海外仮想通貨取引所は日本円で取引できる?取引所の違法性や税金についても解説

海外仮想通貨取引所_日本円_アイキャッチ

海外仮想通貨取引所では日本円が使える?
海外仮想通貨取引所の違法性は?
海外仮想通貨取引所を利用したら税金はどうなる?

海外の仮想通貨取引所は国内の仮想通貨取引所に比べ送金や取引の手数料が安いため、無駄な出費を抑えることができます。

しかし上記のように日本円が使えるのか、違法性や税金について気になりますよね。

この記事では、海外仮想通貨取引所における日本円の取扱い、違法性や税金について解説します。

この記事の概要
  • 海外仮想通貨取引所は日本円の取引は基本できない
  • 海外仮想通貨取引所の中にはクレジットカードで仮想通貨を購入できるところがある
  • 一部の海外仮想通貨取引所では証拠金として日本円を入出金できる
  • 日本人向けの仮想通貨取引所には「Zoomex」がおすすめ
zoomex

\Zoomex公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所での日本円の扱いについて

タイトル_海外仮想通貨取引所_日本円の扱いについて

海外仮想通貨取引所での日本円の扱いは、以下の通りです。

日本円の扱い
  • 日本円での取引は基本できない
  • クレジットカードで仮想通貨を購入できる
  • 一部の取引所では証拠金として日本円を入出金できる

日本円での取引は基本できない

海外仮想通貨取引所では、日本円での取引ができません。

そのため基本は国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所へ送金を行います。

送金方法は、以下の通りに行います。

STEP.1
国内取引所の口座に日本円を入金

国内取引所の口座に日本円を入金します。

STEP.2
国内取引所で仮想通貨を購入

国内取引所の口座に入金した日本円で仮想通貨を購入します。

STEP.3
海外取引所のメニューより入金を選択

海外取引所のメニューより、送金したい仮想通貨の「入金」を選択します。

STEP.4
海外取引所の入金アドレスをコピー

海外取引所にて入金情報を入力します。

情報入力完了後、入金アドレスが表示されます。

表示された入金アドレスをコピーします。

STEP.5
国内取引所で出金を選択

国内取引所のメニューより、送金したい仮想通貨の「出金」を選択します。

STEP.6
国内取引所にて出金処理

国内取引所にて出金情報を入力します。

情報入力の際、出金元にはSTEP.4でコピーした入金アドレスを入力します。

情報入力完了後「出金」を選択で、送金完了です。

通貨によっては、送金処理に数時間かかる場合がありますので注意しましょう。

クレジットカードで仮想通貨を購入できる

クレジットカードを利用することで、日本円から仮想通貨を購入できる海外仮想通貨取引所があります。

クレジットカードが利用できる代表的な取引所を以下にまとめます(2022年12月現在)。

取引所名 クレジットカードブランド 購入可能通貨数 通貨単位
Zoomex Visa、Mastercard 2種類 USDT、BTC
Bybit Visa、Mastercard 20種類 USDT、BTC、ETH、USDC、XRP、EOS、ADA、DOGE、DOT、DAI、TRX、AVAX、MATIC、LINK、ATOM、ETC、BIT、LUNA、USTC、KCAL
FXGT Visa、Mastercard、JCB 5種類 USDT、BTC、ETH、XRP、ADA
Kucoin Visa、Mastercard 5種類 USDT、BTC、ETH、USDC、KCS
MEXC Visa、Mastercard、JCB、Discover 9種類 USDT、BTC、ETH、USDC、XRP、EOS、TRX、TUSD、AME

クレジットカードでの購入は送金に比べ、手数料が高く設定されているため注意が必要です。

一部の取引所では証拠金として日本円を入出金できる

FXGTなど一部の取引所では、取引の証拠金として利用するための日本円を入出金できます。

日本円の入出金は可能ですが、現物の仮想通貨を購入することができないため注意が必要です。

また日本円に対応している取引所は少ないのが現状です。

よって日本円の入出金は基本できないと覚えておくとよいでしょう。

海外仮想通貨取引所の違法性について

タイトル_海外仮想通貨取引所_違法性について

海外仮想通貨取引所の違法性について解説します。

金融庁が警告を出している取引所がある

海外仮想通貨取引所の多くが、日本の金融庁から許可を取っていません。

そのため、日本向けにサービスを提供している取引所の中には、金融庁から警告を受けている所もあります。

個人が取引所を利用することは違法ではありませんが、万が一のリスクもあることも頭において取引を行いましょう。

(参考:金融庁 暗号資産関係の情報

日本人の利用を制限している取引所がある

海外仮想通貨取引所の中には、日本人向けにサービスを提供するために利用を制限しているところもあります。

取引ができる仮想通貨が少ないなど大元の取引所より劣りますが、万が一のリスクは軽減されています。

日本向けの取引所がある場合は、リスクを減らすために積極的に利用することをおすすめします。

海外仮想通貨取引所で取引を行った場合の税金について

タイトル_海外仮想通貨取引所_税金について

海外仮想通貨取引所で取引を行った場合の税金について解説します。

取引で得た利益は課税対象になる

海外仮想通貨取引所で取引した結果、利益が20万円を超えた場合は課税対象になります。

仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類されます。

税率は「累進課税」で、利益が高いほど税率が上がります。

累進課税の税率を以下にまとめます。

課税される所得 税率 控除額
1,000円~194万円まで 5% 0円
195万円~329万円まで 10% 9万7,500円
330万円~694万円まで 20% 42万7,500円
695万円~899万円まで 23% 63万6,000円
900万円~1,799万円まで 33% 153万6,000円
1,800万円~3,990万円まで 40% 279万6,000円
4,000万円以上 45% 479万6,000円

(参考:国税庁 所得税の税率

税金が発生するタイミング

税金が発生するタイミングは下記の通りです。

税金が発生するタイミング
  • 仮想通貨を売却したとき
  • 仮想通貨で他の仮想通貨を購入したとき
  • 仮想通貨の配布を受け取ったとき
  • レンディングやステーキングの報酬を受け取ったとき
  • 仮想通貨で商品を購入したとき

つまり税金が発生するのは「利益が出たとき」と覚えておきましょう。

レンディングとは

保有している仮想通貨を貸し出しすることで利益を得る方法です。

ステーキングとは

取引所が指定した仮想通貨を保有しているだけで利益を得られるサービスのことです。

日本円が利用できる海外仮想通貨取引所

タイトル_日本円が利用できる海外仮想通貨取引所

日本円が利用できる海外仮想通貨取引所を5つ紹介します。

日本円が利用できる海外仮想通貨取引所
  • Zoomex
  • Bybit(バイビット)
  • FXGT
  • Kucoin
  • MEXC(MXC)

Zoomex

zoomex公式サイト

取引所名 Zoomex(ズームEX)
本社所在地 シンガポール
設立年 2021年
運営会社 Octochain Fintech Limited.
取扱通貨数 170種類以上
日本円扱い ・クレジットカード購入
・日本円の入金可能
取引手数料 ・メイカー:0.02%
・テイカー:0.06%
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり

Zoomex(ズームex)は2021年にシンガポールにて設立されました。

クレジットカードで仮想通貨を購入でき、また日本円を入金することもできます。

取扱銘柄は170種類以上と豊富で、取引手数料が安いことが特徴です。

日本人用のサイトということもあり、今後も日本人ユーザーの増加が期待できる取引所です。

zoomex

\Zoomex公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)

ビットフライヤー海外送金

BYBIT_画像

取引所名 Bybit(バイビット)
本社所在地 シンガポール
設立年 2018年
運営会社 Bybit Fintech Limited
取扱通貨数 150種類以上
日本円扱い クレジットカード購入
取引手数料 ・メイカー:-0.025%
・テイカー:0.075%
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり

バイビットは2018年にシンガポールにて設立されました。

世界で人気のある海外の仮想通貨取引所の一つです。

クレジットカードで仮想通貨の購入が可能です。

日本語にも対応しているため、日本人ユーザーも利用しやすいのが特徴です。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

FXGT

fxgtのロゴ

取引所名 FXGT(エフエックスジーティー)
本社所在地 セーシェル共和国
設立年 2019年
運営会社 360 Degrees Markets Ltd
取扱通貨数 150種類
日本円扱い ・クレジットカード購入
・日本円の入金可能
取引手数料 無し
最大レバレッジ 1000倍
日本語対応 あり

FXGTは2019年にセーシェル共和国にて設立されました。

クレジットカードで仮想通貨を購入でき、また日本円を入金することも可能です。

最大レバレッジ1000倍と他の取引所と比べ高いのが特徴です。

FXGTは独自のシステムで取引所を運営し、好条件の取引価格を提供できます。

取引手数料が無料な点が特徴です。

Kucoin

kucoinロゴ

取引所名 Kucoin(クーコイン)
本社所在地 香港
設立年 2017年
運営会社 KuCoin Holdings. Ltd.
取扱通貨数 700種類以上
日本円扱い クレジットカード購入
取引手数料 0.1%(独自通貨保有による割引あり)
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり

KuCoinは2017年に香港にて設立されました。

クレジットカードで仮想通貨の購入が可能です。

700種類以上の仮想通貨を取引することができます。

日本語にも対応しているので、日本人にも扱いやすいのが特徴です。

手数料が0.1%と他の取引所に比べ安い水準ですが、独自通貨KCSの保有量によりさらに割引を受けることが可能なので、かなり手数料を抑えることができます。

Kucoin

\Kucoinについて詳しく知る/

MEXC(MXC)

MEXCロゴ

取引所名 MEXC(MXC)
本社所在地 シンガポール
設立年 2018年
運営会社 MEXC Global Ltd.
取扱通貨数 約1500種類
日本円扱い クレジットカード購入
取引手数料 0.2%に統一(独自通貨保有による割引あり)
最大レバレッジ 200倍
日本語対応 あり

MEXCは2018年にシンガポールにて設立されました。

世界中に1000万人以上の登録者がおり、1日のアクティブユーザーは平均40万人と他の人気の海外仮想通貨取引所とも引けをとりません。

クレジットカードで仮想通貨の購入が可能です。

独自通貨MXの保有者は取引手数料が割引されるなど特典が豊富にあるのが特徴です。

また、アメリカやオーストラリア、カナダなどの法律に準じているため、安心して取引が行えます。

MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所での日本円取引まとめ

タイトル_海外仮想通貨取引所_日本円の取引_まとめ

この記事の概要
  • 海外仮想通貨取引所は日本円の取引は基本できない
  • 海外仮想通貨取引所の中にはクレジットカードで仮想通貨を購入できるところがある
  • 一部の海外仮想通貨取引所では証拠金として日本円を入出金できる
  • 日本人向けの仮想通貨取引所には「Zoomex」がおすすめ
zoomex

\Zoomex公式サイトはこちら/

海外仮想通貨取引所での日本円の取引は基本できません。

しかし一部の取引所ではクレジットカードで仮想通貨を購入できたり、証拠金として日本円を口座に入金することができます。

海外仮想通貨取引所の中には金融庁から警告がでている取引所もあるため、取引をする際はリスクがあることを承知で行う必要があります。

また、海外の取引所を利用して得た利益は課税対象となるため、確定申告の際に漏れがないようにしましょう。

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ