借金一本化「おまとめローン」とは?デメリット・失敗例をご紹介!借金完済におすすめの債務整理も要チェック

借金 一本化 おまとめローン_まとめ

借金を一本化できるおまとめローンって、どんなもの?

そんな方のため、おまとめローンについて、わかりやすくまとめました。

おまとめローンの特徴や失敗例、あわせて比較しておきたいおすすめの借金負担軽減法もご紹介します。

少しでも良い状況で借金を返せるよう、お役立てくださいね。

借金一本化のおまとめローンの概要
  • おまとめローンとは、複数の借金を一本化し、金利・返済総額の負担軽減を狙うローンのこと
  • おまとめローンには、返済総額の増加・審査落ちのリスクなどのデメリットもある
  • 毎回の返済額の減少、返済期間の延長などによって、おまとめローンで失敗するケースが多い
  • おまとめローンで審査落ちする主な理由は、借入残高が多すぎたり、過去に金融トラブルがあったりするなど
  • おまとめローンは、ろうきん・銀行・消費者金融などで利用できる
  • おまとめローンをお考えの方には、債務整理の検討もおすすめ

借金一本化の「おまとめローン」とは?

借金 一本化 おまとめローン_基礎知識

おまとめローンとは、複数の借金をまとめて返済できるよう、一本化するためのローンのことです。

おまとめローンを使うと金利が低くなるなどのメリットがあり、借金の返済に効果的とされています。

ただし、借金の元金は減らない他、デメリットもあるため注意が必要。

おまとめローンのメリット・デメリットについては、次の見出しで解説しています。

なお、おまとめローンは銀行などで利用可能です。

この点については、以下の見出しでご紹介しています。

借金一本化「おまとめローン」が利用できる金融機関一覧表

借金一本化「おまとめローン」のメリット・デメリット

借金 一本化 おまとめローン_メリット・デメリット

借金を一本化できる「おまとめローン」って、どんな特徴があるんだろ?

そんな方のため、おまとめローンのメリット・デメリットについて、解説します。

メリット

借金一本化の「おまとめローン」には、以下のメリットがあります。

おまとめローンのメリット
  • 金利が低くなる
    借金の合計額を減らしやすくなったり、毎回の返済額を抑えやすくなったりするなど
  • 借金の管理がしやすくなる
    返済日が月に1回になるなど

借金の金利は借入金額が大きくなるほど、低くなりやすいです。
そのため、複数の借金をまとめて一本化するおまとめローンは、金利を抑えやすい点がメリット。

色んなところから借金してたから、返済日を間違えちゃった…。

こういったリスクを減らせる点も、おまとめローンのメリットと言えます。

デメリット

借金一本化の「おまとめローン」には、以下のデメリットがあります。

おまとめローンのデメリット
  • 支払総額が増える可能性がある
    毎回の返済額を抑えたり、返済期間を長くしたりした場合
  • 審査に落ちる可能性がある
    おまとめローンは借入金額が大きくなりやすいなど、審査落ちのリスクが高くなりやすい
  • 新しく借金をしてしまう恐れがある
    借入先が少なくなるため、借金をしやすくなり、新たな借金が増えるケースがある
  • 過払い金があった場合、受け取れなくなる
    2010年6月17日以前に借金をした借入先に返済すると、過払い金を受け取れなくなってしまう

おまとめローンをして金利を抑えられると、支払総額が少なくなりますが、それがデメリットになることも。

毎回の返済額を少なくしたり、返済期間を長くしたりすると、支払総額が増えてしまう恐れがあるので要注意。

過払い金などに気付かず、損をしてしまう可能性もあります。

なお、おまとめローンの審査で落ちてしまう理由については、次の見出しでご紹介しますね。

借金一本化「おまとめローン」で審査落ちする理由

借金 一本化 おまとめローン_審査落ちの理由

借金一本化のおまとめローンで審査落ちする主な理由は、以下の4つです。

借金一本化のおまとめローンで審査落ちする主な理由
  1. 借入残高が多すぎる
  2. 過去に延滞・未納がある
  3. 収入が不安定
  4. 短期間で複数の金融サービスに申込みしている
おまとめローンを使えると思ってたのに、思い通りにいかなかった…

こういったことにならないよう、上記4つの審査落ちする理由を見ていきましょう。

審査落ちの理由➀借入残高が多すぎる

年収の1/3を超える借金があると、借金一本化のおまとめローンは、審査落ちしやすいと言われています。

年収の1/3までしか借金ができない総量規制というルールがあるため、借入残高が多すぎると審査落ちのリスクが高まります。

総量規制は貸金業者を対象とする規制ですが、銀行も年収の1/3を意識するケースが多いです。

そのため、借入残高が多くなるほど、おまとめローンの審査に落ちやすくなります。

審査落ちの理由➁過去に延滞・未納がある

これまでに借金をちゃんと返せていない履歴がある人は、借金一本化のおまとめローンで審査落ちしやすいです。

その理由は、過去に延滞や未納をしたことがある人は、「返済できないのではないか」と思われやすいから。

借金完済のリスクが高いと思われやすいことから、過去に延滞・未納をしたことがある人は、おまとめローンで審査落ちしやすいです。

審査落ちの理由➂収入が不安定

収入が不安定な人ほど、借金を返せないリスクが高まるため、借金一本化のおまとめローンで審査落ちしやすいと言われています。

勤続年数も収入の安定性を見る際のポイントとなるので、働き始めて間もない方は要注意。

入社後数ヶ月しか経っていない場合などは、離職のリスクが高いと判断されやすいです。

そのため、勤続年数が短い方は収入の安定性に欠けると判断されやすく、おまとめローンの審査に落ちやすくなります。

審査落ちの理由➃短期間で複数の金融サービスに申込みしている

他のおまとめローンやクレジットカードなど、複数の金融サービスに申込みを短期間のうちにしていると、借金一本化のおまとめローンで審査落ちしやすいです。

その理由は、心証が悪くなりやすいからと言われています。

短期間でいくつもの会社に借金の申込みをしている方は、「よほどお金に困っているんだな」と思われやすいです。

そのため、借金の完済が難しい人と判断されやすく、審査落ちのリスクが上がると言われています。

借金一本化「おまとめローン」の失敗例

借金 一本化 おまとめローン_失敗例

借金一本化のおまとめローンで失敗してしまう例として、毎回の返済額の減少と返済期間の延長が原因となるケースをご紹介します。

まずは以下の借入状況をご覧ください。

おまとめローンの借入状況

項目 アイフル プロミス SMBCモビット
借入金額 50万円 50万円 50万円
毎回の返済額 2万円 2万円 2万円
金利 18.0% 18.0% 18.0%
返済期間 48ヵ月 48ヵ月 48ヵ月
利息の総額 360,493円 360,493円 360,493円

上記の借入れ状況で借金一本化のおまとめローンを使い、金利を15%に抑えられたとします。

そのため、毎回の返済額を少なくし、返済期間を延長した場合、以下のようになります。

おまとめローンで毎回の返済額を抑え、返済期間を延長した場合

項目 おまとめローン
しない場合
おまとめローン
した場合
おまとめローンの
有無による違い
借入金額 150万円 150万円 0円
毎回の返済額 6万円 4万円 -2万円
金利 18.0% 15.0% 18.0%
返済期間 48ヵ月 72ヵ月 +24ヵ月
利息の総額 1,081,479円 1,351,232円 +269,753円

上記の通り、借金一本化のおまとめローンにしたことで金利は3.0%低くなりました。

これによって毎月の返済額を2万円減らし、返済期間を24ヵ月延長すると、利息の総額は269,753円増えます。

このように、おまとめローンを使って金利を抑えたために、返済総額が膨らんでしまうケースがある点をおさえておきましょう。

借金一本化「おまとめローン」が利用できる金融機関一覧表

借金 一本化 おまとめローン_利用できる金融機関

借金を一本化できるおまとめローンって、どこで利用できるのかな?

そんな方のため、おまとめローンを利用できる主な金融機関・商品名をお伝えします。

おまとめローンを利用できる主な金融機関
  1. ろうきん
  2. 銀行系
  3. 消費者金融系

上記3種類のおまとめローンが利用できる金融機関について、ご紹介しますね。

利用できる金融機関➀ろうきん

借金一本化のおまとめローンが利用できる金融機関として、ろうきんがあります。

ろうきん(東北労働金庫)のおまとめローンに関する情報は、以下をご覧くださいね。

ろうきん(東北労働金庫)のおまとめローン
  • 商品名:おまとめローン500
  • 金利:5.0%
  • 借入上限額:500万円

上記の通り、ろうきんのおまとめローン500は金利が5.0%と安い点がメリット。

その一方で、団体会員の方でないと、おまとめローン500の利用はできません。

なお団体会員の方とは、東北労働金庫に出資している、以下の団体に所属されている方を指します。

  • 労働組合
  • 国家公務員・地方公務員等の団体
  • 勤労者のための福利共済活動を目的とし、一定の条件を満たす団体
    (同一企業の団体のみ)

このようにろうきんのおまとめローン500を利用できる人は限られている点も、おさえておきましょう。

利用できる金融機関➁銀行系

おまとめローンを利用できる主な銀行系の金融機関は、以下の通りです。

おまとめローンを利用できる主な銀行系の金融機関

商品名(金融機関) 金利 借入上限額
カードローン(じぶん銀行) 1.7%~17.4% 800万円
バンクイック(三菱UFJ銀行) 1.8%~14.6% 500万円
スーパーローン(楽天銀行) 1.9%~14.5% 800万円
カードローン(横浜銀行) 1.9%~14.6% 1,000万円
しみずフリーローン(清水銀行) 3.0%~14.0% 1,000万円
カードローン(スルガ銀行) 3.9%~14.9% 800万円
ちばぎんフリーローン(ちばぎん) 4.3%~14.8% 800万円
カードローン(三井住友銀行) 4.5%~14.5% 800万円
りそなフリーローン(りそな銀行) 6.0%~14.0% 500万円

信頼感や安心感を求める方には、銀行系のおまとめローンがおすすめです。

利用できる金融機関➂消費者金融系

おまとめローンが利用できる主な消費者金融系の金融機関は、以下をご覧ください。

おまとめローンが利用できる主な消費者金融系の金融機関

商品名(金融機関) 金利 借入上限額
VIPフリーローン(オリックス) 3.0%~14.5% 800万円
おまとめMAX(アイフル) 3.0%~17.5% 500万円
フリーキャッシング(プロミス) 4.5%~17.8% 500万円
貸金業法に基づく完済応援プラン(レイクALSA) 13.0%~17.0% 300万円
モビットカードローン(SMBCモビット) 3.0%~18.0% 800万円
カードローン(アコム) 7.7%~18.0% 800万円

消費者金融系は一般的に、銀行系よりも審査に通りやすいと言われています。

審査落ちが心配な方は、消費者金融系のおまとめローンも候補に入れると良いでしょう。

借金一本化「おまとめローン」と比べておきたいおすすめの方法「債務整理」とは?

借金 一本化 おまとめローン_債務整理とは

借金を一本化できるおまとめローンの他にも、債務整理が良いって聞いたから、詳しく知りたいな。

そんな方のため、債務整理の基礎知識と、おまとめローンとの特徴比較について、お伝えしますね。

債務整理 = 利息・元金を抑えて借金問題の解決を目指す方法

債務整理とは、利息や元金を減らす手続きをして、借金完済を目指す方法のことです。

債務整理は、以下の3種類に分けられます。

債務整理の種類
  1. 任意整理
    直接貸主と話し合い、借金の負担を軽くすること。
    期待できる借金改善効果は、今後の利息や遅延損害金の減額、返済期間の延長など
  2. 個人再生
    裁判所へ手続きし、借金の総額を1/5~1/10程度に減らすこと
  3. 自己破産
    裁判所へ手続きし、借金の免除をしてもらうこと

債務整理をすれば、法を破ることなく、借金の負担軽減を狙えます。

状況に応じて最適なアドバイスをもらえるため、弁護士への相談がおすすめです。

おまとめローン・任意整理の特徴比較一覧表

おまとめローン・任意整理の特徴って、どう違うのかな?

そんな方は、以下の「おまとめローン・任意整理の特徴比較一覧表」をご覧ください。

おまとめローン・任意整理の特徴比較一覧表

項目 任意整理 おまとめローン
返済総額 減る・増える可能性あり 減る
金利 低くなる可能性あり 原則なし
返済期間 短期化・長期化の可能性あり 3~5年
事故情報(ブラックリスト) 記載される 記載されない

任意整理は基本的に金利がなくなり、返済総額が少なくなる点が大きなメリット。

その一方で、ブラックリスト入りしてしまう点がデメリットとなります。

また、おまとめローンは、うまく使えば金利・返済総額が軽減できる点がメリットです。

しかし、おまとめローンの良さを活かせない場合、金利や返済総額の負担が増えてしまう点がデメリット。

任意整理・おまとめローンの特徴を正しく把握して、より大きく状況を改善できる方法を選びましょう。

借金一本化「おまとめローン」のまとめ

最後に、借金一本化のおまとめローンについて、まとめておきますね。

借金一本化のおまとめローンのまとめ
  • おまとめローンとは、複数の借金を一本化し、金利・返済総額の負担軽減を狙うローンのこと
  • おまとめローンには、返済総額の増加・審査落ちのリスクなどのデメリットもある
  • 毎回の返済額の減少、返済期間の延長などによって、おまとめローンで失敗するケースが多い
  • おまとめローンで審査落ちする主な理由は、借入残高が多すぎたり、過去に金融トラブルがあったりするなど
  • おまとめローンは、ろうきん・銀行・消費者金融などで利用できる
  • おまとめローンをお考えの方には、債務整理の検討もおすすめ

借金を一本化できるおまとめローンは、失敗する可能性があり、審査落ちのリスクもあります。

そのため、債務整理などの方法も含めて比較検討することがおすすめ。

弁護士に相談すれば、より賢い選択ができるので、借金の完済に大きく近づくでしょう。

借金をなくすため、ベストな判断をなさってくださいね。