当サイトの表記にはプロモーション広告を含みます。*不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記

USDT(テザー/Tether)とは?買い方・購入方法をわかりやすく紹介!基本情報から将来性までを徹底解説

USDT購入方法

USDTは買うべき?テザー(Tether)に将来性はある?
USDTの購入方法を詳しく知りたい!

USDT(テザー)とはステーブルコインと言われる仮想通貨で、ステーブルコインはドルなどの法定通貨と連動しているため安定して利益を得ることができます。

この記事では、注目を浴びているTetherのことやTetherの購入方法を中心に説明していきたいと思います。

USDTの購入方法|要約
  • USDTはTether(テザー)の通貨単位
  • USDTはドルなどの法定通貨と連動しているため価値が安定している
  • 価値が安定しているため大きな利益は得にくい
  • USDTを購入する際は送金ミスや管理方法に注意が必要
  • Bybit(バイビット)ならUSDTを基軸に豊富な仮想通貨を取引できる

こちらのリンクから各種操作方法にジャンプできます

基礎知識 | 将来性・今後 | 入金方法

USDT(テザー/Tether)の購入方法【Bybit編】

Bybitに入金できるのは以下の仮想通貨のみです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イオス(EOS)
  • リップル(XRP)
  • テザー(USDT)

日本円やドルのような法定通貨を直接入金することはできません。

上記の仮想通貨をお持ちで無い方は国内取引所で仮想通貨を購入し、Bybitに送金する流れになります。

STEP.1
アカウントの作成
Bybitのアカウントを持っていない方はまずはアカウントを作成しましょう。
アカウントをお持ちの方はそのままログインしてください。
 
STEP.2
取引用の仮想通貨を入金する
取引の元本となる仮想通貨を入金します。
国内取引所を用いて仮想通貨を入金する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

STEP.3
取引通貨を設定する
トップ画面上部の「現物」をクリックし、画面左側で交換する仮想通貨とUSDTを指定します。
USDT買い方
STEP.4
取引金額を設定する
画面右側より、交換通貨とUSDTの金額を指定して「売り」を選択します。
USDT買い方
STEP.5
注文を実行する
最後に最終確認の画面が表示されるので、「売る」をクリックして注文を完了します。
USDT買い方

テザーを購入するために!Bybitへの登録方法

STEP.1
公式サイトにアクセス

まずはBybitの公式サイトにアクセスし、登録画面を表示させましょう。

Bybitへのアクセスは、下のボタンより可能です。

STEP.2
必要事項を記入

アカウント作成のフォームにメールアドレスor携帯電話番号とパスワードを入力します。

完了したら登録ボタンをクリックし、画面に表示される画像認証等を行います。

bybit使い方入力

STEP.3
メールを確認して承認

画面に表示される確認に従って認証メールを送信します。

認証コードが記載されたメールが届きますので、バイビットの登録画面に入力しましょう。

以上で口座開設完了です。

bybit使い方認証メール

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

USDT(テザー/Tether)の両替方法【Bybit編】

取引所によってはUSDTと他の仮想通貨を両替することができます。

ここではバイビットを例に両替方法を紹介します。

STEP.1
両替画面を開く

画面右上より「資産」選択し、「デリバティブ」を選択します。

その後、「交換」ボタンをクリックします。

STEP.2
両替

「振替元」、「振替先」、「数量」を入力し、「交換」ボタンをクリックすることで両替が完了します。

USDT(テザー)の3つの特徴

USDTの3つの特徴

通貨名 Tether(USDT)
公開日 2015年2月
発行上限枚数 なし
取引認証システム OMG Network
公式サイト https://tether.to/

多くの仮想通貨はボラティリティが大きく、米ドルや日本円などの法定通貨と比べると実用性で劣ることが多いです。そのような扱いづらさを解消するために、法定通貨や金などに価格が連動する仮想通貨「ステーブルコイン」が開発されました。

USDT(テザー)は世界で最初に開発されたステーブルコインであり、米ドル価格に連動するように作られています。従来の仮想通貨が備えていなかった決済手段としてもUSDT(テザー)は有効です。

米ドルと連動しているステーブルコイン

USDT(テザー)はTether Limited社が2015年2月から発行しており、米ドルと連動した暗号通貨です。現在、世界には140種類以上のステーブルコインがあると言われていますが、主に下記の4つに分類することができます。

種類 特徴 該当通貨
法定通貨担保型 米ドルや円などの法定通貨を担保にする。価格変動が小さい。 ・USDT(Tether)
・USDC(USD Coin)
・BUSD(Binance USD)
アルゴリズム型 担保となる資産を持たず、あらかじめ設定されたアルゴリズムによって、市場の需給に合わせて供給量を調整することで、価格を安定させる。 ・フラックス(FRAX)
・TerraUSD(UST)
・マジック・インターネット・マネー(MIM)
暗号資産担保型 暗号資産を担保とする。 ・DAI
・sUSD
コモディティ型 金や原油などの現物資産(コモディティ)を担保とする。 ・Paxos Gold(PAXG)
・ジパングコイン(ZPG)

上記のうち、USDT(テザー)は「法定通貨担保型」に分類されます。USDT(テザー)はTether Limited社によって管理をされています。

Tether Limited社がProof of Reserves(PoR)というシステムにより新規のUSDTを発行しています。このシステムは、Tether Limited社に法定通貨を預けると同額のTetherが発行され、逆にTether Limitedから法定通貨を引き出す時にはTetherを入金すると引き出すことが出来るという仕組みになります。

ステーブルコインの中で時価総額が最大

140種類以上あると言われている世界のステーブルコインの中で、USDT(テザー)は時価総額と取引高が最大となっています。2024年1月13日時点で、USDT(テザー)の時価総額は13兆円に達しています。

以下は、世界のステーブルコインの時価総額ランキングになります。USDT(テザー)が世界中の取引所で扱われているということが分かります。
テザーの時価総額

複数のブロックチェーンを基盤にしている

多くの仮想通貨は一つのブロックチェーンを基盤としており、トークン規格の異なるブロックチェーンを利用する場合には、「ラップ」を行う必要があります。

「ラップ」とは
仮想通貨を別の形式の資産に変更することを指します。例えば、ビットコインをイーサリアム上で取引可能なトークンに変換することができます。 このように、ラップによって、異なるブロックチェーン上の暗号資産を相互に交換することができるようになります。

その一方でUSDT(テザー)は複数のブロックチェーンを基盤としています。そのため、USDT(テザー)が対応しているブロックチェーン上で使用する際にはラップをする必要がありません。

USDT(テザー)価格の安定性

USDTの安定性
USDT(テザー)は「1USDT(テザー)=1ドル」となるように設計されています。以下は、過去のUSDT(テザー)の価格変動を示したチャートです。
テザー価格の安定性
チャートに示されているように、発行当初のUSDT(テザー)は価格の乱高下があったものの、2020年以降は大きな価格変動は起きていないです。また、2022年5月と2023年の3月に価格の変動がありましたが、いずれも一時的なぶれですぐに1ドル付近に戻っています。

以下は、ビットコイン、イーサリアムとUSDT(テザー)を比較したチャートです。
テザー価格を比較
ビットコイン、イーサリアムと比較してもUSDT(テザー)の価格安定は際立っています。

USDT(テザー)を保有するメリット

USDTを保有するメリット
USDT(テザー)を保有するメリットについて説明をしていきます。

価格が安定している

USDT(テザー)の最大の特徴は、価格の安定性にあります。ビットコインやイーサリアムなど、ステーブルコイン以外の仮想通貨は価格変動の大きいものが多いです。

そのため、価格変動による利益を狙って投資するのには向いていますが、長期保有するには向いていないものが多いです。

一方で、USDT(テザー)は米ドルと連動しており、仮想通貨の中では安定しています。そのため、日本円に変えずとも資産価値を安定して保有できる仮想通貨の一つであると言えるでしょう。

利用できる取引所が多い

日本国内では、現状USDT(テザー)などのステーブルコインは普及していません。しかし、海外ではUSDT(テザー)を扱っている取引所が増えてきています。

そのため、USDT(テザー)を保有していれば国内取引所では使えなくとも、海外取引所でさまざまな仮想通貨を購入することができます。

USDT(テザー)を保有するデメリット

USDTを保有するデメリット
以下では、USDT(テザー)を保有するデメリットについて説明していきます。

カウンターパーティーリスクが高い

カウンターパーティーリスクとは、取引の相手方が、契約を履行しなかったり、契約内容を変更したりすることによって、損失を被るリスクのことを言います。

例えば、仮想通貨取引所でビットコインを購入したとします。しかし、取引所がハッキングされて資金が盗まれたり、取引所が倒産したりした場合、購入したビットコインが失われ、損失を被ることになります。

USDT(テザー)は1USDT=1ドルを維持するために、Tether Limited社のみによって中央集権的に管理されています。そのため、Tether Limited社が不祥事や経営破綻をしたときに一気に通貨価値が失われる可能性があります。

大きな利益を上げるのは難しい

USDT(テザー)はボラティリティの小さい仮想通貨で通貨です。そのため、資産の保有には適していますが、利益を出す目的で保有するには適していません。

仮想通貨の価格変動を利用して利益を上げることを狙っているい人は、ステーブルコイン以外の仮想通貨を購入するとよいでしょう。

ステーブルコインへの規制が強化される可能性がある

2022年5月にステーブルコインのUSTでディベック(価値の乖離)が起こり、暗号資産市場全体が暴落しました。これを受けて、世界各国でステーブルコインへの規制の動きが強まりました。

ステーブルコインへの規制は今後も強化されていくと考えられており、USDT(テザー)購入をする際には、各国の対応も考慮しながら購入した方が良いです。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

USDT(テザー/Tether)が購入/売買できる取引所3選

USDT取引所3選

ここではUSDTを取引できるおすすめの海外取引所を紹介します。

USDTを取引できる取引所

Bybit(バイビット)

bybit

Bybit(バイビット)は、シンガポールで誕生した「世界最大級の仮想通貨取引所」と称されている取引所の1つです。

初心者でも操作しやすいデザインと完全日本語対応をしている安心感が最大の魅力。

Bybit(バイビット)の最大レバレッジは100倍と大きく、さらにキャンペーンも随時開催しています。

取り扱っている仮想通貨の種類は5種類ですが、ビットコイン(BTC)の取扱高が1番多い取引所です。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Binance(バイナンス)

binance

Binance(バイナンス)は、2017年7月にジャオ・チャンポンによって中国で誕生した「世界一の仮想通貨取引所」と称されるほどの取引所です。

Binanceは登録者数や取引高の数が世界一の多さを誇ります。

Binanceの特徴は手数料の安さと取り扱っている仮想通貨の種類の豊富さです。

Binanceの手数料は0.1%と破格の安さで、Binanceが発行しているBNB(バイナンスコイン)で支払うとさらに割引になります。

取り扱っている仮想通貨の種類は1,000種類以上で、Tetherの取扱高が一番多いのもBinanceです。

BinanceJapanへの移行が完了
2023年8月31日、Binance Japanが日本人に向けたサービスを開始しました。 グローバル版からBinance Japanへの移行期間は2023年11月30日に終了しています。 国内版Binanceはグローバル版に比べて取引銘柄やレバレッジの面で自由度が大幅に下がるため、効率的に利益を狙いたい方は他の海外取引所を検討するのがおすすめ。 Binanceの代替として日本人トレーダーに人気な海外取引所は Bybit(バイビット)です。 また、ZoomexMEXCなども用途に応じて検討できます。 国内トレーダーに人気の仮想通貨海外取引所ランキングはこちらの記事でをご参照ください。 海外仮想通貨取引所 海外仮想通貨取引所ランキング28選|おすすめ・特徴を徹底解説

BITFINEX(ビットフィネックス)

bitfinex

Bitfinex(ビットフィネックス)は、2012年に設立された香港を拠点とする仮想通貨取引所です。

Bitfinexの特徴はビットコインの取引量が世界一で、過去にはビットコインのドル建ての取引高世界一位を記録したことがありそうです。

また、Bitfinexではレンディング取引という自分が保有している仮想通貨を貸し出して利益を得る取引ができるのも魅力の1つです。

Bitfinexはビットコインに力を入れている取引所ですが、Tetherなど他の仮想通貨もいろいろと取り扱っています。

USDT(テザー/Tether)の購入方法まとめ

USDTの購入方法|要約
  • USDTはTether(テザー)の通貨単位
  • USDTはドルなどの法定通貨と連動しているため価値が安定している
  • 価値が安定しているため大きな利益は得にくい
  • USDTを購入する際は送金ミスや管理方法に注意が必要
  • Bybit(バイビット)ならUSDTを基軸に豊富な仮想通貨を取引できる

ここまでTether(テザー)についていろいろとご紹介してきました。

Tetherはドルなどの法定通貨と連動しているため価値が大きく上がることは難しいですが、

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨への投資に躊躇っていた方にはおすすめの仮想通貨です。

なので、これまで仮想通貨への投資を躊躇っていた方はこの機会にTetherに投資してみるといいかもしれませんよ。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

記事執筆者
執筆者足立海
大学卒業後に米国株取引を始める。FX、先物、CFDを経験し、2017年のビットコインの高騰を見て仮想通貨取引に参入。主に仮想通貨FXで大きな収益を得ている。長年の経験から投資・金融に関する情報を発信。現在は、Fact of Moneyの運営責任者として記事の執筆・検収を行う。