仮想通貨の今後を徹底予想【2021最新】将来性が高いおすすめ銘柄ランキング!

仮想通貨 今後

今後投資しても損しない仮想通貨は?
伸びる可能性が高い暗号通貨の見極め方を知りたい!
どの取引所を選べばこの先安泰なの?

仮想通貨市場は生まれて間もないものですが、その将来性が見込まれ今や投資関係の企業のみならず、多くの一般トレーダーに注目される市場となっています。

仮想通貨と一口に言ってもその数は膨大で、3,000種類以上ある通貨の中からどの通貨を選べばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、今後伸びる可能性が高い仮想通貨こと暗号通貨の見極め方今買っても損をしないであろう仮想通貨ベスト5について解説します。

「今後伸びる仮想通貨」をざっくりいうと
  • 最も今後伸びる可能性がある通貨は「ビットコイン
  • 初心者の方でも仮想通貨で儲けることはできる
  • 通貨への期待が高まると価格はどんどん上がっていく
  • 安全に取引ができて時価総額が高い仮想通貨は安泰

仮想通貨は初心者でも稼げる?基礎知識のおさらい

基礎知識のおさらい

仮想通貨は暗号化されたデータによってのみ取引されている通貨です。

2009年のビットコイン誕生を皮切りに、暗号通貨デジタル通貨という名前で、どんどん新しい仮想通貨が生まれはじめました。

【仮想通貨の入門情報】
  • 法定通貨(円やドルなど)とは違って国家的な効力は持っていない
  • デジタルマネーとして特にインターネット上で広く流通している
  • 仮想通貨の価格は様々な要因によって絶えず変動している

仮想通貨は為替取引のようなやりとりを行うこともできるため、専用の取引所や交換業者も多数存在しています。

仮想通貨相場の変動率は比較的高く、上手くやればFXよりも稼ぎやすいという見方もあるほどです。

初心者の方でも以下の基本知識を頭に入れておけば、仮想通貨で儲けられる可能性は十分にあります。

儲けるために必要な基礎知識
  1. 仮想通貨で儲けるやり方
  2. 仮想通貨の取引を始める方法
  3. 仮想通貨で損をするのはどんな時?

仮想通貨で儲けるやり方

仮想通貨でお金を稼ぐしくみを知っておきましょう。

一般的に仮想通貨の場合は、以下の3つのしくみで儲けることができます。

  1. 安い時点で買って高くなったら売る
  2. 高く売って安くなったら買い戻す

1番と2番の仕組みについてはFXとほとんど変わらないため、FX経験者であれば稼ぎ方をある程度想像しやすいでしょう。

最初に買ったり売ったりした仮想通貨を次に売りに出したり買い戻したりする時、市場の変動によって価格差が生じ、その価格差がそのままトレーダーの利益(または損失)となるのです。

ちなみに、仮想通貨を保有しているだけで金銭的なメリットが生まれるようなサービスを展開している取引所も少なくありません。

取り扱っている仮想通貨の普及率を上げたいという考えからくるサービスで、利益自体は微々たるものですが、トレード知識がなくても簡単に儲けを得ることができるため初心者の方にもおすすめです。

仮想通貨の取引を始める方法

仮想通貨のやりとりは誰でも簡単にスタートすることができます。

具体的なスタート手順は以下の通りです。

  1. 仮想通貨のやり取りができる取引所を探す
  2. 取引所の口座を作る
  3. 資金(円)を口座に入れる
  4. 入れた資金で仮想通貨を購入する

取引所で口座を作る時には、本人の身元を確認できる書類が必要になりますので、運転免許証やマイナンバーカードを用意しておきましょう。

仮想通貨で損をするのはどんな時?

儲けることができる仮想通貨ですが、取引方法を間違えると損をするリスクもあります。

仮想通貨のやり取りで損をしてしまうのは、以下のような間違いを起こしてしまった時です。

仮想通貨で損するリスクが高い過ち
  • レバレッジの倍率を間違える
  • 購入後にコインの価格が暴落する
  • 損切りのラインを決めていない

また、取引所のセキュリティーが甘く、預けていた資金をハッキングされてしまう恐れもあります。

取引所を利用するつもりなら、なるべくセキュリティー対策がしっかりとしている業者を選ぶように心掛けましょう。

仮想通貨の価格を左右する要素

仮想通貨の価格を左右する要素

仮想通貨の値段は、様々な要素の影響を受けて刻一刻と変動しています。

コインの価値を左右しやすい要素について理解すれば、相場の今後の流れをある程度予測できるようになるので、ぜひ覚えていきましょう。

仮想通貨の価格に影響を及ぼす要素
  1. 仮想通貨への期待
  2. 仮想通貨のグレードアップ
  3. 仮想通貨のニュース
  4. 法定通貨のピンチ

仮想通貨への期待

もっとも大きく価格を左右する要素は、利用者の仮想通貨に対する期待です。

  • 最近〇〇コインの評判が良いから需要増加が期待できる
  • セキュリティーが強化されたから普及率アップが期待できる
  • この頃高値を更新し続けているから今後の上昇も期待できる

上記のようなトレーダーの期待によって本当にコインの需要が増え、それに伴い価値が上昇していく現象は、仮想通貨市場ではよく見られます。

今後の成長が期待できるような将来性を垣間見せている通貨は、今よりもさらに多くの人に買われる可能性が高くなるのです。

仮想通貨のグレードアップ

システムやセキュリティの強化によって仮想通貨のグレードアップがなされた時、価格が大きく跳ね上がる傾向があります。

仮想通貨はデータによって作られ管理されている通貨です。

コインの開発者チームは常に、以下のような仮想通貨の実現を目指して試行錯誤をしています。

  • ユーザーが安心して購入できる仮想通貨
  • ユーザーが不自由を感じることなく活用できる仮想通貨

アップグレードが上手くいくことでコインの利用者が増え、結果的に価値が高まっていくのです。

仮想通貨のニュース

仮想通貨の良いニュースがテレビやネットで話題になると、価格もあわせて上昇していくことが多いです。

価格上昇のきっかけになりやすい情報
  • 大型アップデート情報
  • 大手企業との提携情報
  • アプリケーション等の開発情報

ビットコイン以外の仮想通貨はあまり世の中に知られていません。

そのため、ニュースなどで話題にのぼると一気に知名度が上がり、市場価値がぐんぐん上がることが良くあるのです。

法定通貨のピンチ

自分の資金を守る意味で仮想通貨を購入する方が増えると、おのずと価格も上がっていきます。

日本円ではあまり起きないことなので、ピンとこない方も少なくないかもしれません。

ですが、たとえば戦争などが起きていて情勢が危ぶまれている国の通貨などは今後急激に下落してくる可能性が高いため、今のうちに安全な通貨に交換してしまおうという心理が働きやすくなるのです。

国家の情勢にそこまで影響を受けない仮想通貨だからこそ、リスク回避にちょうどよいといえます。

今後伸びる仮想通貨の選び方・見極め方

今後伸びる仮想通貨の選び方・見極め方

はじめて仮想通貨を購入しようと思っている方の中には、以下のような疑問を抱いている方も少なくないでしょう。

どうしたら今買うべき通貨を見極められるの?
この先大きく稼げる可能性があるかどうか見分けるポイントは?

このような疑問を解消するために、今後伸びる可能性が高い仮想通貨を選ぶ際にチェックすべき5つのポイントを紹介します。

買い時の仮想通貨か見極める5つのポイント
  1. 金融庁のお墨付きがある取引所で購入できる
  2. トレーダーが多く投資機会が頻繁に訪れる
  3. 他と比較して時価総額が大きい
  4. 今後のビジョンがはっきり示されている
  5. ボラティリティがほどよく高い

金融庁のお墨付きがある取引所で購入できる

金融庁が正式に運営を認めている仮想通貨取引所で買えるコインなら、今後も安心して運用できる可能性が高いです。

国民が安全に資金を動かせるようにルールを設けたり、法律を制定したりしている金融庁は、2017年4月から新たにホワイトリストという制度を設け、より厳しく仮想通貨を査定するようになりました

【ホワイトリストってなに?】

改正資金決済法に基づき金融庁への登録を認可された国内仮想通貨取引業者で購入することができる仮想通貨のリストのこと。

ホワイトリストに掲載されているコインならば、一定水準の安全性と信頼性を確保できているものと判断することができます。

トレーダーが多く絶好の取引機会が頻繁に訪れる

取引を希望しているトレーダーの数が多い仮想通貨の方が、より思い通りの取引ができる可能性が高まります。

希望通りの価格帯の時に希望した通りの値段で仮想通貨を売ることができれば、予想通りの安定した儲けを得ることができるのです。

反対に、今〇円で売りたいんだというタイミングで買い手が見つからないと、絶好のタイミングを逃してしまったり、大損してしまったりするリスクが高まってしまいます。

市場に参加しているトレーダーの多さは、仮想通貨の流動性でチェックしましょう。

流動性のチェック方法
  • 直近24時間の取引量
  • 注文板の厚みがあるか
  • ask価格がbid価格を上回るほどの注文量を確保できているか

他と比較して時価総額が大きい

時価総額が高い仮想通貨は、今後も安定して取引され続ける可能性が高いです。

【時価総額があるのは何のため?】

仮想通貨はそれぞれ発行されている数量が異なるため価格だけでは価値を比較しにくいが、時価総額という指標を利用することで、平等に各通貨の価値を比較することができるようになる。

時価総額の算出方法は以下の通りです。

時価総額をチェックするための計算方法

仮想通貨の現在の価格×仮想通貨の発行数時価総額

発行されている通貨の量が多くて市場価格も上昇している状態だと、おのずと時価総額は大きくなります。

発行数量が多くてもコインの価値が落ちていないということになるので、今後も安定して価値が上がっていく可能性が高いのです。

今後のビジョンがはっきり示されている

今後どのような成果をなしたいと思っているのかという明確な将来の見取り図を持っている仮想通貨は、期待値から市場価値が上がっていく傾向があります。

仮想通貨は国家が保有している通貨ではないため、今後の動向いかんによって一切の価値がなくなってしまうリスクを伴っているものです。

そのため、以下のような将来のビジョンが全く見えてこない会社の仮想通貨に手を出すのは避けましょう

  • プロジェクトの内容が不明
  • プロジェクトの進行状況が不明
  • 開発やアップデート情報が一切更新されていない

ボラティリティがほどよく高い

仮想通貨の取引をするときは、ボラティリティがほどよく高いコインを選ぶようにしましょう。

ボラティリティとは、通貨の価値がどのくらいの度合いで変動しやすいのかを示す価格変動性のことをいいます。

ボラティリティは高すぎても低すぎても、以下のようなデメリットが生じてしまうので注意しましょう。

過剰なボラティリティがもたらすデメリット
  • ボラティリティが高すぎる:価格が一気に跳ね上がったり暴落したりしやすいため大損するリスクが高い
  • ボラティリティが低すぎる:価格がほとんど変動しないためそもそも儲けを出すチャンスが訪れにくい

仮想通貨で安全に利益を得たいと考えているのなら、程よいボラティリティの高さを有するコインを選ぶのが無難です。

今後伸びる仮想通貨のおすすめランキングTOP5

今後伸びる仮想通貨のおすすめランキングTOP5

この先取引しておけば儲けられる可能性が高い仮想通貨を5つ紹介します。

どの通貨で取引をはじめれば良いのか分からないという方や仮想通貨の世界に入門したての方は、ぜひ参考にしてみてください。

銘柄 時価総額 発行上限 変動率
ビットコイン
(BTC)
1,083,883 億円 21,000,000 +9.17%
イーサリアム
(ETH)
309,643 億円 上限なし +9.71%
リップル
(XRP)
138,049 億円 100,000,000,000 +24.15%
ビットコインキャッシュ
(BCH)
16,879 億円 21,000,000 +8.87%
ライトコイン
(LTC)
17,770 億円 84,000,000 +9.15%

1位 ビットコイン(BTC)

ビットコイン

知名度がダントツで高く、ホワイトリストにも真っ先に登録された王道の仮想通貨です。

市場には常に世界中のトレーダーが多く参加しているので、短期トレードを行う場合でも取引チャンスを見つけやすくなっています。

価格の変動が激しくなるタイミングが2年に1回ぐらいの割合で訪れますが、基本的には安定して価格が上昇し続けている通貨です。

スタート 2009年1月3日
時価総額 1,083,883 億円
発行上限 21,000,000
変動率 +9.17%
承認方式 PoW
提唱者 Satoshi Nakamoto

2位 イーサリアム(ETH)

イーサリアム

ビットコイン以外の主要仮想通貨であるアルトコインの中でも、もっとも高く取引されている通貨です。

イーサリアムの価値が高いことは、時価総額の高さからもうかがえます。

ビットコインの人気を抑えてトップに躍り出る可能性がある通貨は、イーサリアムをおいて他にありません。

スタート 2015年7月30日
時価総額 309,643 億円
発行上限 上限なし
変動率 +9.71%
承認方式 PoW
提唱者

3位 リップル(XRP)

リップル

イーサリアムの次に注目を浴びているのが、リップルというアルトコインです。

リップルは独自のプロジェクトを様々展開してきている通貨なので、今後についても成長が期待されています

特に、国際送金をスムーズにするシステムを立ち上げたことで、大きく注目を浴びるようになりました。

スタート 2013年2月2日
時価総額 138,049 億円
発行上限 100,000,000,000
変動率 +24.15%
承認方式 PoC
提唱者 Ryan Fugger

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

ビットコインよりももっと利便性が高い仮想通貨として展開できるように開発されたのが、このビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュの開発元は、特にビットコインが持つスケーラビリティ問題(データ容量の制限によるラグによって取引詰まり等が起こる問題)を解決しようと努力しています

アップデートも頻繁に行われており、期待値が高い通貨の一つです。

スタート 2017年8月1日
時価総額 16,879 億円
発行上限 21,000,000
変動率 +8.87%
承認方式 PoW
提唱者 ViaBTC社

5位 ライトコイン(LTC)

ライトコイン

ライトコインはビットコインよりもスピーディーな取引ができる仮想通貨として、徐々に人気を獲得しはじめています。

ライトコインのデータを送信するブロックは、なんとビットコインの4分の1ほどしかありません

現時点では目立ったトラブルもないため、この調子でいけば価格はどんどん上昇していくものと予想されます。

スタート 2011年10月7日
時価総額 17,770 億円
発行上限 84,000,000
変動率 +9.15%
承認方式 PoW
提唱者 Charlie Lee

仮想通貨を手に入れられるおすすめの取引所3選

仮想通貨を手に入れられるおすすめの取引所3選

取引したい仮想通貨の種類が決まったら、今度はどの取引所で口座を作るべきか考えてみましょう。

そして、その時はぜひ以下の3点に注目してみましょう

  • 取り扱っている仮想通貨の種類の多さ
  • コストのかからなさ
  • 取引に使用するツールやアプリの利便性

上記の条件を満たしているおすすめの取引所は、以下の3社です。

取引所 取扱通貨 レバレッジ
DMM Bitcoin
(DMM ビットコイン)
11種類 1~4倍
Coincheck
(コインチェック)
15種類 なし
bitFlyer
(ビットフライヤー)
12種類 1~4倍

1位 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMMBitcoin

仮想通貨で少しずつ稼ぐよりは早く大きく儲けたいという方には、「DMM Bitcoin」がおすすめでしょう。

レバレッジは1倍から4倍まで自由にかけられるため、投資に使えるお金をあまり捻出できない時でも十分に利益を生み出せる可能性があります。

ワンタップ注文ができるなど、初心者の方でも扱いやすい取引ツールが人気です。

企業名 株式会社DMM Bitcoin
通貨の種類 11種類
レバレッジ 1~4倍
アプリ スマートフォン版取引システムアプリ

2位 Coincheck(コインチェック)

coincheck

リスクが大きい手法ではなく、積み立て投資のように堅実に利益を積み上げられる取引がしたいという方には、「Coincheck」がおすすめです。

スマートフォン専用アプリが使いやすいと評判で、ダウンロード数は堂々の1位を誇っています。

企業名 コインチェック株式会社
通貨の種類 15種類
レバレッジ なし
アプリ Coincheckウィジェット

3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

日本国内では、どこよりも多くビットコインの売買が行われている取引所として有名な「bitFlyer」です。

bitFlyerでも4倍までレバレッジをきかせることができるので、現物取引だけではなく証拠金取引にもチャレンジしたいという方にもぴったりでしょう。

bitFlyerの証拠金取引では仮想通貨であるビットコインそのものを証拠金として扱うことができるため、ビットコインが増えるほど取引しやすくなるなるというメリットがあります。

企業名 株式会社bitFlyer
取扱通貨 12種類
レバレッジ 1~4倍
アプリ bitFlyerウォレット

初心者必見!仮想通貨で利益を出すための取引手法

仮想通貨で利益を出すための取引手法

仮想通貨で儲けることができる具体的な取引手法を6つ紹介します。

はじめて仮想通貨にチャレンジしてみたいという方でもすぐにマネできる手法ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨で稼げる6つの取引
  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引
  3. 積み立て投資
  4. 貸仮想通貨サービス
  5. ポイントサイト
  6. マイニング

現物取引

自分が持っている資金で仮想通貨を買い、仮想通貨の値段が高くなった時に売り払う方法を「現物取引」といいます。

もっとも定番のトレードスタイルですから、初心者の方はまず現物取引からはじめてみると良いでしょう。

ポジションを持っている期間の長さで、トレードの傾向が以下のように変化します。

短期トレード 中・長期トレード
・ポジションは数時間~数日で手放す
・テクニカルな技術が求められる
・利益も損失もすぐに確定する
・ポジションは数週間~数か月持ち続ける
・常に相場を分析する必要はない
・時間をかけて少しずつ利益を積み上げる

すぐに大金を稼ぎたいと意気込んでいる方は短期トレードを選びがちですが、チャートの流れを細かく予想するための分析力がないと上手く利益を出せません。

慣れるまでは安定して利益を積み上げられる中・長期トレードを行ったほうが、結果的に儲けやすくなるでしょう。

レバレッジ取引

自分の資金にレバレッジという倍率をかけることで、少ない資金でも大きな金額で取引ができるようになります。

また現物取引とは違って、まだ持っていない仮想通貨を売る注文から取引をスタートすること可能です。

これにより、相場が上がりそうな時でも下がりそうな時でも、トレードチャンスを掴みやすくなります

レバレッジ取引のメリットとデメリット
メリット デメリット
・レバレッジをかけるほど大きな金額で取引できる
・価格差が一気に広がりやすい
・少ない時間で大きく儲けることが可能
・短期間で大損するリスクがある
・損切りが間に合わない可能性がある

レバレッジをかけた分だけ価格差が生じやすくなるため、予想とは逆の方向に相場が動いてしまうと損失額が跳ね上がる恐れがあるので注意が必要す。

積み立て投資

毎月決まった量の仮想通貨を購入して積み立てていく取引手法を「積み立て投資」といいます。

積み立て投資のメリットとデメリット
メリット デメリット
・月1,000円程度から投資が可能
・一気に損失額が跳ね上がるリスクが低い
・自動投資だから楽
・短期間での大きな利益は見込めない
・相場状況によっては損をすることもある

負け知らずの万能手法というわけではありません。

しかし、相場が急変しやすいながらも基本的には上向きに価格が上昇していく仮想通貨の特性を上手く味方につけた投資方法だといえるでしょう。

貸仮想通貨サービス

仮想通貨を貸し出すことで収益を得る儲け方もあります。

ビットコインなどを長期間保有するトレードスタイルの方は、あわせてこの「貸仮想通貨サービス」を利用してみると良いでしょう。

最大利益は年率5%ほどですから、小さな利益を確実に積み上げていきたいという方にはもってこいの取引手法です。

ポイントサイト

サービスを利用して貯まったポイントを仮想通貨に交換できるサービスもあります。

仮想通貨に変えられるポイント例
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • マクロミルポイント

このようなサービスは大手の取引所で行われていることが多いです。

ポイント交換を行っている取引所例
  • Coincheck
  • bitFlyer

お金を使わなくても貯められるポイントはたくさんありますし、普段の買い物でも効率よくポイントは貯められます。

この方法なら投資が苦手だという人でも、仮想通貨で儲けることができるでしょう。

マイニング

PoSやPoWという承認方式を導入している仮想通貨を長期間保有し続けると、マイニングによる報酬がもらえます。

承認操作を行うためには高スペックのパソコンと強度の高いネット環境が必要になるため、一般の方には少しハードルが高い儲け方かもしれません。

また、承認をするだけで報酬が得られるのは良いのですが、報酬自体はそれほど高値ではないというデメリットもあります。

あくまでも仮想通貨で利益を得るための一つの方法として覚えておくと良いでしょう。

初心者必見!仮想通貨で安全に稼ぐために知っておきたいポイント

仮想通貨で安全に稼ぐために知っておきたいポイント

仮想通貨の取引を安全に行うためには、いくつか心掛けておかなければならないポイントがあります。

初心者の方でも最低限以下の4つのポイントに気を付けていれば、少なくとも資金を大きく失ってしまうような事態は避けられるでしょう。

借金や大損とは無縁のトレードを行うためのポイント4つ
  1. 投資は余剰資金で行う
  2. 取引所を使ってユーザー同士で取引を成立させる
  3. 許容できるリスクを決め損切りを行う
  4. 安全のためウォレットにて保管する

投資は余剰資金で行う

仮想通貨取引で大損をしたり借金を負ってしまったりするリスクを避けるために、絶対に守るべきなのが「余剰資産以外で投資を行わない」というルールです。

余剰資産は生活する上で必要になるお金以外の資金のことで、趣味やぜいたくに使えるようなお金のことを指します。

仮想通貨の取引は月1,000円からでもスタートできるので、少なくとも投資に慣れるまでの間は、普段趣味や遊びに使っていたお金だけを投資に回すように心掛けましょう。

注意

生活する上で必要となるお金を使ってまで取引をしたり、借金をしてまで投資し続けてしまったりするのは非常に危険なので止めましょう!

取引所を使ってユーザー同士で取引を成立させる

仮想通貨の売買をするときは、「取引所」で行う方が利益を獲得しやすくなるためおすすめです。

仮想通貨の売買は「取引所」と「販売所」の2か所で行われており、それぞれには以下にような違いがあります。

  • 取引所:ユーザー同士で直接マッチングができる
  • 販売所:販売所に仮想通貨を買ってもらったり売ってもらったりする

販売所は通貨を売ったり買ったりする時に発生する売値と買値の差額(スプレッド)で利益を得ています。

そのため、スプレッドの値が広めに設定されていることが多いのです。

一方、取引所だと条件がマッチしたユーザー同士で売買ができるため、売値と買値の間にそもそも差が生じにくい仕組みになっています。

スプレッドによってせっかくの利益を減らされたくないという方は、販売所ではなく取引所を利用した方が都合が良いでしょう。

許容できるリスクを決め損切りを行う

〇〇円までなら失っても良いというラインを決めて、そのラインに損失額が到達した時点で損切りを行うのもリスクを避ける有効な対策になります。

【損切りってなに?】

損失額が一定水準まで来たら被害を小さく抑えるために、自発的にポジションを決済すること。

仮想通貨は価格の上下が激しい市場であるため、1回のトレードのうち何回かは必ず損失が生まれるタイミングは訪れるでしょう。

そのまま回復を待ってポジションを持ち続けるのは良いことですが、状況が悪化し続けた場合は損失額も膨らみ続けてしまいます。

そのような事態を回避するためにも、適切なタイミングで損切りを決行するように心掛けましょう。

安全のためウォレットにて保管する

仮想通貨を守るためにも、購入後はウォレットでコインを管理するようにしましょう。

仮想通貨の情報は全てデータで処理されているため、常にハッキングによる被害に合うリスクにさらされています

そんなリスクから仮想通貨を守るために、以下のようなウォレット機能を使ってデータを管理する必要があるのです。

  • モバイルウォレット:スマホに搭載されているウォレット機能
  • ハードウェアウォレット:専用端末にデータを保管する方法
  • ウェブウォレット:仮想通貨を管理してくれるウェブサービス

今後伸びる仮想通貨|まとめ

仮想通貨 今後 まとめ

仮想通貨をはじめてみたいという方に、この先おすすめしたいコインは以下の5種類です。

銘柄 時価総額 発行上限 変動率
ビットコイン
(BTC)
1,083,883 億円 21,000,000 +9.17%
イーサリアム
(ETH)
309,643 億円 上限なし +9.71%
リップル
(XRP)
138,049 億円 100,000,000,000 +24.15%
ビットコインキャッシュ
(BCH)
16,879 億円 21,000,000 +8.87%
ライトコイン
(LTC)
17,770 億円 84,000,000 +9.15%

どのコインも現時点では右肩上がりで相場が推移しているため、今後も安定して儲けを得られる可能性が高くあります。

それでも一時的に相場が下落することもあるため、万が一の時の備えて損切りを徹底したり、余剰資金以外では取引をしたりしないように徹底するよう心掛けましょう。

リスク管理さえきちんとできていれば、仮想通貨は初心者の方でも非常に利益を出しやすいためおすすめです!