Tether(テザー/USDT)の購入方法・取引ガイド|基本情報から将来性までわかりやすく解説!

仮想通貨といえばビットコインやイーサリアムのように価値の変動は激しいけど、その分一攫千金のチャンスがあるというイメージがあると思います。

そういった仮想通貨と真逆の性質を持つのがステーブルコインと言われる仮想通貨で、ステーブルコインはドルなどの法定通貨と連動しているため安定して利益を得ることができます。

そのステーブルコインの中でも有名なのがTether(テザー)と言われている仮想通貨で、近年では価値をどんどん上げています。

そのため、イーサリアムなどと並ぶのではと言われています。

この記事では、注目を浴びているTetherのことやTetherの購入方法を中心に説明していきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • Tether(テザー)のこと
  • Tetherの将来性
  • Tetherを購入/売買できる取引所
  • Tetherの購入方法【BINANCE編】
  • Tetherを購入する時の注意点

Tether(テザー/USDT)とは?

Tether (USDT)

通貨名 Tether(USDT)
公開日 2015年2月
発行上限枚数 なし
取引認証システム OMG Network
公式サイト https://tether.to/
Tether(テザー)とは、略称はUSDTで、Tether Limited社が管理しているドルに固定されたペッグ通貨です。

ペッグ通貨とは、他の通貨の価値と連動している通貨のことを言います。

Tetherは、2018年2月13日時点で時価総額は24.6億ドルに達し、仮想通貨の中で時価総額世界17位にあたります。

Tetherの場合は、発行されたTetherとTether Limited社が保有しているドルの数を同じにすることで価値を保つという仕組みになります。

Tetherでは、ブロックチェーン技術を用いて、普通の法定通貨にはない利便性や機能性を実現しようとしています。

ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは、価値が安定するように作られた通貨のことです。

ビットコインなど一般的な仮想通貨は、ドルや円といった法定通貨と比べると価格変動がとても大きいため、投機の対象としてはいいですが、実用化は難しいと言われています。

今後、仮想通貨が実用化に向けて一般に普及するために価値の安定は大きな課題の一つとして挙げられています。

ステーブルコインはそのような課題を解決する仮想通貨として期待されています。

ステーブルコインの役割

ステーブルコインの役割

ステーブルコインの役割は、先ほども述べたように実用化に向けて、価値が安定している仮想通貨を作るという目的で作られました。

価値が安定しているステーブルコインの中でもいろいろと種類があるので、ここでいくつかご紹介します。

一番オーソドックスなのが、法定通貨担保型のステーブルコインです。

法定通貨担保型のステーブルコインは、その名の通りドルや円といった法定通貨を担保にするステーブルコインです。

法定通貨担保型のステーブルコインでは、法定通貨との交換比率を固定化することによって価値の安定化を目指しています。

その他には仮想通貨担保型と無担保型とあります。

仮想通貨担保型は特定の仮想通貨を担保にするステーブルコインで、仮想通貨なので非中央集権的な管理であるため価値は安定していないですが、その分大きな利益を得るチャンスは法定通貨担保型よりもあります。

無担保型は法定通貨や仮想通貨を担保せず、通貨の供給量を自身で調整することによって法定通貨と同じ値動きを試みるステーブルコインです。

Tether Gold(テザーゴールド)とは?

Tether Gold(テザーゴールド)とは、テザー社が新たに発行したもので、スイスの金庫室に保管されている現物のゴールド(金)に連動する仮想通貨のことです。

Tether Goldの略称は、「XAU₮」です。

大手仮想通貨取引所のBitfinex(ビットフィネックス)は、Tether Goldを先物取引を始めました。

TetherとTether Goldの取引ペアは、最大で100倍のレバレッジが可能だそうです。

Tether(テザー/USDT)の将来性/今後

Tether(テザー/USDT)の将来性/今後

Tether(テザー)の将来性は、ビットコインなど他の仮想通貨と比べると、投資の対象としてはあまり期待はできないかもしれません。

なぜなら、Tetherは米ドルと連動するペッグ通貨であるため大きな価格の変動がほぼなく、安定した利益を得られますが、その分大きな利益を得るのは難しいです。

しかし、Tetherは仮想通貨市場の基軸通貨として扱われていたり、機能としての将来性は高く、とても画期的な仮想通貨という評価もされています。

また、Tetherは価格変動リスクがとても少ないので、安心して送金することができます。

法定通貨と価値を担保されている

Tether(テザー)は、先ほども述べたように米ドルや日本円などの法定通貨と連動しているため法定通貨と同等の価値を持っています。

Tetherを管理しているのはTether Limited社という会社で、Tether Limited社がProof of Reserves(PoR)というシステムにより新規のTetherを発行しています。

このシステムは、Tether Limited社に法定通貨を預けると同額のTetherが発行され、逆にTether Limitedから法定通貨を引き出す時にはTetherを入金すると引き出すことが出来るという仕組みになります。

投資家によっては自身の資産をTetherに替えておくことはビットコインなどの仮想通貨の価格が暴落した際の逃避先として担保になります。

しかし、Tetherの購入には注意点もあります。

Tetherは仮想通貨の中でも中央集権的な管理であるため、管理しているTether Limited社が破綻したり、ハッキングされるなどの危険性もあります。

また、法定通貨と連動しているものの完全に値段が連動している訳ではないので、仮想通貨全体の急落の影響などで一時的に価格が大きく下落することもあるかもしれません。

最も時価総額が高いステーブルコインである

Tether(テザー)は、ステーブルコインの中で最も時価総額の高いステーブルコインです。

実際にステーブルコインの成長の要因はテザーによるもので、ステーブルコインの供給量全体のほぼ90%を占めています。

取引所でドルなどの法定通貨もしくはビットコインとのペアでアルトコインを扱っており、ペアのアルトコインで人気なのがイーサリアムでした。

しかし、最近では法定通貨やビットコインとのペアとして好まれるのはTetherなどのステーブルコインだそうです。

ステーブルコインがペアとして人気な理由としてはその安定性にあります。

ステーブルコインは価格がとても安定しているため、取引ペアとしてビットコインよりも優位であり続けます。

ステーブルコインの安定性によって、投資家が安心して自身の資産を保有し、取引の流動性ツールとして使います。

Tether(テザー/USDT)が購入/売買できる取引所5選

Tether(テザー/USDT)が購入/売買できる取引所5選

ここまでTetherのことや将来性などについて紹介してきました。

仮想通貨は価値の変動が大きすぎて、手がなかなか出せないという方にTetherはおすすめの仮想通貨です。

しかし、Tetherはまだまだメジャーな仮想通貨ではないため国内では取り扱っているところはそんなにありません。

ここではTetherを購入もしくは売買できるおすすめの海外の取引所を5つご紹介します。

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCE(バイナンス)は、2017年7月にジャオ・チャンポンによって中国で誕生した「世界一の仮想通貨取引所」と称されるほどの取引所です。

BINANCEは登録者数や取引高の数が世界一の多さを誇ります。

BINANCEの特徴は手数料の安さと取り扱っている仮想通貨の種類の豊富さです。

BINANCEの手数料は0.1%と破格の安さで、BINANCEが発行しているBNB(バイナンスコイン)で支払うとさらに割引になります。

取り扱っている仮想通貨の種類は1,000種類以上で、Tetherの取扱高が一番多いのもBINANCEです。

BITFINEX(ビットフィネックス)

bitfinex

Bitfinex(ビットフィネックス)は、2012年に設立された香港を拠点とする仮想通貨取引所です。

Bitfinexの特徴はビットコインの取引量が世界一で、過去にはビットコインのドル建ての取引高世界一位を記録したことがありそうです。

また、Bitfinexではレンディング取引という自分が保有している仮想通貨を貸し出して利益を得る取引ができるのも魅力の1つです。

Bitfinexはビットコインに力を入れている取引所ですが、Tetherなど他の仮想通貨もいろいろと取り扱っています。

Bittrex(ビットレックス)

Bittrex(ビットレックス)

Bittrex(ビットレックス)は、ビットコインとTetherを中心に200種類以上のアルトコインを取り扱っているアメリカの大手仮想通貨取引所です。

Bittrexの特徴は、フリーマーケット方式でユーザー同士で仮想通貨の売買をできるところです。

ユーザー同士での取引量が増えることで取引所の収益が上がり、ユーザー側も取引所が間に入ってくれているため安心して取引を行うことができます。

また、ビットコインなど有名な仮想通貨だけでなくTetherにも力を入れていて、2017年11月には、Tetherの取引の全体の約25%がBittrexで行われていたそうです。

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)は、ビットコインやイーサリアム、モネロを中心に取り扱っているアメリカの大手仮想通貨取引所です。

Poloniexの特徴はビットコインなどの有名どころの仮想通貨をメインで取り扱っていますが、草コインというマイナーな仮想通貨を取り扱っているところです。

PoloniexはTetherにも力を入れていて、2017年11月時点でTetherの取引の全体の30%以上を占めていました。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTC(ヒットビーティーシー)は、2013年に立ち上げられたヨーロッパを拠点とする仮想通貨取引所です。

HitBTCの立ち上げには、ソフトウェア開発者や金融専門家に加え、経験豊富なトレーダーなども中心になって立ち上げられました。

運営はHitTech Limitedという会社で、現在はシカゴに拠点を置いています。

HitBTCは名前にBTCと付いているぐらいなので、ビットコインをメインに取り扱っていますが、Tetherなどその他の仮想通貨も取り扱っています。

Tether(テザー/USDT)の購入方法【BINANCE編】

Tether(テザー/USDT)の購入方法【BINANCE編】

BINANCEでの購入手順

STEP.1
アカウントの作成
BINANCEのアカウントを持っていない方はまずはアカウントを作成しましょう。アカウントをお持ちの方はそのままログインしてください。 
STEP.2
本人確認の手続きと口座開設
アカウントを作成した方、またはすでに持っていてログインされた方はマイページの「Submit Verification Document」をクリックしてください。そうすると画面が変わってPersonal(個人)とEnterprise-levelが出てくるので、「Personal」を選択してください。
STEP.3
銀行振込で購入
ドルを発行元のプラットフォームに送金することでTetherを購入することができます。
STEP.4
VISAまたはMastercardカードで購入
現在、クレジットで直接Tetherを購入することはできないですが、ビットコインなどはBINANCEでクレジットで買えるので、ビットコインをTetherに変えれるのでそういった方法で買えます。

テザーを購入するために!BINANCEへの登録方法

STEP.1
公式サイトにアクセス
まずはBINANCEの公式サイトにアクセスして、新規登録を行いましょう。上の画像の「Register」をクリックすると新規登録の画面に移ります。

また、BINANCEの公式サイトですが、似たような偽サイトがあるためURLなどをちゃんと確認しましょう。 

STEP.2
必要事項を記入
登録画面 BINANCEに未登録の場合は新規アカウントを開設して、認証を行う必要があります。画面の指示通りに必要事項を入力すれば初期登録が完了します。

BINANCEはメールアドレスとパスワードだけでアカウントを作成できるので手軽に登録が行えます。万が一BINANCEを退会する時にメールアドレスとパスワードは必要になるので必ずメモをしておきましょう。

STEP.3
登録を完了させる
登録が一旦完了すると上の画像のような画面が表示されます。現段階ではまだ完全に登録が完了していないのでこの後に送られてくるメールにURLがあるので、そちらから入って登録を完了させましょう。
STEP.4
メールを確認して承認
メールにてURLが送られてきます。そちらにアクセスして登録を完了させましょう。
STEP.5
2段階認証の設定
登録を完了させると2段階認証をBINANCEの運営から勧められます。2段階認証は任意ですが、セキュリティの面を考えるとやっておいたほうがいいでしょう。

Tether(テザー/USDT)を購入する時の注意点

Tether(テザー/USDT)を購入する時の注意点

ここまでTether(テザー)のことや取引所などを紹介してきました。

仮想通貨は当たれば大きいけど、価値が変わるのが激しいため怖くて手を出せないという方もTetherは魅力的に思われたかと思います。

Tetherをはじめ仮想通貨はハッキングなどのトラブルもあるため、実際に買ってみようという方に知っておいてほしい注意点がいくつかあります。

そこで、ここではTetherを購入する時の注意点をいくつかご紹介します。

送金時の送金ミスに注意

Tether(テザー)に限らず、仮想通貨を送金するときは送金ミスがないように気をつけてください。

よくあるのが「ウォレット」と呼ばれるソフトウェア上の財布や金庫に自分のお金を写す時や、取引所に入金したりする時に送金ミスが発生します。

こういった送金ミスの原因として挙げられるのが送付先のアドレスの打ち間違いです。

通常、仮想通貨にはビットコインにはビットコインのアドレス形式、イーサリアムにはイーサリアムのアドレス形式といったように仮想通貨ごとに異なるアドレス形式を持っています。

実際は、多くの取引所では形式の異なる他の通貨のアドレスには送れないようになっていますが、ビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムとイーサリアムクラシックといったように一見同じようなアドレス形式の通貨の場合だと送金ができてしまう場合があります。

所有者のいないアドレスに誤送金をしてしまうと最悪の場合、送金したお金が消えてしまう可能性もあるため、くれぐれもアドレスなどを間違えて送金ミスをしないように気をつけましょう。

FXのレバレッジに注意

FXのレバレッジ取引は大きな収益(ハイリターン)も得られますが、その分リスクも大きいので気をつけてください。

レバレッジ取引とは、自身の資産を担保にして取引所に預けて、預けたお金より何倍も大きい金額を取引することです。

Tether(テザー)ような仮想通貨は普通の株などと比べて、レバレッジ取引で儲けやすいのですが、その反面不安定であるため大きな損失もしやすいので注意が必要です。

秘密鍵の管理に注意

仮想通貨の管理はソフトウェア上だけの管理はおすすめできません。

なぜなら、取引所や管理している会社のシステムはサイバー攻撃を受けて、ハッキングの被害を受けやすいためソフトウェア上だけの管理は極めて危険だからです。

なので、Tether(テザー)など仮想通貨を管理するなら「ハードウェアウォレット」と呼ばれる電子機器に秘密鍵を保管するタイプのウォレットがおすすめです。

ハードウェアウォレットならウォレットをオンライン媒体と分離させているのでハッキングの被害の心配も無く、秘密鍵を狙われるリスクを下げることができます。

特におすすめのハードウェアウォレットが、Ledjer社の「Ledjer Nano S(レジャー・ナノS)」です。

Ledjer Nano Sは、汎用性が高く、多くの仮想通貨を保存でき、なおかつセキュリティー面が非常に強いためおすすめです。

Tether(テザー/USDT)の購入方法まとめ

この記事のまとめ
  • Tetherはドルなどの法定通貨と連動しているため価値が安定している
  • 価値が安定している分大きな利益は得にくい
  • Tetherを購入するならBINANCEがおすすめ
  • Tetherを購入する際は送金ミスや管理方法に注意する
ここまでTether(テザー)についていろいろとご紹介してきました。

Tetherはドルなどの法定通貨と連動しているため価値が大きく上がることは難しいですが、

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨への投資に躊躇っていた方にはおすすめの仮想通貨です。

なので、これまで仮想通貨への投資を躊躇っていた方はこの機会にTetherに投資してみるといいかもしれませんよ。