保証型・買取型ファクタリングの違いとは?おすすめの理由&うまく活用するための注意点!

ファクタリング保証型買取型

ファクタリングの保証型と買取型って、どう違うんだろ?
活用したいけど、よくわかんないな…。

ファクタリングはまだまだ発展途上のサービスなので、保証型と買取型の違いがわからない人はたくさんいます。

ですが両者の違いを把握しておくと、よりうまくピンチを乗り切れます。

焦った状態ではなかなか頭に入ってこないこともあるので、事前に把握しておくことがおすすめです。

そこで今回は、ファクタリングにおける保証型・買取型の違い特徴について、わかりやすく解説します。

うまく活用するための注意点についてもお伝えするので、いざというときのためにお役立てくださいね。

保証型・買取型ファクタリングの違い・活用法の概要
  • ファクタリングとは、売掛債権に関するサービスのこと
  • ファクタリングにおける保証型・買取型の主な違いは利用目的お金の受取時期
  • 保証型ファクタリングは、貸し倒れリスクへの備えとして活用される
  • 買取型ファクタリングは、現金調達の方法として活用される
  • 保証型ファクタリングのメリット
    貸し倒れリスクに備えられる
    与信管理の手間が省ける
    取引先にバレないで利用可能
  • 買取型ファクタリングのメリット
    最短即日で資金調達できる
    審査が甘い
    取引先にバレずに現金をもらえる
    担保不要
    償還請求権なし

ファクタリングとは

ファクタリング 保証型 買取型_ファクタリングとはなにかのイメージ画像

ファクタリングって、そもそもなんだっけ?

という方のため、まずは基本的なところからおさえましょう。

保証型・買取型のファクタリングを把握するためにも重要ですので、わかりやすく解説します。

ファクタリング = 売掛債権に関するサービス

ファクタリングとは、売掛債権の保証や買取りをしてくれるサービスのこと。

貸し倒れリスクに備えたいときや、売掛債権の回収日までに資金がもたないときに役立ちます。

商品やサービスの販売から日数があくほど、キャッシュフローの流れが心配に…。

そんなお悩みを解消してくれるものがファクタリングです。

法人だけでなく、個人の給料ファクタリングも増加中!

ファクタリング 保証型 買取型_給料ファクタリングのイメージ画像

近年はファクタリング業界が発展してきているため、個人の給料を対象としたファクタリングも人気。

予想外の出費が重なって、給料日まで待てない…

という方におすすめです。

これだけ社会に浸透しはじめているファクタリングですから、企業運営の手段として活用しない手はないですね。

ファクタリングにおける保証型・買取型の違いとは?

ファクタリング 保証型 買取型_ファクタリングにおける保証型・買取型の違いに関するイメージ画像

保証型と買取型って、どう違うんだ?

保証型・買取型ファクタリングの主な違いは、利用目的お金の受取時期です。

以下に保証型・買取型ファクタリングの違いを一覧表にまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

種類 保証型ファクタリング 買取型ファクタリング
目的 貸し倒れリスクの軽減 資金調達
手数料の相場 売掛先の資金力 売掛先の資金力
お金の受取時期 支払不能とみなされた後 最短即日
主な審査対象 売掛先の資金力 売掛先の資金力
備考 ・ファクタリング会社が売掛先を調査後、保証枠を決める ・借入ではないため担保不要
・手数料が引かれる

保証型ファクタリング = 貸し倒れリスクへの備え

保証型ファクタリングは、貸し倒れリスクに対する備えとして活用されます。

この会社、経営状況が厳しそうだけど大丈夫かな…。

といったとき、保証型ファクタリングを使うと安心です。

取引先の資金力などを調査のうえ保証額を決め、その範囲内で保証をしてくれるので安心して日常業務などに集中できるでしょう。

また、取引先の資金力に関する調査が省けることも嬉しいポイントです。

保証型ファクタリングのメリットについては以下の章で解説しているので、先にチェックされたい方は、下のボタンをクリックしてください。

保証型ファクタリングのメリット

買取型ファクタリング = 現金調達の方法

ファクタリング 保証型 買取型_資金調達のイメージ画像

買取型ファクタリングは、現金を調達するために活用されます。

商品を販売してから、代金をもらうまでに1ヶ月もある…。

と悩む経営者は少なくありません。

業績は好調なのに売掛債権の回収までの資金がもたず、黒字倒産する会社もあります。

そういった一時的なピンチをしのぐために役立つのが買取ファクタリング。

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことで、最短即日で現金を得られることも。

近年では給料をファクタリング対象とする会社も増えてきており、個人の間にも利用が広まっています。

リスク対策はひとつでも多いに越したことはありません。

日々の会社経営をより安定的にするためにも、買取型ファクタリングを選択肢に加えておきましょう。

こんなときにおすすめ!保証型ファクタリングのメリットとは?

ファクタリング 保証型 買取型_保証型ファクタリングのメリットに関するイメージ画像

保証型ファクタリングの活用には大きくわけて3つのメリットがあります。

うまく使いこなすためにも、保証型ファクタリングの魅力をおさえておきましょう!

保証型ファクタリングのメリット
  1. 貸し倒れリスクに備えられる
  2. 与信管理の手間が省ける
  3. 取引先にバレないで利用可能

保証型ファクタリングのメリット① 貸し倒れリスクに備えられる

保証型ファクタリングは貸し倒れリスクを軽減できることが大きな魅力。

取引先との日々のやりとりのなかで、

この取引先、経営状況ヤバそうじゃないか…?

と感じることは珍しくありません。

そんなときに大きな売掛債権が発生すると、不安が大きくなってしまいがち。

安定的な企業運営をおこなうため、貸し倒れリスクを減らせることが保証型ファクタリングの強みです。

保証型ファクタリングのメリット② 与信管理の手間が省ける

ファクタリング 保証型 買取型_手間を省いたところのイメージ画像

先ほどお伝えしたとおり、保証型ファクタリングを活用すると取引先の資金力などを調査してもらえます。

そのため、たくさんの取引先を抱える会社にとって、調査などの負担が軽くなることも。

こういった与信管理の仕事が減ることで本業に力を入れれば、さらなる業績アップにもつながるでしょう。

保証型ファクタリングのメリット③ 取引先にバレないで利用可能

保証型ファクタリングは、取引先にバレずに活用できることも嬉しいポイント。

万一のリスクに備えながら良好な関係を保てるので、円滑な企業経営に活用されるのです。

与信管理に関する調査は専門知識が必要なため、大手の金融機関や、その関連会社が担っていることが少なくありません。

そのため、徹底した情報管理のもとで保証型ファクタリングを提供してくれるケースが多く、取引先にバレずにリスク対策ができるのです。

うまく活用するために!保証型ファクタリングの注意点とは?

ファクタリング 保証型 買取型_保証型ファクタリングの注意点に関するイメージ画像

保証型ファクタリングをうまく活用するためには、3つの注意点をおさえておくことが大事。

より良い経営のために役立つ情報をわかりやすく解説します。

保証型ファクタリングの注意点
  1. 支払い不能にならなければお金は戻らない
  2. 保証が撤回されることもある
  3. 建設業界の場合は割安になるかも

保証型ファクタリングの注意点① 支払い不能にならなければお金は戻らない

基本的に、保証型ファクタリングは支払い不能にならないと保証金を受け取れません。

ちょっとした支払いの遅延では保証金を受け取れないケースが多いので、注意が必要。

支払い不能とみなされやすい状況には、以下のようなものがあげられます。

  • 手形が不渡りとなる
  • 事務所の閉鎖
  • 破産手続きの開始
  • 会社更生手続きの開始
  • 民事再生手続き開始申立て

保証型ファクタリングの注意点② 保証が撤回されることもある

保証型ファクタリングは、与信管理にもとづいて保証枠が決められます。

ですが、最初の調査では信用が高かったものの、その後の経営不振などによって信用力が落ちるケースもあります。

この場合、保証契約が撤回されることもあるので注意しましょう。

保証ファクタリングの契約時には、どういったときに契約撤回となるのかなど、事前に確認しておく必要があります。

保証型ファクタリングの注意点③ 建設業界の場合は割安になるかも

建設業界の会社が保証ファクタリングを活用する場合に知っておきたい下請債権保全支援事業

ファクタリング会社への保証料が安くなる可能性があるので、注意しておきましょう。

ファクタリング 保証型 買取型_下請債権保全支援事業についてのイメージ画像

詳しくは国土交通省の公式ホームページをご覧くださいね。

東日本大震災の被災地においても下請建設企業等の債権を守ってくれたり、資金管理の改善につながったりするので、建設業界の方は要チェックです。

参考:国土交通省公式ホームページ

おすすめの理由とは?買取型ファクタリングのメリット

ファクタリング 保証型 買取型_買取型ファクタリングのメリットに関するイメージ画像

買取型ファクタリングがおすすめな理由は以下の5点。

状況にあわせて活用すれば、より良い企業運営につなげられるので、ここでおさえておきましょう!

買取型ファクタリングのメリット
  1. 最短即日で資金調達できる
  2. 審査が甘い
  3. 取引先にバレずに現金をもらえる
  4. 担保不要
  5. 償還請求権なし

買取型ファクタリングのメリット① 最短即日で資金調達できる

買取型ファクタリングは最短即日でお金が手に入ることが最大の魅力。

来週には社員に給料を払わないといけないのに…。

と頭を抱える経営者を強力にサポートしてくれます。

これから銀行に融資を依頼する時間なんてないよ…。

というときにもピッタリ。

このスピード感は審査が甘いこともひとつの要因。

この点について、わかりやすくお伝えしますね。

買取型ファクタリングのメリット② 審査が甘い

ファクタリング 保証型 買取型_審査が甘いことに関するイメージ画像

ファクタリング会社が重視するのは、支払先(取引先)の信用力。

そのため、あなたの会社の経営状況が悪かったとしても審査に通るケースが多いのです。

このように審査の甘さは買取型ファクタリングの大きなメリット。

たとえば個人が対象の給料ファクタリングの場合には、金融ブラックの人でも資金調達できることもあります。

買取型ファクタリングのメリット③ 取引先にバレずに現金をもらえる

取引先にはバレず、こっそりと資金調達できることもファクタリングのメリットです。

ファクタリングを使っていることがバレてしまい、今後の仕事に悪影響を及ぼすと経営難に陥ってしまうかもしれません。

ただし、これは2社間ファクタリングの場合や債権譲渡登記が不要な場合です。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い債権譲渡登記については、以下の章で解説しています。

2社間・3社間の違い

債権譲渡登記が必要となることも

買取型ファクタリングのメリット④ 担保不要

先述のとおり、買取型ファクタリングはお金を借りるわけではありません。

売掛債権を買い取ってもらうことで現金を得られるので、担保は不要です。

担保がないからお金を借りれない…。

と悩んでいる場合には、買取型ファクタリングがおすすめです。

買取型ファクタリングのメリット⑤ 償還請求権なし

原則として買取型ファクタリングの場合、取引先が貸し倒れになっても、あなたがリスクを負う必要がありません。

このときに損失を被るのはファクタリング会社です。

取引先の代わりにあなたがお金を請求されるようなことは、基本的にありません。

これを、「償還請求権がない」や、「ノンリコース」といいます。

現金を素早く得られるうえに貸し倒れリスクも抑えられるため、うまく活用できると企業経営に役立ちますよ。

活用するための心得!買取型ファクタリングの注意点とは?

ファクタリング 保証型 買取型_買取型ファクタリングの注意点に関するイメージ画像

買取型ファクタリングはメリットが盛りだくさんですが、デメリットも忘れてはいけません。

適切に活用できるよう、買取型ファクタリングの注意点をおさえておきましょう。

買取型ファクタリングの注意点
  1. 手数料が高い
  2. 売掛先との契約における譲渡禁止
  3. 2社間・3社間の違い

買取型ファクタリングの注意点① 手数料が高い

買取型ファクタリングの手数料は比較的高め。

売掛債権の5%~30%が相場といわれています。

そのため、いざというときに活用するのがおすすめです。

気軽に買取型ファクタリングを使うと、どんどん利益が圧迫されてしまいます。

買取型ファクタリングの使い時を見極めて、うまく活用していきましょう。

買取型ファクタリングの注意点② 売掛先との契約における譲渡禁止

ファクタリング 保証型 買取型_売掛先との契約に関するイメージ画像

買取型ファクタリングを使う際には、売掛先との契約内容に注意が必要。

売掛債権の譲渡を禁止されている場合には、買取型ファクタリングを使えないからです。

買取型ファクタリングを使おうと思ってたのに、債権譲渡が禁止されていた…。

なんてことになると、ピンチを乗り越えられないかもしれません。

便利で役立つ資金調達方法だからこそ、活用方法をしっかりと把握しておきましょう。

買取型ファクタリングの注意点③ 2社間・3社間の違い

買取型ファクタリングをする際には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを把握することが重要。

この違いを理解しておかないと、

えっ!取引先にいわなきゃいけないの…?

といったことになりかねません。

2社間・3社間ファクタリングの違いをざっくり説明すると、契約する人が異なります。

2社間ファクタリングとは、あなたとファクタリング会社だけで完結する契約です。

それに対し3社間ファクタリングは、あなたとファクタリング会社に加え、取引先も入ってきます。

そのため、2社間ファクタリングでは取引先にファクタリングの事実がバレるリスクが少ないといえます。

反対に3社間ファクタリングの場合には、取引先にもファクタリング契約を交わしてもらわないといけないので注意しましょう。

買取型ファクタリングの注意点③ 債権譲渡登記が必要となることも

ファクタリング 保証型 買取型_債権譲渡登記のイメージ画像

取引先にファクタリングのことを知られたくない場合、債権譲渡登記についても把握しておくことをおすすめします。

債権譲渡登記とは債権を譲ったことを公示して、誰でもわかるような状態にすることです。

そのため、債権譲渡登記がされると取引先にバレてしまうことも…。

資金調達してることを取引先にバレたくない!

という場合は債権譲渡登記の必要性について、事前にファクタリング会社に確認しておきましょう。

【まとめ】保証型・買取型ファクタリングをうまく使い分けよう!

ファクタリング 保証型 買取型_保証型・買取型ファクタリングのまとめに関するイメージ画像

保証型・買取型ファクタリングについて、最後におさらいしておきましょう。

保証型・買取型ファクタリングの違い・活用法のまとめ
  • ファクタリングとは、売掛債権に関するサービスのこと
  • ファクタリングにおける保証型・買取型の主な違いは利用目的お金の受取時期
  • 保証型ファクタリングは、貸し倒れリスクへの備えとして活用される
  • 買取型ファクタリングは、現金調達の方法として活用される
  • 保証型ファクタリングのメリット
    貸し倒れリスクに備えられる
    与信管理の手間が省ける
    取引先にバレないで利用可能
  • 買取型ファクタリングのメリット
    最短即日で資金調達できる
    審査が甘い
    取引先にバレずに現金をもらえる
    担保不要
    償還請求権なし

保証型・買取型ファクタリングの違いがわかっていると、あなたにピッタリの活用方法がわかります。

万一のリスクに備えておけば、いざというときに役立ちます。

しっかりとリスク管理をして安定的に仕事を進めるため、保証型・買取型ファクタリングについておさえておいてくださいね。