イーサリアムが史上最高値を更新。迫るアップデートと投資家の目に映る展望は

仮想通貨ニュース

ざっくりいうと
  • イーサリアム(ETH)が過去最高値を記録
  • 分散型金融(DeFi)とNFTによる需要拡大が要因
  • 世界から投資家の注目が集まるが、供給不足を懸念する声もある

イーサリアム(ETH)が過去最高値を記録

イーサリアム(Ethereum)は2021年4月19日週の下落から回復し、2,665ドルの史上最高値を更新しました。

先週、カナダで初のイーサリアムETF取引が開始されたことが上昇を後押ししています。

さらに、ETHの供給量を効果的に削減するイーサリアムネットワークの変更が予定されていることから、ホルダーは強気の姿勢を見せています。

BTCを超える成長を続けてきたイーサリアム

Ethereumの価格は2020年初頭から1,000%以上も急騰しています。

これに対して、ビットコインは約600%。

この躍進の理由は、通貨としての安定性に加え、分散型金融(DeFi)とNFTの両分野が発展してきたことにあります。

DeFiとは、ユーザーが仲介者を介さずにデジタル資産の貸し借りや取引を行うことができる金融商品群の総称。

イーサリアムが基軸通貨として活用される領域が活況を帯びてきたことで、更に需要が拡大しているのです。

世界から投資家の目が集まる中、更なるアップデートが控える

イーサリアムネットワークは7月14日に大きなアップデートを実施する予定です。

この事実も、イーサリアムの強気な相場の形成に寄与していることは間違いありません。

今回の「ロンドン」ハードフォークにより、Ethereum Improvement Proposal 1559(略してEIP-1559)の稼働開始が予定されています。

このアップデートは、現在過去最高となっているイーサリアムのガス(基本的にネットワーク上の取引コスト)の改善を目的としており、ガスの計算方法とネットワークの安全性確保や取引の検証を行うマイナーへの支払い方法が変更されます。

それに伴い、これまでマイナーに支払われていた一定量のETHが、代わりに「バーン」(=破壊)されることになります。

これにより、Ethereum上でスマートコントラクトを実行するためのコストを削減できると考えられています。

しかし、副作用としてETHの総供給量も減るため、ETHの需要が供給量を上回ることになると考えるアナリストもいます。

需要が供給量を上回る、ってことがどういうことだかは勘の良いみなさんならわかりますよね?

監修者リップルちゃん

近々イーサリアムちゃんに改名するかもしれません…。

監修者リップルちゃん

とはいえ、短絡的な楽観は失敗の元!ここ最近の下降した売り圧力と乱高下した価格変動に警戒しつつ、上手に立ち回っていきたいですね!

監修者リップルちゃん

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

記事監修者紹介
仮想通貨トレーダーリップルちゃん @Ripple_chandayo
リップルの情報を発信する仮想通貨系インフルエンサー。
Twitterを中心に2000名以上のフォロワーを持つ。
仮想通貨・FX投資で累計4桁万円の利益を出した経験をもとに、2019年4月より本サイト仮想通貨記事の監修を務める。

参照記事  Ethereum Hits Record Price as Potential Supply Crunch Looms