【60代】自動車保険料ランキング|年齢別に安く加入できる保険会社はどこ?

60代自動車保険料ランキング

60代で安く加入できる自動車保険ランキング!

60代が加入できる格安の自動車保険ランキング

日本人の平均寿命は、男性で約80歳、女性で約86歳(2016年度)となっていますので、60代というと、まだまだ現役世代です。しかし、事故率がもっとも低くなる40代、50代のころと比べると、事故率が若干上昇し始めるので、自動車保険料が少しずつ上昇し始める傾向があります。

60代で年間保険料が安い自動車保険ランキング(車両保険無しの場合)

60代の方が、トヨタ・アクアをマイカーとした場合の自動車保険各社の見積もり(車両保険は付帯しません。)を次の基本比較条件で取り、それをランキングにすると、次のようになります。

順位 会社名 保険料額
1位 セゾン自動車保険 37,420円
2位 イーデザイン損保 39,060円
3位 ソニー損保 41,610円
4位 セコム安心マイカー保険 42,810円
5位 損保ジャパン 63,410円
6位 あいおいニッセイ同和 83,040円
【見積もり試算条件】
車種:トヨタ・アクアNZE15N(平成19年10月)
契約種別:新規加入
運転者条件:本人及び家族限定
補償範囲:35歳以上補償
年齢:66歳
使用目的:日常・レジャー
年間走行距離:5,000㎞
免許の色:ゴールド
等級:6等級
対人・対物:無制限
人身傷害:3,000万円
車両保険:なし

ランキング(車両保険無し)の特徴

60代の自動車保険ランキング(車両保険を付帯させないケース)の特徴は、中高齢者向けの自動車保険に力を入れているセゾン自動車保険(商品名・おとなの自動車保険)が、第1位を獲得しているという点です。

おとなの自動車保険は、通販型の自動車保険ですが、40代50代において、自動車の事故率が低くなる傾向を考慮して、この年代の保険料を安く設定しています。この仕組みが、60代のユーザーにも適用されているので、60代の保険料も他社と比較して安くなっています。

第2位はイーデザイン損保、第3位はソニー損保と、ランキング上位の常連会社が名を連ねています。ランキング上位を通販型の保険会社が独占する傾向は、すべての年代で見受けられる傾向ですが、60代でもこの傾向が見られます。

代理店型である損保ジャパンとあいおいニッセイ同和は、相変わらず、同じ順位で、下位に位置しています。こういった大手の損保会社は、法人契約や自賠責保険で主に稼いでいるので、個人向け任意保険にはあまり熱心ではないのかもしれません。だから、サービス改善に熱心ではないため、保険料金がなかなか安くならないものと思われます。

60代で年間保険料が安い自動車保険ランキング(車両保険ありの場合)

同じく、60代の方が、トヨタ・アクアを運転すると想定し、今度は、車両保険を付帯させた状態で、各自動車保険会社の見積もりを取り、保険料の安い順位にランキングしてみました。

順位 会社名 保険料額
1位 セゾン自動車保険 52,050円
2位 セコム安心マイカー保険 64,960円
3位 ソニー損保 67,570円
4位 イーデザイン損保 74,720円
5位 損保ジャパン 101,400円
6位 あいおいニッセイ同和 131,750円
【見積もり試算条件】
車種:トヨタ・アクアNHP10(平成19年10月)
契約種別:新規加入
運転者条件:本人及び配偶者限定
補償範囲:35歳以上補償
年齢:66歳
使用目的:日常・レジャー
年間走行距離:5,000㎞
免許の色:ゴールド
等級:6等級
対人・対物:無制限
人身傷害:3,000万円
車両保険:有、免責5~10万円、保険金額205万円~230万円

ランキング(車両保険あり)の特徴

車両保険を付帯した場合のランキングでも、中高齢向けのユーザーに力を入れているセゾン自動車保険(商品名・おとなの自動車保険)が、ランキング1位を占めています。2位以下の顔ぶれは、第2位がセコム安心マイカー保険、第3位がソニー損保と、いつもの顔ぶれが並んでいます。

下位の方も、相変わらず、代理店型の損保ジャパンとあいおいニッセイ同和が、最下位とその前の順位を占めています。通販型と代理店型の保険料の差は歴然としていて、保険料を安くするためであれば、代理店型から通販型に切り替えるのが、もっとも効果が高いことが、このランキング調査から明らかになります。

各世代でランキング上位を占めるイーデザイン損保が、60代、車両保険付帯の条件で保険料を見積もった場合、コストパフォーマンスがあまり良くない(ランキング順位が低い)ことが気になります。イーデザイン損保は、会社の方針として、若い世代に力を入れていて、60代のような年配の世代は、それほど重視していないのかもしれません。

ランキング上位の自動車会社の解説

上位にランキングされた自動車保険会社の中から、セゾン自動車保険、イーデザイン損保、ソニー損保の3社について、解説していきます。

セゾン自動車保険

セゾン自動車の自動車保険「おとなの自動車保険」は、中高齢者ドライバーにメリットの多い商品なので、中高齢ドライバーの方々の人気商品となっています。そのことを反映して、いずれのランキングでも、堂々と第1位を獲得しています。

60代以外の世代でも、40代以降は、セゾン自動車のおとなの自動車保険は、常にランキング上位を獲得しています。60代の方が自動車保険を安くすることを考える場合には、この「おとなの自動車保険」は検討に値する商品です。

セゾン自動車は、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜株式会社の系列企業なので、損保ジャパン日本興亜が長年培ってきたノウハウが活用されていますし、大企業が親会社となっているので、突然倒産するというような事態はまず考えられません。日本国内企業でもあるので、安心して加入することができます。

イーデザイン損保

イーデザイン損保は、東京海上グループに属する通販型自動車保険会社です。大手損害保険会社グループである東京海上グループに属しているので、そのノウハウが活用でき、また、大企業が親会社だと、経営体質が強化されるので倒産が少なく、安心して加入することができます。

イーデザイン損保の公式HPは非常に充実しており、これだけでも、この会社の保険サービスが素晴らしいものであることを窺い知ることができます。大手警備会社のセコムと提携し、セコムの警備職員が事故現場に急行するセコム現場急行サービスも実施しており、高い顧客満足度を確保しています。

業界唯一の無事故割引、すなわち、契約から1年の間に事故を起こさなかった場合には、翌年の契約の際の保険料を2%割引を実施している点も特筆に値します。通販型は、インターネットを介しての手続きが多くなるのですが、イーデザイン損保のHPは大変充実しているし、操作性も非常に良いので、快適に手続きを進めることができます。

ソニー損保

ソニー損保は、日本の電機メーカー、ソニー株式会社を中核とするソニーグループの系列企業です。ソニーグループの中には、ソニー生命、ソニー銀行などが属するソニー・フィナンシャル・グループがありますが、ソニー損保は、このソニー・フィナンシャルグループに含まれます。

ソニー損保は、ソニー・フィナンシャル・グループが培ってきたインターネット金融のノウハウを活用しています。したがって、ソニー損保は、損害保険に強いというよりも、インターネットを活用した金融(保険も金融の一種と考えることができます)に強い会社だと言えます。

ソニー損保が、大手損害保険会社を親企業に持たないから、サービスが悪いということは決してありません。ソニー損保は、通販型の自動車保険部門で15年連続して売上げ№1を獲得しています。このことから、ソニー損保は、通販型自動車保険の第一人者であるということができます。

60代の自動車保険を安くするコツ

公園を散歩する老人と若い女性

60代の自動車保険を安くするコツは、まず、代理店型の自動車保険を利用している方であれば、それを通販型の自動車保険に切り替えることです。60代でも、通販型の自動車保険の保険料の方が、代理店型のそれよりも、圧倒的に保険料が安くなっています。保険会社を切り替えるだけで、保険料が大幅に下がるわけですから、これを活用しない手はありません。

通販型の自動車保険に切り替える場合には、インターネットを活用して、自動車保険会社のHPから、申し込みの手続きを行いたいものです。多くの通販型自動車保険会社は、インタ―ネットから保険契約を申し込むと、3,000円~10,000円程度の割引を行ってくれます。インターネットから申し込むだけで、最大で10,000円の割引を受けられるわけですから、これも利用しない手はありません。ちなみに、上記のランキングの結果は、すべて、インタ―ネット割引適用後のものとして表示してあります。

もう1つのコツとして、セゾン自動車保険の「おとなの自動車保険」の導入も、保険料を安くする効果があります。「おとなの自動車保険」は中高齢のドライバーの事故率が低くなる傾向に着目して、この世代の保険料を低く設定しています。したがって、「おとなの自動車保険」に切り替えると、保険料が大幅に安くなる場合があります。

自動車保険料の一括見積もりサイトを活用する

インターネット上には、基本比較条件を入力するだけで、10社から20社程度の自動車保険料の一括見積が行えるサイトが多数存在します。そういったサイトを活用して、今、自分が入っている自動車保険の損場がどのくらいかであるかを知ることも重要なことです。

今支払っている自動車保険料が、保険料相場よりも大幅に高い場合には、より安い保険会社に乗り換えることが合理的です。一括見積では、保険料の安い順位に自動車保険会社がランキングされて表示されてきます。そのランキングの上位の会社に自動車保険を切り替えれば、保険料を安くできます。

60代の自動車保険の相場と選び方

シニアライフスタイル

60代になりますと事故率の上昇を反映して保険料の上昇が始まります。しかし、60代はまだまだ自動車の運転が可能な年代であります。以下では、60代で自動車保険に加入した場合の保険料の相場とその選び方について解説します。

60代の自動車保険料の相場について

ホンダ・フィットレベルの車両に、家族限定、対人・対物無制限の補償内容で60代で加入した場合、自動車保険料は車両保険有の場合には年間約75,000円、車両保険無しの場合には年間約45,000円となります。

保険会社 車両保険あり
(一般型)
車両保険あり
(エコノミー型)
車両保険なし
SBI損保 84,860円 60,830円 40,910円
チューリッヒ 65,910円 52,260円 41,670円
ソニー損保 96,700円 69,320円 47,470円
【見積もり試算条件】
車種:ホンダ・フィットGK3
使用目的;日常・レジャー
年間走行距離:4000km以上~5000km未満
運転免許証:ブルー
年齢制限;30歳以上補償
運転者制限;本人限定

対人・対物:無制限
搭乗者: 1000万円
人身傷害:3000万円

なお、自動車保険料にはノンフリート等級が大きく関わってきます。無事故で60代を迎えられた方の場合、ノンフリート等級が高く、40%から60%の割引を受ける水準に達している方も多いはずです。その場合には、上記の基本保険料の40%から60%が実際に支払う保険料となります。

安く加入できる自動車保険会社についてはこちら記事をご覧ください。

60代の自動車保険の選び方

おススメの自動車保険の内容

50代には、リスク細分化などによってその年代のユーザーにお得な保険サービスを提供する自動車保険会社があります。しかし、60代になると、どの保険会社も高い保険料を請求するようになります。

そういう理由で、60代になると保険料を節約することが難しくなるわけですが、節約の方法がないわけでもありません。それは、長期分割の保険契約を利用することです。長期分割とは、通常の自動車保険契約は1年単位ですが、たとえば3年間の保険契約を締結することを言います。

長期分割で契約すると、3年間の契約期間中に事故を起こして保険を使っても、3年間は契約締結時のノンフリート等級が適用されるので、割引率が変わりません。60代になると交通事故を起こす確率が上昇しますから、長期分割契約にしておくと、仮に事故を起こしてしまった場合でも、保険料の上昇を抑えることができます。

60代で自動車の運転をやめる場合にとっておきたい中断証明書

中断証明とは、廃車や譲渡・海外渡航によりマイカーに長期間使用しなくなった場合、中断証明書の交付を受けることにより、最長で10年間、中断時のノンフリート等級を保存することができる制度のことをいいます。

60代でノンフリート等級の高い方が自動車の運転を辞める場合には、この中断証明書の交付を受けておくことで、親族などで新規に自動車保険に加入する方がいる場合に、その高いノンフリート等級を譲渡することができます。

中断証明書をとらないで自動車の運転をやめ保険を解約すると、せっかく上昇させたノンフリート等級がムダになってしまいます。中断証明書をとれば最長で10年間は等級を保存できます。

20歳以下や20代前半で自動車保険に加入されるお孫さんなどが、この中断証明書によって高いノンフリート等級の引継ぎを受けることができれば、そのメリットは非常に大きいですから、この証明書を利用できる場合にはぜひ活用したいものです。

60代の自動車保険満足度ランキング

60代の方には、どのような自動車保険が満足できるのでしょうか?「価格.com」と「オリコン」が毎年、年代別の自動車保険満足度調査を行っているので自動車保険選びの参考にしましょう。

価格.comの60代自動車保険満足度ランキング

順位 保険会社 ポイント
1 SBI損害保険 72.44
2 ソニー損害保険 71.89
3 三井ダイレクト損害保険 70.94
4 アクサ損害保険 70.18
5 セゾン自動車火災保険 69.78

オリコンの60代自動車保険満足度ランキング

順位 保険会社 ポイント
1 三井ダイレクト損害保険 76.17
2 イーデザイン損害保険 75.97
3 ソニー損害保険 75.85
4 セゾン自動車火災保険 75.79
5 チューリッヒ保険 74.61