フォックスが新スタジオを設立、番組ベースのNFTを作成予定

仮想通貨ニュース

は、Blockchain Creative Labsを設立し、同ネットワークの番組をベースにしたNFTを作成します。

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • アメリカのFox EntertainmentがNFT発行のためのスタジオを設立
  • 広告主と作品のファンが直接つながる環境の構築が目的
  • デジタルグッズの販売やイベントなどを予定している
ビットフライヤー海外送金

診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

FoxがNFTに参入、その目的は

「ザ・シンプソンズ」や「リック&モーティ」などの作品で知られるエンターテインメント会社、Fox。

21st Century Foxの子会社として設立され、現在ではディズニーによって運営されています。

同社のCEOは、所有する知的財産をベースにしたNFTを作成するために、Blockchain Creative Labsを設立すると発表しました。

Foxのマーケットプレイスでは何ができる?

Foxによれば、このマーケットプレイスで以下のようなサービスを提供するとしています。

  • 一点物のデジタルグッズの販売
  • ソーシャルを用いた報酬獲得スキーム

一点もののキャラクターや背景アートのNFTやGIFなどのデジタルグッズでスーパーファンの関心を引き、報酬を与えるための限定的なソーシャル体験を提供するトークンなどをキュレーションし、販売する予定です。

NFTスタジオのデビューは、「Rick and Morty」や「Community」の生みの親であるダン・ハーモン氏が指揮を執る新アニメシリーズ「Krapoplis」のプレミアに合わせて行われます。

FoxのCEOはNFT参入の目的について次のように語っています。

広告主を重視し、アーティストを第一に考え、アニメーションにこだわる企業として、フォックスは広告主をNFTを含むブロックチェーンを利用したトークンの世界に連れて行こうとしています。

また、ダンのシリーズは、現在『クラポポリス』と名付けられていますが、これはブロックチェーン上で完全にキュレーションされた史上初の作品となります。

そして、私たちが自分たちのアニメーションのためにやっているように、あなたのブランドがNFTを通じてファンや愛好家と直接つながることも支援します。

NFTってそもそも何?

NFTは、ブロックチェーン上に存在するユニークなデジタルトークンです。

デジタルまたは物理的なアートワーク、音楽、またはNBA Top Shotビデオの「瞬間」などのデジタルコレクティブルに関連付けられた所有権証書として使用することができます。

DappRadarによると、2021年の第1四半期に、NFT市場は15億ドルの売上を記録しました。

視聴者の細分化が進み、従来のテレビの視聴率が低下する中、Foxは自社の資産から可能な限りの利益を引き出す方法として、NFTに注力しています。

企業やアーティストのNFT参入が加速し、著作権問題が噴出

今年のNFT市場の盛り上がりを受けて、個人アーティストとメディア企業の参入が続いています。

それに伴い、著作権に関する議論も熱を帯びている状況です。

3月には、独自のNFT販売を検討していたDCコミックス社が、アーティストに向けて次のように警告を発しました。

DCの出版物のためにレンダリングされたものであれ、DCとの契約範囲外でレンダリングされたものであれ、NFTの有無にかかわらず、DCの知的財産を含むデジタル画像を販売のために提供することは許可されませんのでご注意ください。

一方、2月には、マーベルのアーティストがPortion.ioでNFTの販売を開始しましたが、これもマーベルの明確な許可を得ていない可能性があります。

著作権の問題を抱えているNFTですが、そのリスクを取ってでもフォックスは時代に先行しようとしています。

NFTに大手企業が参入してるよーというお話。

監修者リップルちゃん

「リック&モーティ」は私も知ってるぐらい大バズ作品ですし、世界観もNFTと合いそうだなーと言うのは漠然と感じますね。

監修者リップルちゃん

間接的にではあるものの、ディズニーが仮想通貨に関わっているのが興味深いです。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 Fox to Create NFT Studio to Promote ‘Rick and Morty’ Creator’s New Show

bfポップアップ