ビットコインETFとは?なぜ承認されないのかその理由と仮想通貨に与える影響を解説!

仮想通貨へ投資をしていると、「ビットコインETF(Bitcoin ETF)」の文字を目にすることも多いかと思います。

皆さんは、ビットコインETF(Bitcoin ETF)の将来性や承認されるとどのようなことが起きるのか、承認はどのような利益をビットコインやその他仮想通貨にもたらすのかをしっかりと理解しておきたいですよね。

本記事では、ビットコインETF(Bitcoin ETF)の将来性や承認された時のメリット、ビットコインETFの今後の課題ビットコインETFが否認されている理由など詳しくご紹介いたします。

まずは、初めにビットコインETF(Bitcoin ETF)について正しく理解しているか確認の意味も込めて一緒にみていきましょう。

ざっくりまとめると
  • ビットコインETF(Bitcoin ETF)はビットコインで運用されているファンド!
  • 2020年世界初のビットコインETFガ誕生!バミューダ証券取引所が承認。
  • ビットコインETF(Bitcoin ETF)が今後より権威のある証券取引所で承認されることによって、ビットコイン含め仮想通貨への価格へ好影響が期待される!
  • まだ承認されていない今のうちにビットコインに投資する人が急増!
  • Bybitでは常にお得なキャンペーンを実施!

bybit キャンペーン

 

Bybit(バイビット)公式サイトはこちら 

 

\お得なキャンペーン実施中!/

Bybit公式サイト

ビットコインETF(Bitcoin ETF)とは

ビットコインETF(Bitcoin ETF)は、ビットコインで運用されているファンドです。しかし、現在ではバミューダ証券取引所を除いて承認を認められていません。

そもそも、金融市場にビットコインETF(Bitcoin ETF)を含めETFを上場するには、金融当局の承認を得る必要があります。

ビットコインETFは、アメリカで上場申請が行われているので、アメリカのSEC(米国証券取引委員会)が審査を行っています。

今後、ビットコインETFが上場するには、SEC(米国証券取引委員会)に正式に承認される必要があります。

そもそもETFとは?

ETFは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略です。

上場投資信託とは、金融商品取引所で取引される投資信託の事で、耳にしたことがある方も多いと思います。

ETFは、すでに金融市場に上場しているため、株式のように市場の動きに合わせて取引を行うことができます。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認された時のメリット

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認されるとどのような影響、そしてメリットがあるのでしょうか?

ここでは、承認されたときのメリットを詳しくご紹介していきます。正しく理解していきましょう。

承認された時のメリット
  1. ビットコイン、仮想通貨への信頼性が高くなる
  2. 仮想通貨市場の活性化
  3. 仮想通貨への税制が優しくなる

ビットコイン、仮想通貨への信頼性が高くなる

ビットコインETF(Bitcoin ETF)がもし、SEC(米国証券取引委員会)に承認され上場することになった場合は、ビットコインへ多大な影響を与えます。

まず、SEC(米国証券取引委員会)に認められることによって、仮想通貨は正式に金融商品として認められたということになります。

しかし現在は、巨額のハッキング被害や高いボラティリティなどにより、不安的な投機商品という印象を抱いている人が多いです。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認されることによって、このようなあまり良くないイメージを払拭してくれることでしょう。

仮想通貨市場の活性化

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が権威ある証券取引所に上場するということは、仮想通貨市場がより活発になるということを示しています。

これまで仮想通貨へ投資を渋っていた機関投資家の巨額の資金が流入してくるとなれば、一気に仮想通貨市場が活性化することでしょう。

また、資金が流入してくることで仮想通貨の価格への影響もあることでしょう。

仮想通貨への税制が優しくなる

現在、仮想通貨の利益への税金は雑所得に分類されており、利益に対して45% もの税金がかかってしまいます。

これは、証券での利益よりも高い税率です。

ところが、もしビットコインETF(Bitcoin ETF)が金融商品として認められると、証券での利益にかかる税率と同じ約20%になります。

仮想通貨の税率の高さがネックで投資を行ってこなかった層の新規参入など、様々なメリットがあります。

仮想通貨により投資しやすくなるというのは、仮想通貨の価格へ好影響も見込めるでしょう。

ビットコインETFの今後の課題

今後、ビットコインETF(Bitcoin ETF)が金融商品として承認されるための課題はなんなのでしょうか?

ここでは、今後の課題を詳しく解説いたします。

ビットコインETFの今後の課題
  1. 価格操作の危険性
  2. 市場の流動性の低さ
  3. 資産評価を行うことが難しい
  4. ボラティリティの高さ

価格操作の危険性

SEC(米国証券取引委員会)は、上場を否認している1つの理由として、価格操作の危険性を挙げています。

仮想通貨市場は、価格操作の影響を受けやすい可能性があること、そして詐欺の危険性などの観点から、承認をしてないということです。

現在でもまだ世界各国では仮想通貨に対する法律の整備がされていません。そのため、詐欺などに仮想通貨が悪用されてしまうこともあります。

これらの問題を解決することで、SEC(米国証券取引委員会)に承認されることができるでしょう。

市場の流動性の低さ

実は、仮想通貨(暗号通貨)市場は証券取引などに比べてもまだ流動性がとても低いです。

そのため、この流動性が低いということもSEC(米国証券取引委員会)では、審査に悪い影響を与えているのでしょう。

流動性が低く、ばらつきがあるので仮想通貨のボラティリティの高さ、不安定さも問題視されています。

資産評価を行うことが難しい

SEC(米国証券取引委員会)はファンドがBTCに対する公正な資産評価ができていないことを

承認しない理由として挙げています。

ファンドは、毎営業日に資産評価を行う必要がありますが、現在のビットコインではそれを公正に行うことが難しい、また、資産評価を行うまでの情報が不足している可能性もあります。

ボラティリティの高さ

ボラティリティとは、価格変動の度合いを示す言葉です。仮想通貨は、株などの金融商品に比べても基本的に価格変動が激しくとても不安定です。

仮想通貨は、ボラティリティの高さが幅広く知られています。このボラティリティにより、短期間で大きく儲けることができる可能性がありますが、大きな損失を一瞬で被る可能性もあります。

しかし、2017年に比べてもビットコインのボラティリティは低水準を維持しています。改善されている部分も多いので、今後に期待が集まります。

ビットコインETFは2020年12月30日SECに再申請

米資産運用会社のヴァンエック・アソシエイツは、ビットコインETF(Bitcoin ETF)の上場投資信託(ETF)設定の許可を米証券取引委員会(SEC)に申請しました。

これまでにも複数回申請していましたが、不正操作や流動性の低さ、などの理由で否認され続けてきました。

今回、ヴァンエック・アソシエイツが再申請した背景には、ウォール街でビットコインが受容されつつあること、そして、ジェイ・クレイトン委員長の退任が関係しているようです。

新しい顔ぶれの米証券取引委員会(SEC)により、承認の可能性が高まっていると読んでいるようです。

今回の申請の結果に期待が集まります。

【世界初】ビットコインの上場投資信託(ETF)が誕生!

ブラジルのファンド企業Hashdexが米ナスダックと提携して発行する仮想通貨ETFがバミューダ証券取引所に上場が決まりました。

このことにより、世界で初のビットコインETF(Bitcoin ETF)の誕生となります。同取引所は、年末にも取引を開始するということです。

バミューダ証券取引所は、まだ小規模ですが、この承認により今後の流れが変わる可能性もあります。

また、このことを機に機関投資家の参入も見込める可能性があるとのことです。

過去のビットコインETF上場申請(2019年以降)

日付 概要
2019/2 VanEck・SolidX・CBOEがビットコインETF(Bitcoin ETF)を再申請
2019/3 SECがビットワイズ・VanEck版の申請の可否判断を5月に延期
2019/5 SECがビットワイズ・VanEck版の申請の可否判断を8月に再延期
2019/8 SECがビットワイズ・VanEck版の申請の可否判断を
10月に延期
2019/10 SECがビットワイズの申請を非承認
2020/9 世界初のビットコインETFがバミューダ証券取引所で承認
ブラジルのファンド企業Hashdexと米ナスダックが提携し発行。
2020/12 米資産運用会社のヴァンエック・アソシエイツは、ビットコインETFの上場投資信託(ETF)設定の許可を米証券取引委員会(SEC)に申請。

表の通り、複数回にわたって上場申請が行われては否認されている状況です。

2019年には世界初、ビットコインETF(Bitcoin ETF)が誕生したことで今後の流れが変わってくることに期待しましょう。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)に対するみんなの意見

ここでは、ビットコインETFに対する意見をご紹介します。確認していきましょう。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認されることにより、今後の価格への好影響を期待している人は、かなり多いです。

保有しているビットコインの価格に直結する可能性がある出来事ですので、当たり前ですよね。

2017年から幾度となく申請されています。今後、米証券取引委員会(SEC)の承認される日はくるのでしょうか。

先ほども説明した通り、日本では仮想通貨の利益には45%の税金が発生します。これは、仮想通貨で得た利益は雑所得に分類されるためです。

この税率の高さが、ビットコイン投資へのネックになっているということです。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)のまとめ

本記事では、ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認されるメリットから否認の理由、ビットコインETF(Bitcoin ETF)の最新ニュースを詳しくご紹介していきました。

少しでもビットコインETF(Bitcoin ETF)について、理解が深まったでしょうか。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)の商人への期待は非常に高いです。多くの投資家が、数年以内に世界の権威ある証券取引所からの承認、上場に期待をしています。

今後の世界情勢、ビットコインの受容によってその結果は大きく変わってくるでしょう。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認される前にできるだけ多くのBTCを保有したいという投資家も多いです。

その理由は、ビットコインETF(Bitcoin ETF)が大手証券取引所で承認されれば少なからずビットコインの価格に影響する可能性が高いからです。

ビットコインETF(Bitcoin ETF)が承認されていない今のうちにビットコインに投資したい、保有しておきたいという方は、BybitまたはBINANCEをおすすめします。

海外取引所の方が手数料も安く、世界基準のセキュリティ体制で仮想通貨を管理しています。また、口座解説キャンペーンも実施していますので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

\お得なキャンペーン実施中!/

Bybit公式サイト

【図解】Bybit(バイビット)の登録方法を徹底解説!初心者でもわかりやすく5分で登録できる!