仮想通貨オーエムジー(OMG)とは?特徴やおすすめの取引所、買い方を徹底解説!

仮想通貨「オーエムジー(OMG)」をご存知ですか?

とても注目を浴びている仮想通貨であり、イーサリアムを基盤として開発されています。オーエムジー(OMG)は、これからより注目を集める仮想通貨になり得るのか。

オーエムジー(OMG)に投資しようか迷っている方も多くいるのではないでしょうか。

本記事では、注目の仮想通貨オーエムジー(OMG)の基本情報から、特徴、現在のチャート、これまでの価格推移、現在オーエムジー(OMG)を取り扱っている取引所、買い方などを詳しくご紹介していきます。

ざっくりいうと
  • オーエムジー(OMG)は、フィリピンの経済成長を促進するために開発された仮想通貨。
  • 「高速で安価、そして安全でオープンな金融サービスの提供を実現すること」を目的としている
  • オーエムジー(OMG)は、処理速度が早く、手数料も安い。
  • オーエムジー(OMG)は、Omiseが開発している。
  • 国内取引所では、「GMOコイン」で取り扱いが可能。
  • 海外取引所では、「BINANCE(バイナンス)」で取り扱いが可能!
  • バイナンスは、最大レバレッジ100倍で取引が可能の人気取引所!
  • バイナンスは、世界でもトップクラスの取引高を誇る取引所です。

 

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

 

\お得なキャンペーン実施中!/

BINANCE公式サイト

仮想通貨オーエムジー(OMG)とは

オーエムジー(OMG)は、イーサリアムを基盤に開発された仮想通貨です。

オーエムジー(OMG)は、OMG Networkで使用される仮想通貨で、OMG NetworkとはERC-20トークンを送付するためのネットワークです。

2017年にOmiseGoとして開発されましたが、2019年6月にOMG Networkへのリブランドされました。

OMG Networkでは、「高速で安価、そして安全でオープンな金融サービスの提供を実現すること」を目標として掲げています。

オーエムジー(OMG)は、このOMG Network上で使用される独自の仮想通貨(暗号通貨)となっています。

Omiseとは

Omiseは、タイを拠点にアジアを中心にサービスを展開しているフィンテック企業です。

Omiseの共同創業者には長谷川氏、また、役員も日本人が就任しています。それらの理由から、Omiseの日本での知名度が高いと言えます。

発展途上国などの国々では、クレジットカードや銀行口座を持てない人が多くいます。Omiseは、ネット環境とデバイスがあれば誰でも簡単に金融にアクセスできるように、OMG Networkのサービスを展開しています。

オーエムジー(OMG)の現在のチャート


オーエムジー(OMG)の現在のチャートです。オーエムジー(OMG)は、2020年12月から価格を大幅に上げており、現在も価格を保持しています。

今後のオーエムジー(OMG)の価格に期待が集まります。

オーエムジー(OMG)の価格推移

オーエムジー(OMG)の過去最高値は、約2800円となっています。2800円を記録したのは、2018年1月。

その後、オーエムジー(OMG)の価格は下がり100円前後を維持していました。

しかし、2020年には600円を記録し、2018年に続く高値を記録しました。

オーエムジー(OMG)は、2021年に入ってからは、数日で100円ほど価格を上げています。

オーエムジー(OMG)の特徴

オーエムジー(OMG)の特徴をここで詳しくご紹介いたします。

オーエムジー(OMG)のそれぞれ特徴を理解して、投資するかどうか決めてみてはいかがでしょうか。

分散型取引所

分散型取引所とは、ブロックチェーン上での資産移動や取引を管理しています。

安全面でも高い信頼を得ており、中央集権的な取引所よりも安全面は強固です。

また、取引が成立するための取引相手を探す際も、機械的に取引相手を探すので、より透明性が高いと言えます。

デメリットとしては、分散型取引所は管理者が存在しないために、サポートをあまり手厚くない点、そして、ログインパスワードなどを忘れてしまった際も保証などはありません。

処理速度が早い

オーエムジー(OMG)は、国際送金を簡単なものにし、フィリピンの経済活動を活発にすること掲げているため、処理速度がとても早いという特徴があります。

また、オーエムジー(OMG)の送金手数料はとても安価です。

ブロックチェーンゲートウェイ

オーエムジー(OMG)は、ブロックチェーンゲートウェイを採用しています。

ブロックチェーンゲートウェイとは、簡単に言うとOmise GOを仲介している法定通貨や仮想通貨の取引を円滑にする役割を担っています。

ブロックチェーンゲートウェイを採用している、Omise GOを仲介として挟むことによって、例えば、日本円をアメリカドルに換金した上で、取引を行うことが可能になります。

とても便利ですよね。

クリアリングハウスメッセージネットワーク

オーエムジー(OMG)の特徴として、クリアリングハウスメッセージネットワークがあります。

クリアリングハウスメッセージネットワークとは、スマートコントラクトを実際に導入していない仮想通貨にも仮想通貨にもスマートコントラクトの機能があるように取引できる方法です。

OMG Networkではクリアリングハウスメッセージネットワークを利用することで、スマートコントラクト機能がない仮想通貨でも問題なく、分散型取引所で扱えるようになりました。

オーエムジー(OMG)を取り扱っている海外取引所

オーエムジー(OMG)を取り扱っている海外取引所をここでは、ご紹介いたします。

オーエムジー(OMG)を取り扱っている取引所は、以下の通りです。

取り扱いのある海外取引所
  1. BINANCE(バイナンス)
  2. BITFINEX(ビットフィネックス)
  3. CoinBene(コインベネ)

それでは、それぞれの取引所について詳しくご紹介していきます。

BINANCE(バイナンス)

所在地 マルタ
レバレッジ倍率 125倍
取り扱い通貨数 100種類以上
日本語対応
アプリ

BINANCE(バイナンス)では、100種類以上を超えるアルトコインを扱っていて、ビットコインFX ,アルトコインFXの取引量は世界最大です。

BINANCEが設立されて初めての年に仮想通貨の取引上が世界1位となった実績を持つ、世界でも人気の取引所です。

セキュリティにはとても信頼性が高く、多くの日本人投資家も愛用している取引所です。

レバレッジ取引最大125倍もトレーダーの間で人気の一つです。

バイナンスでは、日本語のサポートはありませんが、2BTCまでの取引までなら本人の確認がなく気軽にBTCFXを始めることができます。

オーエムジー(OMG)を取引するなら、BINANCEがおすすめです!今すぐ登録して取引を始めましょう!

BITFINEX(ビットフィネックス)

所在地 スイス
レバレッジ倍率 3.3倍
取り扱い通貨数 100種類以上
日本語対応 ×
アプリ

BITFINEX(ビットフィネックス)は、2013年に設立。

現在では、世界でも最大級の仮想通貨取引所となっております。BITFINEX(ビットフィネックス)は、過去にハッキング被害にあっており、それからはセキュリティに一層力を入れており、

オフラインで仮想通貨を管理する、コールドストレージを使用しており、セキュリティには定評があります。

BITFINEX(ビットフィネックス)では、レンディングをすることもできるので、興味のある方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

CoinBene(コインベネ)

所在地 シンガポール
レバレッジ倍率
取り扱い通貨数 約50種類
日本語対応
アプリ

CoinBene(コインベネ)はシンガポールに拠点を置く取引所です。

オリジナルトークン「COINトークン」を発行しており、取引も可能となっています。

また、COINトークン保有している人には、取引所の手数料利益の40%が還元される仕組みになっています。

取引高では、世界でも上位にランクインする取引所です。

日本語にも対応しているので、英語がわからない人でもストレスなく取引することができるでしょう。

オーエムジー(OMG)を取り扱っている国内取引所

オーエムジー(OMG)を取り扱っている国内取引所をここではご紹介いたします。

2021年現在では、国内ではGMOコインのみオーエムジー(OMG)の取り扱いを行っています。

国内取引所のメリットは、日本円で取引することができる点、そして100%日本語でサポートを受けることができる点などです。

海外仮想通貨取引所と比較して、どちらに登録するのかを決めてみてはいかがでしょうか。

GMOコイン

所在地 日本
レバレッジ倍率 4倍
取り扱い通貨数 10種類
日本語対応
アプリ

GMOコインは、日本の取引所の中でも取り扱い通貨数が多い取引所です。

最大レバレッジは、国内取引所の場合は最大で4倍になります。

アプリにも対応しているので、外出先でも楽々取引ができると評判です。是非、登録してみてはいかがでしょうか。

オーエムジー(OMG)の購入方法

ここでは、オーエムジー(OMG)の購入方法を簡単に説明いたします。

一度覚えると、どこの取引所でも大きく違うことはありませんので、まずは手順を確認してみましょう。

今回は、BINANCEでのオーエムジー(OMG)の買い方をご紹介いたします。

国内取引所からBINANCEへの入金

今回は、国内取引所からの送金は「コインチェック」で行います。

まずは、「コインチェック」で新規口座開設を済ませます。その後、コインチェックに日本円を入金し、ビットコインを購入してください。

コインチェックでビットコインを購入した後は、「コイン送金」を選択します。

そうすると、送金する仮想通貨を選び、送金金額を入力してください。そうすると、送金手数料が表示されるので確認しましょう。

「送金する」を選択します。

送金アドレスを登録していない場合は、新規ラベルに送り先の「BINANCE」と記入して、

新規宛先には、バイナンスの受金アドレスをコピペして入力しましょう。

※送金アドレスを間違えると、取り消しはできないので注意してください。

BINANCEでのオーエムジー(OMG)の買い方

まずは、BINANCEに登録しましょう。

バイナンスへの登録が完了して、コインチェックからの入金を終わらせたら、次は、バイナンスでOMGの通貨ペアを選択します。

binance

バイナンス(BINANCE)でのOMGの取引画面に移行したら、次は注文を出します。

バイナンス(BINANCE)の取引画面の左側にある「発注」で注文を出すことができます。

まず初めに、購入、売却を選びます。価格を入力して、取引したい金額を入力してください。

ポジションは、画面下のオープンオーダーで確認することができます。バイナンス(BINANCE)での取引はとてもシンプルで初心者の方でもわかりやすく操作できるようになっています。

暗号通貨オーエムジー(OMG)まとめ

本記事では、オーエムジー(OMG)の基本情報から、特徴、開発している会社、オーエムジー(OMG)を取り扱っている国内取引所、海外取引所などをご紹介いたしました。

オーエムジー(OMG)を取り扱っている取引所を数カ所ご紹介したので、どこに登録してオーエムジー(OMG)を取引して良いのかわからない方もいるかもしれません。

国内取引所は、日本円を入金できるメリットはありますが、手数料が海外取引所に比べて高い点、そしてレバレッジは最大でも4倍であることなどがデメリットとして挙げられます。

海外取引所は、日本円での入金はできませんが、手数料の安さ、そしてハイレバレッジでも取引ができる点、そして、追証制度がない場合が多いなどのメリットが多くあります。

もし、どこの取引所に登録して、オーエムジー(OMG)を取引しようか迷っている方は、大手海外取引所の「BINANCE」をおすすめします。

登録は5分で完了します!とても簡単で初心者にもおすすめ!