bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い!?入金・出金の方法から手数料を安くする方法まで徹底解説!

ビットフライヤー 手数料_アイキャッチ

ビットフライヤーの手数料って、高いのか安いのかわかんないな…。
ビットフライヤーの取引手数料が知りたい

そんな方のため、この記事ではビットフライヤーの手数料について解説します。

ビットフライヤーの入金手数料や取引手数料など各種手数料を解説するほか、他の取引所との比較手数料を安く抑えるコツもご紹介。

大きな利益を狙うコツまでお伝えするので、ぜひ最後までご覧くださいね。

ビットフライヤーの手数料の概要
  • ビットフライヤーの手数料は入出金手数料の他、隠れた手数料「スプレッド」にも要注意
  • ビットフライヤーの手数料を安くするコツは、使う銀行取引方法などにある
  • ビットフライヤーの手数料に高さを感じた場合には、コインチェック・Bybitの併用がおすすめ
コインチェック

\取扱通貨数国内No.1/

bitFlyer(ビットフライヤー)のまとめ
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円

bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。

また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。

暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
リップル(XRP) 無料
リスク(LSK) 0.1 LSK
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
  • コールド(オフライン)ウォレット
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • パスワードの強度チェック
  • マルチシグネチャ
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • SSL暗号化通信
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト

Bitflyerはセキュリティ対策がかなりしっかりしていることで有名です。

JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーになっているほど、しっかりと取り組んでいます。

「マルティシグネチャ」や、「2段階認証」などのセキュリティ対策はバッチリです!

スマホアプリからでも簡単に投資できるのでおすすめです!

メリット デメリット

・利用者が多く相場の流れを読みやすい

・セキュリティは万全で利用者への負担も少ない

・アプリの操作性が優れている

・高性能の分析ツールを利用できる

・条件クリアでビットコインがもらえるサービスも実施中

・取引所ではビットコインとイーサリアムしか扱っていない

・取引所でも販売所でも手数料をそれなりに取られる

・パソコンからだとサーバーが重く稀に停止することもある

自分の財産をいきなり投資に使うのは気が引けるという方は、bitFlyerの「ビットコインをもらおう」というサービスを利用してみると良いでしょう。

ショッピングやサイト内のアンケートに回答するだけで、ビットコインが付与されます。

Coin Checkを利用している方の口コミです。

【口コミ】 セキュリティの高さは世界トップレベルだし利用者も多いから、万が一の事態におびえながら投資をしなくても済む。アプリの画面はかなり見やすく、初めての人でも迷いづらい。
【口コミ】 買い物のついでにもらったビットコインで仮想通貨デビュー!気軽に始められるのが嬉しい。

利用者が多いのでbitFlyerを使っている者同士での情報交換がしやすく、いざという時でも安心できるサービスです。

仮想通貨取引所ランキング
おすすめの仮想通貨ついてこの記事で詳しく解説しています。
目的別にぴったりな取引所を紹介しているので、これから仮想通貨の購入を考えている方や初心者の方はぜひご覧ください。
仮想通貨取引所 ランキング 【2021年】仮想通貨取引所(ビットコイン)国内おすすめ比較ランキング

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

bitflyer
まずは、ビットフライヤーの基本情報について、以下の2点をご紹介しますね。

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された国内最大の仮想通貨取引所です。

2021年現在では仮想通貨13種類を取り扱っています。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)の林 邦良氏は日本ブロックチェーン協会の代表理事も努めており、国内におけるブロックチェーン技術の推進を促進しています。

安定したセキュリティーシステムからユーザーの信頼も高いことも魅力の1つです。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット
  • 安定したセキュリティシステム
  • 国内取引量No.1

ここからはbitFlyer(ビットフライヤー)の取引ルールについて紹介します。

ビットフライヤーがどんな取引所かざっくりと把握するためにも、基本情報を見ていきましょう。

会社名 株式会社 bitFlyer
設立 2014年1月9日
事業内容 ・暗号資産交換業
・金融商品取引業
資本金 41 億 238 万円
(資本準備金含)
代表取締役 林 邦良
本社所在地 〒107-6233
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
登録 暗号資産交換業者登録
(登録番号 関東財務局長 第 00003 号)
令和元年法律第28号附則第10条第2項に基づくみなし金融商品取引業者
(第一種金融商品取引業)
株主 株式会社 bitFlyer Holdings
主要取引銀行 株式会社三井住友銀行
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
お問い合わせ https://bitflyer.com/contactpage
項目 取引所 販売所
仮想通貨の種類 ビットコイン
イーサリアム
(全2種類)
ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
リップル
ステラルーメン
モナコイン
リスク
ネム
ベーシックアテンショントークン
テゾス
(全13種類)
取引コスト 0.01~0.15% 無料
BTC最小取引額 0.001BTC 0.00000001BTC
最大レバレッジ 4倍
アプリの有無
運営企業 株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料一覧

ビットフライヤー 手数料_手数料一覧
ビットフライヤーの手数料一覧表は、以下をご覧くださいね。

名称 詳細 手数料額
口座手数料 開設手数料 無料
維持手数料
ビットコイン
売買手数料
ビットコイン簡単取引所 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
※単位:BTC
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料
※スプレッドあり
Lightning FX/Futures 無料
※終了の2週間前に告知あり
アルトコイン
売買手数料
Lightning 現物 XRP/JPY 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
※単位はアルトコインごと
ETH/JPY
XLM/JPY
MONA/JPY
ETH/BTC 約定数量 × 0.2%
※単位はアルトコインごと
BCH/BTC
販売所 無料
※スプレッドあり
送金手数料 ビットコイン
※ bitWire 以外
0.0004 BTC
アルトコイン イーサリアム 0.005 ETH
イーサリアムクラシック 0.005 ETC
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコイン
キャッシュ
0.0002 BCH
モナコイン 無料
リスク 0.1 LSK
リップル(XRP) 無料
ベーシック
アテンショントークン
5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
bitWire 無料
bitWire SHOP 2.1 無料
※加盟店は決済手数料あり
(ビットコイン決済税抜価格の1% )
入金手数料 銀行振込 利用銀行による
クイック入金 住信SBIネット銀行 無料
住信SBIネット銀行以外 330 円/回
出金手数料 三井住友銀行 ・3万円未満:220 円
・3万円以上:440 円
三井住友銀行以外 ・3万円未満:550 円
・3万円以上:770 円
取引所手数料 ・簡単取引所
・Lightning 現物
(※1)
(※2)
10 万円未満 0.15%
10 万円~ 20 万円未満 0.14%
20 万円~ 50 万円未満 0.13%
50 万円~ 100 万円未満 0.12%
100 万円~ 200 万円未満 0.11%
200 万円~ 500 万円未満 0.10%
500 万円~ 1,000 万円未満 0.09%
1,000 万円~ 2,000 万円未満 0.07%
2,000 万円~ 5,000 万円未満 0.05%
5,000 万円~ 1 億円未満 0.03%
1 億円~ 5 億円未満 0.02%
5 億円以上(※3) 0.01%
Lightning FX/Futures 無料
※終了の2週間前に告知あり

(※1)直近 30 日の取引量金額によって異なる
(※2)ETH/BTC、BCH/BTCの手数料を除く
(※3)取引量・取引継続性などによって相談あり

ビットフライヤーは販売所の取引手数料が無料ですが、スプレッドが発生する点はおさえておきましょう。

スプレッドは正式には手数料ではないものの、実際には手数料と認識されるケースが多いです。

なお、スプレッドとは、買値と売値の差額のことです。

買値が高めになり、売値が安めの価格になるため、スプレッドが広いほど利益を上げづらくなります。

そのためスプレッドを手数料と考え、スプレッドの広い取引所を避け、スプレッドの安い取引所を選ぶトレーダーも。

ビットフライヤーで取引をする際には、スプレッドの存在を見逃さないよう注意しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer(ビットフライヤー)には販売所形式と取引所形式という取引形態が2種類あります。

販売所形式
bitFlyerから直接仮想通貨を購入する方法。
初心者でも簡単に取引できるのでおすすめ。
取引所形式
bitFlyerで取引を行うユーザー同士で売買する方法
ビットフライヤーを初めて利用する方は販売所形式の取引に慣れてから、取引所形式での取引をすることをおすすめします。

販売形態 BTC(ビットコイン) アルトコイン
販売所 無料 無料
取引所 0.01 – 0.15% 0.01 – 0.15%
Lightning 現物 0.01 ~ 0.15% 0.2%
Lightning FX/Futures 無料

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法と手数料

ビットフライヤー 手数料_入金方法・手数料
次は、ビットフライヤーの入金方法と入金手数料について見ていきましょう。
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

➀bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法

ビットフライヤーの入金方法は、以下の3つです。

ビットフライヤーの入金方法
  1. 銀行振込
  2. インターネットバンキング
  3. コンビニ(収納代行)
スムーズに入金をしてトレードチャンスを逃さないよう、ビットフライヤーの入金方法を見ていきましょう。

入金方法➀銀行振込

ビットフライヤーの入金方法➀「銀行振込」の手順は、以下をご覧くださいね。

STEP.1
会員専用ページにログインする
STEP.2
「お客様用日本円振込先」を確認する
入出金メニューの「日本円ご入金」タブ内にある、「お客様用日本円振込先」を確認しましょう。
STEP.3
振込先を選ぶ
振込先として選べるのは、三井住友銀行か住信SBIネット銀行の2つです。

上記3つの手順でビットフライヤーへの銀行振込ができます。

なお、住信SBIネット銀行を利用する場合、振込依頼人の入力方法にご注意ください。

住信SBIネット銀行で振込依頼人を入力する際には、「振込先口座番号(5桁の数字) 振込依頼人名」とする必要があります。

例えば、「12345 ヤマダタロウ」などといった入力方法があげられます。

振込依頼人の入力を間違えた際には、入金額が反映されないため、ビットフライヤーに連絡をしましょう。

その際にはお問い合わせフォームから、異なる振込依頼人名で振込をした旨を伝えることに。

なお、口座番号を間違えた場合や、アカウントの名義人と振込名義人の名前が異なる場合にも、お問い合わせが必要となります。

スマートフォンで入金する場合
「bitFlyer Wallet スマートフォンアプリ」のメニュー内にある「入出金」から「日本円」を選ぶと、銀行振込・クイック入金のやり方を確認できます。

入金方法➁インターネットバンキング

ビットフライヤーの入金方法➁「インターネットバンキング」の手順は、以下をご覧くださいね。

STEP.1
会員専用ページにログインする
STEP.2
利用銀行を選ぶ
STEP.3
画面の指示に従って入金手続きを進める

インターネットバンキングを使った入金は、上記の3ステップとなります。

なお、インターネットバンキング入金で利用できる銀行は、以下の3つです。

インターネットバンキング入金で利用できる銀行
  1. 住信SBIネット銀行
  2. イオン銀行
  3. その他の銀行(ペイジー経由)
スマートフォンで入金する場合
「bitFlyer Wallet スマートフォンアプリ」のメニュー内にある「入出金」から「日本円」を選ぶと、銀行振込・クイック入金のやり方を確認できます。

入金方法➂コンビニ(収納代行)

ビットフライヤーの入金方法➂「コンビニ(収納代行)」の手順は、以下をご覧くださいね。

STEP.1
会員専用ページにログインする
STEP.2
「一部のコンビニエンスストア(収納代行)」を選ぶ
「一部のコンビニエンスストア(収納代行)」は、入出金メニュー内にあります。
STEP.3
画面の指示に従って入金手続きを進める

3つの入金手順をおさえたところで、次は入金手数料をチェックしていきましょう。

➁bitFlyer(ビットフライヤー)の入金手数料

ビットフライヤーの入金手数料は、以下をご覧くださいね。

入金方法 入金手数料
銀行振込 利用銀行による
クイック入金 住信SBIネット銀行 無料
住信SBIネット銀行以外 330 円/回

ビットフライヤーの入金手数料はクイック入金で住信SBIネット銀行を使った際に無料となり、最もコストを抑えられます。

その他の入金方法を選んだ際には取引手数料が発生する点をおさえておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法と手数料

ビットフライヤー 手数料_出金方法・手数料
ここでは、ビットフライヤーの出金方法と出金手数料について解説します。

➀bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法

ビットフライヤーの出金方法は、以下の3ステップとなります。

STEP.1
会員専用ページにログインする
STEP.2
入出金メニューの「日本円」内にある「メニュー」をクリックする
STEP.3
画面の指示に従って出金手続きを進める
ビットフライヤーで出金をする際には、登録された「お客様口座」への出金となります。

その他の口座への出金は不可となる点にご注意くださいね。

なお、出金の反映時間は、以下が目安となります。

ビットフライヤーの出金の反映時間(目安)
  1. 平日14:30までの出金申請:原則当日、または翌営業日中に反映
  2. 平日14:30以降の出金申請:原則翌営業日、または翌々営業日に反映

上記が出金反映の目安時間となりますが、状況によっては遅れる可能性があるため、ご注意くださいね。

なお、土日祝日明けに出金申請をされた場合には、通常より出金反映に時間がかかる可能性があります。

出金をされる際には、早めに申請をされることをおすすめします。

➁bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料

ビットフライヤーの出金手数料は、以下の表をご覧くださいね。

出金方法 出金手数料
三井住友銀行 ・3万円未満:220 円
・3万円以上:440 円
三井住友銀行以外 ・3万円未満:550 円
・3万円以上:770 円

ビットフライヤーで出金する場合、利用銀行や出金金額によって手数料が異なる点をおさえておきましょう。
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を安くするには?

ビットフライヤー 手数料_安くするコツ
ビットフライヤーの手数料を安くする方法は、以下の3つです。

ビットフライヤーの手数料を安くする方法
  1. 手数料の安い銀行を使う
  2. 出金の回数・金額に注意する
  3. 取引所を使う

少しでもコストをおさえるため、上記3つの「ビットフライヤーの手数料を安くする方法」をおさえておきましょう。

➀手数料の安い銀行を使う

ビットフライヤーの手数料を安くする方法➀は、手数料の安い銀行を使うことです。

以下の銀行を使うと、ビットフライヤーの手数料を抑えやすくなります。

ビットフライヤーの手数料を抑えやすい銀行
  • 入金時:住信SBIネット銀行
  • 出金時:三井住友銀行

住信SBIネット銀行を使えば、クイック入金の手数料が無料となります。

また、出金時に三井住友銀行を使えば、その他の銀行を使うよりも330円、手数料を抑えられます。

ビットフライヤーの手数料を安く抑えたい場合には、手数料の安い銀行を使いましょう。

➁出金の回数・金額に注意する

ビットフライヤーの手数料を安くする方法➁は、出金の回数・金額に注意することです。

ビットフライヤーの出金手数料は、出金額が3万円以上かどうかで異なります。

そのため、6万円を出金しようと思った場合には、3回にわけるより、1回で出金した方が手数料を抑えられます。

また、3万円を出金するより、2万9,000円を出金する方が手数料を抑えられる点もおさえておきましょう。

このようにビットフライヤーの手数料を抑えたい場合には、出金の回数・金額に注意すると効果的ですよ。

➂取引所を使う

ビットフライヤーの手数料を安くする方法➂は、取引所を使うことです。

ビットフライヤーの販売所におけるスプレッドは、隠れた手数料とも言われており、安いとは言い難いです。

その一方で、販売所の手数料に比べると、取引所の手数料は格安と言えます。

ビットフライヤーの販売所の手数料は、取引所の手数料の4倍~40倍になるケースもあるとされています。

こういった点から、ビットフライヤーの手数料を抑えたい場合には、取引所を使うと効果的です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高いの?他の取引所との比較

ビットフライヤー 手数料_比較
ビットフライヤーの手数料と他の主要取引所との手数料の比較は、以下の表をご覧くださいね。

取引所名 入金手数料 出金手数料 仮想通貨出金手数料 取引手数料
bitFlyer 無料 220~770円 0.0004BTC 無料
コインチェック 0~1,018円 407円 0.001BTC 無料
Bybit 無料 無料
※マイニング手数料あり
無料 ・Maker:-0.0250%
・Taker:0.0750%
DMM Bitcoin 無料 無料 無料 0%
リキッドバイコイン 無料 510円 0.0007BTC 0~0.1%
ビットバンク 無料 550~770円 0.0006BTC ・Maker-0.02%
・Taker0.12%

上記の比較表の通り、ビットフライヤーは出金手数料や取引所取引の手数料が高めです。

そのため、他の取引所との併用で手数料を抑えながら利益を伸ばす方法が効果的。

具体的には、ビットフライヤーとの併用におすすめな取引所は、コインチェックとBybitです。

コインチェックは取扱通貨が16種類と多い点から、手数料以上のチャンスを狙いやすいと言えます。

またBybitは全体的に手数料が安く、スマホアプリなどのツールも使いため手数料を抑えながら大きな利益を狙うことが可能です。

ビットフライヤーの手数料が気になった方は、コインチェックとBybitを併用して、さらに大きな利益を狙う方法がおすすめ。

コインチェック・Bybitの口座をお持ちでない方は、この機会に無料登録しておきましょう。
コインチェック

\取扱通貨数国内No.1/

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料まとめ

最後にビットフライヤーの手数料について、まとめておきますね。

ビットフライヤーの手数料のまとめ
  • ビットフライヤーの手数料は入出金手数料の他、隠れた手数料「スプレッド」にも要注意
  • ビットフライヤーの手数料を安くするコツは、使う銀行取引方法などにある
  • ビットフライヤーの手数料に高さを感じた場合には、コインチェック・Bybitの併用がおすすめ

ビットフライヤーの手数料は、利用方法によっては高くつくことも。

そのため、他の取引所を活用したトレードがおすすめです。

特にコインチェックとBybitは、手数料を抑えたり大きな利益を狙えたりと、魅力が大きい取引所。

ビットフライヤーの手数料が気になった方は、コインチェックとBybitの併用で、さらに大きな利益を狙っていきましょう。

コインチェックとBybitへの登録がまだの場合は、以下から無料で口座をつくっておかれることをおすすめします。
コインチェック

\取扱通貨数国内No.1/