NFTとは?わかりやすく解説&販売・投資方法を紹介します!

NFTとは?わかりやすく解説&販売・投資方法を紹介します!

今年はNFTに挑戦してみたい!
でも、NFTってそもそもなんだろう?

2021年に話題沸騰となったNFT。

参入する企業も爆発的に増え、投資家たちも続々とNFTを購入するようになってきました。

NFTに興味はあるけれど、どういうものなのかわからない!

今回はこれからNFTに投資したい初心者に向けて、わかりやすくNFTとは何か、どうやって投資していくのかについて紹介していきます!

NFTとは…
  • NFTはブロックチェーン上に記録するデジタルデータの一つ
  • NFTはデジタルデータのオリジナル性を証明する「証拠品」になる
  • NFT化できるものはイラストや写真だけでなく、音楽や動画など多岐に渡る
  • NFTを売買したい時は、NFTマーケットプレイスを利用する
  • NFTは基本的に対応するブロックチェーンの仮想通貨で売買する
  • NFTを売買する時には手数料が発生するなど、いくつか注意点がある

NFTとは何?

NFTとは何?

「non fungible token」の頭文字をとったNFTは、日本語で「非代替性トークン」と訳します。

トークンというと、みなさん仮想通貨そのものをイメージするのではないでしょうか?

token(トークン)には、「証拠」や「証拠品」という意味もありますが、NFTはこの意味で取るとわかりやすいでしょう。

NFTは「証拠品」となります。

NFTについて理解を深めるために、少し細かく区切りながら説明していきます。

NFTは「ブロックチェーン上に記録するデータ」=ブロックチェーンの特徴を引き継ぐ

NFTは、ブロックチェーン上に記録することができるデータのことを指します。

ブロックチェーンはそのシステムの性質上、記録したデータを書き換えることが難しいという特徴があります。

これを利用したのがNFTです。

書き換えることができない、つまり「非代替性」(他に替えようのないもののこと)をもつデータを作ることができるのです。

例えばAという画像データをNFT化すると、Aはオリジナルとしての非代替性をデータとして保存することができます。

画像データそのものはいくらでもコピーすることができますが、NFTをコピーして発生したB・CはAとは違うナンバーを割り当てられるため、NFTデータはAがオリジナルであることを証明してくれるのです。

NFT作品と従来のデータ作品とのちがい

通常のデジタルデータはいくらでもコピーできてしまうため、価値がそれほど上がることはありませんでした。

簡単に複製してみんなが持っていたり、お金を出さなくても手に入ったりしてしまうからです。

しかしNFTデータの場合はオリジナルデータであるという証拠となるため、従来とは異なった価値の付き方をするようになるのです。

つまり絵画のように、一点物の価値をデータに付加することができるようになったのです。

NFT作品の大きな特徴「所有権だけでなく様々な特典や条件を付加できる」

NFTはオリジナルであることの証明だけでなく、様々な付加情報を加えることができます。

次のニュースを例に見ていきましょう。

アルメニア人のアーティストであるNarine Arakelianは、自分のNFT作品に「卵子を一つ提供する」という契約書を組み込んでNFTを発行しました。

彼女はこの作品に「Live」と名付け、様々な事情で子どもがうまく作れないカップルに購入して欲しいと語っています。

こうした特典や条件などを自由に付加できることもNFTの大きな特徴の一つです。

NFT化できるものとは

NFT化できるものとは

わかりやすいのは画像ですが、他もたくさんのものをNFT化することができます。

    • イラストや写真などの画像データ
    • 音楽
    • 土地などの権利書
    • 契約書や証明書
    • アクセス権、購読権などの権利そのもの
    • トレーディングカード
    • チケット
    • クリプトゲーム内の不動産屋アイテムなど

ここに挙げていないものでもNFT化できるものは色々あります。

ブロックチェーン上に記録することを考えると、NFT化できる対象物はオンライン上でやりとりできるデジタルデータをイメージしますが、実はアナログデータもNFT化することができます。

例えば油絵や陶芸作品など現実に作品があるものも、数値に置き換えることによってデジタル化することができ、それをNFT化することができるのです。

NFTでできることとメリット

NFTでできることとメリット

画像や音楽などNFT化できるものがたくさんあるのはわかりましたが、NFT化することで一体どのようなメリットが生じるのでしょう?

NFTの3つのメリットを紹介していきます。

NFT化した作品の唯一無二の価値を証明できる

NFTはブロックチェーン上に記録するデータの特性として改ざんが難しいため、唯一無二の存在であることを証明することができるようになります。

これによって、2つの側面からさらなるメリットが生じます。

  • NFT作品の制作者が、自分の制作物の価値が固有のものであることを証明できる。
  • あるいは、その後発生する収益を永続的に受け取ることができるようになる。
  • NFT作品の所有者が、オリジナルのコンテンツの価値を証明することができる。

作品のオリジナル性を証明できることは、販売者側にも購入者側にも大きなメリットをもたらすことがわかりますね。

NFT化した作品に様々な特典や条件を組み込むことができる

NFT化されたコンテンツは、所有権だけを証明するものではありません。

様々な特典や条件を付加することができるのです。

NFT化したデジタルイラストを販売した場合、そこに転売時は20%の報酬を受け取るという条件を付加すると、何度転売されてもその度に製作者へ報酬が入るようになります。

一点物の作品でも、売り切りではなく印税のような形で永続的に報酬を受け取ることができるようになるのです。

これは、アーティストにとってかなり大きなメリットとなります。

NFTは誰にでも作成することができる

NFT作品は、作品のデジタルデータをブロックチェーン上にアップロードすることで作ることができます。

これはそれほど難しくありません。

このNFTブームの影響で、NFTを扱うマーケットプレイスがたくさん登場しています。

マーケットプレイスを利用すると、非常に簡単にNFTを売買することができます。

このため、どんな人でも作品をNFT化し販売することが可能です。

つまりNFTは思っている以上に身近な存在であり、参入しやすいコンテンツなのです。

NFTマーケットプレイスとは

現物を買う際に利用するショッピングサイトのNFT版。

NFTブームの影響を受けて、最近急増している。

基本的にはNFTを発行したブロックチェーンに対応する仮想通貨で決済をする。

現在はイーサリアムブロックチェーンに利用が多い。

NFTのデメリットと注意点

NFTのデメリットと注意点

NFTは誰でも作成・購入することができ、非常に参入しやすいという大きなメリットがあります。

しかしだからこそ注意しておかなければいけない点があります。

今回はデメリットと合わせて3つの注意点を紹介していきます。

NFT購入時に手数料が発生する

NFTを売買する時は、ほとんどの場合マーケットプレイスを利用します。

その時に、手数料が発生する場合が多いので気を付けましょう。

例えばコインチェックのマーケットプレイスでNFTを売買するとガス代はかかりませんが、販売手数料が10%発生することが明記されています。

また、購入したNFTを出庫するために0.01ETHがかかるようになっています。

同じように世界的に有名なNFTマーケットプレイス「Opensea」では、出品手数料の他に出品時や購入時にガス代が発生します。

ガス代はその時々によって変動するようになっているのが特徴です。

イーサリアムのブロックチェーンが混み合っている場合は、ガス代が上がるようになっているのです。

このように、NFT作品を世に出すためにはいくつかの手数様が発生することがあるので、注意が必要です。

NFTのしくみを悪用した盗作や権利の侵害が起きる可能性がある

NFTはブロックチェーンの特性を利用しているため、改ざんができないという特徴があります。

しかしこれを悪用して、人の作品をNFT化して販売してしまう人がいます。

このツイートは、人の作品を勝手にNFT化したものを買ってしまったという購入者のツイートですが、最近こうしたツイートが後を絶ちません。

もちろんこれは権利の侵害となりますが、現在NFTに関する法律も整っておらず、こうなってしまうと製作者側は途方に暮れてしまいます。

NFTに関する法整備は急務ですが、NFTを購入する場合でも販売する場合でもしっかりと情報を見極めなければなりません。

NFT化された作品の価値が消失してしまうことがある

イラストや写真のようなデジタルデータの場合はそれほどリスクがありませんが、NFT化した作品がなんらかの別のプラットフォーム上にある場合は話が変わります。

ゲーム内アイテムをNFTとして販売する例は今やたくさんありますが、ゲーム自体のサービスが終了してしまうとどうなるでしょうか?

アイテムはゲーム内でしか価値を発揮しないため、当然サービス終了の告知とともに価値が暴落することが目に見えています。

サービス終了したゲームの記録をNFT化して永続的に保存するというサービスを展開した企業もありましたが、それは思い出としてしまっておくためのものに過ぎません。

このようにNFT化されたものが他のプラットフォーム上に存在する場合、その価値が無くなってしまうリスクがあるのです。

NFTのはじめ方

NFTのはじめ方

NFTを販売・購入する場合、大まかに2つの方法があります。

  • NFTを扱っている仮想通貨取引所を利用する
  • NFTマーケットプレイスを利用する

それぞれ詳しく紹介していきます。

NFTを扱っている仮想通貨取引所を利用する

国内取引所の中では、コインチェックがNFTを取り扱っています。

コインチェックのNFTマーケットプレイスの利点は、購入時にガス代が発生しないということです。

既にコインチェックを利用しているユーザーは、ブラウザのホーム画面から「Coincheck NFT(β版)」をクリックするだけで利用することができるため非常に便利です。

現在同マーケットでは、主にNFTゲームで利用するアイテムなどが販売されています。

例えば、The Sandboxという有名なNFTゲームの土地が売っていますが、これは一部のユーザーにとって喉から手が出るほど欲しいアイテムです。

コインチェック内のマーケットプレイスでは、コインチェックで扱っている通貨で売買ができるので、こうしたアイテムをイーサリアムやエンジンコインで売買しています。

コインチェックの他には、Adam by GMOやLINE BITMAX Wallet NFTマーケットβなどがあります。

NFTマーケットプレイスを利用する

NFTマーケットプレイスを利用すれば、ゲーム内アイテムだけではなくアートや音楽を購入することができるようになります。

例えば、今NFTマーケットで一番有名な「Opensea」というところを見てみましょう。

ジャンルは多岐に渡り、ドメインまで取り扱っています。

「Opensea」は海外のマーケットプレイスなので、英語表記になりますので注意が必要です。

日本語のマーケットプレイスを使いたい場合は、下記がおすすめです!

  • Coincheck NFT(β版)
  • Adam byGMO
  • LINE BITMAX Wallet NFTマーケットβ
  • nanakusa
  • mime
  • NFT Studio

など

それぞれに特化したジャンルがあるので、眺めてみて欲しいものが置いてあるところを利用しましょう。

NFT発行手数料比較一覧表!おすすめのマーケットプレイス8選を紹介します NFT発行手数料比較一覧表!おすすめのマーケットプレイス8選を紹介します

NFTで利益を出す方法

NFTで利益を出す方法

現在起きている大きなブームに乗って、利益を出すためにNFTに参入する投資家たちも少なくありません。

NFTで利益を出す方法はいくつかあります。

NFTで作品を販売する(販売益を得る)

NFT作品を自分で作って販売する方法です。

これは今からアーティストになるというよりも、これまでイラストなどの作品を作っていた人たちにおすすめの方法です。

今まで作ってきた未公開作品をNFT化して販売すると、思わぬ価値がついて売れることがあります。

自分で価格を設定することもできますし、オークション形式で販売することもできますので、後者の場合自分の作品にどれだけの価値があるのかを量ることも可能ですね。

NFT化された作品を購入する(投機)

NFT作品を購入して、価値が上がってからオークションにかけたり転売したりする方法です。

特にゲーム内のアイテムなどはリリース当初に安く購入しておいて、手に入りにくくなった段階で価格を上げて販売すると差益を得ることができますよね。

このようにして投機目的で作品を購入している例は、現在たくさん増えています。

NFTゲームをプレイする(継続的な収入を得る)

これはNFT作品の売買をする方法ではありません。

NFTゲームをプレイすることで貯めた仮想通貨を売買していく方法です。

例えばNFTゲームの中でも有名な「Axie Infinitey(アクシ―インフィニティ)」は育成ゲームですが、ゲームをプレイしていく中で仮想通貨を集めることが可能です。

これを副業として行っている人も出てきており、ゲーム内の収入で生活を支えることもできるようになってきています。

今後こういったゲームは増えていくはずですので、人気の出そうなゲームを狙って始めてみるのもおすすめです。

なお、NFTゲームは初期費用がかかる場合がありますので、しっかりとお金をかけて装備を整えるなどする場合は今後も人気の出そうなゲームに絞っていくことが必要です。

既に開発やサービスが終了してしまったNFTゲームも多くなってきており、そうしたゲームにお金をかけてしまうと後悔することになりますので注意しましょう。

NFT関連の仮想通貨に投資する

今後盛り上がりそうなNFT関連の仮想通貨に投資するのも一つの方法です。

イーサリアムを基盤としているNFTはかなり多いので、イーサリアムやその周辺の通貨はしっかりと見ておく必要があります。

また、NFTゲーム関連の通貨もチェックしてみましょう。

The SandboxのSANDなどは価格が上がってきています。

NFTとは一体なに?まとめ

NFTとは一体なに?まとめ

今話題のNFTとは、あらゆるデータをブロックチェーン上に記録することで、データに価値を付加できる非代替性トークンです。

非代替性は従来のデジタルデータには付加できなかったので、それだけで価値があるといえます。

他にも様々な情報や特典・条件などを付加できることから、より注目を集めています。

現在大きなブームとなっているNFTには多くの投資家たちが参入していますが、

何も知らない状態でいきなりNFTを買ったり販売したりすることには注意が必要です。

購入品がアーティストの権利を侵害するものであったり適正価格の設定ができていなかったり、まだまだ土壌が整っていないためです。

まずは、自分が興味のある分野をマーケットプレイスで眺めてみて、ある程度NFTの知識を身に着けてから売買に着手することをおすすめします。