NEO(ネオ)の将来性や今後は明るい?技術や開発者なども詳しく解説。

「NEOって聞いたことがあるけど実際どうなの?」

と思っている方も多いでしょう。主要アルトコイン以外の情報はあまり多いとは言えず、どの情報を信じていいかわかりませんよね。

NEOは中国で生まれた仮想通貨で、中国版イーサリアムとして大変注目を集めています。

そこで、本記事では中国発の仮想通貨のNEO(ネオ)の将来性を中心に特徴や購入方法、チャートの動向について詳しくご説明し、NEO(ネオ)に投資して良いのかというとこまで深掘りしていきます。


診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

NEO(ネオ)とは?

neo画像

NEO(ネオ)の基本情報をご存知ですか?

簡単な技術や概要だけ知っていても、今後の投資には不安が残りますよね。

ここでは、NEO(ネオ)の将来性や特徴を知り前に知っておきたい、ネオとは?をより詳しく、そしてわかりやすくご紹介していきたいと思います。

仮想通貨NEOの基本情報

元は、アントシェアーズ(Antshares)と言われ、その後NEO(ネオとして2015年にICOが開始されました。

NEO(ネオ)は「Onchain」という中国企業が開発した仮想通貨で2016年10月に取引が始まりました。

ブロックチューン技術を基盤としていて中国のみならず、世界中で人気を誇っています。

NEO(ネオ)の最大の特徴としては「スマートコントラクト」と呼ばれる機能です。

金銭の取引だけでなく取引中の契約文面もすべて記録する画期的なシステムを搭載しています。

イーサリアムと共通する部分が多いのが、NEO(ネオ)の特徴ですので、その理由についてもみていきましょう。

運営会社「Onchain」について

NEO(ネオ)の運営には様々な大手企業がかかわっています。

Onchainという中国のスタートアップ企業が開発した通貨で、現在はアリババなどの大手企業とも提携している信用度が高い仮想通貨です。

また、オープンソースのブロックチェーンコミュニティに中国のブロックチェーン企業の中でもいち早く参加しました。

Onchainは、富士通、MUFGなどの30社以上と提携し、ブロックチェーン基盤の技術の開発を行っています。

NEOの開発者・開発チーム

Onchain と呼ばれる2014年にスタートしたスタートアップ企業が開発していて現在は大手企業と提携している信頼度の高い仮想通貨です。

ここでは、詳しく開発チームや創業者についてご説明します。

Da Hongfei(NEO Founder)

経歴

南中国工科大学を卒業後、IntPass ConsultingでCEOを務める。2014年に、NEOの前身であるアントシェアーズ(Antshares)を開発する。その後、NEOの開発会社であるOnchain社を創業した。

Erik Zhang(NEO Co-founder)

経歴

コンピュータ・サイエンス学科で上海大学を卒業する。NEOのプログラミングを担当し、大部分をになっている。

NEOのロードマップ

NEO(ネオ)は、定期的にこれまでアップデートやロードマップを発表しています。

NEO 3.0が、2019年に発表されました。NEO 3.0のアップデートでは、商用アプリケーションに対応するソリューションが追加されました。

「NEO 3.0」のアップデートは、2020年第2四半期の実行が予定されています。そのため、今後、注目を集めています。

NEO(ネオ)の将来性・今後の考察

NEO(ネオ)の将来性・今後の考察

NEO(ネオ)の今後の将来性についての考察を解説していきたいと思います。

リスクや今後の動きなどを見ていきましょう。

イーサリアムよりも処理速度が優れている

NEO(ネオ)の優れている点はたくさんあります。

その中でも、処理速度は非常に早いことが知られています。

イーサリアムが1秒間に15件処理するのに対しネオは1秒間に1000件処理するという非常に速い処理速度を持っています。

このように、トランザクションの処理については、イーサリアムより優れた点を持っている通貨なのです。

多くのプログラミング開発言語に対応している

NEO(ネオ)は色々なプログラミング言語に対応しており開発者が慣れたプログラミング言語で書くことができます。

そのため、今後の発展に期待ができるといった優れた点があります。

今後より中国市場で規制される可能性

ネオは中国発の仮想通貨の為中国の状況によって大きく変動する可能性があるでしょう。

中国が仮想通貨に対してどのような規制をかけてくるかによって大きく変動します。

リスクが十分にあることを把握しておくべきでしょう。

中国版イーサリアムである

仮想通貨イーサリアムと性能や特徴が似ていることからもネオは中国版イーサリアムともいわれています。

イーサリアムの改良版がこのネオともいわれており非常に共通点が多いことも特徴の一つとされています。

中国の大手企業と提携している

中国政府と深いかかわりがあるデジタルIDサービスのTHEKEYというサービスが稼働しています。

政府とも関りがある仮想通貨の為非常に今後の期待が持てる仮想通貨ですね。

NEO(ネオ)の知っておきたい特徴

NEO(ネオ)の知っておきたい特徴

ここからはNEO(ネオ)の知っておきたい特徴について触れていきたいと思います。

NEO(ネオ)を購入する上で押さえておきたい特徴を見ていきましょう。

NEO独自の認証アルゴリズム「DBFT」を採用

コンセンサアルゴリズムという取引の承認方法においてNEO(ネオ)は独自のDBFTというものを使用しています。

これは承認時の不正防止などに役立ち、トークンなどを受け取れるなど他の仮想通貨と違った特性があります。

スマートコントラクトを実装済み

スマートコントラクトと呼ばれる契約に関する行動をプログラム化し取引を自動化する仕組みを備えていることもNEO(ネオ)の大きな特徴です。

ブロックチューンが自動で書き込まれるため第三者による改ざんができないようになっていて安全な取引が可能な仮想通貨です。

NEO(ネオ)のサブトークン「GAS Token」

NEO(ネオ)を保有しているだけでも受け取ることができるガストークンと呼ばれるものがあります。

これは取引時の手数料などとしても利用することができ、ほかにもGASの取引所などで取引もできるためお得なものです。

NEOをプラットフォームにアプリ開発ができる

NEOをプラットフォームとして、アプリなどを作ることが可能です。

NEOを利用して、ブロックチューン技術を利用したアプリやゲームなどの開発も可能になっています。

このように、実用性が高いこともNEOの価格高騰が気合いされる要因となっています。

NEO(ネオ)が売買できる取引所

NEO(ネオ)が売買できる取引所

ネオは現在まだ国内では取り扱いがありません。

そのため、海外の取引所でなければ購入することができません。

NEO(ネオ)を安全に取引できるように、信頼性の高い取引所で取引を行うことが大切です。

ここでは、CryptoMediaがおすすめするNEOが取引できる取引所をご紹介いたします。

BINANCE(バイナンス)

binance

取引所名 バイナンス
取り扱い通貨数 150以上
手数料 テイカー・メイカーどちらも記載
所在地 マルタ
アプリ あり
日本語対応 現在はなし
公式ツイッター あり

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所としても有名な取引所です。

カードなどの利用も可能で取引サービスが非常に充実しています。

またレバレッジを最大で125倍までかけることができ、非常に大きな取引が可能な点でも魅力的です。

日本語はかつて対応していましたが現在は免許がなく対応していませんが、簡単な英語だけの為慣れてしまえば利用は簡単です。

専用のアプリもあるので利用が簡単にできます。

BITFINEX(ビットフィネックス)

bitfinex

取引所名 ビットフィネックス
取り扱い通貨数 200種類
手数料 テイカー・メイカーどちらも記載
所在地 香港
アプリ あり
日本語対応 無し
公式ツイッター あり

もう一つは香港に拠点があるビットフィネックスです。

取り扱い仮想通貨は、200種類以上の仮想通貨に対応していてこちらも世界最大規模の取引所です。

手数料が非常に安いというメリットがあり、初めて海外の取引所を扱う方にはオススメな取引所といえるでしょう。

デメリットとして挙げられるのは出金に時間がかかるという点が挙げられます。

ビットフライヤー海外送金

NEO(ネオ)の購入方法

BINANCE(バイナンス)

BINANCE、BITFINEXでは日本円に対応していないため一度ビットコインに換金してから取引所でネオを購入する必要があります。

それは、どこの海外取引所でも同じことです。1度海外取引所へ入金すると、慣れますのでまずはウォレットや国内取引所から海外取引所へ送金してみましょう。

国内の取引所でしか取引したことがない方にとっては難しく思えるかもしれませんが、慣れれば簡単なので難しくはないでしょう。

NEO(ネオ)の将来性まとめ

NEOの将来性について、しっかりと理解できたでしょうか。

NEO(ネオ)の基本情報や特徴について触れましたが、将来性を考えても、とても期待が集まる仮想通貨となっています。

NEO(ネオ)は、中国産のイーサリアムと言われ、今後も期待される仮想通貨です。投資や取引を考えている方は、ぜひBINANCEを利用してみてください。

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる