ファクタリングの手数料を安くする4つのコツ!おすすめの格安会社TOP3はココだ!

ファクタリング手数料サムネイル

ファクタリングの手数料って、いくらくらいが相場なんだろ?
という疑問を解消すれば、少しでも多くのお金を得られます。

色んな名目をつけ、たくさんの手数料を請求してくるファクタリング会社に引っかかる危険を減らせるでしょう。

今回はファクタリングの手数料について、種類別の相場消費税の扱いについてお伝えします。

編集部厳選のおすすめファクタリング会社個人を対象とした給料ファクタリングの相場もご紹介するので、お役立てくださいね。

ファクタリングにおける手数料の概要
  • 2社間・3社間ファクタリング(一括ファクタリング)の相場
    ・2社間ファクタリング:10%~30%
    ・3社間ファクタリング:1%~5%
  • ファクタリングの種類別における相場
    ・給料ファクタリング:20%~40%
    ・医療ファクタリング:1%~2%
    ・国際ファクタリング:1%~2%
    ・保証ファクタリング:2%~15%
  • ファクタリングの手数料は、実際の入金額で判断すべき
  • ファクタリングに消費税は含まれない
  • 格安&信頼できるファクタリング会社の探し方
    公式ページの情報を確認する
    口コミ・評判を確認する
    複数の会社に相談する
  • 手数料からみるおすすめのファクタリング会社ランキング第1位OLTA

ファクタリングにおける手数料の相場はいくら?

ファクタリング 手数料_ファクタリングの手数料における相場のイメージ画像

ファクタリング手数料の相場を把握しておけば、むやみにお金を支払うリスクを減らせます。

どんな種類のファクタリング契約を交わすかで相場が変わってくるので、チェックしておきましょう。

種類別にみるファクタリングの手数料
  1. 2社間・3社間ファクタリングにおける手数料の相場
  2. ファクタリングの種類別に見る手数料の相場

2社間・3社間ファクタリングにおける手数料の相場

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかによって、手数料の相場は以下のように異なります。

2社間・3社間ファクタリングによる手数料の相場の違い

2社間ファクタリング 10%~30%
3社間ファクタリング 1%~5%

2社間ファクタリングとはファクタリング申込者(あなた)とファクタリング会社だけで交わす契約のこと。

2社間ファクタリングのメリットは取引先にファクタリングがバレないことです。

「この会社、経営状況がマズそうだから、取引を減らしていこう」などと思われるリスクを減らせることから人気。

二社間ファクタリングとは

画像出典:ebs-holdings.jp/

もう一方の3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに取引先を加えた契約形態のこと。

3社間ファクタリングのメリットは、手数料が安く済むことです。

取引先に債権譲渡をすると告げるため、ファクタリング会社の資金回収リスクが減らせることから手数料が割安となります。

三社間ファクタリングとは

画像出典:ebs-holdings.jp/

ファクタリングの種類別に見る手数料の相場

ファクタリング 手数料_ファクタリングの種類別にみる手数料の相場のイメージ画像

ファクタリングには大きくわけて5種類があり、それぞれの相場の目安は以下のようになります。

ファクタリングの種類における手数料の違い

種類 手数料の相場 特徴
一括ファクタリング ・2社間:10%~30%
・3社間:1%~5%
・一般企業や個人事業主によるファクタリング
・ファクタリング会社の回収リスクが低いほど手数料が安い傾向が
給料ファクタリング 20%~40% ・会社員やフリーターなど、個人を対象としたファクタリング
医療ファクタリング 1%~2% ・診療報酬債権、調剤報酬債権など
・売掛先は国保、社保など
・3社間ファクタリングの利用で信用失墜リスクがないため、手数料は安め
国際ファクタリング 1%~2% ・輸出入などの外国との取引におけるファクタリング
・メガバンク系のファクタリング会社が主(高度な対応力が必要なため)
・外国企業との手続きを簡素化できるうえ、手数料が安いことがメリット
保証ファクタリング 2%~15% ・売掛金の回収リスクを保証するためのサービス

本記事は企業や個人事業主を対象とする一括ファクタリングについて、お伝えしています。

「給料ファクタリングのおすすめ基本やおすすめ会社が知りたいな」という方は、以下のページをご覧くださいね!

ファクタリング比較ランキング 【ニーズ別】おすすめ給料ファクタリング会社ランキング!口コミ・信頼性・即日&売掛金対応の項目で比較!

それぞれの手数料や特徴をおさえたところで、ファクタリングの手数料について、さらに詳しく見ていきましょう。

ファクタリングの手数料とは

ファクタリング 手数料_ファクタリングの手数料に関する疑問のイメージ画像

ファクタリングの手数料には、なにが含まれるんだろう?
手数料の高い、安いはどんなことに影響される?

上記のような疑問をスッキリさせるため、ファクタリングの手数料についてわかりやすく解説します。

手数料の計算方法 = 売掛金 - 受取額

ファクタリングの手数料は、売掛金から実際に入金される額を引いた金額のことです。

「売掛金の●%」とわかりやすければいいのですが、なかには事務手数料や着手金などをあとから上乗せしてくるファクタリング会社も…。

そのため、「実際に受け取れる金額はいくらなのか」を見極めることが重要です。

ファクタリング手数料はリスクによって変わる

ファクタリング 手数料_リスクのイメージ画像

ファクタリング会社は以下のような資金回収におけるリスクによって、手数料を上げ下げするとされています。

  • 売掛先による債務不履行のリスク
  • 売掛金を持ち逃げ、流用されるリスク(2社間ファクタリングの場合)
  • ファクタリング利用者による詐欺のリスク

上記のようなリスクを抑えられるほど、手数料が安くなりやすいと考えられています。

そのため、利用者が信頼できる人物かどうかを重視するファクタリング会社は少なくありません。

ファクタリング手数料を左右する要因については、以下の章でさらに詳しく解説しています。

先にチェックされたい方は、こちらのボタンをクリックしてくださいね。

ファクタリングの手数料を左右する要因

ファクタリングにおける手数料の内容

ファクタリング手数料には、以下のような費用が含まれることがあります。

2社間・3社間ファクタリングによる手数料の相場の違い

債権譲渡の登記費用 ・司法書士報酬:約8万円~10万円
・登録免許税:7,500円
・印紙代:約2万円
出張料 ・距離に応じて変動
事務手数料 ・約5,000円

上記の手数料はファクタリング会社や契約内容によって含まれないケースもあります。

法外な手数料だと感じた場合には手数料に含まれる金額を確認することで、悪徳業者を避けられることも。

妥当な金額かどうかを見極めるために役立ててください。

消費税は手数料に含まれない

ファクタリング 手数料_消費税が含まれないことのイメージ画像

ファクタリングの手数料には消費税がかかりません。

これは、「金銭債権などの譲渡」にあたるからです。

国税庁のホームーページには以下のような記載があるので、参考になさってくださいね。

1 概要
消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行われる取引を課税の対象としています。
しかし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや社会政策的配慮から、課税しない非課税取引が定められています。

2 主な非課税取引
(1) 土地の譲渡及び貸付け
土地には、借地権などの土地の上に存する権利を含みます。
ただし、1か月未満の土地の貸付け及び駐車場などの施設の利用に伴って土地が使用される場合は、非課税取引には当たりません。
(2) 有価証券等の譲渡
国債や株券などの有価証券、登録国債、合名会社などの社員の持分、抵当証券、金銭債権などの譲渡
ただし、株式・出資・預託の形態によるゴルフ会員権などの譲渡は非課税取引には当たりません。
(後略)

出典:国税庁

これらのことから、手数料に消費税を含めるファクタリング会社は怪しいと考えられます。

法外な手数料を請求されているかもしれないので、注意しましょう。

ファクタリングの手数料を左右する要因

ファクタリング 手数料_ファクタリング手数料を左右する要因のイメージ画像

ファクタリング手数料は以下の5点に影響されます。

どんな影響を与えるのか、詳しく見ていきましょう。

ファクタリングの手数料を左右する要因
  1. 売掛先の信用力
  2. 契約形態
  3. 利用者への信頼度
  4. 売掛債権額の大小
  5. 支払いサイト(売掛金受取までの期間)

手数料の決定要因① 売掛先の信用力

売掛先の信用力が高いほど、手数料は安くなる傾向があります。

大手企業の売掛金の場合、それだけ回収できる可能性が高くなるからです。

反対に、売掛先が無名の小さな会社なら、ファクタリング会社からリスクが高いと判断されがち。

その分、手数料が高くなる傾向があります。

手数料の決定要因② 契約形態

ファクタリング 手数料_ファクタリングの契約形態に関するイメージ画像

先述のとおり、ファクタリングは契約形態によって手数料が大きく異なります。

2社間・3社間ファクタリングによって、2倍以上の開きが出るケースが多いことをおさえておいてください。

売掛先との信頼関係がしっかり構築できている場合には、3社間ファクタリングで手数料を安く抑えることもひとつの手。

状況に応じた最善策を選びましょう。

手数料の決定要因③ 利用者への信頼度

ファクタリング会社にとって、申込者が信用できる人物かどうかは重要なこと。

先述の、「持ち逃げリスク」や「流用リスク」を軽減できるとされるからです。

そのため、面談において好印象を与えられるようにすると良いでしょう。

また、そのファクタリング会社を複数回利用することも信頼度を上げます。

何度も同じファクタリング会社を利用していると、「この人はいつも申し込んでくれるから安心だ」と受け取られやすいのです。

審査スピードの迅速化にもつながりますので、最初に良い会社を見つけ、ファクタリングを使うときには同じ会社を使うと良いでしょう。

手数料の決定要因④ 売掛債権額の大小

ファクタリング会社は売掛債権の金額が大きい案件を重視します。

その理由は、より大きな利益を得られるから。

反対に債権額が小さいと、ひとつの案件から得られる利益が小さくなりがち。

その分、手数料が割高になることがあるのです。

売掛債権額の大小によって、手数料が上下するケースがあることもおさえておきましょう。

手数料の決定要因⑤ 支払いサイト(売掛金受取までの期間)

ファクタリング 手数料_支払いサイトのイメージ画像

先述のとおり、ファクタリング会社は売掛金の回収リスクを下げたいと考えます。

そのため、売掛金の支払いサイトが長いほど、リスクが大きくなると受け取られがち。

リスク管理が大変になりやすいことから、手数料が高く設定されることがあるのです。

ファクタリングの手数料を安くする方法

ファクタリング 手数料_ファクタリング手数料を安くする方法のイメージ画像

ファクタリング手数料を抑えたい…
という方は、以下の4点について確認してください。

ファクタリングの手数料を安くする方法
  1. 売掛先との取引の安定性を伝える
  2. 3社間ファクタリングをする
  3. ファクタリング会社に良い印象を与える
  4. 相見積もりをとっていると伝える

これらの対応ができれば、手数料を安くできるかもしれません。

詳しくみていきましょう。

手数料の抑え方① 売掛先との取引の安定性を伝える

売掛先との取引が、これまで長期的におこなわれているほど、手数料を抑えやすくなります。

そのためにも、「10年以上も取引をしている」など、売掛金の回収リスクが低いことをアピールすると良いでしょう。

具体的には、これまでの取引を証明できる書類や入金実績などを見せると効果的。

回収リスクが低いと判断されれば、手数料が安くなる可能性があります。

手数料の抑え方② 3社間ファクタリングをする

先述のとおり、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が手数料が安い傾向があります。

そのため、ファクタリング契約について売掛先に相談すると良いでしょう。

ただし、信頼関係が構築できていないと、今後の取引に悪影響をおよぼす可能性があるので要注意。

無理のない範囲で3社間ファクタリングを検討することをおすすめします。

手数料の抑え方③ ファクタリング会社に良い印象を与える

ファクタリング 手数料_良い印象のイメージ画像

先ほどお伝えしたとおり、ファクタリング会社は利用者が信用に値する人物かどうかを重視します。

そのため、ファクタリング会社の面談には充分な注意を払いましょう。

具体的には、以下のような点に気を付けると良いですよ。

  • 時間や約束を守る
  • 身だしなみを整える
  • 笑顔で接する
  • 担当者やファクタリング会社を悪く言わない
  • 売掛金が入金されたら、いち早く振り込むことを力強く約束する

これらは当たり前のことだと思われがちですが、意外にできていない人が多いといえます。

そのため上記の5点を注意するだけでも、担当者の印象はグッとあがります。

少しでも手数料を安くするためにお役立てくださいね。

手数料の抑え方④ 相見積もりをとっていると伝える

ファクタリング会社にとって、安心して売掛金を買い取れる利用者は良いお客様。

また、利益が大きくなる売掛金が高額なお客様にも利用してもらいたいと思うでしょう。

そんなお客様を逃したくないと思うのがファクタリング会社の心理。

この点をついて、「相見積もりをとっている」と伝えることで手数料が安くなる可能性があります。

「このお客様を逃したくない」という気持ちが強いほど、手数料をあげづらくなります。

ファクタリング会社としても、利用者から信頼を得て、長期的に利用してもらいたいと考える可能性が高いのです。

逆に相見積もりをとっていないと悟られると、「少しくらい手数料を上乗せしても大丈夫そうだな」と足元を見られる可能性が。

こういったことがないよう、相見積もりとっていることを伝えましょう。

格安&信頼できるファクタリング会社の探し方

ファクタリング 手数料_格安で信頼できるファクタリング会社の選び方のイメージ画像

年々、利用者が増えているファクタリング。

そのためファクタリング会社も増えています。

数あるファクタリング会社を片っ端から調べ上げると、膨大な時間と労力がかかってしまいます。

そんなことがないよう、迅速に優良会社を見極めるコツをおさえておきましょう。

格安&信頼できるファクタリング会社の探し方
  1. 公式ページの情報を確認する
  2. 口コミ・評判を確認する
  3. 複数の会社に相談する

ファクタリング会社の探し方① 公式ページの情報を確認する

ファクタリング会社のホームーページを見て、手数料の上限会社の所在地などが明記されているか確認しましょう。

これらを掲載しているファクタリング会社は、信頼できるといえます。

逆に、手数料の上限を掲載していない場合には要注意。

申込後に法外な手数料を要求される可能性があります。

また、会社情報を掲載していない場合は、悪徳業者の恐れもあります。

ファクタリング会社を名乗って闇金まがいのことをする業者もいるので、トラブルにならないよう気を付けましょう。

ファクタリング会社の探し方② 口コミ・評判を確認する

ファクタリング会社を探す際には、口コミ情報が役立ちます。

「ホームーページに書いてある手数料よりも高かった」
「この会社の対応は悪かった」

などの口コミがあがっているファクタリング会社は避けた方が無難。

反対に、良い口コミがたくさんあがっている会社は信頼できるといえます。

できる範囲で評判を確認し、手数料を抑えながら安心して使えるファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリング会社の探し方③ 複数の会社に相談する

ファクタリング 手数料_相談のイメージ画像

先述のとおり、相見積もりをとることは重要です。

ファクタリング会社の担当者に伝えるだけでなく、実際に相見積もりをとりましょう。

複数のファクタリング会社に相談することでわかることはたくさんあります。

「うちの売掛金なら、これくらいの手数料が相場なのか」
「あのファクタリング会社、ほかの会社よりも対応が良かったな」
「この会社、案内すべきことを伝えてくれなかったな」

などの気付きが得やすくなります。

複数のファクタリング会社に相談しておくと、本命の契約時に不都合な条件を追加されたときにも役立ちます。

もしものときの備えにもなるので、複数のファクタリング会社に相談しておきましょう。

手数料が安いおすすめファクタリング会社ランキングTOP3

ファクタリング 手数料_手数料でおすすめのファクタリング会社ランキングTOP3のイメージ画像

スピードも大事だけど手数料も大事…でもどのファクタリング会社がいいのかわからない
という方は少なくありません。

そこで、編集部おすすめのファクタリング会社ランキングTOP3をご紹介。

手続きのしやすさや相談のしやすさなど各社の強みもお伝えするので、ぜひお役立てくださいね。

第1位:olta(オルタ)

ファクタリング 東京_oltaのイメージ画像

業界最高水準の手数料が自慢のolta(オルタ)。

2社間ファクタリング専門により2%~9%の格安手数料が人気。

最短24時間のスピード入金が可能なことも大きな魅力!

WEB上ですべての手続きを終えられるクラウドファクタリングが特徴的です。

さらに、譲渡禁止特約つきの売掛債権も回収できるとホームページ記載していることもポイント。

手数料だけでなく、スピードや手続きの簡単さを求める方におすすめです。

oltaの特徴はこちらをご覧ください。

取り扱いファクタリング ・2社間ファクタリング
利用可能対象者 ・法人
・個人事業主
買取可能額 要相談
手数料 2%~9%
入金スピード 最短24時間
対応エリア 全国
olta(オルタ)の評価
手数料
(5.0)
売掛債権の買取額
(4.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(5.0)

\olta(オルタ)公式サイトはこちら/

第2位:三共サービス

ファクタリング 東京_三共サービスのイメージ画像

三共サービスは最安1.5%~の手数料が強みのファクタリング会社。

2社間、3社間ファクタリングのどちらにも対応しています。

ただし、上限額の記載がないため要注意。

また、三共サービスは丁寧に審査によってマネジメントのアドバイスをしてくれることでも有名。

相談のしやすさが魅力ですが、個人事業主が対象外な点には気を付けてください。

三共サービスの特徴は以下を参考になさってください。

取り扱いファクタリング ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
利用可能対象者 ・法人
買取可能額 50万円~3,000万円
手数料 1.5%~
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国
三共サービスの評価
手数料
(5.0)
売掛債権の買取額
(4.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

\三共サービス公式サイトはこちら/

第3位:ビートレーディング

ファクタリング 東京_ビートレーディングのイメージ画像

業界最大手のビートレーディングは、信頼性・安定性が抜群。

累計買取額が409億円を超える大企業なので、資金力を活かした対応力が強みです。

その買取り可能額は30万円~3億円

業界最大手ということもあり、口コミも上場。

ビートレーディングは安心と信頼で選びたい方におすすめ。

ビートレーディングの特徴は、以下です。

取り扱いファクタリング ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
利用可能対象者 ・法人
・個人事業主
買取可能額 30万円~3億円
手数料 2%~20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国
ビートレーディングの評価
手数料
(4.0)
売掛債権の買取額
(5.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

\ビートレーディング公式サイトはこちら/

【まとめ】安心&手数料が安いファクタリング会社を選ぼう!

ファクタリング 手数料_ファクタリングにおける手数料のまとめのイメージ画像

最後にファクタリングの手数料について、おさらいしておきましょう。

ファクタリングにおける手数料のまとめ
  • 2社間・3社間ファクタリング(一括ファクタリング)の相場
    ・2社間ファクタリング:10%~30%
    ・3社間ファクタリング:1%~5%
  • ファクタリングの種類別における相場
    ・給料ファクタリング:20%~40%
    ・医療ファクタリング:1%~2%
    ・国際ファクタリング:1%~2%
    ・保証ファクタリング:2%~15%
  • ファクタリングの手数料は、実際の入金額で判断すべき
  • ファクタリングに消費税は含まれない
  • 格安&信頼できるファクタリング会社の探し方
    公式ページの情報を確認する
    口コミ・評判を確認する
    複数の会社に相談する
  • 手数料からみるおすすめのファクタリング会社ランキング第1位OLTA

ファクタリングの手数料における相場を把握しておくと、手元に残るお金を少しでも多くできます。

適性な手数料でファクタリングを利用できるよう契約形態別、種類別の相場をおさえておきましょう。

あわせて、安くて安心できるファクタリング会社の選び方がわかっていると、余計な不安を感じることも少なくなります。

今回お伝えした内容を参考に、あなたにピッタリのファクタリング会社を選んでくださいね。

手数料面でおすすめのファクタリング会社ランキングNo1のolta(オルタ)は以下の公式ページで詳細をチェックしておきましょう。

\olta(オルタ)公式サイトはこちら/