仮想通貨IOSTとは?特徴や将来性、おすすめの取引所や購入方法を解説!

仮想通貨IOST(アイオーエスティー)は、2019年にコインチェックに上場したことで一躍注目を集めました。

その中で、まだ仮想通貨IOSTが具体的にどんな役割を担っているのか、どんな技術があるのかなど理解できていない人が多いのではないでしょうか。

仮想通貨IOSTは、今後他の国内取引所にも上場する可能性があります。

今後、仮想通貨IOSTに投資をするのかを見極めるためにも、IOSTについてしっかり理解する必要があります。

本記事では、仮想通貨IOSTのチャート、特徴、将来性、現在取り扱っている国内・海外取引所、買い方まで全てご紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみてください。

ざっくりいうと
  • 2020年9月コインチェックが国内では初めてIOST(アイオーエスティー)の取り扱いをスタート!
  • IOSTは、PoB(Proof of Believability)を採用していて高い処理能力をもつ。
  • IOSTは今後将来性がある仮想通貨の一つ。
  • 国内取引所では、「コインチェック」で取り扱いしている。
  • 海外取引所では、「BINANCE(バイナンス)」で取り扱いが可能!
  • バイナンスは、最大レバレッジ100倍で取引が可能の人気取引所!
  • バイナンスは、世界でもトップクラスの取引高を誇る取引所です。

 

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

 

\お得なキャンペーン実施中!/

BINANCE公式サイト

IOST(アイオーエスティー)とは

2020年9月コインチェックが国内では初めてIOST(アイオーエスティー)の取り扱いをスタートさせました。

このことで、IOST(アイオーエスティー)への注目が日本でも集まっています。

IOST(アイオーエスティー)は、スマートコントラクトを使ってdApps(分散型アプリケーション)を構築するためのものであり、同時に仮想通貨の名称でもあります。

IOSTが掲げているビジョンは、「クレジットカードが日常生活で広く使われるように、ブロックチェーンがあらゆるサービスの利用を可能にする」ということです。

IOSTは、次世代のコンセンサスアルゴリズムPoB(Proof of Believability)を採用しており、に中央集権かつ公正で高速な処理能力を持っています。

IOST(アイオーエスティー)の現在価格と過去の価格

IOST(アイオーエスティー)のチャートはこのようになっています。IOST(アイオーエスティー)のリアルタイムのチャートをここでチェックしてみてください。

IOST(アイオーエスティー)の気になる特徴

IOST(アイオーエスティー)の特徴を少し整理してみましょう。

IOST(アイオーエスティー)には、様々な技術があります。その中でも、特徴としてシャーディング技術と合意形成アルゴリズムについて解説いたします。

シャーディング技術

IOST(アイオーエスティー)が高い処理能力を持つのは、シャーディング技術のおかげです。

シャーディング技術とは、トランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分けます。それと同時にトランザクションを処理できる技術のことです。

メインチェーンとは別のサイドチェーンでトランザクションを処理しているので、メインチェーンへの負荷を軽減することができます。そして、高い処理能力を可能にしているということです。

この技術によって、IOSTは高い処理能力を実現しています。

合意形成アルゴリズム

IOST(アイオーエスティー)は、独自の合意形成アルゴリズムを採用しています。

中央集権的な管理者を基本的に持っていないブロックチェーンは、台帳の情報をネットワーク上の全員で共有します。そのため、全体の合意形成を行います。

IOST(アイオーエスティー) は、PoBに基づいています。そして、PoBは、IOSTトークン、貢献度などの要素を使用してネットワークのセキュリティを保持しています。

IOST(アイオーエスティー)の4つのメリット

近年注目されているIOST(アイオーエスティー)には、大きく分けて4つのメリットがあります。

それはJavaScriptで開発できること、効率分散型シャーディング技術を使用していること、ノードのストレージを削減していること、独自のアルゴリズムを採用していることの4つです。

順に紹介します。

IOST(アイオーエスティー)のメリット①:JavaScriptで開発できる

IOST(アイオーエスティー)のスマートコントラクトはJavaScriptで構築されているため、JavaScriptを用いて開発することができます。

多くのエンジニアが使用できるJavaScriptであればDapps開発が簡単になることは間違いありません。

そして、多くの人が参戦することで、IOST(アイオーエスティー)のスマートコントラクト活用はより活性化するでしょう。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で仮想通貨の売買契約を自動的に実行する仕組みのことを言います。

スマートコントラクトの開発がしやすいということは、多くの人が参入する可能性が高いことを意味します。

監修者リップルちゃん

IOST(アイオーエスティー)のメリット②:シャーディング技術を使用

スケーラビリティ問題の解決を目指すために、IOST(アイオーエスティー)はEfficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)を導入しています。

この技術を導入することで取引データ(トランザクション)にかかる手数料や時間を削減することができ、ネットワークの作業速度を飛躍的に向上することに成功しました。

スケーラビリティ問題とは、1つのブロックの中に書き込める取引データの数が限られていることによって起きる障害のことをいいます。

処理速度の低下や、送金遅延を引き起こす原因になります。

監修者リップルちゃん

IOST(アイオーエスティー)のメリット③:ノードのストレージを削減

IOST(アイオーエスティー)は、特定のブロックにマイクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントを設定することでサーバーにかかる負荷を軽くし、システムパフォーマンスの低下を回避することに成功しました。

これによりノードのストレージを削減することに成功し、決済処理などが早く処理できるようになりました。

通常、過去のデータをすべて保存しないといけなかったですが、マイクロステート・ブロックを採用することで、チェックポイント以降の新しいデータのみを保存できるようになりました。

監修者リップルちゃん

IOST(アイオーエスティー)のメリット④:独自のアルゴリズムの採用

IOST(アイオーエスティー)は非中央集権性がより担保できる「Proof of Beliebability(PoB)」という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

ネットワークへの貢献度でさらに報酬の高い処理が行えるようになっています。

【2021年最新】IOST(アイオーエスティー)の今後の見通しや将来性

IOST(アイオーエスティー)の将来性について、ここでは項目ごとにわかりやすく解説していきます。

ここで、IOSTの将来性をしっかり見極めましょう。

今後も新規取引所に上場する見込みがある

IOST(アイオーエスティー)は、2020年に入ってからはアジアの仮想通貨取引所にも積極的に上場しています。

2020年8月には、インドネシアの取引所である「INDODAX」が取り扱いをスタートすると発表しました。

2020年9月には、国内初コインチェックがIOSTの取り扱いを開始することを発表し、とても注目を集めています。

IOST(アイオーエスティー)は、このことがきっかけで、日本でも投資しているトレーダーが増えたことは間違いありません。

今後も、世界各国の取引所に徐々に上場していくことで、流動性が高くなる期待もあります。

コミュニティ運営がしっかりしている

IOST(アイオーエスティー)のコミュニティはとても活発で、積極的に仮想通貨市場の活性化に取り組んでいます。

IOSTは、無料の教育プログラムや勉強会なども開催しており、それらの活動等は、公式サイトやTwitterで確認することができます。

IOST(アイオーエスティー)は今後100円から1,000円まで価格は上がる?

IOSTが100円まで上昇する見込みは、現時点の価格から判断すると、今後1年以内に到達するという可能性は低いと予想されます。

実際にIOSTの価格上昇に結びつく3つの要因についてみていきましょう。

DeFiへの参加者の増加

DeFiにIOSTが進出したことで、2021年はかつて無いほどの好調を見せています。

ブロックチェーン技術を用いた分散管理のおかげで、DeFiでの利用を想定した仮想通貨には安全に資産を管理できるメリットがあります。

ハッキングのリスクが少ないという安心感から、近年はDeFiに参加するユーザーが増えました。

今後、DeFiの話題性が高まれば、関連する仮想通貨の価格上昇を期待できるでしょう。

エアドロップイベント

IOSTは定期的にエアドロップイベントを行います。

エアドロップとは一定条件を満たしたユーザーを対象に、無料で仮想通貨の配布を行うイベントです。

イベントでは基本的に、ユーザーが保有している仮想通貨と同じ種類、同じ量の通貨をもらうことができます。

また開催日が近づくと、駆け込み需要によって価格が高まる可能性がありますが、イベント後は、急な価格上昇の反動で価値を落とすかもしれません。

しかしエアドロップは仮想通貨の大きな宣伝になるため、長期的に見ると価格を上げる可能性もあります。

医療分野での実証実験の進捗

IOSTは医療分野でも実証実験が進んでおり、医療現場でも役に立つとわかれば、社会的な影響力を考えて買い注文に踏み出す人が多くなることが考えられます。

今後の成功次第で価値を大きく上げる可能性が十分にあるでしょう。

IOSTとしても、金融の分野を飛び越えた活躍を望めるので期待が高まりますね。

IOST(アイオーエスティー)を取り扱っている海外取引所

IOST(アイオーエスティー)を取り扱っている海外取引所は複数あります。

その中でも厳選した取引所をここでは、皆さんにご紹介いたします。

BINANCE(バイナンス)

所在地 マルタ
レバレッジ倍率 125倍
取り扱い通貨数 100種類以上
日本語対応
アプリ

BINANCE(バイナンス)は、世界でもトップのビットコイン取引高を誇る取引所です。

BINANCEは、IOST(アイオーエスティー)の取り扱いを行っています。

国内取引所とは違い、ハイレバレッジで取引が可能なほか、100種類以上のアルトコインを取り扱っているため、IOSTだけでなく、

BINANCEに登録しておけば、多くのアルトコインも取引することができます。追証制度はなく、最近では日本語にも対応しているので、

英語がわからない方でも安心して利用することができます。

とても信頼性の高い取引所です。ぜひ、BINANCEでIOSTを取引してみてはいかがでしょうか。

OKEx

OKEx

所在地 マルタ
レバレッジ倍率 100倍
取り扱い通貨数 100種類以上
日本語対応 ×
アプリ

OKExは、中国で誕生した有名取引所です。OKExの取引量は、2019年で世界ランキング2位にランクインしています。

OKExは、日本人ユーザーも現在急増しています。現物取引の他に4種類の注文方法を用意しています。

また、IOST(アイオーエスティー)の取り扱いをしています。

パーペチュアルスワップでは、最大で100倍のレバレッジで取引することができ、決済期限がないので現物取引に近い形で取引を行うことができます。

様々な取引方法を利用したい方にとってOKExは、ベストな取引所と言えるでしょう。

CoinBene

所在地 シンガポール
レバレッジ倍率
取り扱い通貨数 約100種類以上
日本語対応
アプリ

CoinBeneは、シンガポールに拠点を置く暗号資産取引所です。

CoinBeneは独自取引所トークン「CONI」を発行しており、CoinBeneで取引することが可能です。

BTC建で、100種類以上の仮想通貨を取引することができます。CoinBeneは、過去にハッキング被害にあっていますが、その後セキュリティに力を入れています。

サブ取引所として、おすすめの海外取引所です。

IOST(アイオーエスティー)を取り扱っている国内取引所

仮想通貨IOSTを取り扱っている国内取引所をここでご紹介いたします。現在、仮想通貨IOSTを取り扱っている国内取引所はコインチェックのみとなります。

コインチェックは、日本を代表する取引所として知名度の高い取引所です。

コインチェック

所在地 日本
レバレッジ倍率 4倍
取り扱い通貨数 14
日本語対応
アプリ

コインチェックは、日本国内でも最大級の仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨ペアは、国内トップでユーザーも多く取引量は十分です。過去には、仮想通貨NEMのハッキング被害がありましたが、その後セキュリティをより一層強化しています。

また、ハッキング被害にあったユーザーにも保証をしっかりとしている点からみても、きちんとした運営をしています。

アプリでも取引ができるので、おすすめです。ぜひ、簡単登録してみてはいかがでしょうか。

IOST(アイオーエスティー)の購入方法

仮想通貨IOSTの購入までのステップは、とても簡単です。簡単に説明すると、まずは国内取引所または、ウォレットからBINANCEヘ送金を行います。

そして、BINANCEで入金が確認できたら、IOST(アイオーエスティー)を購入するのみです。

次に、より詳しく画像を交えて解説しますので、最後までお付き合いくださいね!

【ステップ1】国内取引所に登録する

まずは、国内取引所にて口座開設を行ってください。国内取引所にて登録が終わったら、まずは日本円にて入金が可能です。

必要なもの

顔写真付き身分証明証

入金を終わらせたのち、ビットコインを購入することができますので早めに入金は済ませておきましょう。

【ステップ2】バイナンスに登録する

バイナンスに登録していない方は、ここで登録を済ませましょう。

バイナンスへ登録は、個人情報の入力、そして二段階認証の設定などです。国内取引所に登録するサイトあまり変わりはありませんので、割愛いたします。

登録が終わったら、次はバイナンスの受金アドレスを確認しましょう。

バイナンスでは、日本円での入金にはまだ対応していないので、仮想通貨での入金を選択します。

通貨をビットコインに設定します。(※他の仮想通貨で入金する場合は、その通貨を選択してください。)

入金ネットワークでは、QRコードとその下には入金アドレスが表示されています。(※個人情報のため保護しています。)

他のトークンでこのアドレスに送金するとトークンを失う可能性があるので注意してください。

アドレス等は、決して手入力ではなくコピペで入力することをおすすめします。メールアドレスのように1文字でも間違えてしまうと、届きません。

【ステップ3】国内取引所からバイナンスにBTCを送金

バイナンスにて登録が完了したら、次はコインチェックからバイナンスへ送金を行います。

コインチェックにてビットコインを購入したら、ビットコイン建でバイナンスに送金を行いましょう。

ステップ2で確認した入金アドレスをコピペしておき、

コインチェック側の新規宛先に入力します。新規ラベルは管理しやすいように、バイナンス入金用(BTC)としておきます。

金額を指定すると、手数料が表示されますので、それを確認して、「送金する」を選択しましょう。

一度送金すると、取り消しができませんので注意してください。

【ステップ4】バイナンスでIOSTを取引開始

バイナンスのマーケットから、BTC市場を選択し、検索でIOSTを入れます。

そうすると、IOST/BTCが結果として表示されるので、選択します。

そうすると、このようにIOSTの取引画面に移行します。まずは、通貨ペアを確認します。

そして、注文方法を決定し、次にチャートかロングかを設定します。価格と金額を入れ、合計を入力したら注文の準備が完了です。

これでIOST(アイオーエスティー)の購入方法は一通りマスターしたことでしょう。とてもシンプルで簡単ですよね。一度マスターすればあとは他の通貨でも同じ手順ですので参考にしてみてください。

注意点

間違って注文を出してしまった際、その注文が成立してしまった場合は取り消しができません。ですが、注文がまだ通っていない状態ではオープンオーダーにて状況を確認でき、取り消しを行うことも可能です。

IOST(アイオーエスティー)の今後と将来性のまとめ

本記事では、IOST(アイオーエスティー)の基本情報から将来性、チャート、取り扱いしている仮想通貨取引所、購入方法などを解説いたしました。

IOST(アイオーエスティー)は、今後大いに注目を浴び、価格を上げる可能性が無いとは言えないので、今のうちに投資しておくのも手でしょう。

IOST(アイオーエスティー)を購入、取引する場合はBINANCEをおすすめします。コインチェックよりも手数料が安く、現在では日本語にも対応しているため、初心者の方でも安心して利用可能です。

BINANCEに一度登録しておくと、他多くの仮想通貨、アルトコイン、マイナーコインの取引も容易です。ぜひ、今のうちに登録しておきましょう。