最大レバレッジで海外仮想通貨取引所を徹底比較!レバレッジ取引におすすめな取引所Best10!

海外仮想通貨取引所 レバレッジ

海外仮想取引所で一番高いレバレッジをかけられるのはどこ?
わざわざ国外の取引所を使ってまで高レバレッジトレードをするメリットはある?

日本の仮想通貨取引所でも仮想通貨のレバレッジトレードはできますが、圧倒的に倍率が高いのは海外の仮想通貨取引所です。

高いレバレッジでトレードを行えば、少ない掛け金でも損益率が大きく変わってきます。

高レバレッジトレードはハイリスクハイリターンのイメージがあると思っている方も少なくないでしょう。

ですが多くのプロトレーダーの間では、海外の仮想通貨取引所を利用すると、それほど高いリスクを負わなくても高い倍率のレバレッジトレードが楽しめるといわれているのです。

さっそく国外の業者でレバレッジトレードに挑戦してみたいという方のために、今回はレバレッジ重視で選ぶおすすめの海外仮想通貨取引所TOP10を紹介します。

国外の業者で高レバレッジ取引を行うとどのようなメリットがあるのかについても解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

「海外FX業者 ボーナス」をまとめると
  • 海外業者では日本基準をはるかに超えた高倍率でレバレッジ取引ができる
  • 国内業者は採用していないゼロカットシステム借金ゼロ!
  • レバレッジ倍率重視で選ぶなら取引コスト取扱通貨にも気を付けよう
  • レバレッジの高さで選ぶなら「Bitterz」が一番おすすめ!
Bitterz

\Bitterz公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所を最大レバレッジ重視で選ぶ際のポイント

海外仮想通貨取引所を最大レバレッジ重視で選ぶ際のポイント

日本から飛び出して仮想通貨取引所を探してみると、実に多くの取引所を見つけることができます。

多々ある海外業者の中からレバレッジ倍率が高く、安心して利用できる取引所を探し出す時に注目するべきなのは、以下の4つのポイントです。

レバレッジ倍率の高さで選ぶ時のポイント
  1. 最大レバレッジの適用条件は厳しくないか
  2. 取引できる通貨の種類は十分か
  3. 取引コストは高すぎないか
  4. ハッキング対策などは甘すぎないか

最大レバレッジの適用条件は厳しくないか

一番大きなレバレッジ倍率がどんな時でも無条件で適用されるわけではありません

たとえば最大レバレッジ100倍と宣伝している業者でも、実際は100倍で取引できるのが特定の通貨だけだったり、口座残高が増えてくるとレバレッジの最大倍率が50倍まで減ってしまったりする業者も存在しています。

そのことを知らないままいざ取引をしようとした時に最大レバレッジを選ぶことができず、困ってしまうトレーダーの方も少なくありません。

取引所選びの際には最大レバレッジをチェックしつつ、最大レバレッジが適用される条件に付いても合わせて確認しておくようにしましょう。

取引できる通貨の種類は十分か

高い倍率で仮想通貨FXができる業者を見つけたとしても、自分が取引に使いたいと思っている通貨を扱っていないケースもありますので注意が必要です。

仮想通貨の種類はたくさんありますので、まずはトレードしてみたい通貨候補をいくつか決めておきましょう。

その上で海外の仮想通貨取引所を探し、お目当ての通貨を取り扱っている業者で口座を開設すれば問題は起こりません。

なかなか事前に取引したい通貨を決められないという方は、アルトコインを含む仮想通貨銘柄を多く取り扱っている業者を利用しておくのが無難です。

取引コストは高すぎないか

多くの利益を稼ぐ目的で最大レバレッジが大きな取引所を探しているのなら、取引コストがなるべくかからない業者をチョイスするべきです。

取引コストには、一般的に以下のようなものが含まれます。

【仮想通貨トレードを行うために支払うべきコスト】
  • 取引手数料(メイカー・テイカー手数料)
  • レバレッジ手数料
  • スプレッド
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 送金手数料

国内であれ国外であれ仮想通貨取引所はどこもユーザーから手数料をもらって、運営資金の足しにしています。

なので、すべての取引コストをゼロにできる取引所は、残念ながら存在しません。

とはいえ、ユーザーファーストのサービスを展開している業者は、一部の手数料を無料にしていたり、非常に安く設定していたりするので、なるべくそのような業者を探すようにしましょう。

ハッキング対策などは甘すぎないか

安全性の高い取引所を探すときは、業者単位で行っているハッキング対策の強さに注目するべきです。

仮想通貨は常にハッキングの脅威にさらされています。

特に海外の取引所を利用する場合は金融庁のライセンスを取得している業者が少なくなってくるので、慎重に業者選びを進める必要があるのです。

国外の仮想通貨取引を使うのなら、少なくとも以下の対策はしっかりと施している業者を選んだ方が良いでしょう。

仮想通貨を守るための主なセキュリティ
  • ログイン時の二段階認証
  • ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けている
  • マルチシグネチャを採用している
  • 万が一の時の盗難補償がしっかりしている

最大レバレッジ888倍ならBitterz

Bitterz

Bitterzの基本データ
最大レバレッジ 888倍
取引コスト 取引手数料:スプレッドのみ
入出金コスト:0円
通貨ペア 18ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Bitterz LLC

Bitterzは日本人が作った仮想通貨取引所ですが、拠点自体はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあります。

まだ日本での金融ライセンスは取得していませんが、888倍の高レバレッジ取引や定期的に実施しているキャンペーンボーナスのおかげで新規ユーザーは確実に増え続けています

Bitterzを使うならここに注目!
  • 最大レバレッジは業界水準トップクラスの888倍
  • 口座開設ボーナスと100%入金ボーナスが人気
  • 海外業者なのに日本語に完全に対応している
  • 何重ものセキュリティ対策によって投資資金が守られている

何といっても、他の業者と比べて圧倒的に高い水準を誇る888倍という倍率で取引ができる点には注目するべきでしょう。

また、海外の業者を使う時に地味にストレスになってくる不自由な日本語は、Bitterzのサイトには一つも見当たりません

Bitterzの上層部の人間がほとんど日本人であるため、日本語レベルは完全にネイティブ級なのです。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • なるべく高いレバレッジをかけて取引したいと考えている方
  • 日本語が不自由でない海外業者を利用したい方
Bitterz

\Bitterz公式サイトはこちら/

最大レバレッジ500倍ならCryptoGT

CryptoGT

CryptoGTの基本データ
最大レバレッジ 500倍
取引コスト 取引手数料:スプレレッド0.08%~
入出金コスト:0円
通貨ペア 58ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Hatio Ltd.

キプロスに本拠地があるCryptoGTは、設立してまだ2年ほどしか経っていないにもかかわらず急成長を遂げている海外仮想通貨取引所です。

設定できるレバレッジ率はもともと200倍まででしたが、取引所としてより仮想通貨FXに力を入れていきたいという考えから500倍まで最大倍率が増加しました。

CryptoGTを使うならここに注目!
  • レバレッジの最大倍率が驚異の500倍
  • サイトが見やすくて日本語もほぼ完璧
  • 最新のMT5で仮想通貨FXができる
  • EAやスキャルピングが許可されている

国内ではまず不可能な500倍のレバレッジをかけた仮想通貨トレードが楽しめます。

EAによる自動売買が許可されている業者なので、最新のEAプログラムを作成・購入できるMT5との相性は非常に良好です。

仮想通貨取引所では珍しくスキャルピングトレードが許されている点も、ユーザーから好評を得ています。

日本人ユーザーのことも十分に考えられており、サイトのほとんどのページを日本語に切り替えることが可能です。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • トレーダー人気の高い海外仮想通貨業者を利用したい方
  • スキャルピングやEAを許可している業者を利用したい方

最大レバレッジ20倍ならBINANCE

仮想通貨FX_海外取引所_BINANCE

BINANCEの基本データ
最大レバレッジ 20倍
取引コスト 取引手数料:一律0.1%
入出金コスト:0円
通貨ペア 312ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Binance Holdings. Ltd.

BINANCEは仮想通貨取引によって毎日3兆円もの資金を動かしている大手仮想通貨取引所です。

最初は中国に拠点をおいていましたが、日本との仮想通貨取引における規制が強化されたため、現在はケイマン諸島やセーシェルに拠点を移しているといわれています。

BINANCEを使うならここに注目!
  • 大きなレバレッジでの取引が初めてでも挑戦しやすい
  • 流動性が高くトレードのテンポが良い
  • トレード可能な仮想通貨は150種類以上に及ぶ
  • 指定通貨を持っているだけでステーキング報酬がもらえる

最高レバレッジ倍率は20倍とちょうど良い高さなので、はじめて海外業者を利用して高レバレッジトレードにチャレンジしてみようと思っている方に好評です。

1日で大量の取引が行われているので、注文や決済を行うタイミングは頻繁に訪れます。

BINANCEが用意している3タイプものステーキングにより、トレードを行わなくても仮想通貨を保有しているだけで稼げるチャンスがある点も魅力的です。

MEMO

2021年7月26日、仮想通貨の規制強化に応じて最大レバレッジが100倍から20倍に引き下げられました。

バイナンスCEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏は、最大レバレッジの引き下げを「消費者保護の観点から」とし、具体的理由を述べていません。

レバレッジ倍率が変更された経緯としては、グローバル市場での事業拡大のため、各国の規制当局との関係性を良好に保つためとの見方が有力です。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • 高レバレッジ取引に徐々に慣れていきたいと考えている方
  • ステーキングによる報酬も目当てにしている方
BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

最大レバレッジ125倍ならMEXC(MXC)もおすすめ

MEXC(MXC)

MEXC(MXC)の基本データ
最大レバレッジ 125倍
取引コスト 取引手数料:一律0.2%
入出金コスト:0.0005BTC
通貨ペア 837ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 MEXC(MXC)

MEXC(MXC)は日本でのライセンスはまだ取得していないものの、アメリカやカナダ等を含む5つの国で安全性が認められている国外の仮想通貨取扱所です。

レバレッジトレードはもちろんのこと、現物トレードも楽しむことができるので、世界中のトレーダーに広く愛されています。

MEXC(MXC)を使うならここに注目!
  • アルトコインを数多く取り扱っている
  • 日本人トレーダーには特にIEOが注目されている
  • エアドロップに関するお得なキャンペーンも多い
  • 部分的にではあるが日本語での利用も可能

MEXC(MXC)はどこよりも多くのアルトコインを取り扱うことで、他社との差別化を図っています。

実際にMEXC(MXC)でしか取引できない銘柄も多数あり、きちんと見極めれば一気に利益を上げられる通貨もあるのでトレードのしがいがあるのです。

価格上昇や一部上場などによって大きく儲けることができるIEO・エアドロップなども積極的に行っていて、MEXC(MXC)ユーザーにはかなり人気があります。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • 仮想通貨FXだけでなくIEOにも参加したい方
  • 普通の業者では扱っていない仮想通貨にも興味がある方
MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

最大レバレッジ125倍ならOKExもおすすめ

OKEx

OKExの基本データ
最大レバレッジ 125倍
取引コスト 取引手数料:0.15%~0.2%
入出金コスト:0円
通貨ペア 415ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 Okex Fintech LLC.

中国でトップ3にランクインするほど利用者が多い仮想通貨取引所です。

ハッキング対策や資金管理に力を入れているため、日本人でも安心して利用できます

ただし、日本語の対応がされていないので中国語か英語を理解できる方でないと、十分に使いこなすのは難しいかもしれません。

OKExを使うならここに注目!
  • 海外業者の中ではトップレベルの取引量を誇る
  • アルトコインから草コインまで選び放題
  • レバレッジトレード以外のトレード方法が充実
  • 365日いつでもサポートが対応してくれる

知名度のない仮想通貨はトレードタイミングが訪れにくいのもあり、通常はそれほど人気が出ません。

ですが、OKExなら全体的な取引量が多いので、草コインを選んだとしてもある程度トレードを楽しむことができます

日本語で利用できないとはいえ、年中無休でサポートデスクが対応してくれる点は満足度が高いポイントです。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • マイナーな仮想通貨でのレバレッジトレードがしてみたい方
  • 英語もしくは中国語が堪能で良質な取引所を探している方

最大レバレッジ20倍ならFTX

ftx

FTXの基本データ
最大レバレッジ 20倍
取引コスト 取引手数料:一律0.2%
入出金コスト:0円
通貨ペア 423ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 Alameda Research

FTXは仮想通貨取引所としても人気がありますが、その他のトレード資産(株式や債券など)を多く扱っていることでも有名です。

運営会社が巨額の資産を持っているためか運営スタイルに余裕があり、オプション取引(決済金額をあらかじめ決めておく取引)のような新形態も臆することなく取り入れています。

FTXを使うならここに注目!
  • 業界初のオプション取引を体験できる
  • レバレッジトークンによりロスカットを回避できる
  • TradingViewが利用できる
  • ユニークな先物商品も多数取り扱っている

他の業者では見かけないような取り組みをしている印象が強いFTX。

特にレバレッジトークン(レバレッジごとトークン化すること)やオプション取引は、新しい仮想通貨取引がしてみたい方にとっては打ってつけの取り組みといえるでしょう。

金融商品だけではなく、「オリンピック開催の有無」や「アメリカ大統領選挙でだれが当選するか」を予想するユニークな先物取引も行われています

MEMO

2021年7月25日、仮想通貨の規制強化に応じて最大レバレッジが100倍から20倍に引き下げられました。

バイナンス同様に、グローバル市場での事業拡大のため、業界を率先して行動することで規制当局のターゲットとなることを回避する目的です。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • ロスカットが起きにくい環境でレバレッジトレードがしたい方
  • 他ではできないような面白い取引に挑戦したい方
FTXバナー

\FTX公式サイトはこちら/

最大レバレッジ100倍なら一番はBybit

Bybitの基本データ
最大レバレッジ 100倍
取引コスト 取引手数料:-0.025%~0.075%
入出金コスト:0.0005BTC
通貨ペア 14ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Bybit Fintech Limited

Bybitは2018年誕生の比較的新しい仮想通貨取引所で、シンガポールに拠点をおいています。

他の業者とは違い、以下の5つの仮想通貨だけに取扱通貨を絞って運営している取引所です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • イオス
  • テザー
Bybitを使うならここに注目!
  • ビットコインなら最大100倍のレバレッジがかけられる
  • メイカーになれば手数料がもらえる
  • 口座を作る時に身分証明書の提出が必要ない
  • サーバーダウンが起こりづらい

Bybitの場合、基本的な最大レバレッジは50倍程度で、ビットコインに限っては100倍までレバレッジをかけることができます。

取引所でメイカー取引を行った場合、逆に手数料がもらえてしまうのも嬉しいポイントです。

口コミではBybitのサーバーが強固だといわれていることが多く、実際に利用してみても他の業者に比べるとサーバーダウンの発生率は比較的低いことが分かります。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • ビットコインで100倍のレバレッジトレードをしたい方
  • メイカー取引のマイナス手数料を活用したい方
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

最大レバレッジ100倍ならbaseFEXもおすすめ

basefeximage

baseFEXの基本データ
最大レバレッジ 100倍
取引コスト 取引手数料:0%~0.05%
入出金コスト:0円
通貨ペア 12ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 BaseInvesting Corporation

セーシェル共和国という小さな島国で2018年に誕生したbaseFEX。

しばらくの後に香港へと拠点を移し、設立当初に定めた通り仮想通貨のレバレッジ取引に特化した運営を行っています

baseFEXを使うならここに注目!
  • 現物取引は一切なしの先物取引専門取引所
  • IEOで稼ぐことも可能
  • 取引コストが安くレバレッジトレードに向いている
  • 日本語対応レベルは申し分なし

完全にレバレッジ取引に力を注ぐために、baseFEXでは現物取引を一切行っていません

代わりにトレード手数料がかなり安く抑えられているので、コストを気にせず思い切った倍率でのレバレッジトレードにも挑みやすくなっています。

設立以来日本人ユーザーも順調に増えてきており、それに伴ってサービスの日本語対応も一気に進んだ印象です。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • レバレッジトレード一本で頑張りたい方
  • 取引コストを可能な限り抑えたい方

最大レバレッジ3.3倍ならBitfinex

Bitfinexの基本データ
最大レバレッジ 3.3倍
取引コスト 取引手数料:0.1%~0.2%
入金コスト:なし
出金コスト:0.0004 BTC
通貨ペア 269ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 iFinex Inc.

仮想通貨取引所としては老舗の部類に入るBitfinexは2012年の冬に香港で誕生し、その後バージン諸島に拠点を移しています。

歴史が長いだけあってハッキングの被害を受けた過去も存在していますが、現在はその時の反省を活かして隙のないセキュリティ体制を敷いているので逆に安心です。

Bitfinexを使うならここに注目!
  • ビットコイントレーダーが多いため注文が通りやすい
  • 高レバレッジ取引の経験がない方は3.3倍ぐらいがちょうど良い
  • 日本語未対応だが中学レベルの英語が分かれば問題ない
  • 入金可能通貨に日本円も含まれている

Bitfinexはビットコインの取引量が特に多い業者で、いつでも十分な人数のトレーダーがいます。

そのため、取引を行う時間帯をそこまで深く考えなくても問題はありません

残念ながら日本語には未対応ですが、英文はそこまで難しくないので中学生レベルの英語力があれば利用できるでしょう。

日本円をそのまま入金できるなど、日本人でも利用しやすい仕様が整っています。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • ビットコインで仮想通貨取引を行いたい方
  • 英語が多少わかる方

最大レバレッジ2.5倍ならPoloniex

Poloniex

Poloniexの基本データ
最大レバレッジ 2.5倍
取引コスト 取引手数料:0.05%~0.25%
入出金コスト:0.0005BTC
通貨ペア 299ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 Poloniex, Inc.

ビットコイン以外にも90種類以上の仮想通貨を取り扱っているPoloniexは、アメリカはサンフランシスコにて2014年に登場しました。

設立当初は仮想通貨6,000万円分をハッカーに盗まれてしまったこともありますが、その後はコールドウォレットや二段階認証によって十分なセキュリティ対策を施しています

Poloniexを使うならここに注目!
  • アルトコインによる仮想通貨取引も頻繁に行われている
  • 貸仮想通貨サービスが利用できる
  • 日本円入金や日本語によるサポートは利用できない
  • ハッキング対策はされているがマイナスイメージが拭いきれない

草コインなどそこまで知名度のない仮想通貨も取り扱っているので、トレードの選択肢がかなり広がります。

また、通常の仮想通貨取引とは別に貸仮想通貨(レンディング)によってお金を稼ぐこともできます

貸仮想通貨ってなに?

第三者に自分が保有している仮想通貨を貸し出して、貸している間利息によって利益を得ること。

日本語対応が不十分なことや安全性でマイナスイメージを持たれている事実は否めませんが、一方で魅力的な部分も多数持ち合わせているのです。

【どんなトレーダーにおすすめ?】
  • 知名度の低いアルトコインでレバレッジ取引をしたい方
  • 貸仮想通貨サービスを利用してみたい方

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のメリット

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のメリット

海外の仮想通貨取引所でレバレッジ取引を行うと、以下のように様々なメリットがあります。

外国業者でレバレッジ取引をする利点
  1. 国内の基準よりはるかに高い倍率でトレード可能
  2. メジャーな仮想通貨以外の種類も豊富
  3. ゼロカットによる資金保証がある
  4. 取引量が多く流動性の高さに期待できる
  5. 面倒な手続き不要で口座を作れる業者が多い

国内の基準よりはるかに高い倍率でトレード可能

海外のほうが日本よりもレバレッジ制限が圧倒的に緩いため、比較にならないほど大きな倍率をかけてレバレッジ取引を行うことができます。

たとえば日本で高レバレッジトレードができるとして有名なGMOコインやDMM Bitcoinでも、レバレッジ倍率は2倍までしか用意されていません

一方、国外の仮想通貨取引では少なくとも2.5倍、多い場合は888倍までレバレッジがかけられるので、高レバレッジ取引がしたいのなら海外業者を使ったほうが圧倒的に有利なのです。

メジャーな仮想通貨以外の種類も豊富

国外の仮想通貨業者では、ビットコインや人気のあるなアルトコイン以外にも様々な仮想通貨を取り扱っています。

草コインのような将来性に期待できる銘柄を取り扱っている業者もあるので、国外業者でレバレッジ取引を行う方がトレードの幅がより広がるのです。

ゼロカットによる資金保証がある

ゼロカットを採用しているのは海外の取引所のみです。

ゼロカットシステムを採用している業者を利用すれば、万が一ロスカットが発生しても証拠金以上の追証を発生させずにすみます

レバレッジ取引はロスカットを発生させてしまうリスクの高い取引方法ですが、ゼロカットがあれば負債を負うことがないので安心してトレードに挑むことができるのです。

取引量が多く流動性の高さに期待できる

仮想通貨取引所の利用者数は国内業者よりも海外業者のほうが多いため、必然的に通貨の取引量も海外業者の方が多くなります。

十分な取引量がない状態でトレードを行うと、発注や決済のタイミングがなかなか訪れないことがしばしばあるでしょう。

しかし、取引量が多ければ様々なトレーダーが通貨を売買しようとするので、よりスムーズに取引が成立しやすくなるのです。

面倒な手続き不要で口座を作れる業者が多い

海外の取引所すべてが該当するわけではありませんが、一部の取引所では本人確認の手続きなどをパスして簡単に口座を開設することができます

口座作成のために本人確認書類の提出や審査が必要になると、少なくとも2~3営業日以上は待たされることになるのが普通です。

しかし、電話番号メールアドレスを入力するだけで口座開設がすむ業者ならば、申し込んだその日のうちにすぐに取引を始めることができます。

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のデメリット

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のデメリット

海外の仮想通貨取引所で行うレバレッジ取引には、以下のようにいくつかのデメリットもあります。

外国業者でレバレッジ取引をする欠点
  1. 稼ぎやすい分損失が膨らむのも早い
  2. 日本語対応が不十分な業者も多い
  3. レバレッジ手数料が別途かかることがある

稼ぎやすい分損失が膨らむのも早い

高い倍率のレバレッジをかけてトレードを行うと、レートがほんの少し変動するだけで利益か損失が一気に膨らみます。

得をする方向にレートが動けば問題はありません。

ですが、もしも損をする方向に動いてしまった場合は、損失額がどっと膨らんであっという間にロスカット水準に達する恐れがあるので注意が必要です。

日本語対応が不十分な業者も多い

海外業者の中には日本語に対応していないところも多くあります。

英語や中国語が話せる方は業者選びの選択肢が広がるでしょう。

しかし、日本語しか分からないという方は一部の日本語に完全対応している取引所から利用する業者を選ぶしかありません

レバレッジ手数料が別途かかることがある

レバレッジ取引を行う時には、別途レバレッジ手数料が発生することもあるので注意が必要です。

レバレッジ手数料は一律で発生するのか、それともかけるレバレッジの大きさによって変わってくるのかなど、実際に取引をスタートする前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

また、レバレッジ手数料が発生するタイミングにも気を付ける必要があります。

発注を行った時に一度だけ支払うものなのか、それともポジションを保有している限り毎日支払う必要があるものなのかによって、最終的な利益率が大きく変化してくるのです。

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引での注意ポイント

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引での注意ポイント

海外企業が運営する仮想通貨取引所をはじめて使う方は、以下の2つのポイントに注意する必要があります。

外国業者でレバレッジ取引をする際の留意点
  1. 入金可能通貨に日本円が含まれているケースが少ない
  2. 海外取引所で利益を出しても日本に納税する必要がある

入金可能通貨に日本円が含まれているケースが少ない

国外仮想通貨取引所は海外の業者なので、基本的には日本円の入金を受け付けていません。

そのため、他の対応している外貨に両替するか、国内の仮想通貨業者で仮想通貨を購入してから入金を行う必要があるのです。

【仮想通貨を手に入れるやり方】
  1. 日本の仮想通貨業者に口座を作る
  2. 日本円を入金する
  3. 入金した資金でビットコインなど好きな仮想通貨を買う
  4. 仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金する
注意

日本円で仮想通貨を購入する場合、その時のレート状況によって手に入れられる量が変わります。

仮想通貨の送金アドレス間違いに注意

仮想通貨を他の取引所に送金する時には、その都度送金アドレスが発行されます。

アドレスの文字列を間違えてしまうと誤った先に送金されてしまい、その上送った仮想通貨は手元に戻って来ません

コピペなどをして間違えのないように気を付けるか、同時に発行されるQRコードを使って送金操作を行うようにしましょう。

海外取引所で利益を出しても日本に納税する必要がある

海外取引所で行った仮想通貨トレードで利益を手にした場合でも、日本に対して税金を支払う義務があります。

納税は日本国民なら絶対に行わなければならない義務なので、くれぐれも納め忘れのないようにしましょう。

ちなみに、仮想通貨トレードで得た儲けは雑所得として申請する必要があります。

会社員の方なのか主婦の方なのかなど、自分の属性によっても税率は変わってくるので間違えないように確認を行いましょう。

まとめ

海外仮想通貨取引所 レバレッジ まとめ

日本の仮想通貨取引所では、基本的にレバレッジを2倍までしかかけることができません。

一方、海外仮想通貨取引所の場合はレバレッジの規制がかなり緩いため、多くの業者で2倍以上のレバレッジをかけることができます。

中でも特に高レバレッジトレードができると評判なのは、キャンペーンボーナスや仮想通貨FXにかなり力を入れているBitterzです。

Bitterzでは最大888倍までレバレッジをかけることができるので、少額しか資金を用意できなくても十分な利益を得られる可能性があります。

口座開設ボーナスキャンペーンを頻繁に開催している業者なので、気になる方はぜひBitterzの公式サイトをチェックしてみてください。

「海外FX業者 ボーナス」まとめ
  • 海外業者では日本基準をはるかに超えた高倍率でレバレッジ取引ができる
  • 国内業者は採用していないゼロカットシステム借金ゼロ!
  • レバレッジ倍率重視で選ぶなら取引コスト取扱通貨にも気を付けよう
  • レバレッジの高さで選ぶなら「Bitterz」が一番おすすめ!
Bitterz

\Bitterz公式サイトはこちら/