DeFiとNFTのブームでMetaMaskのアクティブユーザー数が500万人を突破

仮想通貨ニュース

ざっくりいうと
  • MetaMaskのユーザーが過去6ヶ月間で500%増加
  • DeFiとNFTの活況が成長を後押ししている
  • 上記サービスの基軸であるイーサリアムも好調を維持

診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

MetaMaskの利用者が500%成長中

MetaMaskは、イーサリアムベースの暗号通貨ウォレットです。

2020年10月に100万人だったアクティブユーザーが、今月500万人を突破しました。

MetaMaskとは?基礎知識

MetaMaskは、トークンの鍵を保存できるウォレットを介して、イーサリアムのブロックチェーン上にある分散型アプリケーション(dapps)とのやりとりを可能にするブラウザ拡張機能とモバイルアプリを提供しています。

MetaMaskサイドは「過去6カ月間で経験した500%の成長は、DeFiとNFTの市場成長によってもたらされた」との見解を示しています。

NFTによるデジタルグッズのマーケットプレイスや、Uniswapのような暗号通貨を仲間と直接交換できる分散型取引所まで、さまざまなプラットフォームのハブとして機能しています。

NFTは、Non-fungible tokenの略で、所有権の契約として機能するユニークなデジタルトークンのこと。

一般的にはデジタルアートやバーチャルなコレクターズアイテム、さらにはMP3などをトークンして管理できます。

分散型金融(DeFi )は、 イーサリアムをベースにした構築されたプロトコルやプラットフォームを用いた、銀行やブローカーを介さない金融サービスの総称です。

CompoundやMakerDAOなどのDeFiプロトコルが、暗号通貨の貸し借りで利息を得ようとする人たちのスポットとなりつつあります。

データサイト「DappRadar」によると、1月から3月までのNFTの取引量は15億ドルに達しました。

MetaMaskは、「オンチェーンデータは、NFTがEthereumのエコシステム全体でユーザーに広く受け入れられていることを明確に示しています。実際、NFTへのアクセスは現在、MetaMaskにとってスワップに次いで2番目に人気のあるユースケースとなっています。」とも述べています。

MetaMaskは今後どう展開する?

インド、インドネシア、ナイジェリア、ベトナムなどの発展途上国で導入が進んでいることも、MetaMaskの成長を後押ししている要因です。

こうした発展途上国での採用が増えていることについて「これらの人々は、補助的な収入を得るため、あるいは長期的な投資を行うためにMetaMaskを利用するケースが増えています。多くの人々は、地元の銀行システムにアクセスできないため、貯蓄口座として機能する代替技術を必要としています」と述べています。

MetaMaskが新しい市場に参入し続けることができれば、次の500万人のユーザーをより早く獲得することができるかもしれません。

富の再分配は、ブロックチェーンの大義としての文脈で語られることの多いトピックですよね。

監修者リップルちゃん

嗅覚の鋭い人々にはポートフォリオとして、明日を憂う人々には駆け込み寺として。

監修者リップルちゃん

両端を一つに結び、新しい経済への進化を加速させるサービスとして、今後も存在感が強まっていきそうですね。

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事 DeFi, NFT Booms Send MetaMask Past 5 Million Active Users

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ