日本政府が2022年末にデジタル円発行の可能性を明かす

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • 日本政府の担当者は2022年末までにデジタル円を発行する可能性を明言
  • 既存の金融市場にもたらす影響値を調整している
  • 2021年4月にはCBDC実験の第1段階が行われている

 

BTC

日本政府の担当者がCBDC発行について語る

最近、アジア大陸では、ビットコインやマイニングをはじめとするデジタル通貨に関する動きが活発です。

その中には、世界で最も技術的に進んだ国の一つとされている、ここ日本も含まれています。

最近の仮想通貨の動きは、日本のの金融業界にも影響を与えています。

中国等の最先端国に比べて見劣りするものの、日本おいてもさまざまなオンライン決済手段を提供する銀行以外の事業者が増えており、すでに大きな変化を迎えています。

自民党デジタル通貨グループの村井秀樹氏はロイターの取材に対して次のように述べています。

来年末頃には日本でのCBDCがどのようなものになるのか、政府が明確に把握できるようになる。

この状況が伝統的な金融機関とオンライン決済プラットフォームの運営者との間で摩擦を引き起こす可能性があるります。

日本におけるCBDC発行、懸念は?

上記に加え村井氏は、CBDCの構造や金融機関への影響が不透明であることから、CBDCの発行を直ちに決定することはないと述べました。

また、日銀に関する問題にも触れています。

日銀は2021年4月、デジタル通貨の中央銀行(CBDC)の実験の第1段階を開始し、来年に向けて第2段階の準備を進めていると報じられています。

日銀がCBDCを発行すれば、日本の金融システムに強い影響を与えます。

村井氏によれば、デジタル円が民間のビジネスを駆逐したり、障害になりうるかどうかが論点とされています。

はさらに、中国がデジタル人民元の発行を急速に進めていることに警戒を指名しています。

日銀はデジタル人民元と他の先進国のCBDCとの互換性を確保すべきだと飲み方を示しています。

リップルちゃんのざっくりまとめ

日本のCBDCについて、担当者のインタビューが公開されたよというお話。

監修者リップルちゃん

2022年末というと、現在から1年半ぐらいですね。

監修者リップルちゃん

東京オリンピックの残り香が漂っているうちに勝負をつけたいところ。

監修者リップルちゃん

各国の動きも協調とまでは行かない現状、日本がアジアのリーダーとしてどう振る舞うかに注目です。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 Japanese Authorities Have Called End of 2022 “clearer” for Future of Digital Yen