。

すでに登録済の方は利用できますが、今後日本人の利用が制限される可能性があるため、早めに資金を移すことをおすすめします。

また、バイナンスは国内仮想通貨取引所のサクラエクスチェンジを買収しており、バイナンスが運営する国内取引所の創設が予想されています。

Kraken

海外仮想通貨取引所Kraken

Kraken
総合評価
★★★★
取引手数料 0.16%/0.26%
入金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度
なし
日本語対応
あり

アメリカに本拠地を置く海外取引所です。

取引手数料は上限も低くおさえられており、ビットコインなどのメジャーな銘柄から上場間もないマイナーコインまで、幅広いバリエーションの通貨を取り扱っています。

シンプルに設計されているため、ビギナーから上級者までスムーズに利用できる点が根強い人気を誇ります。

KrakenではICO直後のマイナーコインの扱いに力を入れており、将来的な伸び代を重視してアルトコインを取引したい方におすすめです。

Krakenは日本人の新規登録を停止しています。

金融庁に登録されている暗号資産交換業も廃止となるため、完全に日本から撤退となりました。

2023年1月31日までに出金または日本円に交換されない場合、残高を法務局に移管し供託すると発表されています。

Krakenに残高を保有の方は速やかに出金を行いましょう。

海外仮想通貨取引所をカオスマップでタイプ分け!

海外仮想通貨取引所 カオスマップ

仮想通貨取引で効率的に利益を狙うなら、複数の海外取引所を特徴に応じて組み合わせて使うのがおすすめです。

これまでご紹介してきた仮想通貨取引所を、手数料と取扱仮想通貨を軸に分類してみました。

海外仮想通貨取引所比較

今回の調査では、たくさんの仮想通貨を扱っている取引所ほど手数料が割高になる傾向が見られました。

仮想通貨の取扱数が増えるほど管理工数やリスク管理が必要になるため、手数料が割高になりやすいと分析しています。

この傾向を踏まえて、次のようにタイプ分けを行っています。

FX特化型海外取引所

  • 手数料が安くトレード機能が充実
  • 取引できる通貨が少なめ
  • おすすめはマイナス手数料のBybit(バイビット)

草コイン型海外取引所

  • 大きな値上がりが期待できる新興コインが充実
  • 取引手数料は割高傾向
  • おすすめは世界最高峰の取引所Binance(バイナンス)

総合型海外取引所

  • 取引手数料と通貨数のバランスが取れた取引所
  • レンディングやDeFiなどの機能が充実
  • おすすめは1000以上の通貨が揃うMEXC

仮想通貨FXの実力で勝負するか、草コインで一攫千金を狙うか、仮想通貨関連サービスの豊富さで選ぶか。

ご自身にとって最適な組み合わせを検討する際の参考にしてみてください。

海外仮想通貨取引所とは?

海外仮想通貨取引所とは

FP伊藤さん

仮想通貨の取引所にはCEXとDEXがあります。
CEXは株式で言う証券取引所と同じで、注文が一ヵ所に集中し、そこで売買が行われる仕組みです。
多くの注文が集まるため、売買がしやすく決済スピードが早い点がメリットです。
ただし、ハッキングなどの問題は存在します。

FP伊藤さん

一方、DEXは売買取引をユーザー間で行うものです。
業者はあくまでプラットフォームの提供のみとなります。
自由度が高い反面、自己管理をしっかり行う必要があります。
どちらで行ってもよいとは思いますが、ご自身にとってどちらがメリットが大きいか考えてトライされるとよいでしょう。

「海外仮想通貨取引所」という言葉に明確な定義はありませんが、仮想通貨の売買取引を提供している外国籍の業者の総称として用いられるのが一般的です。

仮想通貨取引所は海外・国内を問わず次の2種類に分類されます。

  • CEX(中央集権取引所)
  • DEX(分散型取引所)

それぞれ確認していきましょう。

CEX(中央集権取引所)

CEXは「Centralized Exchange(中央集権取引所)」の略です。

一般的な証券取引所などと同様に、業者が売買の仲介を行う方式です。

CEXでは業者が顧客の資産を集約し、一元管理します。

CEXには以下のメリット・デメリットがあります。

CEXのメリット
  • 法定通貨を仮想通貨に換金できること
  • 決済スピードが早い
  • キャンペーンやサポートなどのサービスが充実している
CEXのデメリット
  • 仮想通貨や顧客情報が集中するためハッキングの標的になりやすい
  • チャートへの介入や中間手数料の操作が行われる場合もある
  • 業者が倒産するリスクがある
本ランキングの取引所はCEX

この記事でご紹介している海外仮想通貨取引所はすべてCEXです。

DEX(分散型取引所)

DEXは「Decentralized Exchange(分散型取引所)」の略です。

DEX業者は取引のプラットフォームだけを提供し、取引の仲介は行いません。

売買取引はユーザー間で行われ、資金の管理なども顧客自身が行う必要があります。

DEXには以下のメリット・デメリットがあります。

DEXのメリット
  • 匿名性が高い
  • 資産を自己管理できる
  • 自由度の高い取引ができる
DEXのデメリット
  • 自己管理が求められ初心者には参入障壁が高い
  • 取引にかかる時間が比較的長い
  • 日本初の世界的なDEXが無い
  • キャンペーンやサポートなどのサービスがない

「自己管理」「ユーザー間で取引」となると煩雑な操作をイメージするかもしれません。

しかし、ある程度の知識があれば操作自体はシンプル。

2021年に過去最高を記録したDEXの取引高は右肩上がりになっています。

このまま行けばDEXが海外仮想通貨取引所の主流になる時代が来るかもしれません。

海外仮想通貨取引所を選ぶときのポイント

海外仮想通貨取引所 選ぶときのポイント

日本の仮想通貨取引所のシステムとは違う、海外仮想通貨取引所。

安心して取引を行うために、以下のポイントを確認しましょう。

海外取引所の選び方
  • 日本語に対応しているか
  • レバレッジ倍率
  • 追証制度
  • サーバーの耐久性
  • 取引所の信頼度
  • セキュリティ
  • システムの使いやすさ
  • 取扱通貨の多さ
  • 手数料
  • ハッキング時の対応

海外の取引所でアカウントを持つにあたって大事なことはなんでしょうか?

それは、資産を守ることです。

ポイントを比較することで、安心して資産を預けられる取引所か確認していきましょう。

FP内山さん

特に「追証」の有無についてはしっかりと確認してください。
追証が発生し、さらには日本語でのサポートがないという状況は
非常にストレスとなってしまいます。そういう点ではやはり
ロスカットルールのある取引所の方がよいかもしれません。
こちらの記事もおすすめ

今回ご紹介した海外仮想通貨取引所に「多い!」と感じられる方にはこちらの記事がおすすめ。

厳選した海外仮想通貨取引所5社をシンプルにまとめられているので、短時間で概要を抑えたい方におすすめです。

海外仮想通貨取引所おすすめTOP5

日本語に対応しているか

まずは、日本語に対応しているかを確認しましょう。

英語だけで海外仮想通貨取引所に登録するのはハードルが高いと感じる方は少なくないでしょう。

日本の取引所と仕様が異なる点が多いため、慣れるまでは日本語表記やサポートのある取引所が安心です。

レバレッジ倍率

海外仮想通貨取引所のメリットは、日本の仮想通貨取引所にはない高レバレッジ取引ができるというところです。

日本では最大2倍までのレバレッジ取引までしかできませんが、海外仮想通貨取引所では最大1000倍のレバレッジをかけられる取引所もあります。

ハイレバレッジをかけられるということは、大きく資産を増やせるチャンスがあることになります。

しかし、その反面リスクがあることも理解しておく必要があります。

海外取引所のレバレッジ倍率についてはこちらの記事で徹底比較しています。

ハイレバレッジ取引のメリットや注意点、利益を上げるポイントについてもまとめています。

海外取引所のハイレバ取引で効率よく利益を狙いたい方はぜひご覧ください。

追証制度

仮想通貨取引所では追証の有無を確認することが大事です。

仮想通貨FXでポジションを保有している際に、証拠金維持率が設定されている基準値を下回ると自動的にそのポジションは強制ロスカットされ、それ以上の損が出ないようになっています。

仮にロスカットが間に合わなくても、多くの海外仮想通貨取引所ではゼロカットシステムを採用しており、マイナス分を補填してくれます。

そのため、借金を負う心配はありません。

国内仮想通貨取引所では、ゼロカットシステムを採用している取引所はないため、ゼロカットシステムは海外仮想通貨取引所を利用する上で大きなメリットと言えます。

FP阿久津さん

追証なしで取引できることは、リスクがなくなるわけではありませんが、強制ロスカットにより、リスクを限定される(借金を追う心配がない)という点がメリットといえます。
仕組み上のデメリットは基本的にありませんが、敢えていうとすると、海外の取引所で日本の金融庁の登録を受けている業者でない点といえます。

サーバーの耐久性

サーバーは、取引所を選ぶポイントとしてとても大切です。

大きな注文が入ったりサーバーに負荷がかかったりした時に、老弱なサーバーはダウンのリスクが高まります。

サーバーが落ちてしまうと想定外の損失にもつながる可能性があります。

トレード上級者になる程サーバー落ちが少なく、耐久性の高い取引所を好んで利用する傾向があります。

取引所の信頼性

取引所の信頼性は、取引所を選ぶポイントの中でも重要です。

ユーザーは取引所に資金を預けて取引を行うわけですが、取引所が破綻してしまえば、自分の資金が凍結されてしまうこともあります。

倒産した時の返金補償を設けている取引所もありますが、初めから倒産のリスクが低い取引所を選ぶに越したことはありません。

実際に大手取引所のFTXが経営破綻し、出金が停止されたことがあり、仮想通貨界隈に大きな衝撃を与えました。

不安な方は BybitやZoomexのような信頼性の高い海外取引所を選ぶことが大切です。

FP小山さん

日本であれば金融庁に登録された取引所であるかどうかが、取引所を選ぶ上での信頼性を計る1つの目安になるかもしれません。
一方で、金融庁の対象ではない海外の取引所の信頼性を計る1つの目安としては取引量があげられます。
取引量が多ければ信頼性が高い傾向にあります。
取引量の多い取引所にはBybitやKucoinなどがあります。
ただし、海外の取引所の場合、その取引所が属している国の法規制などにより思いもよらないトラブルが生じる可能性のあることには注意が必要です。

セキュリティ

海外仮想通貨取引所のセキュリティシステムも重要なポイントです。

セキュリティシステムが強化されていない取引会社はハッキングされる可能性が高くなります。

ハッキングに遭うと、海外仮想通貨取引所の閉鎖や、最悪の場合には自分の資産が盗難される可能性も。

仮想通貨取引所を選ぶときはセキュリティシステムがどうなっているのか、信頼できるものなのか、確認して選ぶようにしましょう。

不正アクセスを防ぐためにも二段階認証を利用できる取引所を選ぶようにしましょう。

取引所によってはフィッシング詐欺対策の設定を行えるので、設定しておくようにしましょう。

コールドウォレットの採用や侵入テストなどを積極的に行っている取引所であれば、セキュリティ性能が高いと言えるでしょう。

システムの使いやすさ

海外仮想通貨取引所を選ぶ際には、システムの使いやすさもしっかりと見極めましょう。

中にはスマホでの取引ができない海外仮想通貨取引所もあります。

そういった場合には外出先での取引ができないので、思わぬ不利益を出してしまうかも…。

そのようなことがないよう、あなたの取引スタイルに合った、使いやすい海外仮想通貨取引所を選びましょう。

そうはいっても、自分に合った使いやすいシステムがある海外仮想通貨取引所って、どこかわからない…。

そんな方はBybitを使ってみると良いですよ。

完全日本語対応に加え、UIが優れており、サービスも豊富なため、日本人からも人気の高い取引所です。

効率的に利益を出すためには、慣れておいて損はないでしょう。

システムが使いやすい海外仮想通貨取引所をお探しの方は、以下からBybitのシステムをチェックしてみてください。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

取扱通貨の多さ

海外仮想通貨取引所を選ぶ場合、取扱通貨の多さも要チェック

取扱通貨数が少ないとトレンドの仮想通貨を取引できずにチャンスを逃してしまうかもしれません。

マイナーな草コインも取引できるように、取扱通貨数の多い取引所を選ぶといいでしょう。

手数料

海外仮想通貨取引所を選ぶ際には、手数料の見極めもしっかり行いたいところ。

手数料が高いほど、取引回数を重ねた際にコストが高くついてしまいます。

少しでも利益を伸ばせるよう、海外仮想通貨取引所を選ぶ際には、手数料もチェックしておきましょう。

ハッキング被害時の対応

海外仮想通貨取引所を選ぶ時は、ハッキングされた際の対応も考慮するのがおすすめです

海外仮想通貨取引所がハッキング被害に遭うことは珍しくありません。

2019年に40億円相当以上のBTCが流出した際、即座に取引を停止し被害額を自社の保険金(SAFU)から補填したBinanceは、その迅速で的確な対応で逆に評価を高めました。

ハッキングが起きた事実だけでなく背景や対応を含めて評価することは、本当に信頼できる仮想通貨取引所を見極めることに繋がります。

ハッキング対応に関する口コミをご紹介しますので、ご参考ください。

海外の仮想通貨取引所がおすすめの人の特徴

海外仮想通貨取引所 おすすめの人の特徴

海外仮想通貨取引所の利用に向いている人の特徴は次のとおりです。

  • 仮想通貨を持っている人
  • 少額の資金から投資を始めたい人
  • 一度に多くの利益を狙いたい人
  • リスクコントロール力を伸ばしたい人

仮想通貨を持っている人

すでに仮想通貨を持っている人は、海外で口座を開設してもいいでしょう。

海外取引所では「日本円」が使われておらず、ビットコインなどの仮想通貨を所有していることが前提になります。

仮想通貨を持っていない方は、国内取引所で日本円を仮想通貨に替えてから海外取引所に送金する流れになります。

仮想通貨を保有している人のほうが短時間で取引をスタートできます。

まだ、仮想通貨を所有していない方はリップルを無料で送金できるビットフライヤーを開設してみましょう。

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

少なめの投資資金からスタートさせたい人

少なめの資金で稼ぎたい人には、ハイレバレッジ取引が可能な海外取引所が向いているといえます。

レバレッジとは預けた資金を担保(証拠金)に預けた資金以上の大きな取引を行える仕組みです。

10万円の証拠金に10倍のレバレッジを掛けた場合、100万円分の取引ができるのです。

国内取引所は上限が2倍に設定されていますが、海外取引所は100倍以上のレバレッジを掛けられるところも珍しくありません。

大きな利益を狙いたい方は海外仮想通貨取引所をおすすめします。

一度に多くの金額を稼ぎたい人

レバレッジの例と似たような話になりますが、一度に多くの金額を稼ぎたい人も海外取引所に向いています。

少額投資ができるほか、大きな利益を得られる可能性も低くありません。

ただし、レバレッジが高い分、価格が暴落した際には高いリスクも付きまといます

チャートの分析は、慎重に行わなければなりません。

併せて、生活を苦しくさせる原因とならないためには、余剰資金を使って投資を行うことが重要です。

リスクコントロール力を伸ばしたい人

海外取引所は、国内取引所よりも一般的にリスクが高いといえます。

しかし、裏を返せば危険な状況を切り抜ける力も付くでしょう。

基本的に、投資は高低あれども全てにおいてリスクが伴う世界です。経験値を増やす観点からすれば、最適ともいえるかもしれません。

大きな損失もある状況で戦っていけば、今後の投資におけるリスクコントロール力の成長にも期待できます。

自分自身を鍛えたい人は、日本に留まらず海外の取引所にも目を向けましょう。

国内の仮想通貨取引所がおすすめの人の特徴

国内仮想通貨取引所 おすすめの人

国内の仮想通貨取引所に向いている人の特徴は次のとおりです。

  • 仮想通貨を持っていない人
  • まとまった投資資金を準備できる人
  • 副業としてトレーダーをやりたい人
  • 安全性重視で仮想通貨を運用したい人

海外取引所はハイリスクハイリターンが特徴ですが、国内取引所も安全性や取引のしやすさに強みがあります。

日本の法律でトラブルに対処できる点や、日本円を取り扱っていることも利用しやすい要素といえます。

仮想通貨を持っていない人

仮想通貨を保有していない場合は、国内取引所から利用することをおすすめします。

海外取引所は日本円の取引に非対応なため、事前に日本円で仮想通貨を購入する必要があります。

国内取引所は日本円で仮想通貨を取引できるため、まずは仮想通貨を手に入れましょう

まとまった投資資金を準備できる人

まとまった投資資金を準備できる人は国内取引所に向いているといえます。

レバレッジ率が最大2倍に制限されているため、投資資金にはある程度余裕を持たせておく必要があるのです。

少額の資本で取引を始めたい場合は、ハイレバレッジ対応の取引所が多い海外取引所のほうが適しているでしょう。

副業としてトレーダーをやりたい人

国内取引所は海外の取引所と比べ、レバレッジの低さもあって大きくは稼げません。

トレーダーとして一日中チャートに張り付いているのであれば、より儲けを得られる海外取引所が望ましいでしょう。

あくまで、副業で仮想通貨の投資をしたい人におすすめです。

ただし、半ば遊び感覚でトレードしてしまうと、本業が忙しくなったときにチャートを分析する余裕がなくなる恐れもあります。

そのため、多少は損失を招いても対応できるよう、生活に支障のない程度で取引することを心がけましょう。

安全性重視で仮想通貨を運用したい人

仮想通貨の投資自体が高リスクですが、海外取引所よりは国内取引所のほうが軽減できます。

トラブルが生じても日本の法律で守ってもらえるため、安全性を重視して取引したい人におすすめです。

金融庁に登録されている取引所であれば、日本の厳しい規制をクリアしている証拠なので、安全性が高いと言えるでしょう。

海外仮想通貨取引所で取引を始める方法

海外仮想通貨取引所 取引を始める手順

海外取引所で仮想通貨取引を始める手順を簡単に確認しましょう。

仮想通貨を持っているかどうかによってスタート地点が異なります。

あなたはどっち?
  • 仮想通貨を持っている!
    → ステップ② からスタート
    海外取引所に入金しよう
  • 仮想通貨を持っていない!
    → ステップ① からスタート
    ビットフライヤーなどの国内取引所で仮想通貨を購入しよう

\ bitFlyerの口座開設はこちら /

ビットフライヤーキャンペーン

FoM編集部

【お得なお知らせ】 新規口座開設で2,500円相当のビットコインをプレゼント中*1
bitFlyerの口座開設キャンペーンの対象者は次の通りです。
口座開設キャンペーンの対象者
  • 日本居住者
  • 本人確認未実施
上記を満たし、口座開設キャンペーンのページでエントリーをしてから本人確認を完了させることで、翌月中旬を目処にプレゼントを受けれます。 *1キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式ホームページをご確認ください。

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所で取引を始める手順

STEP.1
国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する

海外取引所は基本的に日本円を直接入金することはできません。

仮想通貨を持っていない方は国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金する流れになります。

国内取引所の口座を持っていない方には、操作がシンプルで手数料もお得なビットフライヤーがおすすめです。

ビットフライヤーの口座開設方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ビットフライヤー 口座開設_アイキャッチビットフライヤーの口座開設方法!クイック本人確認のやり方・所要日数・登録までの時間をやさしく解説
STEP.2
海外取引所に口座開設する
海外の仮想通貨取引所で口座開設します。

国内取引所に比べて短時間で登録できるので、気になる取引所はなるべく口座開設して使い方に慣れる癖をつけるのが上達の近道です。

口座開設が完了したら先に本人確認と二段階認証を済ませておくのがおすすめです。

こちらの記事では、バイビットを例に口座開設方法を詳しく解説していますのでぜひ併せてご覧ください。

バイビット登録Bybit(バイビット)の登録・口座開設の図解ガイド
STEP.3
仮想通貨を送金する
海外取引所の口座に仮想通貨を送金します。

入金の仮想通貨アドレスをコピーし、入金から送金します。

アドレスのミスを避けるため、手入力ではなくコピー&ペーストかQRコード読み取りを行いましょう。

STEP.4
取引を開始する

入金が完了したら、仮想通貨を選択して取引を開始します。

海外取引所への送金方法・取引方法はこちらの記事を参考にしてください。

bybit_サムネBybit(バイビット)の使い方を初心者向けに図解|登録・取引・入金・送金・アプリ操作方法まで解説

海外仮想通貨取引所のメリット

海外仮想通貨取引所 メリット

海外の仮想通貨取引所を利用するメリットをご存知ですか?

ここでは、海外仮想通貨取引所を利用するメリットをわかりやすくご紹介いたします。

海外仮想通貨取引所
  • 手数料が安い
  • ボーナスキャンペーンが多い
  • 取扱仮想通貨が豊富
  • 本人確認なしですぐに取引できる
  • ハイレバレッジが可能
  • ゼロカットシステムを採用しており追証がない

FP小山さん

記事にもあるように海外仮想通貨取引所の主なメリットは「レバレッジが高い取引ができる」「ゼロカットで追証の心配がない」「取扱仮想通貨の種類が多い」の3点かと思います。
ただし、高レバレッジやゼロカットについては取引方法の選択肢が多くなるというメリットであって、リスク管理が大切であることには変わりはありません。
取扱仮想通貨の種類が多いことも、将来性があると思える仮想通貨の取引が可能になる一方で、新たに誕生する仮想通貨の多くが、その開発が進まずに消えていっている現実があるということにも注意が必要です。

手数料が安い

海外仮想通貨取引所は、基本的に国内取引所よりも手数料が安く設定されています。

国内仮想通貨取引所の販売所で仮想通貨を購入する際は特に手数料が高くなります。

海外取引所のBybit現物取引手数料が0.1%なので、手数料が安くおすすめです。

ボーナスキャンペーンが多い

登録や取引に応じてもらえるボーナスやキャンペーンが手厚いのも海外取引所の特徴です。

FXGTCryptoGTでは高額の入金ボーナスをもらえる魅力的なキャンペーンを定期的に開催しています。

特に初回登録キャンペーンや入金キャンペーンは多くの取引所で開催されており、事前に抑えておくことで、お得に取引を始められるのです。

取り扱い通貨が豊富

海外取引所は国内取引所に比べて豊富な仮想通貨を取引できます。

国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)でも、19種類となっています。

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

海外取引所は、国内取引所よりも遥かに取り扱い通貨数が多く、中には1000種類以上取り扱っている取引所もあります。

国内取引所は日本の金融庁が定めた厳しい基準をクリアした仮想通貨だけを取引できます。

リスクが小さい有望な仮想通貨に絞って投資できるため安全性は高いですが、海外取引所の豊富なアルトコインを魅力に感じる方は少なくないでしょう。

マイナーな仮想通貨を取引したい方は、海外仮想通貨がおすすめです。

本人確認書類なしですぐに取引できる

海外取引所の多くは本人確認書類なしで取引できます。

煩雑な手順も少ないため、初心者の方でも5分程度で取引を始めることが可能です。

ハイレバレッジな取引が可能

国内の取引所のレバレッジは最大2倍となっています。

海外では取引所によって最大レバレッジは異なりますが、中には1000倍を超える高いレベレッジの取引所があります。

レバレッジをかけることにより、少額の資産でも大きな利益を狙うことができます。

ハイレバレッジで仮想通貨を取引したい方は、海外仮想通貨取引所一択です。

取引所名 最大レバレッジ
FXGT 1,000倍
CryptoGT 500倍
Bybit 100倍
bitFlyer(ビットフライヤー) 2倍

ゼロカットシステムを採用しており追証がない

多くの海外仮想通貨取引所ではゼロカットシステムを採用しており、レバレッジ取引で証拠金以上の損失が出てもゼロにしてくれるため、追証がないのが特徴です。

国内仮想通貨取引所は、損失分を取引所が補填することは禁止されているため、証拠金以上の損失は借金となります。

追証なしで借金を負う心配なく取引できるのは海外仮想通貨取引所の大きな魅力です。

海外仮想通貨取引所のデメリット・リスク

海外仮想通貨取引所 デメリット

海外仮想通貨取引所のデメリットは、以下の3つです。

海外仮想通貨取引所のデメリット
  • 英語表記の海外仮想通貨取引所が多い
  • ハイリスクな通貨もある
  • 金融庁が警告を発している

上記2つの「海外仮想通貨取引所のデメリット」について、解説していきますね。

英語表記の海外仮想通貨取引所が多い

英語を使って取引をする海外仮想通貨取引所が多い点は、日本人にとって大きなデメリットとなります。

操作方法がわからなかったり、間違えて取引をしてしまったりと、慣れない英語での取引に苦戦する人も。

また、新しい情報を仕入れようとする際に、英語のニュースの方が迅速に出回ることも多いです。

このように英語を使った取引になるケースが多いところが、海外仮想通貨取引所のデメリットです。

入金・出金や注文のミスに繋がる可能性が微粒子レベルで上がってしまうため、デメリットと感じる方も多そうです。

日本語対応の海外仮想通貨取引所ってないのかな…?

そんな方にはBybitがおすすめ。

完全日本語対応で手数料が安さ・使い勝手の良さなどの総合力も高いので、おすすめの海外仮想通貨取引所です。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

ハイリスクな通貨もある

FP竹内さん

海外取引所は取り扱う仮想通貨の種類が多いのが特徴ですが、裏を返すとそこがリスクにもなります。
取引所に上場している通貨でも、詐欺コインのようなものもあるので、高すぎる配当率などだけに目を向けず、慎重に情報を集めましょう。

海外仮想通貨取引所のデメリット➁は、ハイリスクな通貨もあることです。

国内の仮想通貨取引所よりも海外仮想通貨取引所は取扱通貨が多い傾向にありますが、その一方で値動きが不安定な通貨もあります。

海外仮想通貨取引所で取引する際には、暴落のリスクがないかなど、将来性・安全性を慎重に見極めましょう。

金融庁が警告を発している

金融庁は日本の暗号通貨交換業に登録されていない海外仮想通貨取引所に対して厳しいスタンスを取っています。

BitMEXやBinanceなどのように、日本語への翻訳に対応した海外取引所などに警告を発する事例も少なく有りません。

Binanceは一時的に日本語表示を中止するなどの措置後、日本語対応を再開していましたが、現在は日本人の新規登録を停止しています。

BitMEXは日本人の登録・利用を停止した状態が続いています。

このように、金融庁の規制などの動向ひとつで利用できなくなってしまう可能性がある、という点は海外取引所を利用するリスクと言えるでしょう。

海外仮想通貨取引所で安全に取引をするためには?

海外仮想通貨取引所 安全に取引するためには

リスクを理解した上で、海外取引所で取引したい!と感じている方はいくつかの注意点をふまえておく必要があります。

ここからは初心者向けに、これから海外取引所で新規に仮想通貨取引を始めるにあたっての基本的な心得について見ていきましょう。

2段階認証を設定する

現在、多くの海外取引所では本人確認のシステムとして2段階認証を導入しています。

2段階認証を最初の段階でしっかりと設定することで安全性が向上し、通貨データ紛失などのリスクを下げることができます。

また、取引所によっては2段階認証を設定することで取引手数料が引き下げられるところもありますので、登録時に必ず二段階認証を設定しましょう。

ハードウェアウォレットで保管する

仮想通貨取引所で長期的に通貨を管理するのなら必ず、ハードウェアウォレットによって通貨データを管理しましょう。

ハードウェアウォレットであれば、紙媒体やPCデータなど物理的な形で通貨データが残ります。

万が一の通貨データ紛失などのリスクを最小限におさえることができます。

リスク管理を徹底する

FP竹内さん

高レバレッジでの取引は、大きく利益も狙えますが、少しの相場の動きで強制ロスカットに達してしまいやすいです。
ゼロカットシステムがあるから、と安心せず証拠金維持率に気をつけ、しっかりとポジション管理をしましょう。

仮想通貨取引に一定のリスクは付き物です。

特に、レバレッジ取引においては倍率が重要で、レバレッジ倍率が高くなるほど損失の額も大きくなっていきます。

海外取引所では100倍、200倍という高いレバレッジ倍率も珍しくありません。

いきなりハイレバレッジトレードで、一瞬で資本を溶かしてしまうのはよくある失敗です。

3倍などの低レバレッジから取引に慣れ、段階的に倍率を上げるのが王道です。

FP伊藤さん

仮想通貨だけにとどまりませんが、投資にはリスク管理がつきものです。
セキュリティなどを確認することはもちろんのこと、ご自身の資産を管理し、守ることができるかどうかも確認しなければなりません。

FP伊藤さん

つまり、システムなどだけではなく、ご自身の資産を守り増やせるかどうかまで全体を確認しながら仮想通貨の投資を行っていく必要があると言えます。

安全性重視のおすすめ国内仮想通貨取引所

おすすめの国内仮想通貨取引所

ここからは、安心して取引したい方におすすめの国内取引所をご紹介します。

評判の良いおすすめの仮想通貨取引所
  1. bitFlyer(ビットフライヤー):取引量の多さで安心感◎
  2. Huobi Japan:国内最多の取引ペア数
  3. Coin Check(コインチェック):安くて銘柄数も多い・文句なしのNo1取引所
  4. DMM Bitcoin(DMMビットコイン):FXのようなレバレッジ取引が可能
  5. GMOコイン:GMOグループになじみのある方におすすめ
  6. BITPoint(ビットポイント):アルトコインでの取引を試したいなら
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyerのココがすごい!
  • 大手の安心感からか利用者が非常に多い
  • 積立投資という着実に利益が期待できる手段が使える
  • ビットコインが無料でもらえるサービスも好評

会社の安定感と評判の良さから高い人気を誇っているbitFlyer(ビットフライヤー)

初心者の方にはもちろん上級者の方にも扱いやすい取引所となっています。

bitFlyerのメリットとデメリットについては、以下の表をご参照ください。

bitFlyerのメリット
  • 利用者が多く相場の流れを読みやすい
  • セキュリティは万全で利用者への負担も少ない
  • アプリの操作性が優れている
  • 高性能の分析ツールを利用できる
  • 条件クリアでビットコインがもらえるサービスも実施中
bitFlyerのデメリット
  • 取引所ではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リップル、ステラルーメンしか扱っていない
  • 取引所でも販売所でも手数料をそれなりに取られる
  • パソコンからだとサーバーが重く稀に停止することもある

自分の財産をいきなり投資に使うのは気が引けるという方は、bitFlyerの「ビットコインをもらおう」というサービスを利用してみると良いでしょう。

ショッピングやサイト内のアンケートに回答するだけで、ビットコインが付与されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細情報
取扱銘柄数 19種類
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
チェーンリンク(LINK)
シンボル(XYM)
ポリゴン(MATIC)
メイカー(MKR)
ジパングコイン(ZPG)
フレア(FLR)
取引手数料 取引所:0.01-0.15%、販売所:0.1-6.0%
最低取引数量 取引所:0.001BTC、販売所:0.00000001BTC
公式アプリ 仮想通貨チャート bitFlyer ウォレット
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

Huobi Japan

海外仮想通貨取引所Huobi Japan

Huobi Japanのココがすごい!

世界最大規模の取引所Huobiにより運営されている
国内最多の通貨ペア数
セキュリティに定評がある

中国国内で三大取引所のひとつとも言われているHuobi。

ここ数年で日本にも進出し、注目度をよりいっそう高めつつあります。

取引手数料は他の取引所と比較してもやや高い印象ですが、追証制度はありません。

取引画面も日本語対応でわかりやすく、ビギナー向けであると言えます。

三大取引所に数えられるだけあって、Huobiはセキュリティシステムも整えられており、その意味でもビギナーの方におすすめです。

入金方法 入金下限額/回 入金上限額/回 入金回数上限
振込入金 制限なし 制限なし 制限なし
クイック入金(ペイジー以外) 1,000円 制限なし 制限なし
クイック入金(ペイジー) 1,000円(手数料別) 9,999,999円(手数料含む) 1回/24時間
コンビニ入金 1,000円(手数料別) 300,000円(手数料含む) 1回/24時間
通貨ペア メイカー テイカー
BTC/JPY 0.008~0.100% 0.024~0.100%
HT/JPY 0.008~0.100% 0.048~0.200%
ETH/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
XRP/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
LTC/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
MONA/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
ETH/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
BCH/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
LTC/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
XRP/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
Huobi Japanの詳細情報
取扱銘柄数 26種類
取引手数料 取引所:通貨により異なる
販売所:無料(スプレッドあり)
最低取引数量 2円以上
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
フォビトークン(HT)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインSV(BSV)
ライトコイン(LTC)
ディープコイン(DEP)
コスプレトークン(COT)
ポルカドット(DOT)
エンジンコイン(ENJ)
カルダノ(ADA)
アイオーエスティー(IOST)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
トロン(TRX)
テゾス(XTZ)
ジャスミー(JASMY)
クアンタム(QTUM)
オーエムジー(OMG)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オントロジー(ONT)
リスク(LSK)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
公式アプリ Huobi Japan
DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

CoinCheck(コインチェック)

coincheck

コインチェックのココがすごい!
  • 取引ができる銘柄数が業界最多の「17種類」
  • 公式アプリのUI/UXが格段に優れている
  • 過去のハッキング被害の経験によりセキュリティ対策がバッチリ

親会社が大手のマネックスグループ株式会社ということもあり、資金面では圧倒的な力を発揮しているCoincheck(コインチェック)

国内最大の17種類の取扱銘柄数を誇っています。

アプリ開発などの技術面でも目を見張るものがあり、今後の発展にも大いに期待できる会社です。

過去のハッキング被害の話を覚えていて、コインチェックに不信感を抱いている方もいるかもしれません。

しかし、そのような事故があったからこそ、今のコインチェックは運営母体を安全対策に強いマネックスグループに変えて、強固なセキュリティの壁を築き上げています。

ユーザーからの支持が熱く、上級者の方が初心者の方にまずおすすめする取引所としてもCoin Checkは定番の仮想通貨取引所です。

Coin Check(コインチェック)の詳細情報
取扱銘柄数 17種類
取引手数料 取引所:0%
販売所:無料(手数料相当額 0.1~5.0%)
最低取引数量 500円以上
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
エンジンコイン(ENJ)
モナコイン(MONA)
クアンタム(QTUM)
アイオーエスティー(IOST)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
公式アプリ コインチェック

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMBitcoin

DMMビットコインのココがすごい!
  • 各種手数料が安い
  • スピード本人確認を使えば最短即日で取引を始められる
  • 業界初のBitMatch機能によりスプレッド問題が解消
  • 金融庁から業務改善命令を受けていない

大手の金融グループである株式会社DMM Bitcoinが設立したDMM Bitcoin

レバレッジをかけつつ利益を増やしていきたいと考えている方は、迷わず利用するべき取引所の一つです。

DMM Bitcoinのメリットとデメリットについては、以下の表をご参照ください。

DMM Bitcoinのメリット
  • 仮想通貨(暗号資産)でのレバレッジ取引がしやすい
  • 安く購入しやすい草コインが豊富だから、ローリスクハイリターンのレバレッジ取引がしやすい
  • スプレッドよりもお得なミッド(仲値)価格で売買できる
  • アプリだけでワンタッチ決済が可能
  • 少額投資者向けのキャンペーンも頻繁に展開される
DMM Bitcoinのデメリット
  • ロスカットの水準が低く、万が一ロスカットが発生した時の損失が大きい

最も注目されているのが、新機能であるBitMatchです。

BitMatch取引は販売所形式と取引所形式の間を取ったような注文方法です。

売値と買値の中間価格(ミッド価格)で約定するため、販売書形式で発生するスプレッドを気にする必要がありません。

注文を出してから30秒間で約定しなければ、その時点の価格で成行注文されます。

販売所方式のシンプルさと、取引所に近いレートで取引できる点が画期的な取引形態です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の詳細情報
取扱銘柄数 12種類
取引手数料 取引所:0%、販売所:スプレッドにより変動
最低取引数量 0.001BTC
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
公式アプリ DMMビットコイン
DMM Bitcoin

\DMM Bitcoin公式サイトはこちら/

国内取引所ランキングはこちら!

今回ご紹介した国内取引所についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

各社をセキュリティ・手数料/スプレッド・取扱銘柄・アプリの使い勝手などの項目で比較しています。

仮想通貨取引所 ランキング仮想通貨取引所(ビットコイン)国内おすすめ比較ランキング

海外仮想通貨取引所についてのよくある質問

海外仮想通貨取引所 よくある質問

海外仮想通貨取引所のおすすめが気になる方によくある質問は、以下の4つです。

疑問を解消できるよう、海外仮想通貨取引所のおすすめが気になる方によくある質問を見ていきましょう。

海外仮想通貨取引所って、日本人が使うと違法なの?

結論、違法ではありません。

FP伊藤さん

株式などもそうですが、海外のシステムや口座などを利用して取引を行うことは違法ではありません。
ただし、日本に住んでいる方は日本から取引を行う場合は当然日本で申告を行い税金も払う必要があります(海外で税金が引かれた分は考慮されます)。

海外の仮想通貨取引所(外国仮想通貨交換業者)が日本人の居住者に限定してサービスを提供する場合は、以下の通り金融庁の認可が必要です。

II―4-1 外国仮想通貨交換業者の勧誘の禁止
外国仮想通貨交換業者(法に基づく登録を受けた者を除く。以下、II-4-2において同じ)は、法令に別段の定めがある場合を除き、国内にある者に対して、仮想通貨交換業に係る取引の勧誘をしてはならない。
II-4 外国仮想通貨交換業者に対する基本的考え方

しかし、今回ご紹介した海外取引所は全世界に向けてサービスを提供しており、日本人だけを対象としているわけではありません。

そのため「自由意志で海外取引所を利用するのは今のところ問題ない」と解釈されています。

基本的に海外取引所は国税庁への開示請求に対しても入金・出金履歴を開示することはありません。

FP伊藤さん

基本自由ですが、海外の取引ルールなどに関しては、国内とは異なることもあることから念のため確認しておくべきでしょう。

海外仮想通貨取引所の利益には税金がかかる?

海外の仮想通貨取引所で得た利益にも税金がかかります。

FP竹内さん

仮想通貨によって得た所得は、所得税の区分のうち「雑所得」に該当します。
FXによる所得は申告分離課税ですが、仮想通貨の譲渡益は総合課税です。

FP竹内さん

総合課税の所得税は累進税率なので「プラスの金額が大きくなればそれだけ税率も高くなる」ということを理解しておきましょう。

日本円換算で20万円以上の利益が出た場合、雑所得として 最高45%の累進課税率が課せられます。

また、扶養されている方(学生や主婦など)は33万円以上の利益が出たら課税対象になります。

所得金額と税率は以下のとおりです。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

出典: 国税庁「所得税の税率」

仮想通貨は総合課税の対象となり、他の所得と合算した金額をもとに税率が決定します。

株式投資の利益は譲渡所得、FX取引(仮想通貨を除く)の利益は雑所得に分類されますが、どちらも他の所得と分けて計算する「申告分離課税」の対象になります。

利益を申告しないとどうなる?

本人確認書類が不要な海外仮想通貨取引所も多いため「利益が出てもバレないのでは?」と考える方もいます。

しかし日本の金融庁は国内取引所に情報提供を受けることが可能であり、海外の税務国税当局にも情報提供を要請できるため、仮想通貨の送金履歴などを辿って申告漏れを特定できる可能性は十分にあります。

万が一脱税が発覚すると追加徴税求められたり、最終的に刑事罰を受ける可能性もあるためしっかりと確定申告を行いましょう。

収益が確定するタイミングはいつ?

仮想通貨取引において、課税対象になる所得は次のタイミングで発生します。

  • 仮想通貨を売却した時
  • 仮想通貨を他の仮想通貨と交換した時
  • 仮想通貨決済で商品を購入した時
  • 報酬として仮想通貨を得た時

出典: 国税庁「暗号資産に関する税務上の取扱い及び計算書について(令和3年12月)」

確定申告しなくてもばれないですか?

海外仮想通貨取引所での取引で得た利益がばれる可能性は低いでしょう。

しかし、日本円に換えるためには国内仮想通貨取引所へ仮想通貨を送金する必要があり、その際にばれる可能性があります。

確定申告をしておらず、税務調査によりばれた場合は追加で高額な税金を支払わないといけない可能性があるため、しっかりと確定申告をしておくことをおすすめします。

金融庁に登録している仮想通貨取引所はどこ?

金融庁に登録している仮想通貨取引所は以下のとおりです。

  1. 株式会社マネーパートナーズ
  2. FTX Japan株式会社
  3. 株式会社bitFlyer
  4. ビットバンク株式会社
  5. GMOコイン株式会社
  6. フォビジャパン株式会社
  7. BTCボックス株式会社
  8. 株式会社ビットポイントジャパン
  9. 株式会社DMM Bitcoin
  10. SBI VCトレード株式会社
  11. Bitgate株式会社
  12. COINHUB株式会社
  13. コインチェック株式会社
  14. 楽天ウォレット株式会社シュ)
  15. 株式会社ディーカレット
  16. LINE Xenesis株式会社
  17. エクシア・デジタル・アセット株式会社
  18. FXcoin株式会社
  19. オーケーコイン・ジャパン株式会社
  20. Payward Asia株式会社
  21. CoinBest株式会社
  22. 株式会社デジタルアセットマーケッツ
  23. 株式会社マーキュリー
  24. 株式会社coinbook
  25. 東京ハッシュ株式会社
  26. Coinbase株式会社
  27. 株式会社Crypto Garage
  28. 株式会社メルコイン
  29. 株式会社カイカエクスチェンジ
  30. 株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
  31. 株式会社ガイア

金融庁「暗号資産交換業者:財務省関東財務局」 から最新のリストを確認できます。

仮想通貨に対する金融庁の見解も確認できるので、気になる方はご確認ください。

仮想通貨の認可同様、国内で仮想通貨交換業を行なうにも金融庁の認可を受ける必要があります。

金融庁が公開している事務ガイドラインによると次のような登録申請プロセスを経て仮想通貨交換業者として認定されます。

STEP.1
事業内容・事業計画・システム計画の確認
例: ビジネスプランが明確か?
STEP.2
リスク管理の基本的な考え方
例: ビジネスプランに応じたリスクの洗い出しや評価を行ったうえで、リスクに応じた内部管理体制を整備しているか?
STEP.3
具体的な管理方法・態勢についての検証
例:
・仮想通貨の取り扱いに係るリスク管理
・経営管理等(内部監査含む)
・利用者保護措置
・利用者財産の分別管理
・利用者情報管理
・外部委託先管理
・システムリスク管理
・マネーロンダリング及びテロ資金供与対策
STEP.4
実効性の検証
書類審査の内容をもとに、運用状況や管理体制を現場での実効性を検証

出典: 仮想通貨交換業者の登録審査プロセス

日本で運営している仮想通貨交換業者はすべてこの基準をクリアしているため、信頼性の平均値は高いと言えるでしょう。

日本人が利用できない海外取引所はどこ?

日本人向けのサービスを提供していない海外仮想通貨取引所も存在します。

代表的なものは以下のとおりです。

日本人が利用できない海外取引所
  • Binance
  • BitMEX
  • Huobi Grobal(Huobi Japan は利用可能)
  • FTX(FTX Japanは利用可能)
  • Kraken

利用できない原因は「金融庁からの警告による撤退」と「日本法人開設」の2つに大別できます。

BitMEX、Krakenは前者の理由で、Huobi GrobalとFTXは後者に該当します。

バイナンスは2022年11月30日より日本人の新規登録を停止していますが、登録済の日本人は現在利用可能です。

バイナンスは国内取引所のサクラエクスチェンジを買収しており、今後国内取引所の設立が予想されます。

今後どのようなサービスを展開していくのか、注目です。

海外仮想通貨取引所に日本円を入金できますか?

海外仮想通貨取引所に日本円を入金することはできません。

しかし、クレジットカードで仮想通貨を購入することが可能です。

クレジットカードでの仮想通貨の購入は手数料が割高なため、基本的には国内仮想通貨取引所からの送金をおすすめします。

投資家アンケート!最も利用されている海外仮想通貨取引所は?

海外仮想通貨取引所 アンケート

どれくらいの人が海外取引所を使ってるの?
結局一番使われている海外取引所はどこ?

暗号資産メディアCoinPartnerが20代〜60代の仮想通貨投資家300名対象に行った「仮想通貨投資家の海外取引所事情」のアンケート調査によると、海外取引所を利用しているのは全体の12.3%との結果に。

仮想通貨取引所_アンケート

その中でも利用率が最も高かったのはバイナンスで、全体の7割以上を占めています。

バイナンスはトラブルへの対応や手数料、顧客満足のための安定した運用に好感を抱く口コミが寄せられています。

2位は13%のバイビットが続いています。

バイビットは仮想通貨FX取引に強みを持つ取引所であり、ライトな仮想通貨投資家の心理的なハードルの高さを印象づける結果となっています。

仮想通貨取引所_アンケート結果

引用元「暗号資産メディアCoinPartnerによる調査」

ビットフライヤー海外送金

おすすめ海外仮想通貨取引所|まとめ

海外仮想通貨取引所 まとめ

海外仮想通貨取引所|要約
  • 海外取引所は大きな利益を狙える一方、安心感は国内取引所に及ばない
  • 仮想通貨を持っていない方は国内取引所経由で送金するのが一般的
  • 海外取引所は、対応通貨・手数料・日本語対応の面でBybit(バイビット)がおすすめ
  • 手数料が安い取引所を探している方はPhemex(フェメックス)
  • 日本語対応のクオリティで選びたい方Zoomex
  • BybitKuCoinZoomexなどの取引所はクレカで日本円で仮想通貨を購入できる
  • 海外仮想通貨取引所の利用は合法だが一定以上の利益に確定申告が必要
  • 国内取引所は、対応通貨・手数料・使い勝手の面でbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

海外取引所のバリエーションはますます広がっており、今後も新規参入が加速していくと見られています。

Bybitであれば日本語に対応しており、手数料も無料ですので、ビギナーから上級者まで自信を持っておすすめできます。

この機会に一番おすすめのBybitで取引をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

海外仮想通貨取引所おすすめ比較27選|監修者の感想

内山FP総合事務所株式会社|内山 貴博さん

当記事の監修者の感想
ファイナンシャルプランナー内山貴博
FP内山貴博
仮想通貨の今後については両極端の見方があります。
現在の通貨を取って変わるという見方もあれば、
全く価値がないという否定的なものもあります。
第1次世界大戦をきっかけに世界の基軸通貨は英ポンドから米ドルへと変わりました。
そして今、その通貨自体が大きな分岐点に立たされているのでは?と感じています。
少なくとも仮想通貨に精通していることが、今後の資産管理を行う上で優位性が働くと思います。
しっかりとリスク管理をしながら取引を行ってください。

あくつFP・行政書士事務所|阿久津 和宏さん

当記事の監修者の感想
ファイナンシャルプランナー阿久津和宏
FP阿久津和宏
海外取引所を選ぶ際の、用語など詳しく解説されています。
メリット・デメリットも明確で、順を追って解説してあるため、
自分の現在の状況と照らし合わせながら、自分にあっている取引所はどこなのか?などわかりやすかったのではないかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

未来が見えるね研究所|小山 英斗さん

当記事の監修者の感想
未来が見えるね研究所代表 小山英斗
FP小山英斗
仮想通貨の時価総額は2021年12月時点日本円換算で250兆円を超える規模にまでなっています。2017年12月頃、仮想通貨バブルと言われていた時期で約90兆円でしたから、約4年で倍以上の規模になっています。
仮想通貨の代表通貨であるビットコインも2017年と比較すると現在は3倍程になっています。
個人取引が中心だった仮想通貨も今では多くの機関投資家や金融機関が参入してきています。
相変わらず価格変動の大きい仮想通貨ですが、金融資産としての地位を確立しつつあるようです。
そんな仮想通貨を取引するにあたり、海外仮想通貨取引所について書かれた当記事は、その取引方法の選択肢を広げるためにとても参考になると思います。

みきTFP事務所|竹内 幹さん

当記事の監修者の感想
ファイナンシャルプランナー竹内さん
FP竹内幹
これから先の時代、仮想通貨が決済手段として普及していくのかもしれませんが、株式・債券・通貨などと比べると、その価格変動はとても大きいです。
プラスの面だけにとらわれず、記事にあるようにデメリット・注意点も理解した上で取引をしましょう。
また、所得には所得税がかかります。
海外取引所を通じた取引でも、課税対象になることは変わらず、また申告しなくてもバレないということはありません。
利益を得たその先のことまで考えておきましょう。


仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ