Bybit(バイビット)は日本人におすすめ?メリット・デメリット徹底解説!

Bybit(バイビット)は日本人におすすめ?
Bybit(バイビット)のメリット・デメリットが知りたい!

日本人だけでなく、世界で人気の仮想通貨取引所であるBybit(バイビット)

どうして日本人トレーダーが他の仮想通貨取引所ではなくBybit(バイビット)を選ぶのか気になったことはありませんか?

Bybit(バイビット)には他の仮想通貨取引所にはない、大きな魅力がたくさんあります。

この記事では、Bybit(バイビット)について他の仮想通貨取引所と比較しながら、日本人トレーダーの間で人気を獲得している理由を紹介していきます。

是非ご一読下さい。

Bybitの日本人対応をまとめると

bybit キャンペーン

  • BitMEXやBINANCEが撤退する中、日本人の間でBybit(バイビット)の人気が高まっている
  • Bybit(バイビット)は日本語対応のレベルが高く快適に使える
  • レバレッジ100倍で借金のリスクのない本格トレードが可能
  • 初心者でも操作しやすく、デザインもスペックもBitMEXの上位互換
  • 約定力高く注文サクサク、メンテナンス時間もないため投資機会を逃さない
  • 最大500ドルが無料でもらえるキャンペーン実施中
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)でログインできないのはなぜ?|ログイン方法や原因と対処法を詳しくご紹介!

Bybit(バイビット) の基本情報

Bybit(バイビット)_基本情報

名称 Bybit(バイビット)
所在地(登記地) シンガポール
運営会社 Bybit Fintech Limited
取扱通貨 BTC・ETH・XRP・EOS・LTC・USDT
XTZ・LINK・UNI・ADA・DOT
最大レバレッジ BTC100倍 アルトコイン50倍
取引手数料 メイカー/-0.0250%
テイカー/0.0750%
ロスカットシステム ロングポジション/(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ + 1
ショートポジション/(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ – 1
追証 なし
日本語対応
スマホ対応 iOS・Android公式アプリあり
公式HP https://www.bybit.com/

Bybit(バイビット)は、2018年3月に設立された世界130ヵ国以上にユーザーを持つ海外の人気取引通貨取引所です。

デリバティブ仮想通貨取引所ランキング(CoinMarketCap)では、Binanceなどに続いて第4位にランクイン(2021年4月時点)しています。

仮想通貨取引所免許の取得には金融庁の登録が必要となり、日本に支社を持たない海外取引所の多くは、登録できなくなりました。

その波を受けてBinanceやBitMexが日本市場から撤退する中、それよりも使いやすい海外取引所であるBybit(バイビット)に人気が集まっています。

Bybit(バイビット)が日本人に向いているポイントは、BinanceやBitMexに輪をかけた使いやすさと高い安全性を兼ね備えている点です。

ビットコイン の最大レバレッジは100倍で追証制度はなく、借金を背負うリスクは無し。

Bybit(バイビット)のレバレッジ設定方法・取引方法|初心者でもわかりやすく図解!

取扱通貨は12ペアと若干少なめではありますが、スプレッドの狭さと取引コストの安さは業界トップクラス!

特にメイカー取引報酬は-0.025%となっており、指値で往復注文をすると取引報酬の0.05%を確実に稼ぐことが出来ます。

また、Bybit(バイビット)は運営のサポート体制が充実していることでも知られています。

Web・アプリ共に日本語完全対応しており、24時間365日いつでも日本人カスタマーサポートを行っているので、初めての海外取引所の日本人の方も安心して利用することができます。

今ならこのサイトから登録することで最大600ドルのボーナスを受け取ることができます!

是非この機会に登録してください!

Bybit(バイビット)のキャンペーン
  • 初回入金ボーナス(最大50,000円)
  • フォロー&RTボーナス(約550円)
  • 取引ボーナス(約550円)
  • アンケート回答ボーナス(約550円)
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)のメリット

Bybit(バイビット)_メリット

Bybit(バイビット)のメリットについて解説していきます。

Bybit(バイビット)のメリットは大きく分けて4つあります。

その1:日本語に完全対応している

日本人トレーダーが海外取引所でトレードするのに大きな障害となるのが、言語の壁です。

Bybit(バイビット)は日本語に完全対応しているので、その点を心配する必要はありません。

サイトやアプリも日本語で読むことができます。

口座開設やトレードの際に、余計な手間がかかることはありません。

日本語対応のできるサポートも配属されているので、英語が苦手な日本人の方でも安心して利用することができます。

日本語
英語
中国語(簡体)
中国語(繁体)
韓国語
ロシア語
スペイン語
ベトナム語

その2:UIがとても高い

Bybit(バイビット)は、パソコン・スマホどちらも直感的に分かりやすく作られています。

デザインが洗練されてシンプルなため、注文ミスなども起こりにくくなっています。

また、Bybit(バイビット)の画面はBitMEXにとても似ています。

過去にBitMEXを使用していた方は、すぐ慣れることができるでしょう。

Bybit(バイビット)のPC取引画面

Bybit(バイビット)のスマホ取引画面

【初心者向け】Bybit(バイビット)の使い方を徹底解説!|登録方法から取引画面の見方、送金方法まで図解説!

その3:サーバーが強い

Bybit(バイビット)はサーバーが強いです。

その強さは、Bybit(バイビット)のサーバーが落ちる時は、他の全てのサーバーが全滅しているくらいの状況と言われるほどです。

取引所のサーバーの強さは、ユーザー持っている仮想通貨の価値を左右します。

サーバーが頻繁に落ちたりする取引所は、持っている仮想通貨を思うようにトレードすることが困難なため避けましょう。

その4:取引板が厚い

Bybit(バイビット)の取引板は、常に厚く、流動性が保たれています。

Bybit(バイビット)のスプレッドは、売り板の最安値と、買い板の最高値の差額です。

したがって、スプレッドの価格はBybit(バイビット)のボラティリティとなります。

Bybit(バイビット)は120万人を超えるユーザーによって活発な取引が行われています。

この高い流動性によって、最狭クラスのスプレッドを実現しています。

ただし、取引量が少ない時間帯は必然的にスプレッドも広がるのに注意しましょう。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

【2021年最新】Bybit(バイビット)の評判・口コミはどう?リアルな意見を交えてご紹介!

Bybit(バイビット)のデメリット

Bybit(バイビット)_デメリット

Bybit(バイビット)のデメリットについて解説していきます。

Bybit(バイビット)のデメリットは大きく分けて2点、取扱通貨の数と出金時間が固定されている点です。

その1:取扱通貨が少ない

Bybit(バイビット)のデメリット1つ目は、取扱銘柄の少なさです。

Bybit(バイビット)が扱う仮想通貨銘柄は、BTC・BCH・LTC・ETH・XRP・LINK・EOS・XTZの8種類となります。

最小取引数量や最大取引数量も設定されています。

しかし、ビットコイン などの主要銘柄は揃っているため、主要通貨をメインで売買したい日本人はあまり気にならないと思います。

インバース無期限契約

コインペア 最大レバレッジ 最小注文価格 最大注文価格 証拠金通貨
BTC / USD 100倍 1USD 1,000,000 USD BTC
ETH / USD 50倍 1 USD 1,000,000 USD ETH
EOS / USD 50倍 1 USD 1,000,000 USD EOS
XRP / USD 50倍 1 USD 1,000,000 USD XRP

USDT無期限契約

コインペア 最大レバレッジ 最小注文価格 最大注文価格 証拠金通貨
BTC / USDT 100倍 0.001 BTC 100 BTC USDT
ETH / USDT 50倍 0.01 ETH 1,000 ETH USDT
BCH / USDT 50倍 0.01 ETH 1,000 ETH USDT
LTC / USDT 50倍 0.1 LTC 2,000 LTC USDT
XTZ / USDT 25倍 0.1 XTZ 20,000 XTZ USDT
LINK / USDT 25倍 0.1 LINK 10,000 LINK USDT

その2:出金できる時間が決まっている

Bybit(バイビット)のデメリット2つ目は、出金できる時間が決まっていることです。

Bybit(バイビット)は高い安全性を保つために、出金申請の審査処理を手動で行っています。

そのため、ユーザーが出金できる時間が1日3回(日本時間の1:00・ 9:00・17:00)と決められています。

緊急で出金したい場合も、規定の時間まで待つほかありません。

逆に言えば、1日3回必ず出金処理は行われるという安心感を持ち合わせているという見方もできます。

MEMO
BitMEXは1日1回しか出金処理されません。
Bybit(バイビット)の出金手順・手数料・通貨は?|取引所の特徴や入金についても解説! Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)と他の仮想通貨取引所の違い

Bybit(バイビット)_違い

Bybit(バイビット) BINANCE BitMEX
取引手数料 メイカー手数料-0.0250%
テイカー手数料0.0750%
メイカー手数料-0.1%
テイカー手数料0.1%
メイカー手数料0.0250%
テイカー手数料0.0750%
取扱通貨数 11種類 260種類 8種類
ロスカット あり あり あり
追証 なし なし なし
アプリ あり あり なし
Bybit(バイビット)の手数料をやさしく解説!5種類の手数料&資金調達率を比較!

Bybit(バイビット)とBINANCEの違い

BybitとBINANCEの一番の違いは取り扱い通貨の数です。

Bybitでは、ビットコインやイーサリアム、リップルなど有名どころの仮想通貨5種類しか取り扱っていません。

それに対して、BINANCEでは260種類もの仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインやイーサリアムといった有名な仮想通貨に加え、「草コイン」と呼ばれるマイナーコインも取り扱っています。

また、Bybitもセキュリティ面や注文のスピードもしっかりしていますが、BINANCEは「世界一」と称されることもある取引所。

セキュリティ面や注文のスピードはどこよりもしっかりしています。

そんな世界中の仮想通貨の投資家から人気のあるBINANCEは日本の市場から撤退。

日本語への対応も終了した、という事実は日本人目線で少し残念なポイントです。

Bybit(バイビット)とBitMEXの違い

BybitとBitMEXはとても類似しています。

なので、手数料や追証制度など取引所のルールや仕組みはとても似ているので両者にあまり違いはありません。

BitMEXに慣れ親しんでいる方もBybitに切り替えても問題ないでしょう。

強いて言うならば、BitMEXの方が取り扱い通貨の数が若干多い点が挙げられます。

またBybitにはスマホアプリ版があるのに対し、BitMEXにはスマホアプリ版がありません。

先ほども述べたようにBitMEXも日本での仮想通貨取引所免許を取得できず日本市場済み。

BitMEXを使いたかった方、使えなくなった後の乗り換え先に納得できていない方は、これを機にBybitを利用するといいでしょう。

Bybit(バイビット)が日本人に選ばれる理由

Bybit(バイビット)が日本人に選ばれる理由

ここまで、Bybit(バイビット)とBINANCEやBitMEXといった人気の仮想通貨取引所の手数料などを比較てきました。

では、ここからはなぜBybitが日本人に選ばれるのかという理由をいくつかご紹介していきたいと思います。

日本語に完全に対応している

Bybit(バイビット)が日本人に一番支持されている理由は、やはり完全に日本語に対応していることです。

BINANCEやBitMEXといった海外の仮想通貨取引所でも、サイトやアプリの日本語表示に対応はしています。

しかし、お客様サポートなどでは日本語対応を行っていません。

その点、Bybitはお客様サポートでも日本語で対応してくれるので、英語が苦手な方でも安心してBybitを使うことができます。

また、Bybitのお客様サポートは24時間365日対応してくれるので、困った時はいつでも頼れるのも心強いです。

BitMEXと似ている

Bybit(バイビット)はBitMexにとても似ていることから発足当時SNSでも注目を集めました。

Bybitの方が後発なので、おそらくBitMexを参考にしてBybitは作られたのだと考えられます。

両者は「スプレッド」や「売買手数料(メイカー・テイカ―手数料)」、「スワップポイント(資金調達手数料)」で手数料が発生するところや追証制度がないところ、日本語に対応しているところなど機能面でとても類似しています、

上記でも述べたBitMexも日本市場から撤退する可能性が高いと言われているため、BitMEXに精通しているユーザーがBybitに移行することも十分考えられます。

ハイレバレッジなのに追証がない

Bybit(バイビット)は、レバレッジを最大100倍で取引することができます。

通常FXの取引などではレバレッジが25倍で取引しているので、そう考えると100倍はハイレバレッジと言えます。

また、追証制度という一定の取引損失が出た場合にその損失分を補填しなければいけない制度がないため余分なお金がいりません。

これにより取引に使う以外の補填分の資金が必要ありません。

つまり、Bybitでは少ない資金でもハイレバレッジを狙えるため一攫千金を狙うことも夢ではありません。

独自制度があり便利

Bybit(バイビット)では、公正価格マーキングという独自のシステムを採用しています。

公正価格マーキングは市場操作や流動性の欠如による不当な強制決済の執行を防ぐ目的で行われていて、そのためにマーク価格を使用しています。

マーク価格とは、コインの市場コンセンサス価格のことです。

公正価格マーキングによってコインが異常な価格で強制決済をされないようにしています。

また、Bybitでは相互保険で補償金を受け取れるサービスを行っていて、相互保険の有効期間内に、損失が発生すれば、補償金を受け取ることができるというサービスです。

このサービスによって、ユーザーは相場が予想に反して移動した場合でも補償を受けとれます。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)に日本人が登録する手順

Bybit(バイビット)_日本人_口座登録方法

Bybit(バイビット)に日本人が登録する手順を分かりやすく説明していきます。

本人確認情報が要らないため、3分ぐらいで簡単に口座開設することができます。

STEP1:Bybitの公式サイトへアクセスする

Bybit(バイビット)のホームページにアクセスして、右上の登録ボタンをクリックします。

Bybit(バイビット)のホームページはこちら→https://www.bybit.com/ja-JP/

STEP2:自身のメールアドレスを入力する

Bybit(バイビット)_口座登録1
メールアドレスを入力しましょう。

STEP3:送付された認証コードを入力する

Bybit(バイビット)_口座登録2
自身のメールアドレス宛に送付された認証コードを入力して、登録完了ボタンをクリックすれば口座開設完了です!

Bybit(バイビット)は日本人トレーダーにおすすめ!

Bybit(バイビット)_日本人_おすすめ

ここまでBybit(バイビット)とBinanceやBitMexといった他の仮想通貨取引所と比較や、Bybit(バイビット)が日本人におすすめな理由などについて説明してきました。

Bybit(バイビット)は、日本人にとって使いやすいとても良い海外仮想通貨取引所です。

この記事でBybit(バイビット)が気になっていた方は、ぜひこれを機に利用することを検討してみてください。

Bybitの日本人トレーダーにおすすめ|まとめ

bybit キャンペーン

  • BitMEXやBINANCEが撤退する中、日本人の間でBybitの人気が高まっている
  • Bybitは日本語対応のレベルが高く快適に使える
  • レバレッジ100倍で借金のリスクのない本格トレードが可能
  • 初心者でも操作しやすく、デザインもスペックもBitMEXの上位互換
  • 約定力高く注文サクサク、メンテナンス時間もないため投資機会を逃さない
  • 最大600ドルが無料でもらえるキャンペーン実施中
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/