イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」が8月4日実施予定

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • イーサリアムの「ロンドン」アップデート実施予定
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーキング)移行の足がかりになる
  • 何事もなければ2021年8月4日に実施予定

ETH

今年最大のイーサリアムアップデートが迫る

イーサリアムの開発者であるTim Beikoは、プロトコルの「ロンドン」アップグレードを2021年8月上旬に開始することを示唆しています。

GitHubに公式提案書を掲載するとともに、以下のように語っています。

このプルリクエストは、ロンドンのネットワークアップグレードのメインネットの起動用ブロック12965000を提案します。

このブロックのETAは、2021年8月4日の13:00 UTCから17:00 UTCの間になるはずです

8月4日には、メインネットと互換性のあるクライアントのリリースを発表し、インフラ・プロバイダーやノード・オペレーターがアップグレードできるようになるでしょう」。

ロンドン、供給、そしてイーサリアム

今回の「ロンドン」アップデートは、イーサリアムを現状の「プルーフ・オブ・ワーク」のコンセンサスアルゴリズムから「プルーフ・オブ・ステーキング」へと移行させるための一歩となります。

後者は、コミュニティのユーザーがETHをノードにステークすることで、ノードがトランザクションを「検証」し、ネットワークにセキュリティを提供します。

この動きは、イーサリアムの中で最も期待されている機能の一つです。

このアップデートにより、取引の迅速化、手数料の低減、セキュリティの向上などのメリットが得られます。

またETHは、より多くのETHがネットワークに「ステーク」されることで、継続的に「減少」していきます。

これにより、市場の力学(少ない供給と増加する需要)が加わり、投資家や保有者にETHが上昇する可能性をもたらします。

「ETH 2.0」と呼ばれるアップデートの初期ステージは昨年に始まっており、すでに600万ETH(記者発表時には130億ドル)以上を保有しています。

BeikoはTwitterで、何事もなければアップグレードは8月4日に実施されると明言しています。

リップルちゃんのざっくりまとめ

イーサのロンドンアップデートが来月上旬に開始するよ、というお話。

監修者リップルちゃん

さすがに楽しみですね。

監修者リップルちゃん

しゃべることなくなりました。

監修者リップルちゃん

リップルもがんばれ。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 title