ビットコインキャッシュとは?基礎知識・値上がり要因・おすすめの取引所など

ビットコインキャッシュとは_アイキャッチ

ビットコインキャッシュとはどんな通貨なの?

そんな方のためビットコインキャッシュの基礎知識や取引に役立つ値上がり要因などを解説します。

ビットコインキャッシュに関する有名な見通し予想と結果や、しっかり稼ぐためのおすすめの取引所もご紹介。

最大限にチャンスを活かせるよう、「ビットコインキャッシュとは何なのか」についておさえていきましょう。

「ビットコインキャッシュとは?」の概要
  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはビットコインよりも決済の利便性が高い
  • ビットコインキャッシュの取引にはコインチェックがおすすめ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとは_基礎知識

「ビットコインキャッシュとは何なのか」を把握するため、以下の3点を解説します。

ビットコインキャッシュとは?
  1. 特長
  2. ビットコインとの違い
  3. ビットコインキャッシュのこれまで

より大きな利益を得られるよう、上記3つの「ビットコインキャッシュとは?」について見ていきましょう。

①特長

ビットコインキャッシュの特徴は、以下をご覧ください。

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインから分裂した
  • ビットコインよりも決済の利便性が高い

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨です。

ビットコインから分裂した理由は、より高い利便性を実現するためと言われています。

ビットコインキャッシュとビットコインって、どこが違うの?

そんな方のため、次はビットコインとの違いについて解説します。

②ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュとビットコインの違いとは何かが気になる方は、以下をご覧ください。

比較項目 ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコイン(BTC)
ブロックサイズ 32MB 1MB
取引の処理件数 多い 少ない
取引承認速度 10分 10分
マイニング難易度変更 可能 不可
送金時間 約3分 約15分
送金手数料 数円〜数十円 数百円〜数千円
難易度調整アルゴリズム DAA NDA
難易度調整の頻度 10分に1度 2週間に1度
ネットワークの安定性 とても高い 高い
Segwit(セグウィット) なし あり

ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは決済の利便性です。

ビットコインキャッシュはたくさんの取引を素早く決済でき、手数料も安価。

マイニング報酬の公平性が保ちやすかったり、安定した通信状況をキープしやすかったりする点もビットコインキャッシュのメリットです。

総合的に見てビットコインキャッシュはビットコインよりも決済の利便性が高いと言えます。

③ビットコインキャッシュのこれまで

ここではビットコインキャッシュの誕生からこれまでに起きた大きな出来事について解説します。

ビットコインキャッシュのこれまで
  1. ビットコインからの分裂
  2. ビットコインABC・ビットコインSVへの分裂

上記2点をチェックして、ビットコインキャッシュの理解を深めましょう。

ビットコインからの分裂

ビットコインキャッシュは2017年8月、ビットコインから分裂しました。

ビットコインの分裂は、決済の利便性に関する懸念から生じたと言われています。

2014年頃からビットコインの人気が高まり、たくさんの取引がされることで決済のスピードが遅く、手数料が高くなってきました。

先述の通りビットコインのブロックサイズは1㎆と、ビットコインキャッシュの1/32となっています。

そのため、1回で承認できる取引件数が少なく、次回の承認で決済できたとしても、最低でも10分以上は待つことに。

また早く取引を承認してもらいたい人は高い手数料を払って急ぎやすい傾向があります。

こういった状況からビットコイン内部で、取引承認スピードの短縮化・手数料抑制をすべきと考える人が出てきました。

そしてビットコインからビットコインキャッシュが分裂することになったのです。

ビットコインABC・ビットコインSVへの分裂

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュはさらに分裂し、大きくビットコインABCとビットコインSVの2つに分かれました。

ビットコインABCは実質的にビットコインキャッシュを受け継いでいるとされ、ビットコインSV(Satoshi Vision)はビットコインの考案者「サトシ・ナカモト」のビジョンを受け継いでいると言われています。

ビットコインABCとビットコインSVの大きな違いはスマートコントラクトをはじめとする機能の拡張性にあります。

ビットコインABCはビジネス寄りとされており、スマートコントラクトなどの機能拡張性に優れています。

その一方でビットコインSVはシンプルな機能性や、マイナーに寄り添っている点が大きな特徴です。

ビットコインキャッシュの見通し予想・結果

ビットコインキャッシュとは_見通し予想・結果

こビットコインキャッシュの見通しを立てたいんだけど、参考になる情報ってあるのかな?

という方のため、有名な見通し予想とその結果について解説します。

ここでお伝えするビットコインキャッシュの見通し予想・結果は、以下の2点です。

ビットコインキャッシュの見通し予想・結果
  1. webbot
  2. ロニー・モアス氏

ビットコインキャッシュでうまく稼げるよう、上記2つの見通し予想と結果をチェックしておきましょう。

webbot

webbotによるビットコインキャッシュの見通し予想・結果は、以下をご覧ください。

webbotによるビットコインキャッシュの見通し予想・結果
  • 予想➀:2018年5月に大きく値上がりする
    →結果:2018年4月1BCH約4万円→2018年5月1BCH6万円台へ値上がり
  • 予想➁:2019年のうちに約214万円(200万ドル)に達する
    →結果:2019年の最高値は2月の約52,700円

予想➀は見通し予想が当たり、予想➁ははずれとなりました。

なおwebbotとは、仮想通貨などのレートを予測するAIのことです。

クリフ・ハイ氏(元マイクロソフト社員)とジョージ・ユーロ氏によって作られました。

ロニー・モアス氏

ロニー・モアス氏によるビットコインキャッシュの見通し予想・結果は、以下をご覧ください。

ロニー・モアス氏によるビットコインキャッシュの見通し予想・結果
  • 予想:2018年中に約117万円に達する
    →結果:2018年の最高値は1月の約35万4,000円

上記の通り、ロニー・モアス氏の見通し予想ははずれています。

なおロニー・モアス氏とは、投資家向けの価格予想サービスなどを行っているStandpoint Research社の創設者のこと。

ビットコインキャッシュの見通しを立てる際には、プロでも予想が難しい点をおさえておきましょう。

ビットコインキャッシュが値上がりするタイミングを見極めたいんだけど、うまい方法ってないの?

という方のため、次はビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因を解説します。

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因

ビットコインキャッシュとは_値上がり要因

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因は以下の4つです。

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因
  1. 基軸通貨としての需要が増える
  2. 決済用の通貨としてのニーズが高まる
  3. スマートコントラクト機能の需要が増える
  4. 大手企業がマイニングに参入する

しっかりとチャンスをつかめるよう、上記4つの値上がり要因について見ておきましょう。

①基軸通貨としての需要が増える

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因➀は、基軸通貨としての需要が増えることです。

基軸通貨として使われると、取引をする際にビットコインキャッシュが必要となるため、ニーズが生まれます。

そのため、ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所が増えるほど、値上がりしやすくなると言えるでしょう。

なお、以下の取引所は既にビットコインキャッシュを基軸通貨としています。

ビットコインキャッシュを基軸通貨としている取引所
  • CoinEx
  • OKEx
  • KuCoin

②決済用の通貨としてのニーズが高まる

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因➁は、決済用の通貨としてのニーズが高まることです。

ビットコインキャッシュはアジアで90店舗・ヨーロッパで500店舗が決済用の通貨として使えます。

今後、ビットコインキャッシュを決済用の通貨として利用できる店舗が増えるほどニーズが高まるため、値上がりが期待できるでしょう。

③スマートコントラクト機能の需要が増える

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因➂は、スマートコントラクト機能の需要が増えることです。

ビットコインキャッシュにはスマートコントラクト機能があり、技術の進歩などによって需要が高まることで値上がりが期待できます。

なおスマートコントラクトとは自動的に契約を履行する仕組みのことです。

予め設定しておいた契約内容に合致した際、自動で契約を履行できる点から今後の普及が期待されています。

④大手企業がマイニングに参入する

ビットコインキャッシュの今後・将来性の値上がり要因➃は、大手企業がマイニングに参入することです。

ビットコインキャッシュのマイニングに参加している有名企業にはAmazonやBitmain(中国)などがあります。

大手企業がマイニングに参入すればネットワークの安定性やセキュリティが高まるうえ、ビットコインキャッシュのニーズも高まりやすくなります。

こういった点から、大手企業がマイニングに参入することでビットコインキャッシュの値上がりが期待できます。

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュとは_おすすめの取引所

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所は、以下をご覧ください。

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所
  1. コインチェック
  2. bitFlyer
  3. GMOコイン

ビットコインキャッシュで最大限に利益を伸ばせるよう、上記3つのおすすめ仮想通貨取引所をチェックしていきましょう。

コインチェック

coincheck

Coin Checkのココがすごい!
  • アプリが使いやすい
  • 最低500円から取引できる
  • セキュリティ対策がバッチリ
  • 取扱通貨数が業界最多の17種類

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所➀はコインチェックです。

コインチェックはマネックスグループ株式会社を親会社としていて、潤沢な資金があることで知られています。

取引ツールの使いやすさやセキュリティ対策の充実ぶりから、上級者が初心者におすすめする取引所としても評価されているコインチェック。

最低500円からトレードできるので、試しにビットコインキャッシュの取引をしてみたい方にもおすすめです。

コインチェックが気になった方は、以下の記事もあわせてチェックしておきましょう。

coincheck 評判 コインチェック(Coincheck)の評判は良い?生のトレーダーの口コミを徹底分析!
Coin Check(コインチェック)の詳細情報
取扱銘柄数 16種類
取引手数料 取引所:0%、販売所:無料(手数料相当額 0.1~5.0%)
最低取引数量 500円以上
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
エンジンコイン(ENJ)
モナコイン(MONA)
クアンタム(QTUM)
アイオーエスティー(IOST)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
公式アプリ コインチェック
コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのココがすごい!
  • 大手取引所で安心感して取引できる
  • ユーザー数が多く相場の流れを読みやすい
  • アプリの使い勝手が良い
  • 高機能ツールあり
  • 積立投資ができる
  • ビットコインが無料でもらえるサービスあり

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所➁はbitFlyerです。

bitFlyerは業界トップクラスの大手取引所。

アプリが使いやすく、セキュリティ対策がしっかりしている点から高く評価されています。

bitFlyerはユーザーが多いため、相場の流れが読みやすい点もメリットです。

条件をクリアすることでビットコインを無料でもらえるので、ビットコインキャッシュの取引資金に充てるのも良いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細情報
取扱銘柄数 13種類
取引手数料 取引所:0.01-0.15%、販売所:0.1-6.0%
最低取引数量 取引所:0.001BTC、販売所:0.00000001BTC
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
公式アプリ 仮想通貨チャート bitFlyer ウォレット
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

GMOコイン

GMOコインのココがすごい!
  • セキュリティ対策が充実している
  • 大手GMOインターネットが運営
  • 手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • アルトコインのレバレッジ取引可能

ビットコインキャッシュのトレードにおすすめの仮想通貨取引所➂はGMOコインです。

GMOコインはGMOインターネット(東証一部上場企業)によって運営されています。

GMOコインは取引手数料が無料の取引所。

セキュリティの強さやアプリの使いやすさでも高く評価されています。

GMOコインの詳細情報
取扱銘柄数 14種類
取引手数料 無料
最低取引数量 0.002BCH/回
取引銘柄 ・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・XEM(ネム)
・XLM(ステラルーメン)
・BAT(ベーシックアテンショントークン)
・OMG(オーエムジー)
・XTZ(テゾス)
・QTUM(クアンタム)
・ENJ(エンジンコイン)
・DOT(ポルカドット)
・ATOM(コスモス)
公式アプリ GMOコイン 暗号資産ウォレット
GMOコイン

\GMOコイン公式サイトはこちら/

「ビットコインキャッシュとは?」のまとめ

最後に「ビットコインキャッシュとは?」についてまとめておきます。

「ビットコインキャッシュとは?」のまとめ
  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはビットコインよりも決済の利便性が高い
  • ビットコインキャッシュの取引にはコインチェックがおすすめ

「ビットコインキャッシュとはどんな通貨か」をおさえておけば、あなたのトレードはさらに良くなります。

より大きな利益を得られるよう、この記事でお伝えした内容をお役立てください。

ビットコインキャッシュの取引におすすめのコインチェックへの登録がまだの方は、以下からどうぞ。