プロ注目の資金調達「ファクタリング」とは?取引信用保険や他の調達法との違いをかんたん解説!

ファクタリング資金調達サムネイル

資金調達のプロはファクタリングを使ってるらしいけど、それって何だろ?

近年、優れた資金調達法として人気をあつめるファクタリング。

使い勝手の良さや入金までのスピードの早さで、注目を集めています。

その一方で、「ファクタリングが気になるけど、よく分からない」という人も。

そこでこの記事では、ファクタリングの基礎知識をかんたんに解説します!

その他の資金調達サービスとの比較や個人事業主におすすめのファクタリング会社などもまとめました。

「資金調達の悩みを減らしたい」という方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

プロ注目の資金調達法「ファクタリング」の概要
  • ファクタリングとは、売掛金を早期売却して資金を調達する方法
  • ファクタリングサービスと取引信用保険には、利用目的などの違いがある
  • その他の資金調達法と比較して、ファクタリングは入金スピードや審査の甘さが魅力的
  • 何を重視するかで、おすすめのファクタリング会社は異なる
  • ファクタリング利用時の注意点をおさえておけば、ピンチを乗り切りやすくなる

プロも注目する資金調達法「ファクタリングサービス」とは

資金 調達 ファクタリング_ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金を素早く売って資金を調達するためのサービスです。

資金調達のプロはファクタリングサービスを有効活用して、キャッシュフローの改善に役立てています。

売掛金を買取ってくれる業者はファクタリング会社と呼ばれ、近年その数は増加中。

取引先にファクタリング利用を知らせない2社間ファクタリングや、取引先に通知して手数料を下げる3社間ファクタリングなどがあります。

単に「ファクタリング」と言う際は、一般企業や個人事業主による一括ファクタリングを指すことが多いです。

その他にも、診療報酬債権などを扱う医療ファクタリングや外国企業との取引を扱う国際ファクタリングサービスもあります。

ファクタリングの種類については、以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひあわせてご覧くださいね。

ファクタリング初心者サムネイル 「ファクタリングとは?」を初心者向けにかんたん解説!資金難を乗り切る知恵とは?

ファクタリングで資金調達するメリット・デメリット

資金 調達 ファクタリング_メリット・デメリット

ファクタリングで資金調達をする際のメリット・デメリットは、以下の通りです。

ファクタリングで資金調達をする際のメリット・デメリット

メリット デメリット
①迅速に資金調達ができる
②審査が甘い
③取引先・勤務先にバレずにお金を調達できる
④信用情報に影響しない
⑤担保・保証人がいらない
⑥利用すると手数料・買取り率が有利に
⑦償還請求権がない
⑧入手したお金を自由に使える
①手数料が高め
②悪徳業者がいる
③債権譲渡登記が必要なことがある

*表は端末に応じてスクロールできます。

ファクタリングは最短即日で資金調達ができるケースもあります。

また、銀行融資よりも審査が甘めと言われている点や、ファクタリングを取引先に知らせないで契約できる点も魅力。

その一方で手数料の高さや悪徳業者の存在が主なデメリットと言えます。

手数料の相場は、売掛金の10%~30%とされており、利益がなくなってしまう可能性も。

悪徳業者には、ファクタリング業者を装って、高金利で貸し付けを行う闇金などが多いです。

ファクタリングサービスと取引信用保険の違い

資金 調達 ファクタリング_取引信用保険との違い

ファクタリングサービスって取引信用保険って、なんか似てるな。

両者は共に売掛金を対象とするサービスなので、混同してしまう人がいます。

そこで、ファクタリングサービスと取引信用保険の違いについて、まとめました!

ファクタリングサービスと取引信用保険の違い
  1. 利用目的
  2. 売掛債権の件数
  3. 資金回収リスク
  4. メリット・デメリット

上記の違いについて、詳しくお伝えしていきますね!

違い①利用目的

取引信用保険の利用目的は、売掛金が未払いになった時に備えるためのサービスです。

そのため、売掛金を早期に売り払って資金調達するファクタリングサービスとは、利用目的が異なります。

なお、ファクタリングサービスの一種として、売掛金の未払いに備える「保証ファクタリング」もあります。

ですが、先述の通り、ファクタリングサービスの主な目的は売掛金の売却による資金調達です。

このようにファクタリングサービスと取引信用保険では、主な利用目的が異なるという点をおさえておきましょう!

違い②売掛債権の件数

取引信用保険は、対象となる売掛債権を複数まとめて利用することになります。

それに対し、ファクタリングは1つの売掛債権を売却するケースが多いです。

もちろん、ファクタリング会社が承諾すれば、まとめて複数の売掛金を売ることも可能。

これらの点から両サービスの違いの1つとして、利用する際の売掛債権の件数があげられます。

違い③資金回収リスク

取引信用保険を使った場合、後で利用者(あなた)に落ち度があると、売掛金を保証してくれないリスクがあります。

例えば、既に支払いが遅れている売掛債権なのに、それを隠して利用申込みした場合などです。

一方、ファクタリングサービスの場合、売却後には資金回収リスクが残らないことがほとんど。

その理由は、ファクタリングには償還請求権がないからです。

償還請求権とは取引先が売掛金を払わなかった際、その分のお金をファクタリング会社があなたに請求する権利のこと。

つまり、あなたがファクタリングサービスを使った場合、売掛金の未回収リスクから解放されるということです。

このようにファクタリングサービスと取引信用保険の違いには、契約後の資金回収リスクが挙げられます。

違い④メリット・デメリット

ファクタリングサービスと取引信用保険のメリット・デメリットについては、以下の一覧表をご覧ください。
ファクタリングサービスと取引信用保険のメリット・デメリット

サービス種類 メリット デメリット
ファクタリング ①迅速に資金調達ができる
②審査が甘い
③取引先・勤務先にバレずにお金を調達できる
④信用情報に影響しない
⑤担保・保証人がいらない
⑥利用すると手数料・買取り率が有利に
⑦償還請求権がない
⑧入手したお金を自由に使える
①手数料が高め
②悪徳業者がいる
③債権譲渡登記が必要なことがある
取引信用保険 ①貸し倒れリスクに備えられる
②毎回取引信用保険を使えば、貸し倒れ損失額を均一化できる
③自社の信用力があがる
④取引信用保険会社から与信情報を得られる
①取引信用保険の申込み時の審査で落ちたり、保証限度額が下げられたりすることがある
②貸し倒れリスクが高いなど、取引先の状況によっては保険をかけられないことがある

*表は端末に応じてスクロールできます。

このように両サービスには、それぞれのメリット・デメリットがあります。

この点をふまえて両者の特徴を活かせると、より良い企業運営に役立てられるでしょう!

ファクタリングと、その他の資金調達方法を比較!

資金 調達 ファクタリング_他の資金調達法と比較

ファクタリングって、他の資金調達法と比べてどうなのかな?

ファクタリングは、その他の資金調達法と比較して、入金までのスピードや審査の甘さがメリットと言えます。

その一方で、手数料の高さや悪徳業者の存在がデメリットと言えるでしょう。

ファクタリングやその他の資金調達法のメリット・デメリットを以下の一覧表にまとめましたので、ご覧くださいね!

ファクタリング・その他の資金調達法のメリット・デメリット一覧表

資金調達方法 メリット デメリット
ファクタリング ①迅速に資金調達ができる
②審査が甘い
③取引先・勤務先にバレずにお金を調達できる
④信用情報に影響しない
⑤担保・保証人がいらない
⑥利用すると手数料・買取り率が有利に
⑦償還請求権がない
⑧入手したお金を自由に使える
①手数料が高め
②悪徳業者がいる
③債権譲渡登記が必要なことがある
ビジネスローン ①審査が甘め
②素早く資金調達できる
③担保・保証人がいらない
①金融機関の融資よりは金利が高め
②悪徳業者がいる
③事業者を連帯保証人にしなければならないことがある
④借金を抱えることになる
公的融資 ①金利が低め(約2%) ①審査が遅い(約1ヵ月前後)
②保証人を求められることがある
助成金 ①返済しなくていい ①資金調達までに時間がかかる
②手続きに手間暇がかかる
③対象条件が厳しめ
④資金調達後も事業内容をチェックされることがある
銀行融資 ①金利が低め ①審査が厳しめで時間がかかる
②担保・保証人を求められることが多い
③定期的にしっかりと返さなければならない
手形割引 ①最短即日で資金を調達できる
②支払期日よりも前に資金を調達できる
①手形がなければ使えない
②借金として計上される
③不渡りになると返金が必要
投資家 ①担保不要なケースがほとんど
②事業に関する助言をくれることがある
①投資してくれる人を見つけることが難しい
②投資家の助言が事業運営にマイナスになることがある
③将来性がなければ投資してもらえない
ベンチャーキャピタル ①返済しなくていい ①経営権を失うリスクがある
②コストがかかる
クラウドファンディング ①返済しなくていい
②知名度アップにつながることがある
①悪い噂が広がりやすい
②事業に魅力がないと資金調達できない
③資金調達までに時間がかかる

*表は端末に応じてスクロールできます。

それぞれの資金調達法におけるメリット・デメリットなどについて、簡潔にお伝えしていきますね!

①ビジネスローン

事業用の資金を借入れられるビジネスローンは、入金までのスピードが早いことが魅力的。

審査も甘めで担保や保証人も求められないことが多いので、使い勝手が良いでしょう。

その一方で、金利が高めであったり、借金として計上しなければいけなかったりする点がデメリット。

バランスシートを綺麗に保ちたい場合は、ファクタリングによる資金調達がおすすめです!

②公的融資

国や自治体の公的融資は金利が低めな点がメリットです。

その一方で手続きに時間がかかったり、保証人を求められたりするため、スピードは求められません。

急いで資金調達したい場合には、選択肢に入れられないでしょう。

③助成金

助成金は返済義務がないことが最大のメリットです。

しかし助成対象はごくわずかであるケースが多く、手続きも大変。

急いで資金調達をしたい場合にはおすすめできません。

④銀行融資

銀行融資は金利が安い点がメリットです。

その反面、審査が厳しめで資金調達までに時間がかかります。

急いでいる場合、銀行融資は選べないケースが多いでしょう。

⑤手形割引

手形割引を使えば、即日で資金調達できる可能性があります。

その一方で、手形を持っていなければ使えないことや借金となる点には注意が必要。

またファクタリングと違って償還請求権があるので、手形が不渡りになった場合、あなたに支払義務が生じます。

⑥投資家

事業の魅力をアピールして、投資家から資金を提供してもらう調達法です。

担保を不要とするケースが多く、助言を得られることもある点が魅力。

その一方で、投資家を見つけることが難しく、事業の将来性をアピールすることも難しいです。

投資家からの助言が良くない結果につながることもあるので、注意しましょう。

⑦ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとはベンチャー企業など、将来性を期待できる会社に投資する会社のこと。

事業に魅力を感じた場合、資本を投じてくれる可能性があります。

返済義務がない反面、経営権を奪われたり、利益を還元したりすることがある点がデメリットです。

⑧クラウドファンディング

事業の賛同者を募って資金を提供してもらうクラウドファンディング。

返済する必要がなく、事業を広めるためにも役立ちます。

ですが、事業に魅力を感じてもらえないと資金調達が難しくなります。

また、悪い噂なども広まりやすいので気を付けましょう。

ファクタリングの必要書類

資金 調達 ファクタリング_必要書類
ファクタリングの利用時に求められる主な必要書類は、以下の通りです。

ファクタリングの主な必要書類
  1. 商業登記簿謄本
  2. 印鑑証明書
  3. 業績を確認できる書類(決算書・確定申告書など)
  4. 売り掛け先との取引や入金が確認できる書類(契約書・通帳など)
  5. 売掛先との取引内容が確認できる書類(納品書、請求書、発注書など)
  6. 試算表

基本的には上記の書類が求められますが、状況によっては追加で必要になる書類もあります。

この点は利用時のファクタリング会社によって異なるので、予めチェックしておきましょう!

ファクタリングを使う時の流れが知りたいな。

そんな方には、以下の記事がおすすめです!

ファクタリングサービスを使う際の流れなどについて、わかりやすく解説しているので、ぜひご覧くださいね!

ファクタリングの流れサムネイル ファクタリングの流れは?必要書類&注意点をおさえて素早くお金を手にしよう!

ファクタリングの会計処理

資金 調達 ファクタリング_会計処理

ファクタリングの会計処理は、以下の勘定科目を使って仕訳をします。

ファクタリングの仕訳に使う勘定科目
  1. 未収金
  2. 売上債権売却損

ファクタリングは借入れではなく、売掛債権の売却なので、上記の勘定科目で処理することに。

ファクタリングの仕訳方法については、以下のページで詳しくお伝えしています。

「今のうちにファクタリングの会計処理をおさえておきたいな」という方は、ぜひご覧くださいね!

ファクタリング仕訳け方 ファクタリングの仕訳け方が早わかり!勘定科目・オフバランス化を理解して会計処理をスマートに!

プロもおすすめのファクタリング会社を特徴別に紹介!

資金 調達 ファクタリング_おすすめのファクタリング会社

資金調達のプロは、どんなファクタリング会社を使ってるんだろ?

そんな方のため、重視する項目別におすすめのファクタリング会社をまとめました!

おすすめのファクタリング会社
  • 【スピード】ファクタリングのおすすめ会社
    ①アクセルファクター
    ②ベストファクター
    ③ファクタリングのTRY
  • 【信頼性】おすすめのファクタリング会社
    ①日本中小企業金融サポート
    ②olta(オルタ)
    ③ワダツミ
  • 【少額買取り】おすすめのファクタリング会社
    ①ワダツミ
    ②アクセルファクター
    ③ウィット
  • 【手数料】おすすめのファクタリング会社
    ①olta(オルタ)
    ②三共サービス
    ③ビートレーディング
  • 【個人事業主対応】ファクタリングのおすすめ会社
    ①資金調達ペイ
    ②ベストファクター

このように、何を重視するかで、おすすめのファクタリング会社は異なります。

なお、上記おすすめのファクタリング会社に関する詳細は、以下のページで詳しくお伝えしています。

気になる方は、あわせてチェックしておきましょう!

ファクタリング比較サムネイル 【特徴別】ファクタリング会社の比較ランキング!最適な選択に役立つ4大ポイントとは?

ファクタリングにおすすめの状況・おすすめできない状況

資金 調達 ファクタリング_おすすめの状況・おすすめじゃない状況

ファクタリングは、どんな状況にも役立つ資金調達法ではありません。

使い方を間違えれば、状況が悪化することがあります。

そこで、ファクタリングがおすすめの状況、おすすめできない状況について、見ていきましょう!

おすすめの状況

ファクタリングがおすすめの状況は、以下の通りです。

ファクタリングがおすすめの状況
  • 診療報酬、介護報酬ファクタリングが使える
  • 大口の会社の売掛債権をもっている
  • 季節ごとの売上変動幅が大きい

診療報酬や介護報酬を得ている事業の場合、安い手数料で迅速に資金調達できる可能性が高いです。

その理由は、売掛先の信用が高く、ファクタリング会社の資金回収リスクを最小限に抑えられるから。

その他にも、売掛金が手元に入らず、一時的に仕入れなどのコストが膨らむ会社にもファクタリングがおすすめです。

例えば、建設業・製造業などの大口の売掛債権を持っている会社が挙げられます。

他にも、アパレル業などの季節によって売上が変動する事業にもおすすめです!

おすすめできない状況

ファクタリングによる資金調達をおすすめできない状況は、以下の通りです。

ファクタリングによる資金調達をおすすめできない状況
  • ファクタリング手数料で利益がなくなってしまう
  • 固定費のために資金調達しようとしている
  • 売掛先の経営状況が良くない
  • 他の資金調達方法が使える

上記の場合、ファクタリングを使うと裏目に出る可能性があります。

ファクタリング手数料で利益がなくなると、その後の企業運営に支障をきたすリスクが膨らみます。

また、固定費の支払いのためなど、継続的に生じるコストへの資金調達にはファクタリングは向きません。

ファクタリング手数料が高く、支払負担が積み重なりやすいからです。

また銀行融資など、低コストで資金調達できる場合には、無理にファクタリングを使う必要はないでしょう。

これらをふまえて、状況に応じた資金調達法をお選びくださいね!

ファクタリングサービス利用時の注意点

資金 調達 ファクタリング_注意点
ファクタリングサービスを使う際には、以下の5点に注意しましょう!

ファクタリングサービス利用時の注意点
  1. 相見積もりをとる
  2. 契約書類を確認する(手数料、入金日など)
  3. ファクタリング会社に渡す資金を使いこまない
  4. ファクタリング会社を騙さない(架空の売掛金を使う、二重譲渡、計画倒産など)
  5. ファクタリングの利用で状況が悪化しないか、よく考える

上記を確認しておくと、ファクタリングを活用してピンチを乗り切れる可能性がアップします。

特に急いでいる時に忘れがちなものは、相見積もりをとることです。

相見積もりをとっておかないと、手数料や入金スピードの比較がしづらくなります。

そのため、より良い選択肢を見落としてしまうことも…。

審査落ちした場合に、すぐに次のファクタリング会社に申し込みやすいというメリットもあるので、相見積もりはとっておきましょう!

【まとめ】ファクタリングで迅速に資金調達しよう!

資金 調達 ファクタリング_まとめ

最後に資金調達法の1つ、ファクタリングサービスについてまとめておきましょう!

プロ注目の資金調達法「ファクタリング」のまとめ
  • ファクタリングとは、売掛金を早期売却して資金を調達する方法
  • ファクタリングサービスと取引信用保険には、利用目的などの違いがある
  • その他の資金調達法と比較して、ファクタリングは入金スピードや審査の甘さが魅力的
  • 何を重視するかで、おすすめのファクタリング会社は異なる
  • ファクタリング利用時の注意点をおさえておけば、ピンチを乗り切りやすくなる

ファクタリングはいざという時に役立つ、優れた資金調達法です。

その一方で、使い方を間違えば事業が傾いてしまう可能性も…。

うまく資金を調達して目先の危機を乗り越えられるよう、この記事でお伝えした内容をお役立てくださいね!