ビットコインが暴落!今後はどうなる?大暴落の理由から今後の予想まで徹底解説

ビットコイン 暴落_アイキャッチ

ビットコイン暴落の理由をおさえて今後を予想できたら、たくさん稼げるのにな。

そんな方のため、ビットコイン暴落の理由やビットコイン暴落の予想についてまとめました。

またビットコイン暴落時におすすめの稼ぎやすい取引所もご紹介します。

ビットコインの暴落時に安値で購入できれば、利益を伸ばしやすくなります。

ビットコインの暴落をチャンスに変えるために役立つ情報をチェックしていきましょう。

「ビットコインの暴落」の概要
  • ビットコインが暴落する理由は取引状況の変化・仮想通貨へのイメージ悪化など
  • 適切な情報収集などにより、ビットコインの暴落はある程度予想可能
  • ビットコインは今後、暴落を伴いながら上昇すると予想できる
  • ビットコインの暴落時におすすめの取引所はコインチェック
コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

ビットコイン暴落の理由とは?

ビットコイン 暴落_理由

ビットコイン暴落の理由は、以下の5つです。

ビットコイン暴落の理由
  1. 新しい法律ができる
  2. 経済状況が変わる
  3. 売り圧力が大きくなる
  4. ビットコインのイメージ悪化
  5. 高騰による反動

ビットコインの暴落を活かして利益を伸ばせるよう、上記5つの理由をおさえていきましょう。

➀新しい法律ができる

ビットコイン暴落の理由➀は、新しい法律ができることです。

新しい法律ができることで規制が増え、これまでよりも利益を出しづらくなる可能性があります。

ビットコインで利益を出しづらくなると、他のことにお金を使おうとする動きが出やすくなる傾向が。

そのため、ビットコインが暴落しやすくなります。

しかし新しい法律ができることは、ビットコインの高騰につながる可能性も秘めています。

ビットコインをさらに安全に取引できる環境が整備されたり、ビットコインの信頼性がアップしたりすることで、高騰する可能性もある点をおさえておきましょう。

➁経済状況が変わる

ビットコイン暴落の理由➁は、経済状況が変わることです。

各国の経済状況の悪化など、世界全体の情勢が変わることでビットコインが暴落する可能性があります。

例えば世界的な金融の引き締めなどが起こると、ビットコインは暴落につながりやすいと言われています。

その理由は金融の引き締めが起こると、米ドルや円などの法定通貨の価値が上がりやすいからです。

法定通貨の価値が上がりやすいと判断する投資家が増えるほど、ビットコインなどの他の投資銘柄から、法定通貨への投資へと切り替えやすくなります。

そのため、ビットコインの暴落につながりやすくなります。

なお、2020年から2021年にかけてのビットコインの高騰は、上記と逆のことが起こったからだと言われています。

この時期、新型コロナの感染拡大により、世界的に金融緩和が行われました。

その結果、法定通貨の量が増えて1通貨あたりの価値が下落したため、ビットコインなど、さらに利益を上げやすいと判断された銘柄に投資するトレーダーが増えたと言われています。

このように、経済状況の変化がビットコインの暴落につながる可能性があります。

➂売り圧力が大きくなる

ビットコイン暴落の理由➂は、売り圧力が大きくなることです。

何らかの理由で大量の売り注文が出されると、ビットコインは暴落します。

例えば、大量のビットコインを保有している著名人などがビットコインを大量に売ると、売り圧力が大きくなり、暴落しやすいです。

著名人の言動には大きな影響力があり、その他のトレーダーの投資行動に変化を及ぼしやすいため、売り圧力が大きくなることも。

2021年5月には、アメリカの電気自動車メーカー「テスラ社」のCEOイーロン・マスク氏の言動を機に、ビットコインの暴落につながったとされています。

テスラ社は2021年2月に、約1,600億円のビットコインを購入し43,200BTCものビットコインを持っていました。

そんなテスラ社のCEO イーロン・マスク氏が2021年5月12日に、「テスラ社の車をビットコインで買えるようにするつもりはない」といった内容を述べました。

この発言から、「テスラ社のビットコインが大量に売られるのでは」と考える投資家がビットコインを売ったため、暴落につながったとされています。

このように、何らかの要因でビットコインの売り圧力が大きくなると、暴落につながります。

➃ビットコインのイメージ悪化

ビットコイン暴落の理由➃は、ビットコインのイメージ悪化です。

「ビットコインに投資していると危ないのでは」と思う人が増えると、暴落につながりやすいです。

このような状況は、ビットコインを持っている投資家の不安を大きくし、「早く手放さないと」と思いやすくなります。

具体的には2018年、ビットコインキャッシュのアップデートに伴ってマイナーが争ったことを理由にビットコインが暴落したとされています。

マイナーとは、仮想通貨の取引を処理して報酬を得る人のことです。

マイナーが争う事態が、ビットコインのイメージ悪化につながり、ビットコインは94万円から35万円へと、約60万円もの暴落に。

このように、ビットコインのイメージ悪化が暴落に繋がることがあります。

他にもハッキングによる仮想通貨の流出など、ビットコインのイメージ悪化につながることで暴落につながることもあります。

➄高騰による反動

ビットコイン暴落の理由➄は、高騰による反動です。

ビットコインの人気が急激に高まり、値上がりしすぎると、暴落につながりやすいです。

例えば2017年には、ビットコイン・リップルなどの仮想通貨の認知度が高まり、急激に値上がりしました。

しかし急激な値上がりの後、ビットコインは約238万円から約64万円までの暴落を記録。

バブルのようにレートが上がりすぎた反動で、ビットコインの暴落につながったのではと言われています。

このようにビットコインの高騰による反動が暴落につながることもあります。

ビットコイン今後の暴落は予想できる?

ビットコイン 暴落_暴落予想

ビットコインの今後の暴落は、ある程度予想できます。

各国の経済状況や著名人の言動などに注意することで暴落の予想精度を上げやすいです。

その一方でビットコインの暴落を予想できない場合もあります。

例えば、大きな災害が突然起こった場合などです。

そのため、予想外の状況の変化がビットコインの暴落につながる可能性がある点をふまえて投資することが重要です。

ビットコインの今後はどうなる?

ビットコイン 暴落_今後はどうなる

ビットコインの今後は暴落を伴いながら上昇すると予想できます。

ビットコインは2017年以降、毎年5割以上の下落を伴いながら上昇してきました。

2017年~2021年までのビットコインの暴落率については、以下をご参考ください。

2017年~2021年までのビットコインの暴落率
  • 2017年:約73%(約238万円→約64万円に暴落)
  • 2018年:約62%(約94万円→約35万円に暴落)
  • 2019年:約53%(約150万円→約70万円に暴落)
  • 2020年:約64%(約115万円→約41万円に暴落)
  • 2021年:約55%(約69万円→約31万円に暴落)

上記の通り、ビットコインは毎年のように暴落してきました。

その一方で大きな視点で見るとビットコインのレートは値上がり傾向と言えます。

大局的な値動きがおおよそ合致しているとされている以下のストックフローモデルでは、2021年の終わりにはビットコインの価格が1,000万円になると予想されています。

ビットコイン 暴落_ストックフローモデル

上記の通りビットコインは今後、暴落を伴いながら上昇が期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

なお、著名人のビットコイン購入も話題になりやすいので、おさえておくことをおすすめします。

2021年5月20日には、トロンプロジェクトを始めたジャスティン・サン氏が4,145BTCを購入したことをツイートしました。

ジャスティン・サン氏は約1億5,200万ドルものビットコインを購入したと発言していることから、今後の値上がりに期待していると考えられます。

また、世界で最もビットコインを持っている企業とされるマイクロストラテジー社は2021年5月18日、約1億円のビットコインを追加で買ったとツイートしています。

このように、ビットコインは長期的に上昇していくと予想する著名人もいます。

ビットコインが暴落したタイミングで購入できると、安く買って高く売りやすくなるため、利益を伸ばしやすいと言えるでしょう。

ビットコインは暴落したタイミングで買うべき?おすすめの取引所を紹介!

coincheck

ビットコインが暴落したタイミングで買う場合におすすめの仮想通貨取引所はコインチェックです。

コインチェックがビットコインの暴落時におすすめの理由は、以下をご覧ください。

コインチェックがビットコインの暴落時におすすめの理由
  • 取扱銘柄が17種類と多い
  • 最低500円から投資可能
  • セキュリティ対策が業界トップクラス
  • アプリだけで本格的な取引ができる

コインチェックは大手マネックス株式会社が親会社となっており、潤沢な資金を持っています。

またセキュリティ対策のレベルが業界最高水準なので、安心して取引できる点も大きな魅力。

ビットコイン以外の仮想通貨もたくさんあり、全17種類もの仮想通貨を取引できる点もメリットです。

また非常に使いやすいアプリでも人気があり、外出先でも本格的なトレードができるところもコインチェックの魅力です。

このようなメリットがあり、コインチェックはたくさんの仮想通貨トレーダーから支持されています。

ビットコインの暴落時に利益を狙う場合には、コインチェックがおすすめです。

Coin Check(コインチェック)の詳細情報
取扱銘柄数 17種類
取引手数料 取引所:0%、販売所:無料(手数料相当額 0.1~5.0%)
最低取引数量 500円以上
取引銘柄 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
リスク(LSK)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
エンジンコイン(ENJ)
モナコイン(MONA)
クアンタム(QTUM)
アイオーエスティー(IOST)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
公式アプリ コインチェック
コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/

「ビットコインの暴落」のまとめ

最後にビットコインの暴落について、まとめておきます。

「ビットコインの暴落」のまとめ
  • ビットコインが暴落する理由は取引状況の変化・仮想通貨へのイメージ悪化など
  • 適切な情報収集などにより、ビットコインの暴落はある程度予想可能
  • ビットコインは今後、暴落を伴いながら上昇すると予想できる
  • ビットコインの暴落時におすすめの取引所はコインチェック

ビットコインは世界情勢の変化などによって暴落のリスクが高まります。

しかし、ビットコインはこれまでにも暴落を経験しながら値上がりしてきた点もおさえておきましょう。

大局的に見た際、一時的な暴落はビットコインの購入チャンスとなるかもしれません。

ビットコインの暴落はある程度予想できる部分があるため、日ごろの情報収集・市場の分析などが重要です。

またビットコインの暴落をチャンスに変えるためには、トレードしやすい取引所を選ぶことが大切。

特にコインチェックはセキュリティ対策が充実しており、アプリの使い勝手も非常に良いです。

ビットコインの暴落時に利益を伸ばせるよう、この機会にコインチェックに無料登録しておきましょう。

コインチェック

\コインチェック公式サイトはこちら/