世界の富裕層はビットコインと仮想通貨の壮大な計画を練っている?

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • アナリストは「世界の富裕層は仮想通貨に関する壮大な計画を練っている」と語る
  • 世界最大の資産管理会社であるBlackRockと、仮想通貨への取り組みを取材している

人気仮想通貨YouTubeチャンネルでの大胆予想

BTC-CHART

広く支持されているアナリストのTyler Swope氏は、世界の富裕層はビットコインと仮想通貨に壮大な計画を練っていると予想しています。

人気仮想通貨YouTubeチャンネルのChico Cryptoは、8兆7600億ドルの運用資産を持つ世界最大の資産管理会社であるBlackRockと、彼らの仮想通貨業界への最近の動きを取り上げています。

Swope氏は、投資銀行のBlackRockが仮想通貨を受け入れたことは、市場に大きな出来事が起こる兆候だと語っています。

「なぜこの強気の動きを続けなければならないのか?

世界で最も裕福な人々と、世界で最も多くの資金を管理している人々の最も強力な地位によって、BTCの波が煽られているのです。

デリケートな世界の舞台で意思決定をしている人々に何兆円ものお金が流れているのです。」

ブラックロックの黒い話

アナリストは、ブラックロックの最高投資責任者であるリック・リーダーのコメントに注目しています。

彼は、同社がビットコイン事業に着手したことを明かし、BTCはポートフォリオとして受け入れられるまでに進化した、と述べています。

Swope氏は、複数のブラックロックの幹部がバイデン政権で経済政策の要職を与えられている事実にも言及しています。

動画の中では、ブラックロックがビットコイン・マイニング業界に深く関与していると指摘しています。

そしてそれは同社戦略責任者であるマーク・ウェイドマンが語った「持続可能な投資のグローバル・リーダー」という社是と合致していると付け加えています。

Swope氏によると、ブラックロックはマラソン・デジタル・ホールディングスの一部を支配し、持続可能なビットコイン・マイニングをめぐる話題を利用している可能性があるし、次のように語っています。

「ブラックロックでは、持続可能性とビットコイン・仮想通貨通貨という2つの物語が形成されているのです。

マラソン社とのBTCマイニング事業は、この2つの手が衝突していることを示しています。

このことは、新しいマイニングマシンでハッシュパワーを向上させ、テキサス州にマシンを移動して再生可能技術で電力を供給し、稼働時には事業を70%カーボンニュートラルにすることと結びついています。」

マラソン・デジタル・ホールディングス
米国最大のビットコイン・マイニング企業。

マイケル・セイラー氏のビットコイン・マイニング・カウンシルのメンバーでもある。

Swope氏は、大半の人が知り得ない仮想通貨産業の情報をBlackRockが掴んでいるかもしれないと推測しています。

リップルちゃんのざっくりまとめ

ブラックロックが黒い?そんなん誰でも知ってるよ、というお話。

監修者リップルちゃん

全く具体性の無いニュースなので不本意ですが、ピンとくるニュースがない方が悪い。

監修者リップルちゃん

嘘です、明日から本気出すので許してくだしあ(半目半裸で息絶える)。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 World’s Wealthiest Have Big Plans for Bitcoin and Crypto: Top Analyst Tyler Swope