【2021年12月最新】仮想通貨/ビットコイン(BTC)の今後の相場予想!

ビットコイン 相場予想

ビットコインの今後ってどうなるの?
ビットコインは今後の相場が高騰することはある?

2017年の高騰に続き、2021年にも再び高騰したビットコイン。

しかし2021年11月下旬から、急激に相場価格が下落しています。

果たして今後のビットコインの相場価格はどのように推移していくのでしょうか?

この記事では、ビットコインの最新情報と今後の相場予想をご紹介します

ざっくりいうと
  • ビットコインには将来性がある!今後また価格が高騰する可能性は高い。
  • ビットコインの相場価格は株や為替に影響されやすい。
  • ビットコインには相場価格が上がるポイントやタイミングがある!
  • 2021年のコロナの影響は大きかった。
おすすめ取引所は
  • ビットコインの取引をするなら、ハイレバレッジが可能なBINANCE(バイナンス)がおすすめ!
  • サブ取引所には、キャンペーンが充実している「Bybit(バイビット )」がおすすめ!
  • 手数料や取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

 

バイナンスホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

買い方 将来性

 


診断

仮想通貨取引所診断

利用シーンから、あなたに合った仮想通貨取引所診断します。

 
Q1:すでに仮想通貨を...
Q2:仮想通貨取引所の主な用途は?
Q2:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:重視したいのは?
Q3:主な取引スタイルは?
Q3:主な取引スタイルは?

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

Huobi Japanのメリット
・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる
・2円からの超少額から取引できる
・豊富なキャンペーンも魅力

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

Coincheckのメリット
・国内取引所最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
・スマホアプリがシンプルで使いやすい
・NFTやOTC、IEOなど幅広いサービスを展開

もう一度診断する

診断結果

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybitのメリット
Bybit「使いやすい」「安全性が高い」「手数料が安い」
最大100倍のハイレバ可能で追証なし、口座開設はたった1分で完了
日本語完全対応でヒカルや青汁王子などのインフルエンサーも愛用中
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

ビットフライヤーのメリット
bitFlyerならリップルを手数料無料で送金できる
ビットコインの取引量が国内トップ*1 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
毎日最大10名様に1,000円相当のビットコインプレゼント中!*2キャンペーンの詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/login-bonus-program/)を確認ください。

もう一度診断する

診断結果

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

Binanceのメリット
・取引高ランキング世界No.1の優良仮想通貨取引所
・バイナンスの独自トークン「BNB」が人気
・日本円入金できず、国内取引所からの送金がベター

もう一度診断する

【2021年12月最新】ビットコイン(BTC)の現在の価格・推移

2017年に非常に高い値をつけ、世間を騒がせたビットコイン。

しかし、2018年にかけてビットコインは暴落しました。

そこから今年に入って、再び大きくその価値を上昇させています。

2021年11月には一時1BTC=760万円(当時の相場)を超える高値をつけ、史上最高値を更新しました。

しかし2021年12月に入る頃には、1BTC=550万円にまでその相場価値を急落させました。

ですが、2021年の年初には1BTC=330万円ほどであったことを考えると、ビットコインは、その相場価値を引き続き上昇させていると結論付けて良さそうです。

ビットコイン(BTC)に関する最新ニュースをご紹介

ビットコイン急落、新型コロナウイルス変異株オミクロン株の影響か

2021年11月末、南アフリカ共和国が新しいコロナウイルス変異株を発見したと発表しました。

その影響を受け、日本では外国人の新規入国を停止するなどの措置を取り、その影響が世界に混乱を波紋させています。

その懸念からか、世界的に株式市場や仮想通貨市場が、安値を記録する事態となりました。

仮想通貨はリスク資産と呼ばれる、ボラティリティーが大きな資産なので、この状況を受け、売りに入った投資家が多くいたようです。

しかし、オミクロン株は毒性が低い可能性が高いと見られており、この混乱は長くは続かないと予想されています

IMF(国際通貨基金)の通貨承認

2021年に価格の高騰を起こした要因は、IMF(国際通貨基金)が、仮想通貨(デジタル通過)の普及を事実上承認する報告書を公開したためであると考えられています。

仮想通貨やデジタル通貨は国家によって価値が保障されていないため、不安定な性質を持つ通貨です。

そのため、IMFはビットコインなどの仮想通貨に対して懐疑的な見方をしてきました。

しかし、近年急速に仮想通貨市場は拡大が進み、仮想通貨は公の場でも用いられるようになってきました。

そのような現状を受け、IMFは仮想通貨やデジタル通貨の普及に踏み切る姿勢を示しました

この決定の影響を受け、ビットコインを含む仮想通貨は、相場価格を上昇させているのではないかと言われています。

中米エルサルバドルで法定通貨に

中米の国エルサルバドルにて、2021年6月、ビットコインを法定通貨として採用する法案が議会を通過しました。

同年9月8日には、実際に法定通貨にビットコインが追加されました

世界初となる、仮想通貨(ビットコイン)の法定通貨への承認となります。

国民の金融サービスの普及化や、出稼ぎ先からの送金コストの低下などが目的と見られています。

このような国を挙げての取り組みですが、その動きを不安視する企業や投資家がほとんどです。

2021年12月現在、大きな問題は起きていないようです。

しかし、これからの動きがどうなるのか、今後も注目が必要です。

米テスラ社が決済手段への決済手段への再開を示唆

創始者イーロン・マスク氏の発言が、仮想通貨の相場に大きな影響を与えることで有名なアメリカのテスラ社。

かつてはビットコインでの決済が可能でしたが、現在は停止されています。

しかし、2021年6月14日に、イーロン・マスク氏がTwitterでビットコイン決済再開の条件をツイートで発表しました。

ツイートでは、ビットコインのマイニングに使用する電力の内、50%以上が再生可能エネルギーで作られていることをビットコイン決済再開の条件としています。

現在でも、クリーンエネルギーの利用が推進されていますが、今後普及が進めばテスラ社でのビットコイン決済は、再び利用可能になるとみられます。

このように、今後もビットコイン経済圏の拡大は今後も止まらなそうです。

他にもビットコイン関連のニュースを紹介しているのでチェックしてみてください!

ビットコイン(BTC)の相場価格変動要因を分析

ビットコイン(BTC)の半減期

ビットコインでは、新規発行はマイナーによるマイニングによって行われます。

マイニングとは、仮想通貨の新規発行や取引の承認など新たなブロックの生成をし、その報酬をもらうことになります。

⬇️⬇️⬇️詳しいマイニングの説明はこちらからどうぞ⬇️⬇️⬇️

ビットコイン(BTC/Bitcoin)のマイニングで稼げるって本当?メリットやデメリットの他、仕組みもご紹介!

このマイニングに対して支払われる報酬が、4年に一度半分になります。

この半分になる時期のことを半減期と呼んでいます。

前回は2020年だったので次の半減期は2024年とされています。

半減期を迎えると、新規発行される通貨の発行量が減少するため、希少性が高まり相場価値が上昇すると言われています。

2020年5月に3度目の半減期がありましたが、そこから一年でビットコインの価格が5-7倍ほど上昇しています

そのため、次回の半減期が訪れる2024年には大きく値動きするのではないかと言われているのです。

今後、ビットコイン取引を行う際には、この半減期にも注目して取引を行いましょう。

ビットコインETFの承認

ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)を意味しています。

ビットコインETFとは、ビットコインによって運用されるファンドです。

ビットコインの値動きに連動しており証券取引所で投資することが可能です。

2021年2月にカナダで「パーパス・ビットコインETF」が承認され、話題を呼びました。

2021年10月にはアメリカで初となる、ビットコイン先物ETF「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF(BITO)」が取引を開始しました。

この承認を受けて仮想通貨市場への投資が進み、市場が拡大すると予想されています。

実際に、上場した初日の取引では、開始価格から5%程価値を上昇させました。

それに伴いビットコインの相場価格も上昇したので、非常に注目を集めました。

今後のビットコインETFの動向にも、注視することをおすすめします

ビットコイン(BTC)決済圏の拡大

先ほども紹介しましたが、エルサルバドルでは法定通貨に仮想通貨が採用されています。

また、テスラ社に代表される一部の企業では決済手段としてビットコインを取り入れている会社があります。

今後もこの流れが加速していけば、ビットコインで日本円などと同じように支払いができるかもしれません

今後、様々な国でどのように仮想通貨に対する政策が実施されるのか、気を配る必要がありそうです。

新型コロナウイルスの影響

2020年から大流行した、新型コロナウイルは私たちの生活に大きな変化を与えました。

仮想通貨相場にも同じように大きな影響を与えています。

2021年11月に新たな変異株であるオミクロン株が発見されました。

この影響を受け、ビットコインは一時7%ほど下落するなどその波紋が及んでいます。

今後さらに感染力の強い変異株が出現した際には、さらに大きく相場価格を下落させる可能性があります

今後も世界の最新ニュースをチェックして、ビットコインの価格急変に備えましょう。

ビットコイン(BTC)の今後の相場予想

それでは、ビットコインの今後の価格がどのように変化していくのか、相場予想を見ていきましょう!

様々な要因が絡んでくるので、必ずしも正解とは言えませんが、著名人や企業による予想を紹介していきます。

ジェネシス・マイニング社による相場予想

ジェネシス・マイニング社は、仮想通貨のマイニングを行っている企業の一つです。

このジェネシス・マイニング社が、2020年11月に投資家1000人に今後のビットコインの値動きについて、アンケートを行いました

その結果、今後10年の間にビットコインは、5万ドルを超えると予測した投資家が18%もいました

多くの投資家が、今後もビットコインの価格が上昇を続けると予測しています。

Coin Price Forecastによるビットコイン相場予想

Coin Price Fourecast Centerによると、ビットコインの相場価格はこれからも上昇を続けていくことが予想されています。

ビットコイン価格推移予想(coin price forecast)
※全て年内の終値を記載
2021 2023 2025 2027 2029 2031
¥11,693,839 ¥17,699,607 ¥24,106,574 ¥27,508,603 ¥32,799,811 ¥33,876,884

※円ドルは2021年11月11日現在のレートで換算

2021年の末には1BTC=1000万円を超えるとされ、まだまだ高騰すると考えられているようです。

2031年には3000万円を超えると予想されており、ビットコイン市場の高い成長に期待が寄せられています。

2021年年内に購入することで10年後には3倍になっていると予想されているので、ビットコインへの投資を検討している人は早めに購入したいですね!

経済予測会社によるビットコイン相場予想

続いては経済予測会社による相場予想をご紹介します。

こちらの予想でも同様に現在の価格からは高騰していくことが予想されています。

2021 2022 2023 2024 2025
年終値 ¥8,309795 ¥19,247,699 ¥21,561,973 ¥19,776,975 ¥18,486,094
年内最高値 ¥8,309795 ¥19,247,699 ¥30,472983 ¥29,518,938 ¥19,974,651

こちらの予想ではより短期的に値段の高騰が起きると予想がなされています。

Coin Price Forecastの予想に比べると年内の上がり幅は控えめですが、2023年には一時、1BTC=3000万円に達すると予想されています。

どちらの予想でも1BTC=3000万円を超えると予想がされていますね。

これからもビットコインの相場価格は高騰を続けていく見方が主流なようです。

証券アナリスト・中島翔氏による相場予想

プロフィール

証券アナリスト・中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。

その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。

そののち、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。

さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。

仮想通貨トレードに関しても、仮想通貨取引所コインチェックにて、トレーディング業務に従事した経験を持ち、金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

【保有資格】証券アナリスト

中島翔氏の予想では、2021年10月以降から11月中旬にかけてはビットコインの価格は上昇地合で推移していくと予想されています。

10月時点では、外資企業の中間決算の影響を受け、11月までは値段が上昇すると予想していたが、おおむねその通りに推移しています。

中島氏は、しばらくは慎重にビットコインの取引を行うべきだと述べています。

このように多くの相場予想では、ビットコインはこれからも高騰が続いていくとされています。

ビットコイン(BTC)の購入におすすめの取引所

【海外取引所】BINANCE

binance

BINANCE
ビットコインの取引手数料 0.1%
ビットコインの送金手数料 0.0005BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 20
追証制度 なし

日本国内でもよく知られている海外取引所です。

ビットコイン(Bitcoin)だけでなく幅広いアルトコイン取引に対応しており、最大20倍までのレバレッジ取引を行うことができます。手数料が安いというのも魅力のひとつです。

BINANCEは、日本人ユーザーにもとても人気の取引所です。日本語には完全に対応していないですが、慣れると問題ではなくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

【国内取引所】bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

こちらは国内で運営されている、大手の取引所であり安定した取引を行うことができます。

積立投資という方法を選択することができるのも魅力の一つになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細情報
取扱銘柄数 14種類
取引手数料 取引所:0.01-0.15%、販売所:0.1-6.0%
最低取引数量 取引所:0.001BTC、販売所:0.00000001BTC
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
チェーンリンク(LINK)
公式アプリ 仮想通貨チャート bitFlyer ウォレット

bitFlyer(ビットフライヤー)のまとめ
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円

bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。

また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。

暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
リップル(XRP) 無料
リスク(LSK) 0.1 LSK
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
  • コールド(オフライン)ウォレット
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • パスワードの強度チェック
  • マルチシグネチャ
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • SSL暗号化通信
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト

Bitflyerはセキュリティ対策がかなりしっかりしていることで有名です。

JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーになっているほど、しっかりと取り組んでいます。

「マルティシグネチャ」や、「2段階認証」などのセキュリティ対策はバッチリです!

スマホアプリからでも簡単に投資できるのでおすすめです!

メリット デメリット

・利用者が多く相場の流れを読みやすい

・セキュリティは万全で利用者への負担も少ない

・アプリの操作性が優れている

・高性能の分析ツールを利用できる

・条件クリアでビットコインがもらえるサービスも実施中

・取引所ではビットコインとイーサリアムしか扱っていない

・取引所でも販売所でも手数料をそれなりに取られる

・パソコンからだとサーバーが重く稀に停止することもある

自分の財産をいきなり投資に使うのは気が引けるという方は、bitFlyerの「ビットコインをもらおう」というサービスを利用してみると良いでしょう。

ショッピングやサイト内のアンケートに回答するだけで、ビットコインが付与されます。

Coin Checkを利用している方の口コミです。

【口コミ】 セキュリティの高さは世界トップレベルだし利用者も多いから、万が一の事態におびえながら投資をしなくても済む。アプリの画面はかなり見やすく、初めての人でも迷いづらい。
【口コミ】 買い物のついでにもらったビットコインで仮想通貨デビュー!気軽に始められるのが嬉しい。

利用者が多いのでbitFlyerを使っている者同士での情報交換がしやすく、いざという時でも安心できるサービスです。


bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

【国内取引所】Coin Check(コインチェック)

coincheck

大手のマネックスグループ株式会社を親会社に持つこともあり、安定した資金力を持つCoin Check(コインチェック)

国内最大の17種類の取扱銘柄数を誇っています。

アプリ開発の点でも一歩抜きん出ており、ユーザー目線で使いやすいアプリになっています。

コインチェックはかつての仮想通貨の流出事件を反省し、現在では業界屈指のセキュリティレベルを誇っています。

少額からの取引が可能なので、初めて仮想通貨の取引を行う際はコインチェックを利用することがおすすめです。

Coin Check(コインチェック)の詳細情報
取扱銘柄数 16種類
取引手数料 取引所:0%、販売所:無料(手数料相当額 0.1~5.0%)
最低取引数量 500円以上
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
エンジンコイン(ENJ)
モナコイン(MONA)
クアンタム(QTUM)
アイオーエスティー(IOST)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
公式アプリ コインチェック
Coincheck(コインチェック)のまとめ
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
 

銀行振込は手数料がかからないので、積極的に活用したいですね。

出金手数料は一回につき、一定の額なのでなるべくまとめて出金するようにしましょう!

通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 0.01ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.001ETC
ファクトム(FCT) 0.1FCT
リップル(XRP) 0.15XRP
ネム(NEM/XEM) 0.5XEM
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
リスク(LSK)  0.1LSK
モナコイン(MONA) 0.001MONA
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • コールド(オフライン)ウォレットでの資産管理
  • アカウントログイン時の2段階認証を採用
  • SSL暗号化通信

Coincheckは2018年1月、ハッキング被害を受けました。

この事件の際、Coincheckが保有していた580億円相当の暗号資産NEMが盗まれてしまいました。

しかし2018年5月、Coincheckはこの事件の反省を踏まえ、東証一部上場企業「マネックスグループ」の完全子会社になり、セキュリティを強化しました。

また、2019年1月には、金融庁から「暗号資産交換業者」として認可を受けています。

※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00014号

有名な仮想通貨に投資したい方におすすめです!

メリット デメリット
・取扱銘柄が多いから選択肢が豊富 ・アルトコインは販売所での扱いのみ
・最低500円から投資を始められる
・セキュリティの対策レベルが業界トップクラス ・過去にハッキング被害にあったことがある (※その経験から今ではセキュリティレベルが格段に上がっている)
・アプリだけで本格的な取引が楽しめる

過去のハッキング被害の話を覚えていて、Coin Checkに不信感を抱いている方もいるかもしれません。

しかし、そのような事故があったからこそ、今のCoin Checkは運営母体を安全対策に強いマネックスグループに変えて、強固なセキュリティの壁を築き上げています。

Coin Checkを利用している方の口コミです。

Coin Checkのアプリどんどん使いやすくなるね!見やすくなったから取引がしやすい。
思い立った時に500円から仮想通貨を買えるのはありがたい。セキュリティに関してもコールドウォレットとか2段階認証とか取り入れてて安心できる。

ユーザーからの支持が熱く、上級者の方が初心者の方にまずおすすめする取引所としてもCoin Checkは定番の仮想通貨取引所です。

コインチェックの評判はこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

coincheck 評判 コインチェック(Coincheck)の評判は良い?生のトレーダーの口コミを徹底分析!

【国内取引所】Huobi Japan(フォビジャパン)

仮想通貨海外取引所Huobi Japan

中国三大大手取引所の一つであるフォビの日本版です。

世界に数千万人ものユーザーを抱える大手です。世界基準の高いレベルのセキュリティがあるので安心して取引を行うことが可能となっています。

また、キャンペーンが多いこともHuobi Japanのメリットと言えるでしょう。

Huobi Japanの詳細情報
取扱銘柄数 14種類
取引手数料 0.2%
最低取引数量 0.0005BTC
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
エンジンコイン(ENJ)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
公式アプリ Huobi公式 リップル&ビットコイン暗号資産取引
Huobi(フォビジャパン)のまとめ
無料
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 振込手数料お客様負担
コンビニ入金 振込手数料お客様負担
クイック入金 無料
出金手数料 330円(税込)
借入(レバレッジ)手数料 0.04%/円/日
 

クイック入金は手数料がかからないので、積極的に活用したいですね。

出金手数料は一回につき、一定の額なのでなるべくまとめて出金するようにしましょう!

通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005BTC
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
リップル(XRP) 0.1XRP
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0001BCH
モナコイン(MONA) 0.001MONA
  • SSL認証最高ランク
  • コールド(オフライン)ウォレットでの資産管理
  • アカウントログイン時の2段階認証を採用
  • DDoS攻撃対策システム
  • マルチシグネチャ

暗号資産は、インターネットを利用した取引であるため、さまざまな脆弱性に晒されています。

そのため、フォビジャパンではそのリスクを最小限に抑えるべく日々、努力と改善を行なっています。

世界的な取引所のため、そのセキュリティは世界でも有数の堅固さを誇っています。

世界でも人気の仮想通貨取引所です!

メリット デメリット

・世界170カ国で数千万ものユーザーがいる

・初心者でもわかりやすく、2円から始められる

・大手企業だから安心感や信頼感がある

・世界最高水準のセキュリティで安心して取引ができる

・出金制限がある

取引手数料は他の取引所と比較してもやや高い印象ですが、追証制度はありません。

取引画面も初心者でもわかりやすく、取引しやすい環境があるためおすすめの仮想通貨取引所と言えます。

中国三大取引所に数えられるだけあって、Huobiは世界最高水準のセキュリティシステムが採用されており安心して取引が行えます。

Coin Checkを利用している方の口コミです。

フォビの恩返しキャンペーンで5,000円分のビットコインをget!! フォビでたまにこういうキャンペーンやるので重宝してます‼️

キャンペーンが多いこともHuobi Japanのメリットと言えるでしょう。

通貨ペア メイカー テイカー
BTC/JPY 0.008~0.100% 0.024~0.100%
HT/JPY 0.008~0.100% 0.048~0.200%
ETH/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
XRP/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
LTC/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
MONA/JPY 0.012~0.150% 0.036~0.150%
ETH/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
BCH/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
LTC/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
XRP/BTC 0.016~0.200% 0.048~0.200%
DMM FX

\フォビジャパン公式サイトはこちら/

ビットフライヤー海外送金

ビットコイン(BTC)は今後暴落する恐れはある?

高騰が予想されているビットコインですが、これから暴落が起きる危険性はないのでしょうか?

ここではビットコインの暴落の危険性について解説をしていきます。

参入のタイミングを見極めよう

今後もビットコインは高騰を続けていくという見方が多くを占めています。

しかし、2021年だけをみて考えたときにも、一時は700万円を突破したビットコインが400万円まで暴落を起こしています

前年度の比較からは、継続して成長していますが、今後一時的な暴落が起きる可能性は否定しきれません。

高値の際に参入してしまうと、その後の暴落で資産が減ってしまうことにも繋がりかねません。

今後も継続してビットコインを含む仮想通貨情報に、アンテナを張っておくことをおすすめします!

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

まとめ

ビットコインの相場予想|まとめ
  • 高騰の理由はビットコインの国際的な承認
  • 2021年は第二次ビットコイン元年
  • 公的な場でも利用が始まっている
  • 多くの予想家がこれからも高騰を予想
  • オススメの取引所はBybit(バイビット)!
  • 暴落の危険性はあるが、長期的には高騰
  • 始めるなら早いうちがオススメ!
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

この記事では今後のビットコインの値動きについての相場予想を紹介してきました。

多くの予想が示すように、ビットコインは今後も高騰を続けるでしょう。

今からでも仮想通貨への投資は遅くありません。

早いうちに資産形成を始めましょう!

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる