【2021最新版】クアンタム(QTUM)の将来性は?特徴や今後の価格を徹底解説!

クアンタム_アイキャッチ

クアンタム(QTUM)って今後、稼ぎやすいのかな?
クアンタムで取引してみたいけど、よくわかんない仮想通貨だから不安だな…。

そんな方のためこの記事では、クアンタムの基礎知識から今後の将来性までをわかりやすくお伝えしていきます。

クアンタムの良いところだけでなく悪い部分も記載し、これまでの値動きも解説します。

クアンタムに最適な取引所もご紹介しているので、クアンタムが気になっている方は、ぜひお役立てくださいね。

クアンタムの概要
  • クアンタムはビットコイン・イーサリアムの良い部分を両方持っている仮想通貨
  • クアンタムはビジネスに強い仮想通貨として有名
  • 使い勝手が良く、安心して利用しやすい点がクアンタムのメリット
  • クアンタムの将来性はビットコイン・イーサリアムの動向などに左右されやすい
  • クアンタムの取引をするならコインチェックがおすすめ
コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

クアンタム(QTUM)とは?

クアンタム_クアンタムとは

クアンタムは高い秘匿性を維持しながら、オートマティックな契約成立機能をあわせもっている仮想通貨です。

こういった特徴から、クアンタムはビットコインとイーサリアムの良いところを両方もっている仮想通貨として知られています。

クアンタムの基礎知識については、コインチェックの動画がわかりやすいので、以下もご覧くださいね。

クアンタム(QTUM)の特徴

クアンタム_特徴

クアンタムの特徴は、以下の3つです。

クアンタムの特徴
  1. UTXO
  2. スマートコントラクト
  3. AAL(アカウントアブストラクトレイヤ)

上記3点をおさえればクアンタムについての理解が深まるので、サラッとおさえておきましょう。

特徴➀UTXO

クアンタムの特徴➀はUTXOです。

UTXOとは、それ以上わけられないコインのグループのこと。

UTXOは取引履歴が複雑になるため秘匿性が高いと言われています。

例えば通常の取引イメージでは、1UTXO=1BTCを使って0.7BTCの商品を買った際、通常なら0.3BTCのおつりがもらえる計算に。

ですがUTXOはそれ以上わけられないので、一旦1BTCを取引相手にあげた後、おつりをもらうためのメールアドレスが新しく発行されます。

0.3BTCのおつりは新たに発行されたアドレスに送られるので、取引が複雑になり、高い匿名性を維持できると言われています。

UTXOを使えば安全かつ低用量のデータで取引ができる点も特徴的です。

特徴➁スマートコントラクト

クアンタムの特徴➁はスマートコントラクトです。

スマートコントラクトとは、あらかじめ設定しておいた条件をクリアすれば、自動的にで契約成立とする仕組みのこと。

スマートコントラクトは複雑な処理を経て契約の合意にこぎつけられており、契約内容の改ざんを防ぎながら仲介者抜きで契約を済ませられると言われています。

取引コストの軽減・売買にかかる時間の短縮など、たくさんのメリットがあるスマートコントラクト。

そんなスマートコントラクトは、以下のようなサービスに活用されています。

スマートコントラクトの活用例
  • DeFi(金融サービス)
  • Etherisc(保険サービス)
  • CryptoKitties(架空の猫の飼育サービス)など

特徴➂AAL(アカウントアブストラクトレイヤ)

クアンタムの特徴➂はAAL(アカウントアブストラクトレイヤ)です。

AALとは、UTXOとスマートコントラクトの併用を実現させるための仕組みのこと。

AALはUTXOのシステム内でスマートコントラクトを稼働します。

AALはクアンタムが独自で開発したシステム。

AALを使うことでUTXOとスマートコントラクト、両方の長所を使うことができる点が、クアンタムのメリットです。

クアンタム(QTUM)のメリット

クアンタム_メリット

クアンタムのメリットは、以下の3つです。

クアンタムのメリット
  1. 気軽に使える
  2. セキュリティ面が強い
  3. 信頼性が高い

クアンタムで大きく稼げるよう、上記3つのメリットを見ていきましょう。

メリット➀気軽に使える

クアンタムの公式ウォレットのうち、スマホ利用ができるライトウォレットは使いやすさと低いデータ消費で人気があります。

スマホでクアンタムを使えるので、外出先でも利用可能。

さらにスマホのライトウォレットなら低容量で使えるため、動作もサクサクと済ませられると評判が良いです。

ライトウォレットはユーザーに関する情報のみしか利用しないため、扱うデータが少なくて済むというメリットがあります。

クアンタムの公式アプリ以外にもウォレットは使用でき、以下のようなアプリがあります。

クアンタムの公式アプリ以外に利用できるウォレット
  • クアンタムエレクトラム(Qtum Electrum)
  • トラストウォレット(Trust wallet)
  • ビットパイ(Bitpie)

メリット➁セキュリティ面が強い

クアンタムはGoogleやAmazonと提携するほど、セキュリティが高いことで有名です。

そのためビジネス利用にピッタリで、スマホを活用した使い勝手の良い取引が可能となります。

先述の通りクアンタムはスマホでサクサク使えるので、セキュリティ面の高さを兼ね備えることで外出先でもサッと取引できます。

わざわざ会社に行かなくても安全に取引できる環境を整えられる点がクアンタムのメリット。

なお、クアンタムはビットコインのブロックチェーンを使っています。

メリット➂信頼性が高い

クアンタムの信頼性の高さは以下、3つの要因が大きいとされています。

クアンタムの信頼性
  1. クアンタムを作ったパトリック・ダイ氏の実績
  2. クアンタムはGoogleのクラウドで使える
  3. アマゾンウェブサービスと提携開発に取り組んでいる

上記3つの信頼性について、解説していきますね。

信頼性➀クアンタムを作ったパトリック・ダイ氏の実績

クアンタムを作ったパトリック・ダイ氏は最も古株のエンジニアと言われています。

パトリック・ダイ氏は2012年に仮想通貨の研究を始めました。

そんなパトリック・ダイ氏は中国の大企業Alibaba(アリババ)でチーフを務めた人物です。

仮想通貨の研究を始めた最も古株のエンジニアでAlibabaでチーフを務めたパトリック・ダイ氏が作ったクアンタム。

このようにパトリック・ダイ氏の実績がクアンタムの信頼性に結び付いていると言われています。

信頼性➁クアンタムはGoogleのクラウドで使える

「クアンタムはGoogleのクラウド上で使えるから信頼できる」という人も多いです。

Googleのクラウドを使えるので、安全かつ便利にシステムを作れるクアンタム。

こういった点からクアンタムに信頼を寄せる人も多いです。

信頼性➂アマゾンウェブサービスと提携開発に取り組んでいる

クアンタムはアマゾンウェブサービスと提携し、開発を進めています。

2018年10月に提携し、その後協力関係が継続している点から、「クアンタムは信頼できる」と考える人は多いです。

メリット➃保有量・保有期間によってマイニングで有利になる

クアンタムのマイニングは、持っているクアンタムの量や長さで報酬受け取り順序が変わります。

そのため、多くのクアンタムを長く持っている人ほど、マイニング報酬を得やすくなる点がメリットです。

なお、マイニングとは仮想通貨のやりとりを処理することで得られる収入のこと。

マイニングの収入受け取りルールは、仮想通貨によって異なります。

例えば、ビットコインのプルーフオブワーク(PoW)の場合、最初に処理を終えた人が収入を得られる仕組みになっています。

そのため、高性能なマシンをたくさん集められる人が有利に。

クアンタムはビットコインとは違い、通貨を持っている量や期間も考慮されます。

この仕組みをプルーフオブステーク(PoS)といい、PoWからPoSへ移行される流れに。

PoWは大きな資金力が必要なうえ、電力消費量が膨大になりやすい点などがあり、問題視する人が増えているからです。

これらの点から、PoSでマイニングに有利になりやすい点がクアンタムのメリットと考える人もいる点をおさえておきましょう。

クアンタム(QTUM)のデメリット

クアンタム_デメリット

クアンタムのデメリットは、以下の2つです。

クアンタムのデメリット
  1. 中国の状況に左右されやすい
  2. ビットコイン・イーサリアムの影響を受けやすい

大きな失敗を避けるためにも、クアンタムのデメリットをチェックしておきましょう。

デメリット➀中国の状況に左右されやすい

クアンタムは中国で誕生した仮想通貨であり、クアンタムを作ったパトリック・ダイ氏も中国企業のAlibabaで働いていました。

そのため、中国の仮想通貨に対する考え方がネガティブになると、クアンタムの暴落につながるリスクが高まるとされています。

中国は民主的な統治体制とは一線を画すため、政府の強硬姿勢で制作を推し進められる可能性が高いと考える人も。

政府がクアンタムを敵視して新しく法律を作り、クアンタムを排除するかもしれない

このように考えるトレーダーもいる点がデメリットです。

その一方で、中国政府がクアンタムの利用促進をプッシュする姿勢になった場合は、クアンタムの高騰につながると考える人も。

いずれにしてもクアンタムの取引をする場合には、中国の動きに注意することが得策と言えるでしょう。

デメリット➁ビットコイン・イーサリアムの影響を受けやすい

クアンタムはビットコインとイーサリアムの長所をあわせもった仮想通貨なので、両者の影響を受けやすいとされています。

例えば、イーサリアムのシステム面に大きな問題が見つかったなどがあげられます。

もしかしたらクアンタムも危ないかも…。

このようにクアンタムの危険性を懸念する人が増えるほど、クアンタムの価格は下がりやすくなります。

実際にはクアンタム自体に問題がなくとも、ビットコインやイーサリアムの悪材料がマイナスに働き、暴落につながるリスクがあります。

クアンタム(QTUM)の現在と過去の価格動向

クアンタム_価格動向

クアンタムは2021年6月6日時点で、1QTUM=約11USDとなっています。

クアンタム_価格動向

画像出典:https://jp.tradingview.com/chart/?symbol=BINANCE%3AQTUMUSD

2021年1月には1QTUM=約2ドルでしたが、その後上昇し、2021年2月には1QTUM=約7ドルに。

その後、下落がありましたが2021年4月には1QTUM=約18USDにまで上昇。

さらに2021年5月には1QTUM=約27ドルにまで値上がりし、その後は大きく下げて1QTUM=約8USDとなりました。

このようにクアンタムは値上がり基調にありますが、2021年1月~2021年6月までの値動きが大きく、今後も注意が必要です。

なお、2018年1月には1QTUM=約13,000円の高値をつけたことがあるので、あわせておさえておきましょう。

クアンタム(QTUM)の今後や将来性

クアンタム_将来性

クアンタムの将来性は、以下の3点に注意すると見通しやすくなります。

クアンタムの将来性を見る際の重要項目
  1. 新規の企業提携
  2. クアンタムの評価
  3. 新しい取引所での取扱開始

上記3点を紐解いて、クアンタムの将来性を予想するために役立つ情報をおさえていきましょう。

➀新規の企業提携

クアンタムが新しく企業との提携を発表すると、将来性があると見込まれ、値上がりしやすいと言えます。

クアンタムはビジネス用の仮想通貨として作られ、その利便性が高く評価されているところ。

こういった点から、企業提携によるビジネスの加速を予期させるニュースが出ると、クアンタムの値上がりが期待できます。

➁クアンタムの評価

クアンタムの評価がアップすると値上がりが期待でき、クアンタムの評価が下がると、値下がりのリスクが高まります。

「クアンタムは今後も伸びそうだ」と考えられるほど、買い手が増えるからです。

なお、これまでのところクアンタムは、以下のような要因から高い評判になっているとされています。

クアンタムの良い評判につながっている主な要因
  • 事業を順調に進めている
    ※Firefoxのベータ版リリースによるテクノロジーのアピール
  • GoogleとのAIコンペ内でのクアンタムスタッフ入賞

上記のようにクアンタムの評価を上げるニュースが出ると、クアンタムの将来性は明るいと予想できます

➂新しい取引所での取扱開始

クアンタムの取引ができる取引所が増えることで、将来性が明るくなると見通せます。

新しい取引所でクアンタムの取扱がスタートすることは、それだけ取引したいと考えるトレーダーが多いことを意味します。

また、新しい取引所での取扱開始は話題にもあがりやすくなり、注目を集めやすいと言えるでしょう。

クアンタムのトレードができる取引所が増えてきたから、挑戦してみようかな。

このように考えるトレーダーが増えやすくなるので、新しい取引所でのクアンタム取扱開始はプラス材料になりやすいです。

今のところ、クアンタムのトレードをするなら、どこの取引所がいいのかな?

そんな方のため、次はクアンタムのトレードにおすすめの取引所をご紹介しますね。

クアンタム(QTUM)が購入できるおすすめ取引所

クアンタム_取引所

クアンタムが購入できるおすすめの取引所は、コインチェックです。

コインチェックは初心者でも使いやすいツールやレンディングなどで人気の取引所。

特にシンプルなデザインで操作性の高いスマホツールが大人気です。

コインチェックならクアンタムを含めた15種類の仮想通貨が取引可能。

クアンタムでトレードチャンスを伺いながら、他の仮想通貨でも積極的に利益を狙えます。

「コインチェックって、どんな取引所だっけ?」という方は、以下の基本情報をご覧くださいね。

商号 コインチェック株式会社
設立 2012年8月28日
代表取締役 蓮尾聡
取り扱い通貨数 15種類
レバレッジ倍率 4倍まで
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長00014号

上記の通りコインチェックは約10年もの運営実績がある老舗の国内取引所です。

国内トレーダーに人気の取引所ですので、この機会にぜひご利用くださいね。

コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

クアンタムのまとめ

最後にクアンタムについてまとめておきますね。

クアンタムのまとめ
  • クアンタムはビットコイン・イーサリアムの良い部分を両方持っている仮想通貨
  • クアンタムはビジネスに強い仮想通貨として有名
  • 使い勝手が良く、安心して利用しやすい点がクアンタムのメリット
  • クアンタムの将来性はビットコイン・イーサリアムの動向などに左右されやすい
  • クアンタムの取引をするならコインチェックがおすすめ

クアンタムはビットコインとイーサリアムの強みを両方持っており、注目度の高い仮想通貨です。

その一方で2021年に入ってからの値動きは大きく、取引をする際いは注意が必要。

この記事でお伝えした情報を参考に、クアンタムの将来性を見極めて、大きな利益を狙ってくださいね。

なお、クアンタムのトレードをされたい方にはコインチェックが最もおすすめです。

まだコインチェックの口座をお持ちでない方は、以下から無料開設なさってくださいね。

コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/