承認されれば米国初の仮想通貨ETFに|VanEck(ヴァンネック)がイーサリアムETFをSECに申請

仮想通貨ニュース

今日の仮想通貨ニュースをざっくりいうと
  • 資産運用大手のVanEckがSECにイーサリアムETFを申請
  • カナダでは2021年5月に取り扱いが始まっている
  • 米国でも仮想通貨ETF開始に向けたレースが始まっている
ビットフライヤー海外送金

診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

米国で加速するイーサリアムETF開始の動き

資産運用会社のVanEck(ヴァンネック)は、米国証券取引委員会(SEC)に暗号化上場投資信託(ETF)の提案を提出しました。

カナダでは2021年5月に複数のETFに許可が出されており、イーサリアムの高騰を引き起こしています。

米国のSECにも申請が殺到しているものの、現時点では承認を受けたものは一件もありません。

隣国に水を開けられている状態の米国ですが、Van Eckの申請を皮切りにイーサリアムETF開始に向けた流れが加速すると想定されます。

Van EckはBTCのETFも審査の途中

Van EckはビットコインETFの申請も行っており、SECによる審査を受けている途中。

ビットコインETFの審査が完了するのに先んじて、イーサリアムETFの申請を行っています。

同社のビットコインETFについての回答は6月17日までに決定するか、期限を延長すると予想されています。

そもそも仮想通貨ETFとは?

ETFとは、ある資産(今回の場合はイーサリアム)を直接購入せずに投資できる金融商品です。

投資家は、ETHの価格を追跡するイーサリアムの株式版のようなものを売買することができます。

VanEck Ethereum Trustの株式は、イーサリアムの5つの取引所の価格を使って毎日計算されるとしています。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

仮想通貨ETFは何をもたらす?

仮想通貨ETFの普及はどのような影響を生むのでしょうか。

Van Eckは、出願書類(目論見書)の中で以下のように述べています。

本信託は、ETHを直接保有・譲渡したり、採掘したり、取引所から取得したりすることに伴う潜在的な技術的参入障壁やリスクを伴わずに、従来の証券口座を通じてETHの市場にアクセスする機会を投資家に提供します。

イーサのETFについてはこの記事でもご紹介したばかりですね。

監修者リップルちゃん

仮想通貨ニュース イーサリアムETFが1億3800万ドルのスタートを切る
カナダでの取扱開始とそのれによる高騰が記憶に新しい、というか継続中ですね。

監修者リップルちゃん

正直簡単な話ではありませんが、米国で承認された場合のインパクトはカナダの比ではないでしょう。

監修者リップルちゃん

VanEckは世界初の金ファンドを立ち上げたことで知られる投資会社。

監修者リップルちゃん

次世代の金に対して積極的に張っている感じが頼もしいですね。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事

VanEck Files for Ethereum ETF With SEC

Race for First Ethereum ETF in US Begins As VanEck Files Registration

bfポップアップ