パウエルFRB議長のインフレ予測を受けるも、ビットコイン価格は大人しい推移

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • インフレ率は2008年以来の高水準
  • FRBのパウエル議長は、世界経済のインフレが長期化すると予想
  • これに対しBTCの価格は安定した推移
  • BTCの価格がインフレを織り込んでいると見られる

診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

FRB議長がインフレ長期化を予想するもBTCは無風

インフレ率は2008年以来の高水準にある。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、直近のインフレ率の上昇要因をパンデミックからの脱却による一時的なものだと考えている。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、それが収まると信じている一方で、現在の水準で長期化するか、さらに悪化する可能性があることを認めました。

パウエル議長は、2日間にわたる連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の記者会見で、次のように述べています。

「パンデミックからの復旧が進むにつれ、需要の変化は大きく急速になる可能性がある。

そして、ボトルネック、雇用困難、その他の制約により、供給の迅速な調整が引き続き制限される可能性がある。

インフレが我々の予想よりも高く、より持続的なものになる可能性が高まっている。」

このコメントに対して、ビットコインの価格はほとんど変化していません。

BTC-CHART

 

これは、多くの人がビットコインをインフレヘッジと見なしており、すでに価格にインフレを織り込んでいる可能性あるのです。

事実、インフレは数ヶ月前から進行しており、2021年4月の米国消費者物価指数は昨年同月比で13年ぶりに最大の上昇率を示しました。

インフレを受け米国金利の引き上げが予想される

米国の通貨供給量を管理する連邦準備制度(FRB)は、長期的なインフレ率の目標を2%としています。

インフレはドルの購買力を低下させますが、適度なインフレは理論的には短期的な雇用促進につながります。

しかし、長らく目標の2%を下回っていたインフレ率は現在、その水準を大きく上回り、2021年5月の消費者物価は前年同月比で5%上昇。

これに対し、中央銀行はインフレ抑制のために金利を引き上げる必要に迫られる可能性があります。

現在、18人の当局者のうち13人が、2023年末までに短期金利を引き上げると予想しています。

仮想通貨推進派 VS FRB

ビットコインの支持者たちは一般的に、FRBに警戒の目を向けています。

BTCの総数の上限が2100万枚であることから、ビットコインはデフレ傾向にあります。

理論的には、このまま普及が進めば購買力が高まる仕組みになっています。

2021年初めの「Bitcoin 2021」カンファレンスに登壇した共和党のウォーレン・デビッドソン下院議員と、同じくシンシア・ルミス上院議員は、FRBの拡張的な金融政策に噛みつきました。

デビッドソン議員は、FRBがコロナ不況に対し数兆ドルを市場に投入したことについて、DOGEの豊富な供給量に絡めて皮肉りました。

「FRBは基本的に米ドルをドージコインで賄っている。」

FOMC(連邦公開市場委員会)の市場予想は楽観的

一方、FOMC(連邦公開市場委員会)はインフレが継続・悪化するとは考えていません。

FOMCは2021年6月17日の声明で次のように述べ、楽観的な姿勢を示しています。

「インフレ率は上昇しているが、これは主に一過性の要因を反映したものだ。

全体的な金融情勢は緩和的である。」

リップルちゃんのざっくりまとめ

昨日の反省を活かし、今日は少々骨太に。

監修者リップルちゃん

ワクチンの投入で沈静化しつつあるコロナショック。

監修者リップルちゃん

再び動き出した経済と、うねりだす社会、そして襲来する仮想通貨。

監修者リップルちゃん

いまのところ仮想通貨はやや大人しくしているように見えますが、いつ咆哮をあげないともわかりません。

監修者リップルちゃん

FRBにとって頭痛の種であることは間違いないでしょう。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 Bitcoin Price Steady as Fed Chair Powell Says Inflation Could Go Higher

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ