「ファクタリングとは?」を初心者向けにかんたん解説!資金難を乗り切る知恵とは?

ファクタリング初心者サムネイル

初心者がファクタリングを使うときって、どんなことに気を付ければいいのかな?

基本的な知識や注意点をおさえていないと、状況がさらに悪化するかもしれません。

「こんなことなら、買取りしてもらうんじゃなかった…」と思わないためにも、ポイントを把握しておくことが重要です。

そこでこの記事では、「ファクタリングとは?」といった基礎知識や、おすすめのファクタリング会社選びのポイントをご紹介します!

手数料の相場や他の資金調達法との比較も簡単にまとめましたので、サクサク見ていきましょう!

ファクタリングとは

ファクタリング 初心者_基礎知識のイメージ画像

まずは、ファクタリングとは何かから知りたいな。

そんな初心者の方でもサクッと把握できるよう、ファクタリングの基礎知識についてわかりやすく解説しますね!

ファクタリング = 入金前に売掛債権を買取ってくれるサービス

ファクタリングとは売掛債権が入金される前に、早期買取りしてくれるサービスのことです。

商品やサービスを提供してから1ヶ月後など、代金の受取りが遅れることは多々あります。

その間に資金足りなくなって黒字倒産してしまう会社も…。

そういったことから、ファクタリングが重宝されているんですね!

ファクタリングに関する法律はない

ファクタリングって違法じゃないのかな?

現在はまだ、売掛金ファクタリングに関する個別の法律はありません。

ただし、以下の民法を根拠にファクタリングが可能と考えられています。

  • 民法第466条
  • 民法第467条
  • 民法第468条

また、経済産業省がファクタリングの利用を促していることや、国土交通省もファクタリングの仕組みを活用していることからも、違法ではないとされています。

その一方で、個人の給料を対象にしたファクタリングは、最近になって違法ではないかと考えられています。

この点については以下のページで解説しているので、気になる方はチェックしてくださいね!

ファクタリングボーナスサムネイル ボーナスのファクタリングが皆無な3つの理由!代替案で乗り切れないか検討を!

ファクタリングの種類

ファクタリング 初心者_種類のイメージ画像

ファクタリングのおもな種類には、以下のようなものがあります。

ファクタリングのおもな種類

種類 特徴
一括ファクタリング ・一般企業や個人事業主によるファクタリング
・ファクタリング会社の回収リスクが低いほど手数料が安い傾向がある
医療ファクタリング ・診療報酬債権、調剤報酬債権など
・売掛先は国保、社保など
・3社間ファクタリングの利用で信用失墜リスクがないため、手数料は安め
国際ファクタリング ・輸出入などの外国との取引におけるファクタリング
・メガバンク系のファクタリング会社が主(高度な対応力が必要なため)
・外国企業との手続きを簡素化できるうえ、手数料が安いことがメリット
保証ファクタリング ・売掛金の回収リスクを保証するためのサービス
給料ファクタリング ・会社員やフリーターなど、個人を対象としたファクタリング

このようにファクタリングは大きく5つにわけられます。

とくに利用が多いのは、一括ファクタリングや給料ファクタリングの利用者です!

ファクタリングの契約形態

ファクタリング 初心者_契約形態のイメージ画像
ファクタリングの契約形態は2社間と3社間にわけられます。

それぞれの仕組みについて、わかりやすくご紹介しますね!

契約形態① 3者間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、申込者とファクタリング会社、売掛先の3社で結ぶ契約のことです。

図にすると以下のような契約になります。

三社間ファクタリングとは

画像出典:ebs-holdings.jp/

売掛金ファクタリングの基本ともいわれる契約形態。

売掛先を契約に含めるので、ファクタリングすることがバレてしまいます。

その一方で、ファクタリング会社が売掛金を回収できる可能性が比較的高く、リスクが少ないので手数料が安めだと言われています。

契約形態② 2者間ファクタリング

2社間ファクタリングとは売掛先を含めず、利用者とファクタリング会社のみで行う契約です。

以下のような契約となります。

二社間ファクタリングとは

画像出典:ebs-holdings.jp/

2社間ファクタリングは、売掛先にファクタリングすることを秘密にできる点が魅力的。

ですが、手数料が高めになることがデメリット。

2社間ファクタリングは申込者にお金を持ち逃げされるなど、ファクタリング会社側のリスクが高まってしまうからです。

ファクタリング会社における3つの種類

ファクタリング 初心者_会社の種類のイメージ画像
ファクタリング会社は、大きくわけて以下の3タイプとなります。

ファクタリング会社の種類
  1. 金融系
  2. メーカー系
  3. 独立系

ファクタリング会社における3つの種類について、サクッと見ていきましょう!

① 金融系

金融系のファクタリング会社は銀行や、その関連会社が当てはまります。

金融系のファクタリング会社は3社間契約が多いので着金までに時間がかかり、審査も厳しい傾向が。

その一方で利用額が大きかったり、手数料が安かったりといったメリットがあります。

また、銀行ならではの安心感があることも特徴的。

なお、銀行が扱うファクタリングには償還請求権がある契約が多い点もおさえておきましょう。

「償還請求権がある」とは、売掛金の貸し倒れ時などにファクタリング利用者が、その責任を負うこと

ファクタリングには基本的に償還請求権がなく、貸し倒れのリスクはファクタリング会社が背負うことが多いです。

そのため、金融系のファクタリングを融資とみなす人もいます。

② メーカー系

メーカー系のファクタリングは消費者金融や信販会社などによるファクタリングを意味します。

銀行よりもスピーディーに資金調達できることが多いですが、手数料が高くなることも。

メーカー系の契約形態も3社間となることが多いです。

メーカー系のファクタリングは、ノンバンク系といわれることもあります。

③ 独立系

独立系のファクタリング会社は、金融系でもメーカー系でもない会社を指します。

独立系の場合、親会社がないケースが多く、少額から買い取ってくれるなど柔軟なサービスを提供してくれることが特徴的。

2社間ファクタリングをしてくれることも多いので、売掛先に知られたくない場合におすすめです。

また、金融系やメーカー系よりも資金調達スピードが早いことも、独立系の特徴。

その一方で、手数料が高かったり、利用する際に不安になりやすかったりするので気を付けましょう!

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリング 初心者_メリット・デメリットのイメージ画像
ファクタリングには以下のメリットやデメリットがあります。
ファクタリングのメリット・デメリット

メリット デメリット
①迅速に資金調達ができる
②審査が甘い
③取引先・勤務先にバレずにお金を調達できる
④信用情報に影響しない
⑤担保・保証人がいらない
⑥利用すると手数料・買取り率が有利に
⑦償還請求権がない
⑧入手したお金を自由に使える
①手数料が高め
②悪徳業者がいる
③債権譲渡登記が必要なことがある

*表は端末に応じてスクロールできます。

このようにファクタリング会社の多くは、柔軟に対応してくれる傾向があります。

その一方で、手数料が高くついたり、債権譲渡登記が必要だったりすることも。

中には、法外な手数料を請求してくる会社や、実態が闇金である場合などもあるので要注意です。

ファクタリング初心者が気を付けるべきこと

ファクタリング 初心者_注意点のイメージ画像
ファクタリング初心者は、以下の4点に注意することをおすすめします。

ファクタリング初心者が注意すべきこと
  1. しっかり契約書類を確認する
  2. ファクタリング会社に渡すべき売掛金を流用しない
  3. 架空の売掛金でファクタリングしない
  4. ファクタリングの利用で状況が悪化しないか、よく考える

各ポイントについて、わかりやすくお伝えしますね!

注意点① しっかり契約書類を確認する

ファクタリングを使う際には、契約書類をしっかり見ておかなければいけません。

口頭では案内されなかったオプション料などの手数料が請求される場合があるからです。

ほかにも、担保の設定を義務付けていたり、償還請求権をありにしていたりするケースもあります。

こういった場合にはファクタリングではなく融資とみなされることもあり、貸金業の登録をしていない業者の場合、違法になることも。

悪徳業者の場合、故意に契約書類を渡さないこともあるので要注意です。

注意点② ファクタリング会社に渡すべき売掛金を流用しない

2社間ファクタリングで資金調達してもらった後、売掛金をファクタリング会社に渡さず、自分で使うようなことをしてはいけません。

契約違反となり、損害賠償を請求されたり横領などの罪に問われたりする恐れがあるからです。

なかには、突然売掛先に債権譲渡を通知するファクタリング会社もあるとされているので、不利益が大きくなると考えられます。

ファクタリング契約をしっかり守り、売掛金の流用はしないようにしてくださいね!

注意点③ 架空の売掛金でファクタリングしない

架空の売掛金でファクタリングを利用すると詐欺罪に問われる恐れがあります。

請求書の偽造など、あらかじめ用意しておかないと架空の売掛金での利用はできません。

そのため、架空の売掛金でファクタリングを利用することは、かなり悪質な行為といえます。

架空の売掛金を使ったファクタリングは、絶対しないようにしましょう!

注意点④ ファクタリングの利用で状況が悪化しないか、よく考える

売掛金を全部ファクタリングしてもらおう

むやみにファクタリングを使うと、状況がさらに悪化するかもしれないので要注意。

ファクタリングは使い勝手が良いですが、手数料が高いので、翌月以降の負担が増えます。

例えば、100万円の売掛金を90万円で買い取ってもらった場合、10万円が手数料に…。

これは、本来受け取れるはずだった10万円がなくなってしまうということです。

そのため、翌月以降の支払いがさらに苦しくなります。

こういった理由から、ファクタリングを使う際には長期的な資金繰りについても検討することをおすすめします。

ファクタリング利用時の流れ

ファクタリング 初心者_利用時の流れのイメージ画像
ファクタリングの基本的な流れは、以下となります。

STEP.1
問い合わせ
電話・メール・FAXで問い合わせをする。
問題がなければ取引先に売掛債権の譲渡に関する連絡がされる。
STEP.2
契約
利用者・ファクタリング会社・取引先の3社で契約を交わす。
STEP.3
振込金額の確認
ファクタリング会社からの振込金額が合っているか確認する。
STEP.4
取引先の支払いを待つ
取引先からファクタリング会社に売掛債権の支払いがされるのを待つ。

上記の流れは、優良ファクタリング会社とされる三共サービスにおける3社間ファクタリングの申込方法です!

大まかな流れは、どのファクタリング会社も似ているので、上記の流れを把握しておくと良いでしょう!

ファクタリング契約の流れについて、さらに詳しくお知りになりたい場合は、以下の記事もご覧ください。

2社間ファクタリングや給料ファクタリングの流れなどについても、解説しています!

ファクタリングの流れサムネイル ファクタリングの流れは?必要書類&注意点をおさえて素早くお金を手にしよう!

初心者におすすめ!ファクタリング会社の選び方

ファクタリング 初心者_会社の選び方のイメージ画像
初心者の場合、以下の4点を意識してファクタリング会社を選ぶことをおすすめします!

初心者におすすめのファクタリング会社の選び方
  1. 金額・業種などの対応条件を確認する
  2. 入金までのスピードを確認する
  3. 接客態度の良し悪しを見る
  4. ほかの会社と比較する

上記のように、まずは「ファクタリングをしてもらえるかどうか?」から確認することをおすすめします。

いくら良いファクタリング会社を見つけても、利用対象外の場合、資金調達できないからです。

また、入金までのスピードや対応の良し悪しについても確認しておくことをおすすめします。

「ちゃんと難局を乗り越えられるのか?」、「悪徳業者じゃないか?」といった点を判断しやすくなるからです。

あわせて他社のサービスと比較すると、より良い条件でファクタリングできると思いますので注意しましょう!

ファクタリング初心者によくある質問

ファクタリング 初心者_よくある質問のイメージ画像
ファクタリング初心者に多く抱かれる疑問は以下の7点です。

ファクタリング初心者によくある質問
  1. ファクタリングできる売掛金とは?
  2. ファクタリングの手数料、相場はどれくらい?
  3. 他の資金調達法と比較すると、ファクタリングってどうなの?
  4. なぜ対面契約を必要とする業者が多いの?
  5. 債権譲渡登記はなぜ必要?
  6. ファクタリングの会計処理はどうすればいい?
  7. ファクタリング会社とのトラブルは、どこに相談すればいい?

ファクタリングをより便利に使えるよう、よくある質問をチェックしておきましょう!

ファクタリングできる売掛金とは?

ファクタリングできる売掛金には、基本的に5つの条件が必要です。

ファクタリングできる売掛金
  1. 商品・サービスを提供済み
  2. 売掛先に請求書を渡している
  3. 売掛金額について双方の同意がある
  4. 売掛金の支払日が未来
  5. 売掛金に関する契約書や注文書がある

上記5点を満たしていれば、ファクタリングできるケースが多いです。

しかし、ファクタリング会社によっては、申込者と売掛先の双方が法人であることなどを条件としていることも。

細かい条件はファクタリング会社ごとで異なるため、気になるファクタリング会社が見つかった際には利用条件をチェックしておきましょう!

ファクタリングの手数料、相場はどれくらい?

ファクタリングの手数料は3社間ファクタリングの場合、1%~5%とされています。

ですが、2社間ファクタリングの場合には10%~30%となるので要注意。

ちなみに、これらは一括ファクタリングの場合です。

医療ファクタリングや国際ファクタリングの場合は、手数料が安い傾向があるなど、ジャンルによっても異なります。

ファクタリングの手数料については、以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひあわせてご覧くださいね!

ファクタリング手数料サムネイル ファクタリングの手数料を安くする4つのコツ!おすすめの格安会社TOP3はココだ!

他の資金調達法と比較すると、ファクタリングってどうなの?

ファクタリングって、他の資金調達法に比べて良いのか悪いのかわかんないな…

ファクタリングと、その他の資金調達法との比較については、以下の表をご覧ください!

ファクタリングと、その他の資金調達法との比較表

手数料 スピード 審査 上限額 担保 保証人
ファクタリング 1%~30% 即日~数営業日 甘い 無制限 不要 不要
銀行融資 1%~5% 1週間~1ヶ月 難しい 1,000万円 必要 必要
売掛債権担保融資 5%~10% 1週間~2週間 難しい 無制限 必要 不要
ビジネスローン 5%~20% 即日~数営業日 甘い 1,000万円 不要 不要
不動産担保ローン 5%~10% 2週間~1ヶ月 難しい 無制限 必要 不要

*表は端末に応じてスクロールできます。

上記のように、資金調達スピードや審査の甘さではファクタリングが有利となります。

ですが手数料を考え、ファクタリングの利用は最終手段と考えると良いでしょう!

なぜ対面契約を必要とする業者が多いの?

なんで対面契約が多いのかな?
ファクタリング会社の中には、会わずに契約できるところもあるのに。

ファクタリング会社の多くが対面で契約する理由は、印鑑の確認やスピードアップのためとされています。

しっかりと契約をするために、契約書類に使う印鑑と、印鑑証明書の印鑑が同じかどうか確認するファクタリング会社は多いです。

また、郵送で書類のやりとりをすると数日かかってしまうため、直接会ってスピーディーに進めるファクタリング会社も。

これらの手続きをふもうとしているファクタリング会社は、優良企業であることが多いです。

逆に、電話一本で契約できてしまうファクタリング会社の中には、悪徳業者が紛れている可能性が高めと言えるでしょう。

しっかりと手続きしてくれる会社を選ぶか、使い勝手が良い会社を選ぶのかは、考え方によって異なります。

ですが、これらの違いを把握しておくと、後で悔やむことが少なくなるでしょう。

債権譲渡登記はなぜ必要?

債権譲渡登記をすると債権の所有者が明確になるので、無用なトラブルを予防できます!

債権の二重譲渡などによるトラブルを回避するため、債権譲渡登記を必要とされることが多いんです!

債権譲渡登記は、会社や不動産の登記に追記するものではなく、まったく別の登記となります。

ちなみに、債権譲渡に似た言葉として、譲渡担保があります。

譲渡担保とは、今後発生する債権を担保にすることです。

つまり、売掛金を担保にする場合に譲渡担保が使われるので、ファクタリング会社から譲渡担保登記を求められた場合は注意が必要。

このケースではファクタリング契約ではなく、融資に該当する可能性が考えられます。

融資の場合、譲渡金額の1.25%(月利)が上限となるのですが、それ以上の金利を上乗せする会社もあると言われているので、気を付けましょう。

ファクタリングの会計処理はどうすればいい?

ファクタリングの会計処理は、勘定科目に売上債権売却損を使います。

例えば申込日に97万円入金され、手数料が3万円かかった際の会計処理は以下となります。

申込日に入金された場合の会計処理

勘定科目(借方) 金額 勘定科目(貸方) 金額
普通預金 97万円 売掛金 100万円
売上債権売却損 3万円

なお、ファクタリングの入金額や手数料には消費税がかからない点も、おさえておきましょう!

ファクタリングの会計処理についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、以下の記事もあわせてご覧くださいね!

ファクタリング仕訳け方 ファクタリングの仕訳け方が早わかり!勘定科目・オフバランス化を理解して会計処理をスマートに!

ファクタリング会社とのトラブルは、どこに相談すればいい?

金融系・メーカー系のファクタリング会社の場合、それぞれの地方を所管する財務局に相談することになります。

ですが、独立系のファクタリング会社については、担当する公的機関がありません。

そのため弁護士に相談すると良いでしょう。

ファクタリング案件に強い弁護士へ相談すると、素早く適切に助けてくれやすいのでおすすめです。

【まとめ】ファクタリング初心者は、ポイントをおさえて有効活用しよう!

ファクタリング 初心者_まとめのイメージ画像

最後にファクタリング初心者におすすめの情報について、まとめておきますね!

ファクタリング初心者におすすめの情報のまとめ
  • ファクタリングとは売掛債権の早期買取りサービスのこと
  • ファクタリングは、大きくわけて5種類
  • ファクタリングの契約形態は、2社間と3社間にわけられる
  • ファクタリング会社はざっくりわけると3種類
  • ファクタリング初心者は利用に際し、契約書の確認など、4つの注意点を心がけるべき
  • ファクタリング会社を選ぶ際には対象条件など、4点に注目すると良い

ファクタリング初心者は、利用のコツをおさえていないと痛い目にあうかもしれません。

使い勝手が良く人気なファクタリングですが、悪い業者もいるので要注意。

この記事でお伝えしたことをふまえ、スマートに資金繰りを解消してくださいね!

「良いファクタリング会社を見つけたいな」という方は、以下の記事もおすすめです!

特徴別におすすめのファクタリング会社をご紹介しているので、ぜひ参考になさってくださいね!

ファクタリング比較サムネイル 【特徴別】ファクタリング会社の比較ランキング!最適な選択に役立つ4大ポイントとは?