会社の資金繰りがやばい理由とは?9つの資金調達法をかんたん解説!

資金繰りやばいサムネイル

会社の資金繰りがやばい…どうしよう…

会社の資金繰りがやばい理由は、大きくわけて5つです。

どんな要因があるのかを把握できれば、問題解決への足掛かりになります。

また、万一に備えて、迅速に資金調達ができる方法を知っておけば鬼に金棒です。

今回は、会社の資金繰りがやばいと悩むあなたのため、資金繰りの問題点・対処法・資金調達の手段などをご紹介します。

借金をせずに最短即日で資金調達ができるとされるファクタリングとは何かについても、かんたんに解説しました。

より良い会社経営につなげるため、ぜひお役立てくださいね!

資金繰りがやばいと思った時の対処法などの概要
  • 資金繰りがやばい理由には、入ってくるお金が少ないなど、5つの理由がある
  • 資金繰りがやばい時にやるべきことは、入金額を増やすなど6つある
  • 資金繰りがやばいと感じる前に、11の資金調達法をおさえておくと良い
  • 資金繰りがやばい時には、ファクタリングがおすすめ

資金繰りがやばい会社の5つの理由とは?

資金繰り やばい_理由

うちの会社、なんで資金繰りがやばいんだ…?

会社の資金繰りがやばい理由は、大きくわけて以下の5つです。

会社の資金繰りがやばい理由
  1. 入ってくるお金が少ない
  2. お金が入るタイミングが遅い
  3. 出ていくお金が多い
  4. お金が出るタイミングが早い
  5. 資金繰りの管理ができていない
会社が成長しているのに資金繰りがやばくなる理由を、わかりやすく解説しますね!

理由①入ってくるお金が少ない

入ってくる現金が少ないと、会社の資金繰りはやばくなります。
例えば以下のような状況が考えられます。

会社の資金繰りがやばい理由の一例
  • 販売価格が安い
  • 商品の販売数が少ない
  • お客様の数が少ない
  • お客様のリピート率が悪い
  • 未回収の売掛金がある

上記は会社に入るお金が少ない理由の、ほんの一例です。

会社に入るお金が少ない場合、上記の問題を解消すれば、資金繰りの改善につながる可能性が高いです。

具体的な方法は、以下の見出しでお伝えしますね。

①入ってくるお金を増やす

理由②お金が入るタイミングが遅い

お金が入ってくるタイミングが遅いために、会社の資金繰りがやばいと感じるパターンです。

タイミングの遅れで会社の資金繰りがやばいと感じる場合、以下の状況が考えられます。

入金時期の遅さから資金繰りがやばいと感じる理由
  • 売掛金の支払期日を遠く設定している
  • 手形で取引している

お金が入るタイミングが遅いと、手元に現金が確保できないので、資金繰りがやばいことになりやすいです。

入金時期の遅さから資金繰りがやばいと感じる場合の対処法は、以下の見出しでお伝えしますね。

②お金が入るタイミングを早める

理由③出ていくお金が多い

支払額が多いほど、会社の資金繰りがやばいと感じやすいです。

具体的には、以下のような状況が挙げられます。

支払額が多い会社の傾向
  • 無駄なコストがかかっている
  • 不要な資産を持っている
  • 利益をあげない社員を抱えている
  • 職場の賃料が高い

出ていくお金が多い場合、入金額より支払額が多くなってしまうため、会社の資金繰りがやばくなります。

支払額が多いために会社の資金繰りがやばいことになっている場合の対処法は、以下の見出しにまとめました。

先にご覧になる場合は、以下のジャンプリンクをクリックしてくださいね!

③出ていくお金を減らす

理由④お金が出るタイミングが早い

お金が早く出ていくために会社の資金繰りがやばいと感じる場合、以下の状況が考えられます。

早くお金が出ていくために、資金繰りがやばいと感じる理由
  • 買掛金の支払スパンが短い
  • 経費の支払いを現金払いにしている
  • 借入金の返済期日が早い

「あと1週間、支払日が先だったらなぁ」と感じる場合、お金が出るタイミングが早すぎるのかもしれません。

この場合の対処法については、以下の記事でお伝えしています。

④お金が出るタイミングを遅らせる

理由⑤資金繰りの管理ができていない

資金繰りの管理をしていないと、いくらまでの支払余力があるのかを把握できません。

気付いたら資金繰りがやばいことになっていた…

こういったケースも多いです。

資金繰りの管理ができていない状況の一例として、以下が挙げられます。

資金繰りの管理ができておらず、やばいと思う状況
  • 資金繰り表を作成していない
  • 月次決算書を作成していない

「いくらまでなら在庫を抱えられるのか」など、状況を把握できていないと、必要な時に現金を用意できません。

資金繰りの管理ができていない場合の対処法は、以下の見出しでお伝えします。

先にご覧になりたい場合は、以下からどうぞ。

⑤資金繰りの進行管理をする

会社の資金繰りがやばい時に、やるべきこととは?

資金繰り やばい_やるべきこと

会社の資金繰りがやばい時にやるべきことは、以下の6つです。

会社の資金繰りがやばい時にやるべきこと
  1. 入ってくるお金を増やす
  2. お金が入るタイミングを早める
  3. 出ていくお金を減らす
  4. お金が出るタイミングを遅らせる
  5. 資金繰りの進行管理をする
  6. 資金調達の準備

上記6点の対処法について、わかりやすく解説します。

①入ってくるお金を増やす

入ってくるお金を増やすためには、以下の対処法が効果的です。

入金額を増やしてやばい資金繰りを改善する方法
  • 販売価格を上げる(顧客との交渉など)
  • 商品の販売数を上げる(販売戦略の見直しなど)
  • お客様を増やす(集客方法の改善など)
  • お客様のリピート率を上げる(フォロー体制の強化など)
  • 売掛金を素早く回収する(取引先への交渉など)

会社が直面している問題にあわせた対処法をとれば、やばい資金繰りを改善に導けます。

ただし、それぞれの対処法に取り組むことが逆効果になるケースも考えましょう。

例えば、販売価格を上げると、全体の売上が落ちる場合などが挙げられます。

全体の利益や支出との兼ね合いをふまえて、資金繰りの向上を目指しましょう。

②お金が入るタイミングを早める

お金が入ってくるタイミングを早くすれば、やばい資金繰りを改善できます。

以下のような対処法がとれないか、検討してみましょう。

入金サイクルの改善でやばい資金繰りを改善する方法
  • 売掛金の回収期日を短くする
  • 手形取引をやめる

お金が入るタイミングを早める場合、取引先との交渉が主な対策となります。

やり方によっては、今後の取引に悪影響が出るかもしれません。

安易に交渉に入るのではなく、しっかりと準備をしてから、入金サイクルの改善交渉に入りましょう。

③出ていくお金を減らす

支払負担を軽減すれば、やばい資金繰りを良い方向に導けます。

出ていくお金を減らしたい場合、以下の対処法を参考になさってください。

支払負担を軽減して、やばい資金繰りを改善する方法
  • コストカットに努める(仕入先の検討など)
  • 不要な資産を売却する(証券の売却など)
  • 社員の意欲・能力向上に努める(社員教育の徹底など)
  • 適切なオフィスを構える(場所・広さ検討)

上記のように不要なコストを減らす努力をすれば、より効率的に利益をあげられます。

資金繰りがやばいと感じる時期をうまく乗り越え、飛躍のチャンスに変えましょう!

④お金が出るタイミングを遅らせる

お金が出ていくタイミングを遅らせるほど、手持ち資金が減りにくいので資金繰りを改善しやすくなります。

支出のタイミングを遅らせる方法は、以下をご覧ください。

支出を遅らせて、やばい資金繰りを改善する方法
  • 買掛金の支払期日を遅らせる(取引先との交渉など)
  • 経費の支払日を遅らせる(法人カードを使うなど)
  • 借入金の返済日を遅らせる(貸主との交渉など)

上記のうち、とれる対策がないかを検討して、お金が出ていくタイミングを遅らせましょう!

⑤資金繰りの進行管理をする

資金繰りの進行管理を徹底すれば、「いくらまでなら支払えるか」などの目処を立てやすくなります。

具体的には、以下に着手すると良いでしょう。

資金繰りを管理して、やばい資金繰りを改善する方法
  • 資金繰り管理表を作る
  • 月次決算書を作る

上記の方法で資金繰りを管理すれば、やばい状況を避けやすくなります。

より良い会社経営のため、資金繰りの進行管理に着手しましょう!

⑥資金調達の準備

資金調達の準備をしておけば、いざという時に素早くお金を用意できます。

また、資金が必要となる日までに時間があれば、少ないコストでお金を用意できるケースも。

これらをふまえて、迅速に資金調達できる方法や安価で資金調達できる方法をおさえておきましょう。

会社の資金繰りがやばいと感じる方におすすめの資金調達法は、次の見出しで詳しくお伝えしますね!

会社の資金繰りがやばい時の資金調達法とは?

資金繰り やばい_資金調達法

会社の資金繰りがやばい時には、以下の資金調達法から適切な手段をお選びください!

会社の資金繰りがやばい時の資金調達法
  1. ファクタリング
  2. ビジネスローン
  3. 公的融資
  4. 助成金
  5. 銀行融資
  6. 手形割引
  7. 投資家
  8. ベンチャーキャピタル
  9. クラウドファンディング
  10. 資産の売却
  11. 株式の発行

上記、11の資金調達法について、見ていきましょう!

資金調達法①ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権を早期買取りしてもらえるサービスのことです。

ファクタリング会社と呼ばれる業者に請求書などを提出すれば、最短即日で資金調達できます。

中には、取引先に知らせることなくファクタリングできる会社もあるので、今後の取引にも悪影響が出にくい点がメリット。

また、償還請求権がない点も大きな魅力。

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらった後、貸し倒れになっても、あなたには支払義務はありません。

売掛債権の買い取りサービスなので、担保や保証人も不要。

借金にもならないため将来の銀行融資などに悪影響が出ない、近年人気の資金調達法です。

おすすめのファクタリング会社「三共サービス」なら、業界トップクラスの手数料(最安1.5%)で対応してくれます。

三共サービスはマネジメントの相談にまでのってくれるので、経営改善にも役立つでしょう。

ファクタリングの基礎知識については、以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

ファクタリング初心者サムネイル 「ファクタリングとは?」を初心者向けにかんたん解説!資金難を乗り切る知恵とは?

資金調達法②ビジネスローン

事業用資金を借りられるビジネスローンは、素早く資金調達できる点が魅力です。

審査も比較的甘く、保証人を求められることもありません。

ただし、金利が高く、借入金となってしまう点がビジネスローンのデメリット。

借金をしたくない方は、ファクタリングがおすすめです。

資金調達法③公的融資

公的融資とは、国や自治体などから借金する方法のことです。

金利が安いですが、手続きに手間暇がかかり、保証人が必要となるケースも。

これらの点から、急な資金調達には適さないと言えるでしょう。

資金調達法④助成金

返済義務がない助成金は、支払負担がゼロな点が大きな魅力。

その一方で、対象者はごく一部となり、手続きに時間や労力がかかる点がデメリットです。

入金までに時間がかかるので、スピードは求められません。

資金調達法⑤銀行融資

銀行融資は金利がビジネスローンよりも安めな点が魅力的。

ただし審査は厳しめで、即日融資は期待できません。

「多少の時間はかかってもいいから、支払負担を抑えたい」という方には、銀行融資がおすすめです。

資金調達法⑥手形割引

手形割引とは企業間のやりとりに使われる有価証券を、早期に引き取ってもらう方法のこと。

早く引き取ってもらう分、手形と引き換えに受け取れる額は減ります。

手形を持っていないと利用できないため、使い勝手が良い資金調達法とは言えません。

また手形には償還請求権があるので、不渡りになった際には、あなたに支払義務が生じます。

資金調達法⑦投資家

投資家に事業をアピールして資金を集める方法も候補として挙げられます。

担保不要のケースが多く、事業のアドバイスをもらえることがある点がおすすめポイント。

その一方で、投資家を見つけづらく、投資家からの助言が逆効果になるケースがあるので、注意が必要です。

資金調達法⑧ベンチャーキャピタル

将来を期待される会社の場合、資金を提供してくれるベンチャーキャピタルも資金調達法のひとつとして考えられます。

借金にならないことが多い点から、注目する人もいます。

ですが、経営権を取られたり、事業で得た利益を分配しなければならなかったりするケースもあるので要注意。

資金調達法⑨クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、不特定多数に事業への資金提供を呼び掛ける方法です。

返済義務がなく、事業の宣伝にも使われる点がクラウドファンディングの魅力。

その一方で、事業の魅力をアピールできないと、うまく資金調達できません。

良くない噂が広まるケースもあるので、注意が必要です。

資金調達法⑩資産の売却

不動産や証券などの資産を売却して、資金を得る方法です。

ただし、不動産などは、売買が成立するまでに時間を要することも珍しくありません。

素早く資金調達したいとお考えの方は要注意です。

資金調達法⑪株式の発行

株式の発行(増資)は、支払負担が少ないですが、手間暇がかかる点がデメリット。

労力がかかるといった点を考えると、得られるメリットが小さいと考える人もいます。

株式の発行をするためには、募集要項を決めたり、申込予定者への通知をしたりと、やるべきことが盛りだくさん。

登記も必要になるため、スピーディーな資金調達をしたい方にはおすすめできません。

【まとめ】資金繰りを改善して、良い意味でやばい会社にしよう!

資金繰り やばい_まとめ

資金繰りがやばいと思った時の対処法などについて、最後にまとめておきますね!

資金繰りがやばいと思った時の対処法などのまとめ
  • 資金繰りがやばい理由には、入ってくるお金が少ないなど、5つの理由がある
  • 資金繰りがやばい時にやるべきことは、入金額を増やすなど6つある
  • 資金繰りがやばいと感じる前に、11の資金調達法をおさえておくと良い
  • 資金繰りがやばい時には、ファクタリングがおすすめ

資金繰りがやばい時には、状況に応じた対処法を選ぶことが重要です。

あなたの会社にはどんな原因があり、資金繰りがやばいことになっているのか、落ち着いて考えなければなりません。

また、もしもの時に備え、資金調達法をおさえておくことも大切です。

いざという時にすぐ資金調達できるよう、スピーディーで使い勝手の良いファクタリングを覚えておきましょう!

ファクタリングのおすすめ会社については、以下の記事でご紹介しています。

特徴別におすすめのファクタリング会社をご紹介しているので、ぜひあわせてご覧くださいね。

ファクタリング比較サムネイル 【特徴別】ファクタリング会社の比較ランキング!最適な選択に役立つ4大ポイントとは?