GMOのファクタリング「BtoB早払い」のメリット&注意点!手数料・対象の買取債権・イプシロンとの違いは?

GMOファクタリングサムネイル

GMOのファクタリングって、どうなってるんだろ?
GMO BtoB早払いが人気みたいだから、気になるな…。

GMOのファクタリングは安心して高品質のサービスを受けられることから評判を集めています。

その一方で、「仕組みがよくわからない」「GMOグループ内で似たファクタリングサービスがあって、ややこしい」といった声も。

そこで今回は、GMOのファクタリングについてわかりやすく解説します。

なかでも一般企業を対象とした「GMO BtoB早払い」について取り上げ、特徴やメリットを詳しくまとめました。

より良い企業運営をしたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

GMOのファクタリング・GMO BtoB早払いの概要
  1. GMOのファクタリングはGMOペイメントゲートウェイ「GMO BtoB早払い」・イプシロン byGMO「早払いサービス」の2種類
  2. 「GMO BtoB早払い」と「早払いサービス」の最大の違いは買取対象の債権
  3. GMO BtoB早払いは、買取依頼のタイミング利用頻度によってサービスが区分されている
  4. GMO BtoB早払いのメリット
    ① 東証1部上場企業による信頼感
    ② 業界最安水準の手数料
    ③ 手続きがシンプル
    ④ 最短2営業日で入金される
    ⑤ きめ細かいサービス
    ⑥ 2者間・3者間ファクタリングに対応
  5. GMO BtoB早払いは個人事業主や小規模買取に対応していない点に要注意

GMO ファクタリング_GMOペイメントゲートウェイ株式会社の「GMO BtoB早払い」のイメージ画像

\GMOペイメントゲートウェイ株式会社「GMO BtoB早払い」公式サイトはこちら/

GMOのファクタリングとは

GMO ファクタリング_GMOのファクタリングのイメージ画像

GMOグループには東証1部上場やJASDAQなど、上場を果たしています会社が9社もあります。

そんなGMOのファクタリングは、系列会社によってサービスが異なります。

GMOのファクタリングに関する概要を見ていきましょう。

GMOのファクタリング=ペイメントゲートウェイ&イプシロン

GMO ファクタリング_GMOのファクタリングのイメージ画像

GMOのファクタリングは2種類

GMOペイメントゲートウェイ株式会社の「GMO BtoB早払い」とGMOイプシロン株式会社の「早払いサービス」です。

どちらもクレジットカードやコンビニなどの決済サービスを展開しています。

また、決済サービスに付随してファクタリングサービスを提供し、資金繰りのサポートをおこなっている点も似ています。

そこで、「GMO BtoB早払い」と「早払いサービス」にどのような違いがあるのか見てみましょう。

ペイメントゲートウェイ「GMO BtoB早払い」とイプシロン「早払いサービス」の違い

ペイメントゲートウェイ「GMO BtoB早払い」とイプシロン「早払いサービス」の大きな違いは買取対象の債権です。

ペイメントゲートウェイの「GMO BtoB早払い」はシステム開発業や卸売業など、通常の売掛債権を対象としています。

一方、イプシロン「早払いサービス」の買取対象は診療報酬介護報酬となっています。

GMO ファクタリング_イプシロンbyGMOのイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

このように買取対象の債権に大きな違いがあるので、それにともなって手数料対象とする利用者が異なります。

ペイメントゲートウェイ「GMO BtoB早払い」とイプシロン「早払いサービス」の主な違いは、以下の一覧表をご覧ください。

「GMO BtoB早払い」と「早払いサービス」の主な違い

対象債権 対象者 手数料
ペイメントゲートウェイ
「GMO BtoB早払い」
通常企業の売掛債権 法人 1.0%~12.0%
イプシロン
「早払いサービス」
・診療報酬
・介護報酬
・法人
・個人
最大0.8%

GMO BtoB早払いとは

GMO ファクタリング_GMO BtoB早払いのイメージ画像

GMO BtoB早払いって、どんな特徴があるんだろう?

GMO BtoB早払いは入金スピードが早く、手数料が安いところが特徴的。

そのほかにも多様なサービスを提供してくれるところが良い評判につながっています。

ここでは、GMO BtoB早払いの特徴やサービスの種類について、確認していきましょう。

特徴一覧表

GMO BtoB早払いの入金スピードやサービス形態などに関する主な特徴は以下のとおりです。

GMO BtoB早払いの特徴一覧表

入金スピード 最短4営業日
※利用申込みからの場合
手数料 1.0%~12.0%
サービス形態 ・2者間ファクタリング
・3者間ファクタリング
取引先への通知 原則不要
※2社間の場合
債権買取限額 100万円~1億円
登記の必要 原則不要
必要書類 ・決算書
・審査依頼書
・証憑類(請求書など)
譲渡禁止債権の可否 対応可能

手数料の安さ必要書類の少なさ取引先への通知が原則不要なことなど、魅力的なポイントが盛りだくさん。

GMO BtoB早払いのメリットについては以下の章で詳しくお伝えしています。

以下のボタンをクリックすると該当箇所にジャンプできるので、お先にご覧になりたい場合はどうぞ。

GMO BtoB早払いのメリット

サービス内容

GMO BtoB早払いのサービスは、買取依頼をするタイミング利用頻度で分けられます。

より柔軟で使い勝手の良いサービスを提供してくれる体制を見てみましょう。

注文書買取・請求書買取

買取依頼をするタイミングは、注文書を発行したとき請求書を発行したときの2種類。

新設された注文書買取によって、入金スピードが約120日も早まります。

GMO ファクタリング_注文書買取のイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

上記のように、より迅速に資金調達が可能となったGMO BtoB早払い。

請求書買取を含めたフローは以下のようになります。

GMO ファクタリング_注文書買取・請求書買取の流れのイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

スポットタイプ・継続タイプ

GMO BtoB早払いは買取依頼の頻度によっても、柔軟に対応してくれます。

1年のうちに複数回利用するかどうかで債権買取額や手数料など、より有利な方を選べるようになっています。

GMO ファクタリング_スポットタイプ・継続タイプのイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

1年に2回以上、ファクタリングを利用する場合には継続タイプがおすすめです。

GMO BtoB早払いのメリット

GMO ファクタリング_GMO BtoB早払いのメリットに関するイメージ画像

GMO BtoB早払いには6つのメリットがあります。

安心して良いサービスを受けたい方におすすめのGMO BtoB早払いに関する魅力をまとめました。

GMO BtoB早払いのメリット
  1. 東証1部上場企業による信頼感
  2. 業界最安水準の手数料
  3. 手続きがシンプル
  4. 最短2営業日で入金される
  5. きめ細かいサービス
  6. 2者間・3者間ファクタリングに対応

メリット① 東証1部上場企業による信頼感

GMOペイメントゲートウェイは東証1部上場企業。

さらに、GMOグループ自体が大企業なことから、その信頼感は抜群です。

しっかりと法令を遵守し、セキュリティ対策にも力を入れています。

プライバシーマークの認定ISO27001を取得しており、情報の取り扱いについて高いレベルを保持していることも魅力的。

これらの信頼感や安心感がGMO BtoB早払いの高い人気につながっています。

メリット② 業界最安水準の手数料

GMO ファクタリング_手数料のイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

先述のとおり、GMO BtoB早払いの手数料は1.0%~12.0%であり、これは業界トップクラスの安さです。

通常の売掛債権に関する手数料の相場は、1%~30%

もっとも低い水準で資金調達できることは、GMO BtoB早払いの大きなメリットです。

メリット③ 手続きがシンプル

GMO BtoB早払いは使い勝手が良いことで人気。

必要書類の少なさや、手続きがシンプルさがメリットです。

たとえば必要書類は以下のように3種類となっています。

GMO ファクタリング_必要書類のイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

猥雑な手続きに時間や労力を割かれることが少ない点も、GMO BtoB早払いの良い評判につながっています。

メリット④ 最短2営業日で入金される

入金スピードもGMO BtoB早払いの魅力。

利用申込みを済ませておけば買取申込から入金までの所要時間は、最短2営業日。

GMO ファクタリング_手続きがシンプルなイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

利用申込みからはじめても最短4営業日で入金してくれることは嬉しいポイントです。

メリット⑤ きめ細かいサービス

GMO ファクタリング_担当者の丁寧な対応のイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

GMO BtoB早払いはきめ細かいサービスでも人気。

ファイナンス業務を専任していて知識が豊富な担当者が対応してくれます。

その分、利用者に寄り添った手厚いサポートが期待できます。

先述のとおり、注文書を発行する段階でファクタリングができることや、買取頻度によるサービスがあることも魅力的。

以下のような口コミもあがっていました。

あなたの会社にピッタリの資金調達法を見つけやすいことがメリットです。

メリット⑥ 2者間・3者間ファクタリングに対応

GMO BtoB早払いは2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの両方に対応しています。

そのため、取引先にファクタリングを知られたくない場合にも重宝します。

その一方で、「3者間ファクタリングで手数料を抑えたい」といったニーズにも対応。

「2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いって何?」という方は、以下の一覧表をご覧ください。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの主な違い一覧表

種類 2者間ファクタリング 3者間ファクタリング
契約に関わる会社 申込者・ファクタリング会社 申込者・ファクタリング会社・取引先
手数料 売掛債権の10%-20%程度 売掛債権の1%-5%程度
審査の難易度 3社間ファクタリングよりは厳しめ 2社間ファクタリングよりは甘い
資金調達のスピード 即日~1週間 即日~1週間

細やかなサービスで資金調達をしたい方は、GMO BtoB早払いを見逃さないでくださいね。

詳しくは以下の公式ページをどうぞ。

GMO ファクタリング_GMOペイメントゲートウェイ株式会社の「GMO BtoB早払い」のイメージ画像

\GMOペイメントゲートウェイ株式会社「GMO BtoB早払い」公式サイトはこちら/

GMO BtoB早払いの注意点

GMO ファクタリング_GMO BtoB早払いの注意点に関するイメージ画像

GMO BtoB早払いにはたくさんのメリットがありますが、利用にあたっては注意が必要です。

魅力的なサービスだけにすぐに飛びついてしまうと、あとで「しまった」と思うことも。

そうならないよう、あらかじめ注意点をチェックしておきましょう。

個人事業主・小規模買取に対応していない

GMO ファクタリング_個人事業主や小口買取に対応していないイメージ画像
GMO BtoB早払いは個人事業主や小規模買取に対応していない点に注意が必要。

買取対象となる会社や債券についての詳細は、公式ホームページ内に以下の記載がありました。

GMO ファクタリング_対象企業と対象債権のイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

上記のように個人事業主は対象外となっているので、申込みの際には気を付けましょう。

また、対象金額については先ほどお伝えしたとおり継続タイプの場合は100万円からとなっています。

スポットタイプの場合には300万円からが対象となることにも注意が必要です。

ただしこれは複数の請求書に別れている場合でも、合算して対象金額に到達すれば対応可能とのこと。

詳しくは公式ホームページにある以下の記載をご確認ください。

GMO ファクタリング_利用限度額に関するイメージ画像

画像出典:gmo-pg.com

このように小口買取には対応していないことには注意が必要です。

少額の売掛金も買い取ってくれたらなぁ…。

このように思った方は、以下のページを参考になさってください。

個人事業主でも対応可能といった、中小企業に優しいファクタリング会社をご紹介していますよ!

ファクタリング比較ランキング 【ニーズ別】おすすめ給料ファクタリング会社ランキング!口コミ・信頼性・即日&売掛金対応の項目で比較!

【まとめ】GMOのBtoB早払いで安心・迅速なファクタリングを!

GMO ファクタリング_GMOのファクタリングのまとめに関するイメージ画像

それでは最後に、GMOのファクタリングやGMO BtoB早払いについておさらいしておきましょう。

GMOのファクタリング・GMO BtoB早払いのまとめ
  1. GMOのファクタリングはGMOペイメントゲートウェイ「GMO BtoB早払い」・イプシロン byGMO「早払いサービス」の2種類
  2. 「GMO BtoB早払い」と「早払いサービス」の最大の違いは買取対象の債権
  3. GMO BtoB早払いは、買取依頼のタイミング利用頻度によってサービスが区分されている
  4. GMO BtoB早払いのメリット
    ① 東証1部上場企業による信頼感
    ② 業界最安水準の手数料
    ③ 手続きがシンプル
    ④ 最短2営業日で入金される
    ⑤ きめ細かいサービス
    ⑥ 2者間・3者間ファクタリングに対応
  5. GMO BtoB早払いは個人事業主や小規模買取に対応していない点に要注意

GMOのファクタリングは売掛債権が対象の「GMO BtoB早払い」と、診療報酬などが対象の「早払いサービス」の2種類。

通常の企業間ビジネスでのファクタリングについては、GMO BtoB早払いで依頼できます。

GMO BtoB早払いは手数料の安さ手続きのシンプルさ、最短2営業日で入金されることなど、魅力が盛りだくさん。

そのなかでも特筆すべきは、東証1部上場企業だからこその信頼感といえるでしょう。

プライバシーマークISO27001の取得など、情報の取り扱いに余念がないところやきめ細かなサービスを受けられることが最大のメリット。

新しくはじまった注文書買取サービスを利用すると、約120日も入金スピードが早められることも大きな特徴。

安心感のある充実したサービスを受けたい方は、GMO BtoB早払いがおすすめです。

GMO BtoB早払いが気になった方は、以下の公式ページで詳細をチェックしてみてくださいね。

GMO ファクタリング_GMOペイメントゲートウェイ株式会社の「GMO BtoB早払い」のイメージ画像

\GMOペイメントゲートウェイ株式会社「GMO BtoB早払い」公式サイトはこちら/