借金返済シミュレーションのメリット・デメリットをわかりやすく解説

借金を返済しているのに残高が減っている気がしない
一体いつまで支払いが続くのか不安・・・

返済しても減らない借金を前に、途方に暮れていませんか?
返済のゴールがわかっていると、借金の残高がなかなか減らないと
悩むこともなくなります。

借金返済シミュレーションというツールを使えば、返済を終える目安がわかります。
また、借金減額シミュレーションを利用すれば、借金の減額を申請したときの
シミュレーションが可能です。

ここでは、借金返済・借金減額シミュレーションを利用して、
借金の返済がいつまでなのかを知り、ゴールに向かって確実に返済していく方法をご紹介します。特に借金を減額したい場合は、ここで紹介する借金減額シミュレーションを
試してみると良いでしょう。

記事監修者紹介
ファイナンシャルプランナー髙橋洋子髙橋 陽子
日本生命保険相互会社にて3年半以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2019年4月より当メディアにて保険をはじめとする金融記事の監修を務める。

借金返済シミュレーションの基礎知識

借金返済シミュレーションの基礎知識

借金返済シミュレーションの使い方を説明する前に、まずは借金返済シミュレーションの特性を理解しておきましょう。

借金返済シミュレーションは2種類ある

一般に、借金返済シミュレーションと呼ばれるシミュレーターには2種類あります。
「借金返済」シミュレーションと「借金減額」シミュレーションです。

実は、両者は明確に分けられているわけではありません。法律事務所や司法書士事務所のホームページでは、借金の減額を診断するサービスを借金返済シミュレーションと
呼ぶこともあります。

借金返済シミュレーションは、借金がいつまでに完済できるかをシミュレーション
するためのシミュレーター
です。借り入れした金額と金利分の金額、毎月の返済額を
計算することで返済期間を算出します。

借金返済シミュレーションは残高と毎月の返済金額、金利を入力するだけで、返済期間を知ることができます。登録は必要なく、ネット上で簡単にシミュレーションが可能です。

一方借金減額シミュレーションは、債務整理や過払い請求により借金を減額したときの
返済金額のシミュレーター
です。いくら減額できるのかを知りたいときに利用します。

借金減額シミュレーションは借金の借り入れ状況や支払い能力によって、
詳細なシミュレーションが必要です。そのため、弁護士や司法書士が個々の状況に応じて返済額をシミュレーションします。

借金返済シュミレーションの種類
  • 借金返済シュミレーション : 借金がいつまでに完済できるのかを計算
  • 借金減額シュミレーション : 借金がいくら減額できるのかを計算

知っておきたい債務整理の知識

債務整理には、下記の方法があります。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

このうち、裁判所を通さずに手続きできるのは任意整理だけです。
任意整理とは、利息分の返済を減額したり、返済猶予を延ばしたりする手続きです。
弁護士に依頼して、借り入れた金融機関と交渉してもらいます。
必ずしも減額できるとは限らず、また元本は減額できません。

特定調停は任意整理と似ていますが、裁判所を介して手続きする点が異なります。
元本は減額されず、利息が減額される点は任意整理と同じです。

個人再生は、借金の返済が困難であると裁判所が認めた場合に適用される手続きです。
申請が通ると、借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性があります。
借り入れ金額などの条件があるため、借り入れ額が大きいと適用されません。

自己破産は、借金返済の見込みがない場合に裁判所に申し立てる手続きです。
借金が全額免除されますが、財産は全て没収となり社会的信用も失います。

【金額別】借金返済シミュレーション

【金額別】借金返済シミュレーション

借金返済シミュレーションを行うときは、元利均等返済・元金均等返済
どちらで計算されているか確認しましょう。

元利均等返済とは、毎月の返済額が一定になる借金の返済方法です。
返済額には利息も含まれているため、元金の返済額は金利によって
毎月変わることがあります。

元金均等返済は、元金の返済額を一定にする返済方法です。
毎月の返済額は金利で変わりますが、元金は毎月一定額を返済できます。

借金返済シミュレーションでは、返済額の元金の金額でシミュレーション結果が
変わります。ここでは借金の金額別に、元利均等返済のときのシミュレーションを
見ていきましょう。
※あくまでも目安ですので実際には示したとおりにならない可能性もあります。

借金が10万円のとき(実質金利18%で計算)

毎月の返済額 返済期間
3000円 47カ月
5000円 24カ月
10000円 11カ月
15000円 8カ月
20000円 6カ月

借金が50万円のとき(実質金利18%で計算)

毎月の返済額 返済期間
1万5000円 47カ月
2万円 32カ月
5万円 11カ月
7万5000円 8カ月

借金が100万円のとき(実質金利15%で計算)

毎月の返済額 返済期間
2万円 79カ月
3万円 44カ月
5万円 24カ月
7万5000円 15カ月
10万円 11カ月

借金返済シミュレーションの流れ

借金返済シミュレーションの流れ

借金返済・借金減額シミュレーションは、面倒な登録が必要なのでは?
と思うかもしれません。しかし、実は非常に簡単で、3ステップで完了します。
ここでは、借金返済シミュレーションを依頼するときの流れをご紹介します。

【ステップ①】必要事項の入力

シミュレーションを運営している企業にもよりますが、一般的に必要な入力次項は下記の通りです。ほとんどの場合で、氏名は必要なく匿名でシミュレーションができます。

主な入力次項
  • 借入金額
  • 毎月の返済額
  • 利率
  • 電話番号
  • メールアドレス

【ステップ②】シミュレーションの結果

借入金額や金利、毎月の返済額に応じて算出された結果が、登録したメールアドレスに
送られてきます。借金の減額ができるか、いくら減額できるのかがわかります。

ここで注意したいのは、必ずしもシミュレーションの結果どおりに減額されるわけでは
ない
点です。減額されるかどうかは、借入先の金融機関との交渉で決まります。
そのため、シミュレーションの金額に減額されるかは交渉してみないとわかりません。

【ステップ③】債務整理の相談・依頼

借金返済シミュレーションの結果で減額が期待できるとなれば、弁護士事務所や司法書士事務所に相談できます。シミュレーションを依頼した企業から、弁護士・司法書士事務所への仲介があるかもしれません。紹介された事務所に相談するか、自分で探した事務所に相談をするかは自由です。

ただし、債務整理を得意としない事務所もあります。金融機関との交渉に慣れている、
債務整理を得意とする事務所に相談・依頼すると良いでしょう。

借金返済シミュレーションのメリット

借金返済シミュレーションのメリット

借金返済シミュレーションをすれば、絶対に借金が減るというわけではありません。
しかし返済に困っている場合や、返済のプランを把握したい場合にはおすすめできる方法です。ここでは、借金返済シミュレーションのメリットを3つご紹介します。

【メリット①】匿名でシミュレーションが受けられる

借金返済シミュレーションの多くは、匿名でシミュレーション可能です。
借金があることを知られたくない、個人情報の流出が心配という方でも安心
して利用することが出来ます。

借金減額について弁護士や司法書士に相談したいとき、いきなり事務所に行くのは
不安でもネット上のシミュレーションなら気軽に依頼できます。
借金が減額できるのかだけ確認したい場合でも、まずは借金返済シミュレーションで
すぐに確認可能です。

【メリット②】シミュレーションを受けるのは無料

ほとんどの借金返済シミュレーションは、無料で受けられます。
減額の手続きを依頼しなくても、シミュレーションだけならお金はかかりません。
また弁護士への相談を無料で実施している事務所もあるので、借金返済シミュレーションから相談までをスムーズに行えます。

実際に債務整理を依頼するかは、シミュレーション後や相談後に決められます。
まずはシミュレーションだけでも、気兼ねなく依頼してみましょう。

【メリット③】必要なら弁護士を紹介してもらえる

借金返済シミュレーションの結果を見て実際に相談や依頼をしたいと思ったら、
債務整理を得意とする弁護士や事務所を紹介してもらえることもあります。

居住地の近くにある事務所を紹介してくれるので、すぐに相談・依頼が可能です。
紹介を受けても、断るのも自由なので安心ください。

借金返済シミュレーションのデメリット

借金返済シミュレーションのデメリット

借金返済シミュレーションは無料・匿名というメリットがありますが、デメリットも
存在します。シミュレーションをするときは、デメリットも理解しておきましょう。

【デメリット①】登録した電話番号に電話がくることがある

借金返済シミュレーションは、借金を減額したい人に対して弁護士や司法書士を紹介するサービスです。電話番号が第三者に流出することはありませんが、登録時に使用した
電話番号に紹介の電話がかかってくることがあります。

借金を家族に知られたくない場合など、不都合があるときは登録する
電話番号に注意しましょう。
また弁護士の紹介が不要なときは、その旨を伝えて
不要な電話がかかってこないように手配するのも一つの対応策です。

【デメリット②】紹介された弁護士の報酬に注意する必要がある

借金返済シミュレーションのサービスを通して弁護士の紹介を受けた場合は、
弁護士の報酬に注意しましょう。債務整理の報酬をめぐっては、一部の弁護士において
不適切な報酬請求があり、現在は規程に従うことになっています。

報酬の上限は定められていますが、債務整理など依頼報酬の目安を確認しておく
とよいでしょう。
報酬が高いと感じたら、別の事務所で見積もりをとって比較することをおすすめします。

【デメリット③】実際に減額される金額と同じでないことがある

借金返済シミュレーションは、あくまでシミュレーションです。
実際には、金融機関と交渉をして減額を交渉します。そのため、シミュレーションの
結果と実際に減額される金額が異なることがあります。

借金返済シミュレーションの金額に近い減額をするには、債務整理を得意とする弁護士を選ぶことがポイントです。なぜなら金融機関との交渉がカギを握るため、交渉力が高く
債務整理の案件を多くこなしている弁護士の方が、借金を減額できる可能性が高いからです。

評判・口コミから借金返済シミュレーションをおすすめできる人

評判・口コミから借金返済シミュレーションをおすすめできる人

借金返済シミュレーションは便利なサービスですが、おすすめできない人もいます。
例えば、借金の減額をすぐに弁護士に相談したい人や債務整理の依頼を決めている人は、
シミュレーションをせずに弁護士に相談する方がスムーズでしょう。

一方で、借金返済シミュレーションがおすすめな人もいます。
借金が減額できるか確かめたい人や、減額するために何から始めれば良いか
わからない人です。ここでは、借金返済シミュレーションをおすすめしたい人について
解説します。

借金が減額できるか確かめたい人

そもそも自分の借金が減額できるのか知りたい人には、借金返済シミュレーションは非常に便利なサービスです。借金返済シミュレーションは、借金が減額できるかを知りたい人向けに作られています。

シミュレーションをするだけなら無料なので気軽に確かめることが可能な点が、
おすすめできる理由です。「借金の返済に困っている。なんとかならないか」と
悩んでいる人は、解決策が見つかる可能性があります。

借金を減額したいけど何から始めたら良いかわからない人

「借金が返済できない」「期日に遅れてしまう」といった悩みのあっても何から始めたら良いかわからない人にも、借金返済シミュレーションはおすすめです。
借金返済シミュレーションでは、シミュレーション後に居住地の近くの弁護士事務所を
紹介してくれることもあります。

いきなり事務所に相談しに行くのは気が引ける場合でも、紹介なら相談だけでもしやすいですよね。最初の一歩として、借金返済シミュレーションをしてみるとその後の流れも
スムーズに進むかもしれません。

相談する法律事務所や弁護士の選び方がわからない人

借金の減額や免除のために債務整理を依頼したくても、法律事務所や弁護士の選び方が
わからないかもしれません。弁護士選びでつまづいている人にも、借金返済
シミュレーションはおすすめです。

借金返済シミュレーションでは、結果の通知後に弁護士の紹介があると前述しました。
紹介される弁護士は、債務整理を得意とする弁護士が多いのが特徴です。
相談や依頼をする弁護士が選べない場合は、借金返済シミュレーションをして紹介された弁護士に相談してみると良いでしょう。もちろん、居住地の近くで紹介してもらえます。

まずは減額できるかをシミュレーションしてみよう

借金返済シミュレーションは、借金の返済プラン・減額を診断できるサービスです。
匿名・無料で、ネット上で簡単に依頼できるため、借金が減額できるか知りたい場合に
気軽に利用できます。

ただし、弁護士や司法書士事務所の紹介をされたり、電話でアプローチがあったりする
点を理解しておきましょう。

借金返済シミュレーションをおすすめできるのは、下記に当てはまる人です。

借金返済シミュレーションをおすすめできる人
  • 何から始めたら良いかわからない人
  • 借金が減額できるか確かめたい人
  • 相談先に困っている人

特に、借金が減額できるかを確かめたい人にピッタリなサービスです。
借金の返済に困っている場合は借金返済シミュレーションをしてみると、
借金返済の悩みの解決策が見つかるかもしれません。

最初の一歩として、借金返済シミュレーションを利用してみると良いでしょう。