Bitget(ビットゲット)の評判!噂のコピートレードとやってみた感想を口コミから紹介!

Bitgetのコピートレードが気になるんだけど……、評判ってどうなのかな?
実際にやってみた人の感想や口コミを知りたいな。

Bitgetには、仮想通貨が初めての人でもチャレンジしやすいコピートレードという機能があります。

これまで投資をやったことがない!という人でも、これならできそうな感じがしますよね。

しかし、あまり聞き馴染みのないBitgetにいきなり登録するのは不安という人に向けて、本記事ではBitgetの評判や利用者の口コミ・感想を紹介していきます!

Bitgetに登録する前に実際に使っている人の口コミや感想・評判を知ることで、安心してコピートレードにチャレンジできるようになります。

Bitget(ビットゲット)の評判
  • Bitgetはデリバティブ取引の時価総額ランキング3位の人気取引所!
  • アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポールの4か国で金融ライセンスを取得済み
  • Bitgetはコピートレードができるので、仮想通貨・投資初心者でも気軽に始められる!
  • Bitgetのコピートレードは、トレーダー選びが重要で難しい!

Bitget(ビットゲット)ってどんな取引所?

Bitget(ビットゲット)ーどんな取引所

Bitgetを初めて利用する人に向けて、Bitgetの3つの特徴を紹介していきます。

Bitgetはデリバティブ取引時価総額【¥1,088,928,456,552】※1で、ランキング3位の海外仮想通貨取引所!

特にデリバティブ取引の利用が人気で、安心・安全・日本人利用がしやすいところが大きなポイントです。

※1CoinMarketCap調べ2022年4月24日時点

【安心】Bitget(ビットゲット)は4種類の金融ライセンス取得済み!

Bitgetはアメリカ・カナダ・オーストラリア・シンガポールで金融ライセンスを取得済み!安心度が高い!

Bitgetは、下記の金融ライセンスを取得しています。

Bitgetの保有金融ライセンス
  • MBSライセンス(アメリカ)
  • MBSライセンス(カナダ)
  • DCEライセンス(オーストラリア)
  • Exemtion of provision of Cryptocurrency Pyament Services (シンガポール)

金融ライセンスとは、国に営業を認められていることの証になります。

Bitgetはアメリカ・カナダ・オーストラリア・シンガポールで公式に営業を認められている優れた取引所なのです。

積極的にライセンスを取得しようとする姿勢も好感が持てますよね。

ただし、見てわかる通り日本の金融庁ライセンスは取得していない状態です。

現在は日本人向けのサービスを行っていますが、金融庁から警告を受けた場合はサービスの一時停止や撤廃などが生じる可能性もあるので、覚えておきましょう。

【安全】セキュリティレベルが高い!

Bitgetはサイバーセキュリティ評価がお墨付きのセキュリティレベル!

Crypto Exchange Ranks(CER)という仮想通貨取引所のセキュリティレベルを評価するプラットフォームによって、Bitgetはトップ10に入るほど高い評価を受けています。

この情報は、2020年10月にBitget公式によって発表されています。

【日本人OK】Bitget(ビットゲット)は日本語対応・日本円利用可!

Bitgetは日本人でも使いやすい海外取引所!日本語対応あり・日本円利用できる!

Bitgetの公式サイトは、日本語・日本円表示が可能になっています。スマホアプリも完全日本語表示対応です!

サポートへのメールも日本語で大丈夫なので、日本人にとってありがたいですね。

また、クレジットカード決済が可能なので、仮想通貨を買わなくても日本円で取引を行うことができます。

ただし、国内のクレジットカード会社は基本的に仮想通貨の購入を推奨していないので、決済を拒否される場合があります。

例えば、三井住友カードは「クレジットカードによる仮想通貨購入取引の利用停止に関するご案内」の中で、仮想通貨購入を原則禁止している旨を公表しています。

利用したいクレジットカードが仮想通貨購入に対応しているか、事前に確認しておくとトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

Bitget(ビットゲット)のコピートレードって何?

Bitget(ビットゲット)-コピートレード‐何

Bitgetに登録してみたい大きな理由は「コピートレード」ではないでしょうか?

自分でトレードしなくても利益が出せるというイメージを持っている人もいると思いますが、ここでコピートレードとは何なのかしっかり解説していこうと思います。

トレーダーに任せて仮想通貨を自動運用できるシステム

Bitgetのコピートレードは実際にBitgetでトレードを行っているトレーダーに、トレードを任せることができる機能!

コピートレードは、他のトレーダーの取引をそのまま真似してトレードできる機能です。

Bitgetのみのオリジナル機能というわけではなく、FXなどでは最近増えてきている手法の一つとなります。

システムは自動になっているので、コピーしたいトレーダーを決めてフォローすれば、あとは設定した条件に従ってトレーダーと同じ取引を行ってくれます。

投資が初めてでどの通貨を買っていいかわからない、チャートの読み方もよくわからない、そんな初心者でも気軽に投資が始められるメリットがあります。

トレーダー選びが肝!

コピートレードでは、トレーダー選びが一番大切!

Bitgetートレーダー

Bitgetでコピートレードを行うなら、トレーダー選びが最重要項目になります。

人気のトレーダーはすぐに「満員」になってしまうので、欠かさずチェックしましょう。

お気に入りのトレーダーの空き情報は、「空席リマインダー」を設定すると通知が来るようになります。

コピートレードで得た収益の一部は、コピーしているトレーダーへ還元されるため、100%を受け取れるわけではないことに留意しましょう。

Bitget(ビットゲット)コピートレード日本人の評判

Bitget(ビットゲット)-コピートレード‐日本人-評判

Bitgetを実際に利用している人の声をもとに、日本人の評判を紹介していきます。

仮想通貨投資がよくわからない初心者でも始められる!

投資がよくわからないというわけではなく、「FX」がよくわからないという場合。

自分で考えて挑戦するにはハードルが高いですが、経験豊富なトレーダーに任せておけば簡単に仮想通貨FXも始められます。

  Bitget(ビットゲット)のコピートレードで稼げた!

コピートレードを始めてから12日で資金が2倍になるほど、稼げているようです。

コピートレードはトレーダー選びで苦戦する

コピートレードの肝はトレーダー選びですが、収益を得られるトレーダーを選ぶのも大変です。

表示されている収益率が高くても、実は含み損を抱えたままポジションを放棄している可能性があります。

利確しなければ、収益率に影響が出ないのでここで騙されてしまう人も多くいます。

収益率だけではなく、そのトレーダーがどんなポジションを保有しているのかをしっかり確認する必要があります。

Bitget(ビットゲット)でコピートレードをやってみた人の感想!

Bitget(ビットゲット)-やってみた感想

コピートレードがやりたくてBitgetの口座開設をしました!

実は、コピートレードはBybit(バイビット)でもできるのですが、Bitgetの方は口座開設すればいいだけなので簡単というメリットがあります。

実際に挑戦してみて、コピートレードの条件設定はしっかりと調べてからじゃないとわからないことが多かったです。

ただ、全部日本語で表示されているので、操作で苦戦することはありませんでした。

最初は戸惑うことも多かったですが、コピートレードを初めてしまえばとりあえずそのままにしておいても困ることはないので、自分は放置しています。

たまに利益を確認すると、減ったり増えたりしていて今のところはトータルでプラスになっているので、このまま続けていこうと思います。

(30代・女性)

自分で色々調べなければならないこともありますが、投資方法を勉強するより時間をかけずにトレードに挑戦できる良さを感じますね。

Bitget(ビットゲット)のコピートレードでトレーダーの選び方のコツ

Bitget(ビットゲット)-コピートレードートレーダー‐選び方のコツ

表向きの収益率にだまされないように、「現在コピー中の注文」をチェックして含み損を放置しているポジションがないかだけはしっかりチェックしましょう。

この部分を徹底的にチェックしていくことで、実績のないトレーダーを排除していくことができます。

良いトレーダーと巡り合うまで、少額・低倍率でじっくり試してみましょう。

放置する場合は1週間ほど様子を見たいところです。

ある程度、コピートレードに慣れて利益が出始めてから、設定を変えるという方法が無難です。

Bitget(ビットゲット)のコピートレードでよくある質問

Bitget(ビットゲット)-コピートレード‐よくある質問

Bitgetのコピートレードに挑戦する上でよくある質問に回答していきます。

コピートレードは手数料がかかりますか?

コピートレードで得た収益の10%が手数料としてフォローしているトレーダーに支払われます。

利益確定しなければ手数料が発生しないので、それ程大きな負担になりません。

コピートレードで発生した収益には税金がかかりますか?

かかります。仮想通貨取引では、年間収益が20万円以上出た場合(※)、所得税が発生します。

仮想通貨取引で得た所得は総合課税に区分されるので、他の所得と合算した金額に合わせて税率が変わっていきます。

累進課税制度が適用されるため、稼げば稼ぐほど所得税はアップしていくことに留意しておきましょう。

※世帯主の扶養に入っている場合は、33万円以上の収益で所得税が発生します。

コピートレードにはリスクがありますか?

あります。Bitgetに登録しているトレーダーたちは、プロではない人も多くいます。

本人確認さえしていれば誰でもトレーダーとして登録可能なため、あまり優秀ではない人もたくさんいるのです。

こうした人のトレードをコピーしてしまうと、瞬く間に含み損が増えていきます。

特に仮想通貨FXの場合、トレードの設定によってはすぐに強制ロスカットされてしまい、資金をほとんど失ってしまう可能性もあります。

こうしたリスクがあることに留意して、自分でしっかりトレーダーを選ぶようにしましょう。

ビットフライヤー海外送金

Bitget(ビットゲット)でコピートレードを始める前に知っておきたいことと注意点

Bitget(ビットゲット)-コピートレード‐注意点

Bitgetのコピートレードで、初めて投資や仮想通貨取引に挑戦するという人に予め知っておいた方がいいことと注意点を紹介します。

おすすめのコピートレーダーを知りたい!違法な「投資助言」に注意

コピートレードを始めるために、自分ではトレーダーを選べないから誰かに選んでもらおう!と考える人もいると思います。

調べていくと、既にコピートレードを実践している人によってコミュニティが作られていたり情報商材が売られたりしていることがわかってきます。

ここで注意したいのは、有料の情報商材を販売している人が投資助言に関して届け出を出していない場合は、違法になる可能性があるということです。

投資手法や考え方について有料でレクチャーすることは違法ではありませんが、コピートレードの場合だとおすすめのコピートレーダーを有料で教えるということに関しては金融商品取引法違反となる可能性が高いです。

違法行為に加担しないように十分気を付ける必要があります。

まずは最低10ドルからスタート

コピートレーダーの力量を見極めるためにも、まずは少額での取引をおすすめします。

Bitgetのコピートレードは入金最低額が10ドルとなっています。日本円にすると1200円程度ですので、それ程高い金額ではありませんね。

少額でスタートすると、その分プラスになる金額は低くなりますが、安全のため最初は少額からスタートすることをおすすめします。

Bitgetの取引手数料はやや高い

コピートレードの手数料は利益の10%となっていので、問題ありません。

しかし取引所を使って自分でトレードしようとすると、取引手数料が他の取引所と比べて高いという問題があります。

Bitgetを利用する場合は、コピートレードのみにして通常の取引を行う場合は他の取引所を利用するなど、使い分けをおすすめします。

Bitget(ビットゲット)の評判まとめ

Bitget(ビットゲット)-評判-まとめ

Bitgetの評判は良好でした。特にコピートレードは初心者にとってハードルが低いため、参入しやすい点が評価されています。

ただし、実際にコピートレードをやってみると、設定方法がよくわからなかったりトレーダー選びに苦戦したりと、スムーズに進まない部分もあります。

しかし、Bitgetは日本語に対応しているため、操作面やサポートで困る心配はありません。

言語という大きなハードルが低い分、日本人でもBitgetのコピートレードに挑戦している人は増えてきている点は大きなメリットです。

本記事でのヒントをもとに、まずは自分に合ったトレーダーを見つけるところから始めてみましょう!

仮想通貨の最新情報をキャッチしよう

FACT of MONEY公式LINE

\仮想通貨の注目情報を配信/

公式LINEに参加してみる

bfポップアップ