bitFlyer(ビットフライヤー)とは?評判・口コミと口座開設方法・その他取引所との比較も紹介!

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨取引をはじめてみたいけど、使い心地はどうかな?
他の取引所ではなくてビットフライヤーを選ぶ決定的な理由はなに?

仮想通貨を売ったり買ったりして利益を得たいと思っている方は、コインを取引させてくれる交換業者(取引所)を探す必要があります。

本記事で紹介するbitFlyer(ビットフライヤー)も、仮想通貨取引をさせてくれる業者の一つです。

数ある取引所の中でも上位のクラスに位置しているビットフライヤーにはどのような魅力があるのか、また利用の際に気を付けるべきデメリットがあるのかということについても解説していきます。

どこの業者で口座を開設すればいいのか決められないという方やビットフライヤーと別の取引所で迷っているという方は、本記事をぜひご一読ください。

ビットフライヤーの概要
  • ビットコインが日本で一番取引されている仮想通貨交換業者
  • セキュリティの高さは世界レベルにおいてもトップクラス
  • スマホアプリは初心者でも使いやすくて多機能
  • ビットフライヤーでのFX取引は少々不利
  • 仮想通貨FXを極めるならゼロカット&低手数料の「Bybit」がおすすめ
bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/

bitFlyer(ビットフライヤー)のまとめ
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円

bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。

また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。

暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
リップル(XRP) 無料
リスク(LSK) 0.1 LSK
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
  • コールド(オフライン)ウォレット
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • パスワードの強度チェック
  • マルチシグネチャ
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • SSL暗号化通信
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト

Bitflyerはセキュリティ対策がかなりしっかりしていることで有名です。

JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーになっているほど、しっかりと取り組んでいます。

「マルティシグネチャ」や、「2段階認証」などのセキュリティ対策はバッチリです!

スマホアプリからでも簡単に投資できるのでおすすめです!

メリット デメリット

・利用者が多く相場の流れを読みやすい

・セキュリティは万全で利用者への負担も少ない

・アプリの操作性が優れている

・高性能の分析ツールを利用できる

・条件クリアでビットコインがもらえるサービスも実施中

・取引所ではビットコインとイーサリアムしか扱っていない

・取引所でも販売所でも手数料をそれなりに取られる

・パソコンからだとサーバーが重く稀に停止することもある

自分の財産をいきなり投資に使うのは気が引けるという方は、bitFlyerの「ビットコインをもらおう」というサービスを利用してみると良いでしょう。

ショッピングやサイト内のアンケートに回答するだけで、ビットコインが付与されます。

Coin Checkを利用している方の口コミです。

【口コミ】 セキュリティの高さは世界トップレベルだし利用者も多いから、万が一の事態におびえながら投資をしなくても済む。アプリの画面はかなり見やすく、初めての人でも迷いづらい。
【口コミ】 買い物のついでにもらったビットコインで仮想通貨デビュー!気軽に始められるのが嬉しい。

利用者が多いのでbitFlyerを使っている者同士での情報交換がしやすく、いざという時でも安心できるサービスです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

bitFlyer

ビットコインの取引が最も頻繁に行われている取引所として有名なbitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年にサービスを開始した比較的新しい仮想通貨取引所です。

日本の会社が運営している交換所であるにもかかわらず、世界ランキングでは常にトップ10以内にランクインするほどの人気を獲得しています。

創業者は日本ブロックチェーン協会の代表理事を務める加納裕三氏です。

仮想通貨取引で問題視されがちなセキュリティ面送金面で特に優れた技術力を発揮している取引所としても知られています。

取引所 販売所
仮想通貨の種類 ビットコイン
イーサリアム
(全2種類)
ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
リップル
ステラルーメン
モナコイン
リスク
ネム
ベーシックアテンショントークン
テゾス
(全12種類)
取引コスト 0.01~0.15% 無料
BTC最小取引額 0.001BTC 0.00000001BTC
最大レバレッジ 4倍
アプリの有無
運営企業 株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨

bitflyer_取り扱い通貨

2021年現在でビットフライヤーでは13種類の仮想通貨を取り扱っています。

取扱い仮想通貨一覧
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク
  • リップル
  • ベーシックアテンショントークン
  • ステラルーメン
  • ネム
  • テゾス
  • ポルカドット

主要な仮想通貨から勢いのある仮想通貨まで一通りの取り扱いがあるので楽しめますね。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

数ある取引所の中からビットフライヤーを選ぼうとする時、どのようなメリットが決め手となるのでしょうか?

ここでは、実際にビットフライヤーの利用者が感じているビットフライヤーを選択するメリットを4つ紹介します。

ビットフライヤーのここがスゴイ!
  1. ビットコインの売買が盛んに行われている
  2. スマホアプリが使いやすく操作方法が直感的で分かりやすい
  3. 高レベルのセキュリティによってハッキングから守られている
  4. 出金リクエストを出してから反映するまでの時間が早い

ビットコインの売買が盛んに行われている

ビットフライヤーの取引所では、他のどの取引所よりも多くビットコインの売買が行われています。

また、2019年には預かり資産の量も日本で一番多い会社だということが発表され話題を呼びました。

日本におけるビットコイン市場の中心にはビットフライヤーがいます。

市場の中心は流動性が高くなりますので、取引を行う際には以下のような利点が生じるのです。

  • 「売りたい」もしくは「買いたい」と思った値段通りに取引を成立させやすい
  • 取引している人数が多いため、価格変動に急激な波が訪れにくい
  • テクニカル分析の通りにレートが変動しやすい

取引ツールが使いやすく操作方法が直感的で分かりやすい

ビットフライヤーも他の仮想通貨取引所の例にもれず、独自のスマホアプリを提供しています。

bitFlyerウォレット」というアプリは、パソコンで操作するよりも直感的に仮想通貨FXを楽しめるようシンプルな作りとなっており、初心者の方はもちろん仮想通貨取引のプロの方にも好評です。

ビットフライヤーのアプリで出来ることは、以下のように多岐に渡っています。

  • 取引所でも販売所でも仮想通貨の売買ができる
  • アラート機能を活用して予期せぬレートの変動にも対応可能
  • SNSの機能を使って知人や家族にビットコインを送信できる
  • 電子マネーとしてビットコイン決済ができる(Tポイントも貯まる)

高レベルのセキュリティによってハッキングから守られている

ビットフライヤーは、仮想通貨が持つハッキングに対する脆弱性をよく理解しています。

そのため、顧客の資金が万が一にも脅かされることのないよう、以下の面におけるセキュリティを日々強化し続けているのです。

  • ネットワーク
  • ログイン
  • ビットコイン
  • インフラ
  • プログラム

毎日欠かすことなくウイルスチェックを行い、高度な技術を用いたハッキングテストも実施しています。

出金リクエストを出してから反映するまでの時間が早い

ビットフライヤーはブロックチェーンの技術を使っているので、出金リクエストにはスピーディーに対応できるようになっています。

ビットフライヤーから出したお金は、自分の名義で作られた銀行口座に振り込まれる仕組みです。

基本的な反映スピードは以下の通りですが、リクエストが混み合っている場合や土日祝日を挟む場合は若干スピードが遅くなる可能性があります。

出金リクエストのタイミング 口座に出金金額が入るまでのスピード
9:00~14:30 当日中
14:30~翌9:00 翌営業日

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

多くの評判を集めているビットフライヤーですが、中には不満の声を漏らすユーザーもいます。

彼らがどのような点にデメリットを感じているのかということについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットフライヤーのここがイマイチ
  1. アルトコインは販売所で売買するしかない
  2. 細かなコストがかかりやすい

アルトコインは販売所で売買するしかない

ビットフライヤー全体で見ればアルトコインを含む12種類もの仮想通貨の取引が可能ですが、実際に取引所で売買できるのは「ビットコイン」と「イーサリアム」のみです。

販売所の方ではライトコインのようなアルトコインも利用できるうえに、トレード時の手数料も無料なので一見問題ないように思えます。

しかし、販売所は交換業者との取引になるので、スプレッドが多く発生する傾向があるのです。

【スプレッドってなに?】

売値と買値の間の金額差のこと。

業者ごとにスプレッドの狭さは決められており、スプレッドはそのまま業者の利益となる。

ビットコインやイーサリアムで取引する方は、特にスプレッドを気にする必要はありません。

しかし、その他のコインを販売所で取引したいと思っている方は、スプレッドによって利益が圧迫されるリスクがあることを知っておきましょう。

細かなコストがかかりやすい

ビットフライヤーでは取引や送金を行う際に、手数料がかかることがあります。

以下のように他所の業者と並べてみると、確かにビットフライヤーで手数料を取られるタイミングは比較的多めです。

ビットフライヤー GMOコイン コインチェック DMM Bitcoin
クイック入金コスト 住信SBIネット銀行利用あり:無料
住信SBIネット銀行利用なし:¥330
無料 ¥770〜¥1,018 無料
出金コスト ¥220~¥770 無料 ¥407 無料
BTC送金コスト 0.0004BTC 無料 0.001BTC 無料
取引コスト(取引所) 0.01~0.15% -0.01%~0.05% 0% 0%
スプレッド(販売所) 7.4% 3.8% 5.9% 1.2%

コストが大きすぎるとせっかく利益が減ってしまうため、なるべくならコストを低く抑えられる取引所を使いたいと思う方がいるのも無理はないでしょう。

ビットフライヤー手数料の詳細はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

各種手数料を他社と比較して紹介していますので、口座開設前に併せてご覧ください。

ビットフライヤー 手数料_アイキャッチ bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い!?入金・出金の方法から手数料を安くする方法まで徹底解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料(スプレッド)は高い?

bitflyer_スプレッド

スプレッドとは売値と買値の差のことです。

ビットフライヤーのスプレッドは「高い」と検索欄に出てきますが実際のところどうなのでしょうか。

ビットコインの取引所のスプレッドを比較したので、本当にビットフライヤーのスプレッドが高いのか検討して見ましょう。

取引所 スプレッド 買値 売値
bitFlyer 331,276 5,867,561 5,536,285
Coincheck 347,041 5,894,141 5,547,100
Zaif 459,789 5,938,354 5,478,565
DMM.Bitcoin 487,623

上記のようにビットフライヤーのスプレッドは、他の取引所と比較しても安いということが伺えます。

スプレッドは取引においても非常に重要なポイントなので、ビットフライヤーでの取引はおすすめと言えるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ

bitflyer_レバレッジ

bitflyerの最大レバレッジは2倍す。

これは金融庁が新しく制定したガイドラインに準じたもので、現在すべての国内仮想通貨FX取引所でのレバレッジ上限は2倍となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設・取引の流れ

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設・取引の流れ

ビットフライヤーで売買を開始するためには、登録と口座開設を済ませる必要があります。

まずは、事前準備として以下の3つを用意しましょう

  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • 自分名義の銀行口座

ビットフライヤーのサイトにアクセスしたら、以下のステップに従って登録と口座開設を進めていきます。

STEP.1
メールアドレスと二段階認証の登録
STEP.2
個人情報を入力し、書類で本人確認
STEP.3
本人名義の銀行口座を紐づける
STEP.4
ハガキが届いたら取引開始可能

ハガキが届いたら、早速取引に使うお金を入金しましょう。

その後は、取引所か販売所で好きな仮想通貨の売買を行うだけです。

初めのうちは現物取引を楽しみつつ、徐々にレバレッジ取引などにもチャレンジしていくと良いでしょう。

実際の声!bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを紹介

実際の声!bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを紹介

ビットフライヤーを活用している方や使ってみた結果他の取引所を選んだという方の口コミを集めました。

使って良かった!好意的な口コミ

【ユーザーの口コミ】

ビットコインをはじめたいから、取引量が国内で一番多いビットフライヤーを選ぶことにしました。取引所の動きが活発だから売買するタイミングを見つけやすくとても良いです。

【ユーザーの口コミ】

ビットフライヤーのセキュリティの高さは世界に通用するレべル!最新のセキュリティ技術を駆使しているから、安心して資金を預けることができますよ。

ビットフライヤーで取引が盛んに行われている点と厳重なセキュリティ対策が施されている点を称賛する口コミが、多数見つかりました。

このような口コミから、安心できる環境でスムーズに取引ができるのがビットフライヤー強みなのだということが分かります。

他の取引所が良い!厳しい口コミ

【ユーザーの口コミ】

自分はビットコインではなくてリップルで取引がしたかったが、ビットフライヤーの取引所では扱いがなかった。販売所なら売買できるようだったが、スプレッドが広めなためあまり使う気にはなれなかった。

【ユーザーの口コミ】

せっかく稼いだお金を手数料とかで減らされてしまうのが残念。特にお金を入れたり出したり送ったりする時にかかるコストがかかりすぎる。取引手数料やスプレッドも地味に高いと感じました。

ビットフライヤーに対する悪い口コミを調査した結果、取引所で売買できる仮想通貨の種類が少ない点と手数料が高い点が受け入れられないという声が目立ちました。

それでも、メリットの方が大きいと判断する方は一定数いる印象です。

なるべくコストのかからない方法で取引をしたり、アルトコインでのFXをあきらめたりしてビットフライヤーを使い続けている方が少なからず存在しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引ツール

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引ツール

ビットフライヤーで口座開設をすれば、ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)という便利な取引ツールを使うことができます。

ビットフライヤーライトニングを使えば現物取引だけではなく、FXトレードや先物取引にも簡単に挑戦可能です。

トレードに欠かせない以下のような情報が一画面に整理されて表示されているため、余計な時間ロスや手間が発生しないというメリットがあります。

  • 板情報
  • チャート情報
  • 発注画面
  • ポジションと損益情報
  • トレード履歴
  • 仮想通貨に関するニュース情報
  • チャット画面

1年中休みなくいつでも注文ができることから、日々忙しく活動されているサラリーマンや学生、主婦の方にも人気のある取引ツールです。

bitFlyer(ビットフライヤー)と他の取引所との比較

bitFlyer(ビットフライヤー)と他の取引所との比較

ビットフライヤーのメリットには惹かれるけれど、どうしてもデメリットを受け入れられないという方のために、ビットフライヤーの代わりにおすすめできる仮想通貨取引所を2社紹介します。

低いリスクで安く取引がしたいなら|Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)はシンガポールのブローカーで、ビットコインだけでなく様々なアルトコインの取引が可能です。

日本の取引所にはないゼロカットシステムのおかげで、借金を背負うことなく安全に取引することができます。

【ゼロカットってなに?】

トレードをしていて損失が膨らんでも追証通知がくることなく、そのままロスカットとなっても証拠金で賄えない分の損失はゼロにリセットされる仕組みのこと。

サーバーが軽くストレスなく取引が楽しめることでも有名です。

トレードにかかる手数料等もビットフライヤーと比べて圧倒的に安いので、よりコストを気にせず楽しめます。

Bybitの基本情報
仮想通貨の種類 ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
チェーンリンク
ライトコイン
テゾス
イオス
リップル
(全8種類)
取引コスト -0.025%~0.075%
追証制度 なし
最大レバレッジ 100倍
日本語での利用 可能
運営企業 Bybit Fintech Limited
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

ビットフライヤーとバイビットの比較はこちら!

こちらの記事ではビットフライヤーを大人気海外取引所「Bybit(バイビット)」と徹底比較。

各社の強みとスペックをフラットに比べていますので、気になる方はぜひご覧ください。

bybit_bitflyer_比較 Bybit(バイビット)とbitFlyer(ビットフライヤー)の違いを徹底比較!取り扱い仮想通貨の種類から送金・入出金まで徹底解剖

より高レバレッジの取引がしたいなら|Bitterz

bitterz

Woong Leeが設立した海外仮想通貨取引所Bitterzなら、ビットフライヤーではまず楽しむことができない高レバレッジの取引にチャレンジすることができます。

かけられるレバレッジの大きさは最大888倍なので、少ない資金でも一気に大金を稼げる可能性があるのです。

取引にかかる手数料は一切なく、コストとして必要になるのはスプレッドのみなので、稼いだ利益が目減りしてしまう心配もいりません。

トレードで使えるボーナスがもらえるお得なキャンペーンも定期的に開催しているので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

Bitterzの基本情報
仮想通貨の種類 ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
(全4種類)
取引コスト 無料
追証制度 なし
最大レバレッジ 888倍
日本語での利用 可能
運営企業 Bitterz LLC

\Bitterz公式サイトはこちら/

ビットフライヤーとコインチェックの比較はこちら!

こちらの記事では国内の2大人気取引所であるビットフライヤーとコインチェックを徹底比較。

各社の強みとスペックをフラットに比べていますので、気になる方はぜひご覧ください。

コインチェック ビットフライヤー_コインチェック・ビットフライヤー コインチェック・ビットフライヤーの手数料などを比較!おすすめはどっち?

【まとめ】安全にビットコイン取引を楽しみたいならbitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー まとめ

ビットフライヤーは、最新技術を活かした強固なセキュリティが自慢の仮想通貨取引所です。

アルトコインは販売所でしか取引できないためコストが多くかかりやすいですが、取引所でも扱っているビットコインの相場になら低コストで気軽に参加することができます。

ビットコインの取引が1年中絶えず行われていて理想的な取引相手に巡り合いやすいという点は、ビットフライヤーの大きな利点の一つです。

ビットフライヤーでのトレードを楽しむには、登録と口座開設が必須になります。

登録と口座開設はもちろん無料でできますので、ご興味のある方はぜひ以下のボタンから公式サイトにアクセスしてみましょう!

bitFlyer

\bitFlyer公式サイトはこちら/